スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャスダックの調整幅考察

ジャスダック指数を振り返ります。

ジャスダック指数は年初から一方的に上がりました

1/4 55.49
2/14 66.14 19%

約1ヶ月で19%の上昇
1日だけ大きな調整が入ります

2/15 -2.21%

その後も一方的に約1ヶ月上がりました。

3/29 77.96


1ヶ月で20%の上昇

年初からトータルで40%近く上げましたから10~20%の調整が必要です。ここから大きな調整が入るとみんなが思ったようで、皆さん記憶に新しい4/1の暴落があります

4/1 75.54 -3.10%

ところが4/4に日銀会見が開かれる予定だったので調整は続かず日和見相場になり、発表翌日から爆上げになります。

5/14 103.02 36%


1ヶ月で36%、2月からトータル56%も上げておいて、調整はー3.1%(4/1)の一日だけ!!


で20%の調整を現在実行されました。高値から20%調整すると82.4となり、おおよそ現在の水準になります。


jasdac2005.jpg


確かにチャートをみると下値抵抗線を割り込んで上昇トレンドの終わりを告げているようにみえますが、高値からの20%調整をしなくてはならなかったので、こんなチャートになってしまったのではないでしょうか?

 jasdac.jpg


 ここまで調べて、上昇相場では必ず大きな調整が必要であり、上昇幅20%で軽い調整か、40%で大きな調整をするようです。そしてマーケット参加者の多くがそれを意識しており、売るキッカケを探しているんだと思います。

 じゃあどういう対応をしたらいいか?

一つはホールドに徹する。ただこれはかなりの胆力がいります。

もう一つは、調整が来たと思ったらとりあえず半分売ってしまう。その後自分で予想する調整幅ちょっと前で買い戻す。ただこれは余程素晴らしい嗅覚をもってないと売却分だけ買い戻せずパフォーマンスは悪化すると思います。

 相場の終わりは、カクテルパーティ理論的に考察するしか手はないでしょう。












 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こなつ

Author:こなつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。