スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成長率とPER

こなつが尊敬してやまないPlum75さんから、とても興味深い問題を頂きました。
犬踊り♪

問題

前の決算の利益が1で10%利益成長している会社の株を株価20(PER=20)で買いました。

0%利益成長では回収するのに20年かかりますが、10%利益成長するこの会社では回収するのに何年かかるでしょうか?

10%利益成長しますので、1年後の利益は1.1、2年後の利益は1.331と増えます。


 割安指標として有名なPERですが、成長性を考慮にいれたことが無かったので面白かったです。

利益成長10%


 PERとは、投資資金が何年で回収できるかという指標なので、利益成長ゼロでは名目通りPER20ですが、確実に10%の成長が見込めるなら、本当のPERは11倍ということになり、PER20倍で購入したことは、メチャクチャ御買い得となりますワン♪。

ちなみに利益成長5%でもやってみました。

利益成長5%


 この場合でもPER14倍です。継続的に確実に成長している株は、PERが多少高くても実は割安なんですね~。

 セコム上信越とかサンエーは長期間増収増益を続けていますから、保有魅力が増えました。安定した需要がいかに大事が実感しています。


追加

相場強いですね~。本当に大相場になるんでしょうか?常識的に考えれば、調整があってしかるべきだと思いますが、相場のことは誰にもわかりません。ジタバタせずに静観するしかないですワン。

 NTTが急騰しました。ご両親救済ファンドは何年待っても上がらない塩漬けNTT株を売却して、割安成長株で出発したのですが、今日の急騰でNTT株に抜かれてしまいました。凄いショックです(涙)。このまま引き離されるようだと、犬鍋ものです。

 昨日の日記に、NTTはダメだって書いたからでしょうか?

 裏目ジジイですワン(涙)。

 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

でも

生意気言って申し訳ないですけど、
成長性とPERを比べるのは基本だと思うのですが・・・。
成長率とPERの早見表なんか作っておくと
便利だと思います。

ただ、高成長だから高PERが許容されてもよいという考えは、
成長企業ならば高PERでも全然構わないという発想になり、
それはこなつ様の以前の考えとズレてきているような気がします。
成長率を理由に高PERを認めてしまうとキリがなくなるというか、
段々とその許容範囲が広くなるのではと
自分自身には常に言い聞かせています。

継続的に確実に成長していける株なんてないと思いますよ。
どこかで躓いたり、停滞した時期があると思うんです。
成長率を根拠に高PERを認めていた場合、
その成長率が翳ったときにはどうなるのかと考えると、
なかなか難しいのかなと考えたりします。
PER100とかはまぁ論外だとしても、
PER25くらいでも少し成長率がかげっただけで、
PERは35とかにもあるわけですしね。

まぁ見当違いなことを書いていたら申し訳ないです。
失礼な言い方が一部あることをお許しくださいませ。

Re:でも(09/26)

hiroさん

 ご意見ありがとうございます。

 そもそも成長が続くという仮定が一番難しいと思いますので、今後も高PERへの投資はしないと思います。ただ具体的に成長率からPERを割り引くっていう発想がおもしろかったので書いた次第です。
 今までは、なんとなくPERって人気の尺度ぐらいに思っていたもので・・・(汗)。

 でも成長率でPERを割り引いている人ってあまりいないんじゃないでしょうか?

 

参政犬

 リンクはっておきます。
 多分、住んでる地域が違いますので、参議院の比例で立候補してください。
 少なくても私はこなつさんに投票します。

http://plaza.rakuten.co.jp/jim1966?func=diary&targetdate=200503

Re:成長率とPER(09/26)

日経めちゃくちゃ騰がってますね
ペーペーなんで大型でプロと勝負しようなんて気は無いですけど、topix連動ファンド等のプロに預けてヘッジを考える必要がある気がしてきました。
さわかみ投信も調べてみます。

教えて頂いたとおりIR電話は良いですね~
何が良いってパーシャルオーナー気分に浸れるところが最高w
でも肝心の進捗は中間発表前なので教えてもらえず(泣

一応コメントした方がいいのかな。

はっはっは、これは、あくまでの考え方あるいは冗談のひとつとして置いてください。
あ~ら、びっくり、10%の継続的な成長だけでこんなに変わるのね、ということで。
複利の力恐るべし!!ということで楽しんだもの勝ちということで。

この場合、成長率10%ということで完全な成長株ではなく、資産株で収益性もそこそこあるような場合を考えていまして、ちょっとでも成長があると長い目でみるといいことがあるかもよ~ということです。

確かに将来の利益がどうなるかは不確定なところがあると思います。
例えば、[今後3年間は10%成長]で[その後成長が止まり]、[その2年後、-5%成長]するなら、
利益トータル=[1.1+(1.1)^2+(1.1)^3]+[(1.1)^3+(1.1)^3]+[(1.1)^3*(0.95)]+・・・
とかっていう手もなくはないのですが。

実際のところ、PERと成長性の関係を明確にどう考えたらいいのか分かりません。(え~)

ちなみにPEGは、式の立て方が本当にいいの?とか思いますし。
成長率とPERの関係が簡単な比例関係になる訳はないと思うので、
PEGだと、例えば成長率50%ではPEG<1は割安だとしても、成長率80%の場合だとPEG<3が割安になったり、PEG<0.5じゃないと割安でなかったり、成長率によって割安度の度合いが極端に変わってくるんじゃとか思いますし。

ということで成長性とPER(特に高PER)の関係はノリ、ですかね~。(←いい加減なやつ)

こんばんはー

こなつさんファンの某投資家です。

成長率ゼロの場合、株主のリターンは益回り(=1/PER)に収束します。もし株価が常に同じPERで評価されるとしたら、理論上の株主のリターンは

リターン=益回り+成長率 

に収束します。また、買収を前提とした場合は

リターン=キャップレート+成長率

となります。

指標はあくまで指標なので、その中で自分のスタンスに合う投資先を見つければよいと思っています。

こんばんは

なんか毎日勉強になるなぁ w
ZAiとかオール投資とか発売日に買ってきて、それから数日間は熱心に読んでたりするんだけど、知らない間に読まなくなってたりして…
でもこなつさんのブログは1日1課題って感じで、毎日読んでるだけで1年後とかには知らない間に結構力付いてそうですね w

Re[1]:でも(09/26)

>konatsu6483さん

いやいや、生意気なコメントをつけて申し訳ないです。
成長率でPERを割り引いているって人は確かに少ないかもしれませんね。
結果的には、成長率が低ければ人気あまりでなくて低PERになり、
成長率が高ければ人気がでて高PERになるとは思います。
上場したときからすごい成長率を維持しつづけるとかは難しい話ですし、
たぶんどの企業でも成長期というものがあると思うんです。
で、どの会社も一応がんばっているわけですから、
創業期、拡大期、成長期、停滞期、堅調期
(ノリでわけたのでもっと厳密な分け方があると思います・・・)
という期間を通っていくのだと思うわけです。
で、その拡大期や成長期に入る手前であれば、
成長株が割安に放置されている可能性があるのかなと思うわけです。

まだ考えがまとまっていませんが、
PERについて思うところはこんな感じです。
ってまとまってないですね、全然・・・。

Re:一応コメントした方がいいのかな。(09/26)

Plum75さん

 継続的成長っていうのが、いかに魅力的なことかってことが実感できました。継続的成長をしている企業は何らかの強みがあるのでしょうから、そういった企業で割安なものに投資していれば、いいと思ってます。

Re:こんばんはー(09/26)

某投資家さん

 あ、この考え方は、vis2004さんがよく取り上げてましたね。有り難う御座います。勉強になりました。

Re:こんばんは(09/26)

ししまるさん

 日々思いつくまま、垂れ流しのように書いているだけなんですが、上級者の方にコメント頂けると、とても勉強になります。

 こなつが勉強させてもらってるんですよ~。
 

Re[2]:でも(09/26)

hiroさん

 継続的に安定した成長率をあげられる企業って、ほとんどないんですよね。だから成長率はおまけぐらいに考えて、現状の割安度が重要になると思います。
 PERって不思議な指標ですね。単に人気のバロメーターって側面もありますし。

Re[3]:でも(09/26)

>konatsu6483さん

>現状の割安度が重要になると思います。

通常でいうPERって来期の1株利益で計算されますけど、
こなつさんが言われるように、現状の割安度に注目すべきで、
既に確定している利益で求めた低PER(財務良好会社)
は高PERよりもパフォーマンスがよいと検証結果もありますしね。
(ウォール街で勝つ法則)

追求すればするほどPERって難しい指標なのは確かですね。
プロフィール

こなつ

Author:こなつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。