スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バリュー投資と損切り

さて3日ほど外泊になりますワン。明日から日記はお休みですワン。


AKIさんの日記「損切りするバリュー投資家」が盛り上がってますワン
http://blog.livedoor.jp/akipop/archives/50541861.html#comments

 宝石のようなコメントの数々、大変勉強になりますワン。


 丁度良い機会なので、こなつも考えてみますワン。こなつはバフェットの本を最初に読んだせいで、相対的割安感って概念がどうしても馴染みません。マーケットと付き合う上で、必ず考えなくてはならない概念なんでしょうけど、相対的割安感で買うと、どうしても不安が残りますワン。

 だからこなつは割安度ってやっぱり、企業が将来生み出すキャッシュフローの現在価値の総和+余剰資産が時価総額より多ければ割安と信じてますワン。

 同業者比較もして、相対的割安度も参考程度にみていますが、やっぱり絶対的に安くないと不安です。そりゃあ、DCF法なんて人によって精度が全然違うでしょうから当てになりませんが、考え方は一番しっくり来ますワン。

 そういった意味で、資産株は資産だけで理論株価が算出できますから、簡単ですね。日本デコラックスやヤギコーポレーションのように解散価値が時価総額を上回っているような企業は、マーケットが軟調であろうと好調であろうと、割安度は同じだと思いますワン。だって保有キャッシュの価値が、マーケットの動向で変化するとは考えられませんワン。

 ただしインフレには弱いですワン。キャイーン(涙)!!! 余剰資産でヘッジファンド買っておくれ。現金でもってると目減りするぞ~。


 さてここまでツッコミどころ満載ですが、話を進めますワン。


 一番興味深かったのが、損切りの有効性ですワン。マーケットはある程度効率的に出来てますから、株価下落は何かあると疑うのは正しいですワン。また決算前にダラダラ下げるのはインサイダーの売りである場合が多く、損切っての再エントリーは上手い手ですワン。ヤギコーポレーションなんか、インサイダーぽかったですね。

 ただ見極めが難しいです。単なる需給で下げる場合もありますから。クリエイトSDなんて決算前に急激に株価下落しましたので、もしや?って思いましたが決算良かったじゃないですか。


 ただ含み損を抱えるのはエントリータイミングの間違えであることは確かなことで、大きく負けない為に損切りルールは有効でしょうね。後で自分の売買を検証してみたいと思いますワン。

 
 



 
 






















 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:バリュー投資と損切り(07/15)

顕悟はバリュー投資家の損きりもありかなと思っています。

損失によって冷静な判断ができないようならば、一旦切ってその後に冷静に考え直せばいいんではないでしょうか?

Re[1]:バリュー投資と損切り(07/15)

kengo365さん

ファンダに絶対的な自信があるなら買い増し、ないなら損切りもありかなと思います。今後検討したいテーマだと思います。
プロフィール

こなつ

Author:こなつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。