スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バリュー消費家とワイン

バリュー消費家とワインについて書きますワン。

 まず大事なことは深入りしないこと。はっきり言ってワインはCP比が低いですワン。たとえば日本酒で言うと一升2500円以上で純米酒を買えば、味の好みはあってもまずハズレはないと思います。焼酎も同じ。

 ところがワインは、5000円出してもがっかりすることが多いですワン。またブショネといって、品質劣化ワインに結構あたります。レストランで最初に試飲するのも頷けますね。日本酒や焼酎で品質劣化しているのにあたった事がありませんワン。ワインは取り扱い注意です。

 だったらワインなんか飲まないで日本酒や焼酎を飲むのがバリュー消費家じゃないか?と言われそうですが、良いワインに当たった時の喜びは日本酒や焼酎の比ではないです。幸福感に包まれて翌朝までワインの臭いに包まれてしまいます。友人と楽しい食事をするのならワインはかかせませんワン。なにか大切な記念日に花を添えるにはワインが必要ですワン。

 でやはりワインを飲まない訳にいかないのですが、ここで重要な事は舌を肥えさせない事。おいしいワインを飲むと、悲しいことに人はそれに慣れてしまって、さらに良いワインを要求するようになってしまいますワン。高級ワインにはまってしまうと投資どころではなくなってしまいます。

 まず我が家の基準を作りましょう。定番デイリーワインを決めるのです。それは特別にcp比の高いものを人生をかけて探しましょう。こなつ家ではやまやのBOXワイン(ハーディーズ)を定番に決めてます。3Lで1780円。激安ですが、味は申し分ありません。1本1000円を超えてもこれより不味いワインは沢山あります。

 このワインを不味いと思えてきたら、それは危険信号です。しばらく良いワインを飲むのをやめましょう。舌をリセットするのですワン。

 人間の味覚は、絶対値でなく相対値なんですよ。高級品ばかり飲んでいたら味覚があがっちゃいます。感動するための投資額が増えちゃいます。また幸福感も相対値なんです。だったら安上がりに幸福感を感じた方が絶対得。舌が肥えるなんて良いことではありません。

 で、こなつ家では週末にシグロやコノスルといったスーパーバリューワインを飲んで、うめえって楽しい晩酌をやってます。これもやまやワインのおかげです。そして何か記念日には3000円~5000円のワインを買って祝います。なかなかいいワインに当たらないですけど・・・。

 そしてスーパー記念日に上限1万円。これ以上の出費は致しません。こなつの中に絶対的な基準があって、たとえ宝くじが当たってもこの基準は守ります。だって感動したいならこれぐらいの落差があれば十分だと思うからです。

  




















 










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こなつ

Author:こなつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。