スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株主優待とアメーバピグの話

 実はアメーバピグにはまってますワン。

 知らないひともいるかもしれませんので、アメーバピグを簡単に説明しますワン。まず自分そっくりのピグを作成しますワン。ピグを作ると、部屋と庭が与えられます。庭は耕して、野菜や花や樹木を育てます。作った作物はライフポイントになり、それらを貯めて、家具をかったりして、庭や部屋を飾ります。

 ここで他のピグと交流があります。それは他人の畑へ水をまきに行くと、大抵の人は御礼に自分の畑へ水をまいてくれます。何度も交流していると、お友達になったりします。

 友達申請ってラブレターを書くみたいで、妙に照れますワン。

 またアメゴールドと言って、お金で買えるポイントもあって、中にはお金をつぎ込んでしまう人もいるんでしょうね。 ここでサイトは儲ける事ができます。こなつは絶対買いません。

 その他、魚釣りゲームがあったりして、バーチャルな世界なれど結構楽しめますワン。

 さて投資の話ですワン。

 株主優待についてちょっと書きますワン。

 株主優待にもいろいろあって、ちょっと書きますが

1.企業が日本的風習にのっとり、お歳暮感覚でちょっとしたものを贈る。

2.企業が株価対策でグルメギフトなどを大盤振る舞いする。

3.企業がPRも込めて、自社製品を株主に贈る。

 投資家の投資効率を考えれば、そんなことする余力があるなら、配当で還元しろ。大株主が不利じゃないか!ってなりますワン。そりゃそうだと思いますワン。

 だからそれを逆手に取った株主優待投資があるのもわかりますワン。こなつ自身もご家族に株式投資の楽しさを理解してもらうためにやってますワン。

 ただ主力でやっているものは、あまりそういった色気は出して欲しくないとも思ってます。かといって何もないのも味気ない。こなつは投資家より株主サイドで企業をみていますので、暮れにお茶くらい贈ってもらいたいし、企業理解のために自社製品ももらいたいと思ってますワン。 

 効率だけ追求した社会が、ギスギスして味気ないものです。社会には不効率なものがクッションになって、潤滑油のように動かしているんじゃないでしょうか?

 効率を追求した米国は強い者は強いが、格差を生み、訴訟社会になって、弱者は見捨てられます。日本の強みって、効率性を度外視したものが結構あって、それが上手く機能しているような気がしますワン。外国人からみると訳のわからない国。

 高度成長期に、仕事の能力を評価しない年功序列の給与体系を、みな納得していたわけのわからない民族。その結果、格差の少ない社会を実現。会社への忠誠心などというベクトルがあったことを外国人はしらないんですよ。

 そういった意味で、株主優待などと訳のわからない不効率で不公平なシステムを、普通にみている日本人を、こなつは否定しません。日本的だなあって思うだけです。

 ただし経営が傾いて、優待で株価下落をなんとかしようとしているのは、賛成しません。

 

 

 

 

 

 

 

 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こなつ

Author:こなつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。