スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資雑感

 今週はアスティを買って、翌日売り、ハークスレイを買い増して翌日売りと、間抜けな売買をしてしまい反省しています。幸い、アスティの損をハークスレイで取り戻した格好になり、トータル損益はちょっとだけプラスです。今後はもう少し慎重に行動したいと思います。くどいようですが、アスティから降りた事は、投資家としての素養がまだ足りないからです。普通に考えれば時価総額を上回る株式を保有している、キャッシュリッチで高配当会社に投資しない手はないです。ワン。

 そうそう、こなつはタワー投資顧問というファンドを全く知りませんでした。あるブログでタワー投資顧問の持ち株が掲示されていて、その中にバリュー投資家で有名な銘柄が多いのに驚きました。それも上級者の方が好みそうなものばかり。驚きました。きっとピーターリンチみたいなファンドマネージャーがいるのでしょうね。

 バリュー投資を始めて半年、気が付いた点を書きます。

1.含み損を抱えたとき、喜んで買い増し出来る根拠をもっているかどうかが重要。そして買い増しする勇気。このリスクの取り方がリターンに大きく影響します。

 まだ下がるんじゃないかという恐怖で結局買い増し出来ない、なんてことは結構あります。セガミがそうでした。下がると思ったから買い増すどころか半分売ってしまった。キャイーン。

2.下方修正が出たとき、投げるか買い増すか的確な判断基準をもっているかどうか。

 基本的にストーリーに変化なければ投げる事はないのだけど、低迷が長引きそうならばもっと良い銘柄に乗り換えても良いですよね。出来るだけ多くの投資リストを作っておくことが肝要ですね。KENさんは100もあるそうです。すっげー!。

3.四半期決算を見て、業績予想できるかどうか

 下方修正の可能性を予見出来れば、戦略も自ずから変ってきます。自分なりに勉強したいと思います。セガミの下方修正はなさそうだとVIS2004さんが判断していますが、見習ってこなつも四半期決算から勉強してみようと思います。

4.マーケット全体の過熱感を意識しているかどうか

 これは全然意識していませんでした。せいぜい日経平均ぐらい。8月に割安成長株をたっぷり仕込んで、1~2%位の含み益をずっと維持していましたが、ジャスダックはずっと下げていたわけで、なかなか上がらないなとずっと思っていたのだけど、下がらなかったのは随分健闘していたんですね。マーケットの過熱感はマーケット全体のPERを見るのが一番良いと思うのですが、算出の仕方がわかりません。どこを見れば良いのか探し回っています。


 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こなつ

Author:こなつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。