スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GFC 日本デコラックス 安いのはどっち?


 今日はまじめに、割安について少し思うところを書いてみますワン。

 たーちゃんさんが日本一安い銘柄を見つけたという日記を読んで、日本一安いのは日本デコラックスでしょうがと一人ツッコミ入れてみましたワン♪。

 ただ銘柄を公開されてませんので、代わりに割安度ピカ一のGFCと比較しますワン。


まず資産株らしく、清算価値の計算から始めますワン。

GFC2.jpg

GFC


デコ2.jpg

日本デコラックス


 どちらも清算価値が時価総額を上回っていますワン。ただ清算価値ではデコちゃんの圧勝ですワン。非常にわかりやすいですワン。


 ただ割安度ってそんな単純じゃないですワン。事業価値が違うんですワン。


GFC.jpg

GFCの10年の業績ですワン。極めて安定していて、しかも少しづつではありますが成長していますワン。


デコ.jpg

一方日本デコラックスは、下降の一途ですワン。ただ下げ止まり感が出てきていますワン。経常利益が多いのは金利収入ですワン。


ただ万一この株が景気循環株だった場合、面白いことになるなあと馬鹿犬はほざいていますワン。




さてGFCの事業価値を計算しましたワン。有利子負債の金利2%、WACC 7.1% 売上30000のゼロ成長で計算すると約76億円。

余剰資産は現金同等物から運転資本を差し引いて約44億円
株主価値=76+44ー3=117億円

まがりなりにも成長している企業ですので117億円+α

時価総額72億円ですのでディスカウント率38.5%



日本デコラックスの事業価値をWACC8%、売上57億円のゼロ成長で計算すると7億円。余剰資産は投資用有価証券を含む現金同等物から運転資本を差し引くと82億円。

株主価値=7+82=89億円。

ただし本業を上回る金利収入がありますので、これも事業の一環と認定すれば事業価値は14億円ぐらいになるんじゃないでしょうか?

時価総額59億円
株主価値89+7=96億円

ディスカウント率  38.5%



 結論:現状のディスカウント率では+αがある分、GFCが有利ですが、デコちゃんには一発逆転があるかもしれないと馬鹿犬は夢見ていますワン。



 
注意:24日の株価を元に計算しています。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

分かりました!?

こなつさんもどの銘柄か分かりましたか!?

僕の取り上げた銘柄は上記の計算方法でいくと、
GFCや日本デコラックスよりも割安になると思います。
ディスカウント率にして60%程度でしょうか。

Re:分かりました!?(07/25)

たーちゃん001さん

ディスカウント率60%ですか(驚)。凄いですね。おかげさまで銘柄は察しがつきました。少し調べてます。
プロフィール

こなつ

Author:こなつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。