スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バフェットとソロスの勝利の投資学

 マーケットは自分の考えを実験する場所だ
           ジョージ・ソロス



 バフェットとソロスの勝利の投資学を読み直していますワン。バフェットとソロスは全く異なった手法ですが、投資家として共通点が多いですワン。上記の言葉は大変蘊蓄のある言葉でして、投資の本質は、結果ではなく過程にあるというものですワン。つまり銘柄選択に至るまでの考え方、売却時の考え方そのものが重要で、結果は結果でしかないというものですワン。
言い換えるならば、自分の考え方の正しさを、マーケットを通して証明することが、投資だということですワン。




 だから2億円作って、セミリタイヤ生活っていうのは、本質的に間違ってますワン。キャイーン!!!。結構ショックです・・・。




 そして投資の考え方は、誰一人同じ人がいないんですワン。自分だけの価値基準を作り、自分だけの土俵でのみ戦い、経験を積んでいく事が大事なようです。それをマーケットという試験場で試すんですワン。




こなつはKAPPAさんに投資の方法論を学び、stareyesさんに投資哲学を学び、現在はそれらを融合しながら、自分の土俵が少しづつ出来てきました。
 






 つまり財務が良く利益率の高い企業の株を割安で買い、配当だけを期待しながら企業が育つのをじっくり待つが、あまりにも割高になったら一部売却。




 一同:ズッコケル
なんじゃそりゃ~!!!





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ジョージソロスさんは

私の考え方と全く同じ考え方ですね。
大いに賛同できる考えでした。

こなつさんの考えも良いと思います

個人投資家でちゃんと実践できる人は少ないとおもいますよ。
「割高な銘柄を財務も利益率も調べず買い、短期の上昇で利食い、暴落すれば追証のためやむなく損きり」が現実でしょう。

Re:ジョージソロスさんは(03/09)

Eddaさん

 確かにEddaさんは我が道を行くですものね。
しっかり自分で考えているところは、大いに学びたいと思います。

Re:こなつさんの考えも良いと思います(03/09)

某投資家さん

 いまだにバリュー投資と長期投資の狭間で揺れています。長期的な視点はだいぶ身に付いてきたように思います。業績下方修正で含み損がいっぱいになっても、気にならなくなりました。ナナオの事ですけど(笑)。

結局のところ

愛着の持てる企業を見つけるってことが大事だと私は思うようになりました。

尊敬できるビジネスをやっていて、経営者も優れた人物。そういう銘柄であればフェアバリューでも私は買います。

マイスターエンジニアリングなんかはまさにそんな理由で買いました。業績はいまいちなんですけどね。

Re:結局のところ(03/09)

山田6033さん

そうですね~。こなつもフェアバリューでもいいかなって思います。企業が成長すれば割安になりますから。

 マスターエンジニアリングって知りませんでした。半導体装置とビルメンテの両輪だそうで、少し変わってますね。こなつは半導体って聞くと、腰が引けます(笑)。

わん!

こなつさんのブログは、
大変タメになりますわん!

Re:わん!(03/09)

Mt.Tetsuさん

 本の受け売りだワン!
プロフィール

こなつ

Author:こなつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。