スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高音質CD

 高音質CDがブームだそうですワン。

先日こなつはSACDが欲しくてタワーレコードへ行ったのですが、SACDが見つからず代わりにSHM-CDなるものがあるじゃないですか。

何これ?

CDとの相違点は、盤に使用しているポリカーボネート樹脂の質のみ。これを液晶モニターに使われている透明度の高いタイプに変更することで、読み出し時のデータエラーを低減させ、高音質サウンドを実現した。

 CDは読み込みエラーが結構あるようですが、そのたびエラー補正をしているようですワン。確かにエラーを減らせば音質は向上します。


さらに後発でHQCDというのが出たようですワン。

素材に液晶パネル用の高品位ポリカーボネートを採用するのはSHM-CDと同様だが、反射皮膜を従来のアルミ皮膜に対してHD DVD開発のノウハウを生かした独自の合金タイプに変更。反射率と信号特性を大きく改善した。


そして満を持して出たのがBlu-spec CDですワン。


マテリアルは、Blu-rayディスクに使われている高分子(=高透過率)ポリカーボネート+一般的なアルミ反射皮膜と、SHM-CDに近い仕様。それよりも最大の違いとなっているのは、スタンパー(CDに音楽情報のビットを転写する板)の製作精度だ。

 Blu-spec CDでは、Blu-ray Discの製造で培った、ブルーレーザーダイオードによる超精密カッティングにより、マスター音源の信号を忠実に反映しているのだ。さらにBlu-ray Discとおなじ高分子ポリカーボネートによって、スタンパーに刻まれたピットを正確に転写させることを実現している。


 
 ここまで見てきて、馬鹿やってるなあと思いますワン。どれもCDデータの読み込み精度を上げることに躍起になっているだけじゃないですか・・・。


 そもそもCDは音が悪い。それはフォーマットが古すぎるからですワン。マスターテープをデジタル化するときに、消失するデータが多いんですワン。

 この問題点を解消するため、新たなフォーマットが誕生しましたワン。SACDとDVDAですワン。ようやくレコードを超える音源が出来たわけですワン。残念ながら普及しません。

でもなんで今更CDフォーマットへ戻らなきゃならないんですか?


 まるで折角民営化した郵政を、再び国営化して財政投融資を復活させようとしている民主党とみたいじゃないですか!キャイーン!!!

 

 

 

 

 

 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:高音質CD(10/30)

SHM、HQCD、Blu-spec CD、いずれも「おまじない」の域を出ないですね。単に名目付けて値上げしてるだけの「貧すれば鈍す」CDだと思います。
ちなみにBlu-spec CDのポリカーボネイト・・ブルーレイ用に開発された物ですが、ブルーレイには採用されていません。なんじゃそれCDです。
これを本当に「高音質」だと信じて買う消費者のなんたる不幸かと思います。普通のCDで十分です。
高音質ならSACDを買うべきでしょう。横着せずに
。実はその方が安上がりで満足度も高いのですから

Re[1]:高音質CD(10/30)

ろじゃーすさん

通常のCDと2枚組にしたものもあるようで、聞き比べれば多少違うようですが、だったらSACDを買うべきです。まったくいい加減な商品だと思います。
プロフィール

こなつ

Author:こなつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。