スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バリュー投資原理主義補足

 石川さんからバリュー投資家の損切りについてコメントを頂きましたワン。石川さんがおっしゃるのは


余剰資産の毀損の恐れがある場合は、損切りもあるのでは?


 まったくその通りですワン。こういう損切りはいっこうに構いません。そもそもこなつの資産株への投資は、赤字でないというのが大前提になってます。その次にくるのは、業績が安定している事。


 どんなに余剰資産を持っていても、資産が減り続けていては投資できません。


 そういった意味で、バリュー投資家に人気あった新潟放送は、参入障壁は極めて高いのでこなつ好みですが、TV局のビジネスモデルがネットの出現によって揺らいでいる且つ、大手TV局が赤字転落している現在、マーケットの評価は正しかったのかも知れませんワン。


 さてそもそもバリュー投資とは、価値と価格のギャップに投資するわけで、


マーケットは非効率的だ、という立場をとっていますワン。


 価値と価格のギャップが広がれば広がるほどチャンスが大きくなるわけです。


 価格変動によるロスカットルールは、バリュー投資の概念に明らかに反しますワン。相容れるものではありません。


 ファンダメンタルズを根拠にする投機ならば、ロスカットルールはありです。投機は価格変動が全てですから。だからマーケットの経験を活かして、自分なりのルールを作って行けば良いです。誰がなんといおうと気にすることはありません。


 ただし、ファンダメンタルズ投機とバリュー投資は全く別の概念です。気安くバリュー投資という言葉を使って欲しくありません。あんたのやっているのは、ファンダメンタルズ投機!バリュー投資じゃないの!!!

 

 

 さて本日で年内最後の更新となりますワン。馬鹿な考え垂れ流しブログですが、御訪問くださった方、ありがとうございました。気がつけば200万アクセス。感謝しますワン。

 

来年は良い年になるといいですね。

 

 

                           愛犬こなつのバリュー投資日記

                                 管理人 こなつ(コーギー) 



 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:バリュー投資原理主義補足(12/30)

 1年間お疲れ様でした。こんどのご意見には異議なしです^^;

 価格変動によるロスカットというのは、他人様の意見に付和雷同する、資産のバリュー投資家にはチグハグで無意味なルールですね。

 逃げ足の早いパーシャルオーナーなんてものはパーシャルオーナーを名乗る資格が無いのと同じ類のお話だと思います(苦笑)

 価格変動を取りに行くのは投資ではなく投機だと思っています。私は投機も大好きです。ただ下手糞なんで、主力は死なば諸ともというパーシャルオーナー的な発想でいきたいと考えています。

 真っ当な企業の株は、殆どが割安で、どれに投資してもいいのかもしれませんが、資産リッチ(=
恐慌に対する抵抗力、体力のある)で技術力のある企業を、やはり分散でポートフォリオに迎えていきたいと思います^^;

 来年もよろしくお願いいたします。

Re[1]:バリュー投資原理主義補足(12/30)

toms2121さん

 こちらこそよろしくお願いします。逃げ足の速いパーシャルオーナーっていうのは笑いました。

今年もよろしくお願い致します。

数年前よりROMさせて頂いていまして、今回初めて投稿させて頂きます。
【資産バリュー】投資についてですが。
 私はグレアム氏の「証券分析」は読んでいませんが、
「賢明なる投資家」は読んでいます。
 株価が1株当りの純流動資産の2/3以下の時に買う時に、
ただそれだけで買うのか? 他に何かの基準を使って銘柄を絞り込むのか?
などが以前から分かりませんでした。
 この正月に読んだ「バフェットとソロス 勝利の投資学」の
63ページ前後に『アクチュアリ的投資法』という記述がありました。
 グレアムが用いていた投資法で、【特定の特徴を持つ株式をすべて買っていた。
彼は多数の銘柄に投資して、株価が上がった銘柄での利益が、
そうならなかった銘柄での損失を大きく上回るようにしたのだ。
これがリスク管理のアクチュアリ的方法である。】と書かれていました。
 私も【資産バリュー】投資(中国株ですが)をしていますが、
特定の特徴を持つ株式をすべて買うという手法だったとは初めて知りました。
【資産バリュー】投資をちょっと単純に考えすぎていたのではと自戒しています。

Re:今年もよろしくお願い致します。(12/30)

忍耐2さん

 安全域という概念を作ったのは、個別でも自信があったと思うんですよ。ただ資産株は一斉に見直されるわけでないので、資産株に分散していれば、含み損もあるはず。

 それともグレアム先生は、安全域も単なるパラメーターと捕らえていたんでしょうか?興味深いですね。

 でもネットネット株はアメリカ市場からはなくなったそうですから、勝率100%なわけです。ただ時間がどれほどかかったかわかりませんが・・・

 今年もよろしくお願いします。
プロフィール

こなつ

Author:こなつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。