スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂の上の雲

NHKで「坂の上の雲」第二部が始まりましたワン。

歴史好きなこなつは毎回楽しみにしております。特に明治はアジアの奇跡ともいうべき革命を日本は成し遂げましたワン。廃藩置県や身分制度撤廃など、よく諸藩が受け入れたものだと思いますワン。政治家も命がけでした。

当時は帝国主義の時代、弱肉強食で弱い国は軒並み植民地にされる時代。日本も国家存亡の危機だったわけです。富国強兵と国家の近代化が急務。

 さて第二部のスタートは「日英同盟」でしたワン。英国はあまりアジアに兵力をさけないので、 日本と同盟して、ロシアに対抗することによって、アジアの権益を確保したい。日本はロシア南下が直接的な脅威であり、英国と同盟することによってロシアに対抗したいという思惑が一致。外交は国益の追求ですワン。

 ドラマでは義和団の乱の鎮圧のために、多国籍軍が派遣されたのですが、ロシア兵の現地での悪行を演じていました。ロシア兵が敗戦国から略奪を繰り返すのは、彼らにしてみれば当然の権利なんでしょう。欧州もそういった傾向があります。負けた相手国民を奴隷にする文化ですからね。日本兵は国際法遵守して規律ある行動をとってましたワン。

 しかし改めて考えると、朝鮮の独立はロシアからの脅威を押さえる為にどうしても必要であることがわかります。今の北朝鮮は、韓国に取って中ロからの脅威を押さえるのに必要であり、中国にとっても在韓米軍からの脅威を押さえてくれます。

朝鮮半島は大国に囲まれる形で存在し、昔も今も大変不安定ないちにあると言うことですワン。

 韓国が反日を推し進めているのは、日米陣営にいるにはいるが、いつでも中ロと組む準備があるぞということをアピールしているのかも知れませんね。

 





 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こなつ

Author:こなつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。