スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こなつファンドを振り返る

jasdac.jpg

 こなつファンドの資産配分を振り返ってみましたワン。

 こなつファンドは預貯金の1/4という資産配分で2004年7月頃に始まりました。
 恐る恐る始動って感じですね。

 丁度その頃は、新興株の2003年からの第一弾の爆上げ後の調整時期であります。ファンド運用直後は苦戦していたのを覚えていますワン。この頃はバリュー投資は唯一無二の必勝法と信じ込んでましたから、何故株価が上がらない?と苛立っていました(笑)。

2005年になると新興株第二弾の爆上げが始まり、こなつファンドは2月と4月に預貯金の1/4を増資。預貯金と株式が1:1になりました。結果的にナイスな選択でした。


 この頃村上ファンドの登場でバリュー投資全盛でしたが、不動産流動化株を信用2階建てするのが流行し、そのあまりにも凄いパフォーマンスに魅せられてバリュー投資家も随分飛びつく人がいました。いつの時代でも儲けている人には人が群がりますワン。その後流動化信者は壊滅。信用取引の恐ろしさが際だった時期でした。 

 2006年になると3年間の下落相場が始まりますワン。こなつファンドは2006年の1月から6月まで毎月増資を行い、2007年に6月と8月に最後の増資でほぼフルイン状態に達しましたワン。またこの年の6月から2年間に渡ってセゾン投信の定額積み立てをやってます。dsan2000さんが今は預貯金にしたほうが良いって言っていたような気がします。結果的に含み損がどんどん加速していきました。バリュー投資批判が盛り上がり損切りの重要性を説く人が増えていきます。

 この頃は海外の株式が絶好調で、日本株が不人気になり海外投資が流行ってました。またアセットアロケーションが流行り、こなつもセゾン投信を始めた訳ですワン。結果的に最悪のスタート時期になりました。セゾン投信は欧州の経済状況をしるにつけ撤退しました。この頃からマクロ経済を勉強するようになりましたワン。

 2009年にセゾン投信を解約し、恐怖のどん底で日本株買いに向かいましたワン。この買いが無ければ、ファンド回復は随分遅れたかもしれませんワン。

 こうして相場の天井も底も上昇相場も下落相場も経験できましたワン。マクロ経済も多少わかるようになりました。今後の投資判断に役立てたいですね。

 

 

 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:こなつファンドを振り返る(02/26)

エルピーダ逝ってしまいましたね。

Re[1]:こなつファンドを振り返る(02/26)

イザリオコゼさん

>エルピーダ逝ってしまいましたね。

 驚きました。半導体は心底怖いと思いました。
坂本社長でも再建出来ないとは・・・。

 でも必ず再建してほしいです。

Re:こなつファンドを振り返る(02/26)

WarCowファンドも累積最高益を更新してますワン。リーマンショックから3年上昇している気がするけど、見渡すとまだまだ安い株があって2005年後半とは違って選ぶに困らない感じです。あー、日本の株は全体的には2003年の底とかリーマンショックの頃と大して違ってないんですね。どうりで。
エルピーダのCBは株と違ってきびしく翌日上場廃止でした。ttp://www.tse.or.jp/news/10/120227_a.htmlいや持ってませんけど何かチャンスはないかと思ったのに、調べる間もありません。

Re[1]:こなつファンドを振り返る(02/26)

WarCowさん

 テクニカル的には過熱してますから買えないんでしょうけど、定量的にみると安くて仕方ない・・・。押し目待ちに押し目なしって言いますから、とりあえず打診買いだけは入れておきました。

振り返ると

相場の底を見極め(たつもりで)てエイヤっと資金を投入するのではなく、何月何日に○○円買うと決めて高かろうが安かろうが実行する平均法の方がパフォ良かったりします。フィッシャーは偉大だw

Re:振り返ると(02/26)

Mr.Ryuさん

タイミング投資の場合、運も大きいですよね。上級者と言われ奉られている人も、単なるまぐれだったりしますから、難しいです。
プロフィール

こなつ

Author:こなつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。