スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資方針は変わってないんよ

 こなつがバリュー投資を知って実践を始めた頃の投資方針は、

利益率の高く参入障壁が高い企業の株を安く買うでした。

 安さの指標はPER、PBR、EV/EBITDAでした。PBR>3に恐怖を感じるのは、そもそもの出発点がこれでしたからですワン。

 ところが周りのバリュー投資ブログは資産バリュー花盛り。三東工業なんか人気ありましたが、こなつには全く魅力が分からず、それでも三東工業の株価は不沈空母のようにジリジリ上がり続け、こらえきれずにこなつが飛びつくとそこが天井で、バリュー投資家は蜘蛛の子を散らすように逃げてしまいました。

 逃げ遅れたこなつは、資産株なんだから業績が少しぐらい落ちたってホールドでいいのでは?と 思って四谷さんに聞いてみたら、「三東工業の魅力はもともと持っている資産に、キャッシュがさらに積み上がるところにあるので、業績悪化は売り」と優しく教えていただきましたワン。こなつが赤字の資産株を買わない原点になりますワン。

 さてその後は不動産流動化株の暴騰によって、バリュー投資家は儲けりゃなんでもいいって風潮になって、純粋にバリュー投資をする人が激減しましたワン。この頃いさま~さんがブログを始められ、そのPFをみるとコテコテのバリュー投資。嬉しくなって、応援していたのですが、バリュー投資から国際分散投資、fx投資に変更され、やがてブログ更新が止まってしまいましたワン。とても残念でした。

 その後長い下落相場が始まり、損切りしないバリュー投資家は袋叩きにあいました。バリュー投資家のなかにはロスカットの重要性を説くひとも現れ(なんじゃそれ?)、バリュー投資暗黒時代が続きますワン。

 で、何が言いたいのかと言いますと、こなつの投資方針である参入障壁が高く、利益率が高い企業の株を安く買うというのは、今でも変わってないんですね。流行りの成長株を見ても、参入障壁が高いとは思えないから買わないんですよ。PBRが高いんで定量面でも買えませんけど。

 現在CPが高いので、少し無理しても買いたいのですが、いつも心の中で自分の投資方針を確認して、合わないものは買わないようにしています。ちなみにストック型ビジネスの場合は参入障壁が多少低くても、スイッチングコストという武器がありますので、買っています。

 良い企業の株をできるだけ安く買って長期保有することが、一番だと思ってますワン。

 

 

 

 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こなつ

Author:こなつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。