スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買増しの誘惑

 Retrieverさんが書いた日記に触発されたので、こなつも少し書いてみますワン。

 よく掲示版に書いてある文句なんですが



本日参戦致しました。下がれば買い増しで対応します。




 これを見ると疑問でいっぱいになりますワン。下がれば買い増しというのは、妙にいいわけっぽいですワン。株価が下がるごとにナンピン買いをすれば、平均買い付け価格を下げる事は出来ます。しかしそれでは株価が下がった理由が考慮されていません。全くランダムに株価が変動しているのなら、ナンピン買いは有効でしょうけど、株価の変動は、何らかの要因があることが多いですワン。それにこの文句には、予算の概念がありませんワン。

 


 株買ったけど、株価が下がったって資金は豊富なんだよ。まだまだナンピン買いで平均単価を引き下げられるんだよ。おまえらみたいに狼狽しないぜ。



 て感じに受け取れるんですワン。ファンダメンタルズの変化に注目せず、株価だけを追いかけている投機家の匂いがしますワン。


 Retrieverさんもおっしゃってますが、たとえば持ち株の株価が30%下落したとすると、30%も安くなったんだから、どうしても安く感じちゃいますよね?ナンピン買いしたくて仕方ないですよね?

 でも実際は悪材料を織り込んで、適正価格へ株価が変動しただけなんですワン。


だから30%株価が下落した事は、買い増しの理由にならないんですワン。キャイー@ン!!!おお、キャイーン新バージョン



 正直申しまして、実は優待株投資で1単元持っていたスルガが株価を大きく下げたので思わず1単元買い増してしまいました。これは間違った投資行動だと思ってますワン。この株価下落の買い増しロジックは、アンカリングの最たるもので、とても危険なものあと思いますワン。ただし株価下落の要因を、市場が間違っていると確信しているなら果敢にチャレンジしてみてください。それは止めませんから(笑)。





株価下落が買い増し理由になるのは、資産株投資だけだと思いますワン。




 





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

バリュー投資家なら。

市場の需給などの要因によって、本来価値あるものがたまたま株価が下がった(Mr。マーケット)だけのものを買う、というのがバリュー投資家ならば、「下げれば買い増しで対応します」はありなんじゃないでしょうか(^^;
(マーケットはしばしば間違う、というのがバリュー投資家の考えの根底にあると思います。間違い度合いは雰囲気とかに左右されるので、底はどこだかわからない、だから買い下がっていく)

価値算定のベースになる条件が変わった場合は、買い増しではなくて切り、になるでしょうけど。ベースの条件変わってないなら別にいいと思います。
ベースの条件が変わったかどうかによって行動しなければ、それはもはや株価によって突き動かされているだけであり、投機と変わらないと思います。

成長株投資でも同じことは言えると思います。
(資産株投資と成長株投資では、価値算定のベースとなる条件の関数が違うだけだと思います)

悪材料が一時的なものか、今後もずっと業績に影を落とすのか?(と考えるのか?)によって買い増し/売りの行動は変わってくると思います。

Re:バリュー投資家なら。(03/12)

moneytree7さん

 下がれば買い増しで対応しますって書いた人に、じゃあ下がらなければ買い増さないの?どのくらいのポジション持つ予定?って聞きたいんですよ。
 
 タイミングリスクを減らしたいので、とりあえず1/4ほど買いました。残りはゆっくり買い増して行く予定です、ていうのならしっくりきます。

 ちょっと説明不足でしたが、悪材料が出て株価が下がったら、もはやその値が適正価格っていうのが言いたかったんですよ。

 おっしゃるとおりファンダメンタルズに変化が無ければ買い増しは正解だと思います。

Re[1]:バリュー投資家なら。(03/12)

> 下がれば買い増しで対応しますって書いた人に、じゃあ下がらなければ買い増さないの?どのくらいのポジション持つ予定?って聞きたいんですよ。

まったく同感です。
下がらなければ買い増さないのであれば、最初の1回で予定量買った方がいいことになります。
最初に少しだけ買って、下がれば買い増し、下がらなければ買い増さないというのは、さらに下がるだろうという予測のもとにやっているということなんでしょうね。

上がったら買わないことの利点は「買いすぎる」ことがないことでしょうね。

それ以上に「高値掴みしたら悔しい」からやらない人が多そうですが。

Re:買増しの誘惑(03/12)

ちょっとこなつさんの本題からは外れるかもしれませんが、1銘柄を全体の5%を基本に最大10%に抑えていますとかいうことがありますよね。
その場合の、%は買値なんでしょうか? 時価なんでしょうか?
時価ベースでPFをリバランスするのであれば、下がれば買い増し、上がれば買わないという選択は当然あり得ることではないでしょうか。

Re[2]:バリュー投資家なら。(03/12)

Retriever2000さん

 予定数量買ってないなら、買い上がりもあって当然なんですが、先の発言にはそこが書いてないんですね。結局こういった買い方はメンタル優先であって、合理的ではないかな・・・。ひとそれぞれですけど。

Re[1]:買増しの誘惑(03/12)

○田×男さん

 リバランスの買い増はあります。私も含み損で小さくなった銘柄の買い増しはします(笑)。買値に拘る理由は何もありませんから、出来るだけ忘れることにしてます。
プロフィール

こなつ

Author:こなつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。