スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LT-V200使用感

 ネットワークメディアプレイヤーLT-V200を設置しましたワン。

 設置の前に、余っていたSATAのHD(120G)を内蔵させました。今時120GのHDなんて使い物にならないですが、音楽専用にすればCD170枚ぐらいは収納できますから、捨てないでよかったと改めて思いましたワン。

 HDを内蔵させると冷却ファンが回りますので、ファンの音が気になる方は設置場所を考えるか、内蔵HDは使わないと割り切るべきですね。こなつは気になりませんでした。

 操作画面は必要にして最小限といったところで、インターネット機能とメディア再生機能が装備されています。周りのパソコンからはLANdiskとして認識されてますね。ちなみの無線LAN機能はないので有線でネット接続しなくてはなりません。こなつ家では、無線子機端子が余っていたので、問題なしですワン。

  さてとりあえず無圧縮の音楽データを内蔵HDに入れ、AVアンプにデジタル接続して鳴らしてみました。ノートパソコンからアナログ接続で鳴らしたときより若干劣るような気がしますが、十分音楽を楽しめるレベルだと思いますワン。合格。安っぽい音じゃないです。

 次はonkyoのDACでアナログ変換してからAVアンプへつないでみました。こっちのほうが若干音抜けがよいような印象がありますが、配線の煩わしさを考えると却下ですね。その程度の変化でした。

 次にlandiskにあるデータを再生してみました。音質的にはまったく同じですね。HDからのノイズは関係なさそうですワン。

 さて前からの懸案。landiskには約4300曲の音楽データが蓄積されてますが、ほとんどがSONYの独自規格であるATRACで圧縮してあります。このファイルはネットワークメディアプレヤーで再生できないんです。PS3ですらダメ。

 そこで泣く泣くMP3に変換しました。変換に要した時間は7時間。

 でlandisk経由でMP3を鳴らしてみました。さすがに圧縮データですので、生データより劣りますが、音に拘っていないひとにとっては全然気が付かない程度の劣化ですので、利便性とって、このまま利用していこうと思いましたワン。

 なにせ便利です。

 ただ唯一の不満なんですが、リモコンの感度が悪いようで、電源を切るとき何度も電源ボタンを押さなくてはなりません。たまたまハズレに当たったという可能性もありますが。

 なんにしても、この価格でこれだけの利便性を手に入れたわけで、良い買い物だったと思います。

 

追加

 イー・アクセスは午前中に全株売却いたしました。ごちそうさまでした。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こなつ

Author:こなつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。