スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

利食いと相場の終わり

 相場が大きくなればなるほど、利食いを考える投資家の数は大きくなります。

みなさん含み益をたっぷり抱え、どこで売るか悩んでいるんだろうと思いますワン。流動性の高い銘柄なら、売りたいときにさっさと処分できますが、流動性が低い銘柄は、コツコツと時間をかけてゆっくり売るか、好材料が出て一時的に流動性が高まった時に売るしかありません。

 ここ最近の相場では、好決算で株価暴落というケースが結構見られるのはそういう事なんだと思います。

 また何の株価材料も出ていないのに、利食いが利食いを生み株価が一気に崩れるようなケースもあります。どれだけ売りたい人が沢山いて、そのきっかけを待っているのか、肝に銘じておかなくてはなりませんね。

 必ずどこかで大きな調整がくるはず。売りが売りを呼び株価が大きく下がる。その時に買いに回る人はマーケットに疎かった人達。最近次々に証券口座を開設している人達。彼らの買いが売りを上回り、株価が上昇に転じ、それがキッカケになり、どんどん新規の個人投資家を呼び込み相場はどんどん育っていく。

 こう考えると、いづれくる大きな調整はじっと耐えていればいいわけで、まだまだ相場が終わるとは思えません。

 
















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こなつ

Author:こなつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。