スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株と流動性

 面白いバンドを見つけましたワン。


 まあ、この曲聞いてみてください(笑)。

http://www.youtube.com/watch?v=pDrWxvq7agE&feature=PlayList&p=80FEA75CA29BC075&playnext=1&playnext_from=PL&index=15

相対性理論 さわやか会社員


 腰砕けになるようなロリータボイスにふざけきった歌詞。中毒者続出っていうのも頷けますワン。なんでしょう、この不思議な歌は。思わず注文してしまいました。注文した後、他の曲を聴いて少し後悔してますが・・・(笑)。
 

♪夜中も見回り警備員~、ってあたり、大爆笑。



ハイファイ新書

 
さて投資の話ですワン。

 インテリジェントウエイブが吹き上がっているのは、さておきまして
、本日は株の流動性について話ますワン。

 流動性の無い株は人気がありません。そりゃそうです。売りたいときに売れない株は欲しくないって人が圧倒的だからですワン。だからこそ安い。


 松井証券の社長が、

 流動性のない株の株価なんて、信用ならん!


 と言っていたそうですが、マーケットが効率的であっても、流動性のない株は需給によって極端な価格をつけます。さすがにそういった価格だけは、マーケット効率的説を支持する人であっても、信用できないというものです。

 バリュー投資家ならそういった株をコツコツ拾っていくんでしょうね。

 バリュー投資を理解し、バリューを保証とした、逆張り投資家はマーケットの動向を気にしている時点で、バリュー投資家というには違和感を感じます。やっぱりこなつの思い描くバリュー投資家は、こういった流動性のない株をコツコツ拾っている人なんですね。マーケットの動向は無視。安ければ買う。そんなイメージでしょうか・・・。

 ちなみに流動性のない株が安いのは、買い手が少ないということを理解していれば良いと思います。ただしそういう株を買うときは、10年単位の保有を覚悟すべきでしょうね。それこそ土地を買うような気持ちで株を買う。

こなつ的には、ある程度流動性がある株のほうが、需給による煽りを受けることが少ないので、流動性も大事かなと思うようになりました。だから極端に流動性がないような株を買うときは、それなりの覚悟を持って望みたいと思いますワン。




 さて日本を中国に売り渡そうと画策する小沢に対抗して、政策集団こなつ党は、コーギー党へ合併することになりました。政治は数です。コーギー党は保守本道を歩んで参りますワン。



 
kogi.gif

我らコーギー党。同志は増え続けてますワン。














 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こなつ

Author:こなつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。