スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーケットタイミング

 うーーーーん、頭を抱え込んでしまったニュース記事


「ミニ氷河期の到来」
 http://www.asahi.com/science/update/0601/TKY200906010159.html
 

 世界が温暖化対策に躍起になっているのに、こりゃないでしょう・・・。


 真偽はわかりませんが、何事も疑ってかからなくてはいけませんワン。




 さてこなつファンドも怒濤の爆上げから昨日小反落となりましたワン。

 マーケットタイミングを取る事は難しい、短期間の爆上げに乗れないとパフォーマンスが極端に落ちると語っていたモドキ君が、この爆上げ期にCPたっぷりっていうのはどういう訳なんでしょうかねえ・・・。悪魔のささやきに負けちゃったんでしょうか?

 結局後追いは上手くいかないんですよ。その時々にマッチする投資法ってありますが(世界経済バブル期には国際分散が有効ですが、後追いした人がことごとく討ち死)それを見つけるのは、マーケットタイミングを取るぐらいのセンスが必要。こなつには出来ません。hiroさんはできるかも

 ただ愚直に1つの投資法に固執していれば、いつの日かマーケットのほうから歩み寄ってくる事があるでしょう。

 マーケットから資金を引き揚げるな

という言葉と

 投資法をコロコロ変えるな

という言葉は、ある意味同じ事を伝えているんだと思いますワン。

だから

投資法は時代に合わせて柔軟に変えていけば良い 後追いの典型じゃない

という言葉に、こなつは賛同しません。


 しかしバリュー投資を完全に否定したひとが、いまだにバリュー投資の看板にしがみついているのはどういう訳でしょうか?不思議でなりません。




 






 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:マーケットタイミング(06/10)

マーケットの状況、つまり戦場の状況を把握することは、とても大事だと思っています。投資家の欲と恐怖のハーモニーという感情で、株価の動きは激変します。バリューといっても投資家によって資産のバリューとか成長性から見たバリュー(←これって実は指標から見たら割り高なやつに投資することになるので、資産からみると超割り高投資になることが多いです(爆)

 いろいろな作戦を立てて楽しむのが良いと思います。リロは700円から40%以上上げちゃいましたが、優待を使い倒せば元本コストゼロは株価にかかわらず達成できます。最近もう一つ美味しい作戦を考えました。配当8円と図書カードの優待で1株10円。この前まで200円。いまは213円のワキタ。6月の9月の優待ファミリーセールで50%引きで英国皇室御用達の服を買えば元本21300円はあっというまにご回収^^;

 服には好みがあるから奥様の趣味に合うかどうかは分かりませんが高島礼子スペシャルコレクション手どう思います^^;

http://www.king-group.co.jp/company/" target="_blank">http://www.king-group.co.jp/company/

Re[1]:マーケットタイミング(06/10)

 ワキタじゃなくてキングの間違いでした。失礼しました<o>

Re[1]:マーケットタイミング(06/10)

toms2121さん
> 服には好みがあるから奥様の趣味に合うかどうかは分かりませんが高島礼子スペシャルコレクション手どう思います^^;

 アラフォー世代を消費のターゲットにしているなあとつくづく思います。企業は若い世代が金を使わない事を知ってますね。

 

Re[2]:マーケットタイミング(06/10)

konatsu6483さん

平日にレストランに行っても、ほとんどがアラフォーの女性グループばかりですものね。ターゲットは良いということでしょうか^^;

そんないいものじゃありません。

えらく誉めていただきありがとうございます。たまたままぐれで当たっているだけですw

Re:そんないいものじゃありません。(06/10)

ひろ20070614さん

 本当に冴えまくってますね。それに思い切りが良くて気持ち良いです。私は集中投資って出来ないんですよ。
プロフィール

こなつ

Author:こなつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。