スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メッセージいただきましたので

 オーディオアクセサリーを交換しても音の変化を感じないというメッセージを頂きましたワン。思うところがあるので、少し書いてみますワン。

 実はこなつの友人(ビーグル犬雄5歳)にオーディオ好きがいるのですが、かれは高級機材を持っているのに、アクセサリーには無頓着。アクセサリーによる音の変化を信じていないようですワン。ガタガタの台の上に機材を置いてます。悲しい・・・。

 彼は音はアンプとスピーカーで決まると信じており、高級機材を揃えているのにCDプレイヤーは安物なんですワン。こなつがCDが悪いねと指摘すると、渋々20万相当のCDプレイヤーを買いましたワン。で、どうだった?と聞くと、あまり変化がないと言うんです。

 先日彼がこなつの家に遊びに来たので、機材による音の変化を感じてもらうデモンストレーションをしましたワン。

 同じCDをDVDレコーダーと高級CDプレイヤーで聞き比べてみようというものですワン。最初にDVDレコーダーで聞き、その後高級CDプレイヤーで再生すると、


おお、全然違う!音の厚み、高音のきらめき、開放感!


自信を持って「全然違うでしょ?」と振り返り、驚きましたワン。彼は違いが全くわからないっていうんですワン。

 これほどの違いがわからないのでは、他のアクセサリーの違いがわかるかなあと思いながらあれこれやったのですが、最後まで彼は違いがわからにようでしたワン。


 身を乗り出してSPの音に必死に耳を傾けている彼を見て、思いましたワン。かれはSPの音だけを聞いている。そう音だけ。


同じSPから違う音がでるわけないじゃない。キャイーン!!!


 アクセサリーの違いとは、音の変化ではなく、鳴り方の変化なんですよ。マニアは心地良い鳴り方を求めて、アクセサリーで音を追い込むんですワン。高音の伸びが欲しいとか重心を下げたいとか、開放感が欲しいとか、静けさが欲しいとか。音が良くなるっていうのはSPがグレードアップするわけじゃないんですワン。気持ち良い音になるって事なんです。

 たとえばこなつがいろんな盆栽を彼に見せたとします。かれは葉の色を凝視します。木の幹の色凝視します。そして緑だね、茶色だねと言います。こなつはいろんな枝振りの盆栽を見せるのに、かれは葉の色と幹の色しか見ないのです。みな同じだと言います。葉の色や幹の色は、盆栽の風靡さを構成するいち要素にすぎない。


もっと全体を見ないと、盆栽の楽しさがわからないですワン。


彼の身を乗り出して聞き耳を立てている姿は、葉と幹の色を凝視しているそのままの姿だと思いますワン。SPに聞き耳を立ててはわからないものがあるのです。


 オーディオを聞く時は、思い切りリラックスした姿で、音楽を楽しもうという姿勢が無ければ、本当の音をわからないとおもいます。緊張感の中では、心地よい音なんてわかりません。


ちなみに先日書いたSPケーブルの継ぎ足しでは、RWCを取り外した影響がかなり大きかった事がわかりました。だから実際の音の変化は、少し割り引いてください。

 あとマニアが劇的な変化という時は、音が良い方向へ変化したときの心の感動を表す表現なので、機材を変えたような変化があるのかと言われると困ります。


ちなみに逸品館によるSPケーブルの音の違い動画
 http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=OmMjH7HSCAI&feature=related


 パソコンで聞いていても違いがわかるから凄い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

違いますね~

スピーカーケーブルでずいぶん音質は変わるものなんですね~。

最初のは硬くて耳に付く音ですね。
お店でこのケーブルは使って欲しくないです。
機器の音質を勘違いしてしまいそうです。

Re:違いますね~(10/01)

akipopさん

 あんなケーブル高くて買えませんけど30センチの継ぎ足しなら一般人にも可能かも。

 しかしケーブルの違いをはっきり出す、他のオーディオ機器の性能にも脱帽です。良い機器ほど、アクセサリーの効果が顕著にでますから。

200/m

動画で気になる点を見つけました。

動画ではBELDEN9497は1万円くらいと言っていますが、いろいろなお店をチェックするとBELDEN9497は200~300円/円で販売されています。
これってどういうことなんでしょうね?
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=182%5E9497%5E%5E" target="_blank">http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=182%5E9497%5E%5E


あと、BELDENはモニター系のケーブルを作っている会社です。
9497がモニター系であるのであれば、9497の音はあのシステムの本来の音であると言えます。

そう考えるとシステム自体が良い音を出していないと考えることもできるわけで、これって視聴時にはスピーカーケーブルも確認しておく必要があるな、と思いました。

Re:200/m(10/01)

akipopさん

>動画ではBELDEN9497は1万円くらいと言っていますが、いろいろなお店をチェックするとBELDEN9497は200~300円/円で販売されています。
>これってどういうことなんでしょうね?

 私も1万円のケーブルと高級ケーブルを比べるのはきついかなと思ってました。1万円というのは50メートル当たりなんじゃないでしょうか?つい仕入れ単位の値段を言ってしまったとか。


>あと、BELDENはモニター系のケーブルを作っている会社です。
>9497がモニター系であるのであれば、9497の音はあのシステムの本来の音であると言えます。
>そう考えるとシステム自体が良い音を出していないと考えることもできるわけで、これって視聴時にはスピーカーケーブルも確認しておく必要があるな、と思いました。

 ケーブルの違いを明瞭に出すのだから、システムの潜在能力は極めて高いと考えます。余談ですが、モニター系って聞くと、明瞭だけど淡泊でつまらない音っていうイメージがあります。ヤマハのモニター系のスピーカーは全然楽しくなかった。

Re[1]:200/m(10/01)

konatsu6483さん

ケーブルによる音色の違いを知ってもらうため、という企画なので問題はないでしょうが、1200円/6mと25万円/6mを比べるというのはちょっと・・・という気がします。

音楽鑑賞はモニター系は合わないですよね。
モニター系スピーカーなんて全然楽しくありません。

ただ、試聴についてはケーブル類はモニター系が良いと思います。

25万円のケーブルを使った機器を試聴して買ったとします。
家庭で1万円くらいのケーブルを繋いだら酷かった、というのではたまりません。

1.癖のないモニター系のケーブルで自分の気に入った機器を購入する。
2.ケーブルで音色を微調整する。
というのが王道かな、と。

Re[2]:200/m(10/01)

akipopさん

まったくおっしゃるとおりですね。TOPPINGというアンプの感想で、モニター系の音と評しているブログがありました。明瞭な音だけど、音楽を楽しむのはどうかなあという趣旨でした。

 明日実験してみます。まだTOPPINGが手元にあるんですよ。

鎌ベイアンプKRO

konatsu6483さん

TOPPINGといえば、鎌ベイアンプKROというデジタルアンプもPCユーザーには割と人気があるようです。
http://www.scythe.co.jp/accessories/kamabay-amp-kro.html" target="_blank">http://www.scythe.co.jp/accessories/kamabay-amp-kro.html

低価格デジタルアンプが増えてきているのは面白いですよね。

実験、楽しみにしてます!

Re:鎌ベイアンプKRO(10/01)

akipopさん

これまた楽しそうなアンプですね。これからはHDで音楽を聴くのが当たり前になるかもしれません。パソコンの高音質化にはぴったりのアンプかも。

 なんだか欲しくなりますワン
プロフィール

こなつ

Author:こなつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。