スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワインとブルーレイの話

 こなつは毎晩ワインを飲んでいるんですが、ワインはデリケートなので、50本に1本ぐらいの割合でしょうか、品質が大幅に劣化したものにぶち当たりますワン。不味くて飲めたものじゃありません。品質劣化したワインは、どれも同じような味になります。

たとえて言えば


 梅雨時に干した洗濯物が悪臭を放ったような味。


 白ワインならば、クレーム・ド・カシスを混ぜれば、なんとか飲めますが、赤ワインはどうにもなりませんワン。料理酒行きになります(捨てない奥様素敵♪)。

 ショップに文句言っても取り合ってくれないので、安いワインの引当金と割り切って処理していますワン。デパートで買うなら文句言いますけどね。


 困った事に、この品質劣化ワインは、ワインを飲み慣れていない人には判らないんですワン。ワイン好きにはとても飲める代物でないのですが、そうでない人にとっては、なんでもないんですワン。先日ご主人様がご友人と居酒屋へ行った時、この劣化ワインにぶち当りました。ご主人様は、文句言おうと思ったのですが、居酒屋バイト達にワイン劣化が判るわけないし、ご友人様は全然気にならないそうで、その日は我慢して飲んだそうです。

 そもそもフランス料理店でテイスティングをするのは、諸説ありますが、こういった品質劣化ワインが混入してしまうリスクがあるので、あえて確認を得ているんだと思いますワン。けして味に関する満足度を聞いているんじゃないはず。


 さて本題ですワン。

 奥様とご主人様がイタリアンレストランへ行って、ワインを注文しましたワン。ここはパスタが旨くて、大変繁盛していますワン。

 ワインを一口飲んだご主人様がいいました。

「あああ、ダメだこれ。ちょっと飲んでみて」
「うーん、不味い・・・。」
「文句いう?でも昼間のバイトさんに言ってもわかるかな?」
「ソムリエがいればいいけど、バイトに言っても難癖つけてるだけと思われるかも」
「前回来たとき、コルクが浮いていて文句言ったら、怪訝そうな顔していたもんね」
「でもお金出してこんなワイン飲むの嫌だな」

 協議の結果、とりあえず言ってみることにしました。

「あのー、ワインの味がわかる方いますか?」
「どういたしました?」
「味が変なんです」
「え??」
「品質が劣化したワインっていうのが紛れ込むことがあるんですが、これがそれです」

 店員がテイスティングしてみて、確かにいつもと味が違うと感想。ただ店のワインは同じ年代のものだから違うワインを注文してくれないかと打診。

「味が気に入らないのではなくて、品質が劣化しているって言ってるんですよ。おそらくこのボトルだけの問題だと思います」

 新しいボトルを持ってきてもらって、今度は健康的な素晴らしい味で、ご主人様も店員もほっとしていました。


 楽しく食事するためには、客が我慢する事はないけど、こういったシチュエーションは結構孤独ですね。


 さてブルーレイの話ですワン。


 akiさんのブログで、ブルーレイは普及するかという問いかけがあったので、こなつの見解を少し書いてみますワン。


 まず顧客が高解像度を求めているかどうか。

 これはNOだと思いますワン。ソニーのPSP3は高解像度が売りのゲーム機ですが、解像度が大幅に劣る任天堂wiiが爆発的ヒット。ゲームは内容だという事ですワン。

 ご主人様が高解像度TVを買えば、ドクターコトーみたいなドラマは、背景が素晴らしいから絶対にはまるよと、奥様を説得したのですが


 ドラマは内容が全て
         by 奥様


 と奥様は取り合わなかったですワン。今回地デジ対応テレビが売れている要因は、アナログ放送打ち切りがわかっているので、仕方なく買っているだけだと思いますワン。買ってみたら綺麗だったというおまけはありますが。


 ではAVマニアの動向はどうか?


 実は現在の段階で、ブルーレイには否定的ですワン。理由は圧倒的有利なフォーマットを使い切れていないそうですワン。

 まず音質が最悪。ドンシャリ傾向が強くバランスが悪い。映像もCGと実写がはっきりとわかってしまい、物語に入れない。動きがなめらかでない。

 現段階ではDVDの映像のほうが、解像度は低いが完成度が高く、バランスが良い。

 今AVマニアの関心は、DVDを高解像度TVでいかに心地よく見るかに集中しており、ブルーレイが普及するかどうか懐疑的ですワン。ちなみにデジタル接続はノイズ混入が大きく問題点が多いようですワン。



 P4070005.gif
語りますね~


































 





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

感想

ブルーレイのお話ありがとうございました。
参考にさせて頂きます。

1.まず顧客が高解像度を求めているかどうか。
私もNO!だと思います。
ただ、高解像度テレビを持ってしまうと、それを活かすためにブルーレイが必要になってくるので、日本人は買ってしまうんじゃないかなぁ、と。

2.ではAVマニアの動向はどうか?
これに関しては、まだまだブルーレイソフト泰明期であるため、ソフト作成のノウハウ不足や技術的な問題が大きいのではないかと思います。
CDやDVDも初期は同じような状況でした。

こなつさんが書かれているように、品質が悪い原因は完成度が低いことにあるので、これは解消していくんじゃないでしょうか?

ブルーレイソフトの中では、
NHKクラシカル 小澤征爾 ベルリン・フィル 「悲愴」 2008年ベルリン公演 [Blu-ray]
の出来が素晴らしいみたいですよ。
私は視聴環境がないため聞いたことありませんが・・・。

個人的には、日本国内でいくら普及しようがたかがしれているので、欧米の動向次第になると思っています。
欧米は日本の地デジのような強制力をもったものはないんじゃないかと思うので。

それと・・・

お酒に関しては何を飲んでも「不味い(涙)」ことはわかります(笑)

なんでお酒がおいしいのか。
なんで世の中にお酒というものが存在するのか。
なんで大嫌いなものを飲まされなければならないのか(怒)
人生の中で一番不思議に思うことです。

まあ、人生かなりの損を私はしているんでしょうが・・・。

Re:感想(05/19)

akipopさん

 ハイビジョンを一時的にHDに残す人はいるでしょうけど、ブルーレイで保存しようと思う人は少ないと思います。保存はDVDでいいやって人のほうが多いんじゃないかな。むしろレンタルDVD屋の在庫動向で違ってくるでしょうね。でも再生機はPSP3が人気です。

 ソフトの完成度に関しては、徐々に上がってくると思いますが、やはり一部のマニアしか買わないと思います。DVDオーディオやSACDみたいに・・・。

 

Re[1]:感想(05/19)

konatsu6483さん

私は録画をしない人間なので、レコーダーの必要性はよくわからないのですが、レンタル店の動向が重要というのはもっともだと思います。

ソフトを見たいからプレーヤーではなく、レコーダーになるのかな、と。

また、画質・音質に拘るのはほんの一部だという意見ももっともだと思います。
ほとんどの人は画質・音質に拘りがありません。

Re[2]:感想(05/19)

akipopさん

しかしPS3の評判は凄いですね~。60Gの旧製品はプレミアついています。私も買おうかな。

 しかしakiさん、酒が飲めないなんて可愛そう。
プロフィール

こなつ

Author:こなつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。