スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逃げ遅れた不動産流動化ブロガー

たーちゃんさんのところでダヴィンチアドバイザーズの話が出たので、更新の止まったブログを巡回してみましたワン。


巡回したブログの管理人は、人の良さそうな投資家で、私はわりとこのブログが好きでした。当時の私はバリュー投資一筋でやっておりましたが、バリュー投資家の人が不動産流動化株を取り入れる事を始めたので気になって、不動産流動化ブログも巡回してましたワン。

彼のポートフォリオは最初バリュー投資家好みの地味な銘柄でした。

ところが不動産流動化がもてはやされると


4314 ダヴィンチ・アドバイザーズ
8868 アーバンコーポレイション
8902 パシフィックマネジメント
8922 アイディーユー
8925 アルデプロ
2337 アセット・マネジャーズ
3121 アセット・インベスターズ
8789 フィンテック グローバル
8907 フージャースコーポレーション
8924 リサ・パートナーズ

とすっかり入れ替わります。

 これらの銘柄はその後総崩れとなり、信用取引をしていた人は強制退場となったわけですワン。怒濤の爆下げ。


 不動産流動化ブログのリンク先は、どういう訳か投資先がほとんど似通ったブログばかりでした。バリュー投資家も流行銘柄はありましたが、不動産流動化ブログほど酷似してません。この当たりに悲劇の一因があったように思いますワン。つまりリスキーシフトが大きく働いてしまった。


 不動産流動化株への投資は、成長株投資だと思います。投機の場合は厳密なロスカットを設定しますが、彼らのブログからはロスカット設定はありません。成長株投資ならば、成長ストーリーが崩れたときが撤退時となるわけですが、彼らは何故か買い増しに走ります。株価が大きく下がったため、割安感を感じてしまうんでしょうね。

割安だから買うというのは、バリュー投資家の発想なんですけどね・・・


 成長株投資とバリュー投資の手法が混同してしまい、リスキーシフトが働いてしまったため、銘柄を信じすぎてしまった。ここまで株価が下がってしまうと今更売れないっていう考えは、成長株投資にはありえませんワン。


バリュー株は地合が変われば株価も上がる事はありますが、成長ストーリーが崩れた成長株は、買値に戻ることはまずありません。


 結局自分がどれだけリスクをとっていて、どういった手法を用いているかを理解していないとダメだと思いますワン。皆が同じ銘柄に投資して大儲けしている。これだけ大勢の人が儲けているのだから間違いないと同調してしまうと、集団で破局へ向かうとき、誰も気がつかなくなりますワン。


kogig.gif 
















 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こにゃにゃちわ

銘柄の良し悪しは好みなんで何とも言えないですが、ポートフォリオ的には、フルスイング!って感じですね^^

でも、たしかにバリュー系ブログで、不動産系がもてはやされた時期はありましたねー。私もちょっとだけかじりましたが失敗しました(笑。良い授業料ですww。

Re:こにゃにゃちわ(02/26)

ハク@島人さん

 こんなPFの信用二階建てを進めてたのだから、自殺しろって言っているのと同じです。
プロフィール

こなつ

Author:こなつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。