スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資を考える

株式投資を考えてみますワン。


 まず余程の成長株でない限り、株価は市況の影響を大きく受けます。


 良い銘柄を選ぶより、良い投資時期を選ぶ方がパフォーマンスは上がると思います。

 
 下落相場では何を買っても含み損を広げるだけです。また上昇相場では、何を買っても儲かるはず。だから良い時期に好きな銘柄を買えばいいだけ。インデックス投資でも構いません。ただインデックス投資の場合、買いたくない銘柄まで買ってしまう事になりますから、それが嫌なら、好きな銘柄で分散投資を心がければいいと思いますワン。

 株式投資初心者の人で「何を買えばいい?」と聞く人はいますが「いつマーケットに参加すればいい?」と聞く人はあまり見かけませんワン。まあ聞かれても答えられませんが・・・。


 これが上昇相場なのか下落相場なのか?いつまで続くのか?


 これは後になってわかることですので、誰にもわかりません。株価の動きから上昇相場だと思い込んで、偶然それが当たって、しかも信用枠をめい一杯使って買っていた場合、大儲け出来るかもしれません。投資本執筆の依頼がなんかあるかも知れません。でも大抵はその逆で、大損してしまう人が大半だと思います。外資は個人の売買動向を把握してますから・・・。


 また大儲けした投資家も、偶然投資行動が当たっただけで、続けて当たる事なんて滅多にないでしょうから、投資を続けている限り儲けはマーケットへ消えていくものです。


これを平均回帰の法則といいます(笑)。


じゃあ確固たる投資法なんて出来ないじゃないか?と言われそうですが、上昇相場や下落相場がわからなくてもある程度リターンを上げる方法があるとこなつは考えます。


それは景気サイクルを利用する方法です。


 景気は循環します。ずっと不景気が続く事はありません。そこで不景気に買い、好景気に売ればある程度リターンはあると思いますワン。ただこれは人間の本能と逆を行く茨の道ですワン。メガボトムなんて絶対当てる事はできませんから、大抵は投資を始めた途端に含み損が拡大、どこまでも含み損が増えて行く恐怖と戦わなければなりません。


 ちなみにメガボトムの当て方はジム先生が書いていて面白いですワン。




 簡単に言うと、恐怖のどん底で買えって事ですワン(笑)。そして買ったら2,3年マーケットをみなければ良いことがあるかもしれません。この辺はやってみなくてはわからないのです。当然長期投資投資が前提になります。

 ちなみに短期投資が難しいのは、マーケットはいつまでもダラダラ数年単位で下げますが、上げるときは極めて短期に一気に上がりますワン。この上昇を取らないとパフォーマンスは上がりません。

底打ちを確認してから買っても遅くないっていう人もいますが、言うは安し、行うは難し。


 できるもんならやってみな、ハイ!

 
 逡巡している間に、あっという間に相場は上がっちゃいますワン。置いて堀にされる恐怖も相当なストレスになります。外資による振り落としも行われますから、短期投資で勝てる人なんてほんの一握りですワン。






 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こなつ

Author:こなつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。