スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資目的で投資法は違ってくるワン

3年間ブログ更新を続けている人は、かなり少数派だそうですが、バリュー投資系のブログは結構続いていますね。

 たとえばバリュー投資ブログと並んで人気が高かった不動産流動化&信用2階建てブログは、こなつが知る限りほとんど更新されてませんワン(投機の凄腕ブロガーも更新停止していて少々驚きました)。高レバレッジは良いときは大きく利益を伸ばしますが、悪くなると損益を一気に増加させるばかりか、下手すると追証かかって強制退場となりますワン。

 やはりレバレッジをかけず、割安なものに投資し、ひたすら買いのスタイルが、投機の才能がないものには正しい選択のような気がしますワン。配当に勇気づけられるし・・・。


 さてネットサーフィンをしていて、とあるブログに立ち寄りましたワン。割安度を投資の基準にしていたのに、更新が止まってますワン。

2007年6月の時点で超割安な株を発見したと喜んでましたワン。

銘柄A

PER 5.2
PBR 0.96
配当利回り 2.23%


なるほど指標的にはこなつも犬踊りしたくなる数値ですワン。ただここまでPERが低いと何か勘ぐってしまいますね。早速どんな企業か調べてみましたら建売住宅でしたワン。建て売りといったら在庫。資産の半分が棚卸品として計上されてましたワン。こうなるとPBRは数値通り受け取れませんワン。有利子負債もかなりあります。さらに資金繰りは要注意となりますワン。セルフファイナンスチェックが重要だと思いますワン。

 さて銘柄Aは、業績下方修正(利益▲84.7%)を発表。株価暴落(1/4)しましたワン。資産の大半がキャッシュだったら株価下落もここまでひどく無かったと思いますワン。PBRを見るときは、財務諸表も確認しなくてはだめですワン。

 この方は、この後信用取引を使って集中投資してしまい退場となったようですワン。

 株価は需給によってどうにでも動きますワン。株価予測なんて無理ですワン。信用取引を使うことは、大変危険な行為だと思いますワン。さらに集中投資は、リスク許容量を一気に超えてしまいますワン。生き残りたいなら現物&分散投資ですワン。長期で構えてればいつか良い時がありますワン。


 さてこの人は何故信用&集中投資をしてしまったのか。


投資目的

・3年以内に借金返済
・3年以内に結婚資金作り


 短期にまとまった資金を作りたかったんでしょうね。凄腕トレーダーにでもならない限り無理ですワン。


もし投資目的が

・好きな企業を応援したい
・現金をインフレから守りたい
・キャッシュを生む本当の資産が欲しい
・長期的には株式投資が一番有利という事を知っているから。

 といったものだったら信用&集中投資とはならなかったと思いますワン。手早く短期で儲けようと考えるなら、割安度なんかみないでチャートみて投機に走るべきですワン。


  
さて銘柄Aをこなつは買うか?

 買いません。在庫を過剰に抱えるリスクは怖いですワン。ナックを買ったのは、注文住宅なので在庫を抱える必要がないからですワン。 それにこれだけの借金があると、安心して眠れませんので。













 

 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

投資目的について

すいません、投資目的が以下の理由になるのであれば、取りも直さず集中投資&二階建てが合理的な行動になるはずです。ちょっとおかしくないですか?

好きな企業を応援したい
・現金をインフレから守りたい
・キャッシュを生む本当の資産が欲しい
・長期的には株式投資が一番有利という事を知っているから。


また、1990年以降の日本においては以下の3つの投資目的が達成される状況になっていないと思うのですが、(特にインフレリスクなんてナンセンスと考えます。)何か具体的な根拠があるのでしょうか?

・現金をインフレから守りたい
・キャッシュを生む本当の資産が欲しい
・長期的には株式投資が一番有利という事を知っているから。

Re:投資目的について(07/13)

やまさん12y3さん

 好きな企業を応援するのに借金する必要がありますか?応援するという感覚での投資なのに、集中投資という過度のリスクを何故負わねばなりませんか?

 最近物価上がってきませんか?今後はインフレリスクは増大していくと勝手に思ってます。

 
 

Re:投資目的で投資法は違ってくるワン(07/13)

原油も食品もその他の資源も上がってるのにインフレリスクに備えないなんて無知のすることですよ。

Re[1]:投資目的について(07/13)

konatsu6483さん

投資目的については半分理解できました。
確かに借金までする必要はないかもしれませんがキャッシュを生む本当の資産や株式投資が一番有利なのであれば借金してでも買う行為は間違っていないと考えます。だって、現金よりも有利なんですから。その理由だと現金を持つ意味はないと思います。集中投資についても同様と思います。

あと、物価については確かに上がっていますが、インデックスで見る限り株価は上がっていませんよね。私はこの現象は今後も続くのではないかと危惧しています。
最悪、日本は物価高と株安が同時に発生しうる環境ではないかと考えています。

個人的には日本の場合は株よりも先物のヘッジのほうが有効のような気がしています。(ただ、先物は個人的にやりたくありませんが。)

インフレ対策...

こなつさん、こんにちは。
 インフレ傾向にあるのは、原油や食料などの一部のコモディティであり、耐久財などの価格が上がっているような実感はあまりありません。そして給料もそれほど増えてません。もちろん、金利も上がってません。
 こんな状況でも、日本国内の株式を買うことが資産をインフレから守ることになるでしょうか?このことには、個人的には以前から随分と懐疑的なんですけど。

Re:インフレ対策...(07/13)

よっしー1180さん

 ご訪問ありがとうございます♪

 私も日本の物価はまだまだ安定しているほうだと思ってます。パソコン関連なんて、安くなってますし。
ただインフレの入り口に入ったのかなとは思ってます。だから今後益々インフレがひどくなるようなら、何らかの対策を立てなくてはいけないと認識してます。

 株価が下がれば意味無いジャンって意見もありますが、私は企業価値に投資していますので、製品値上げによって利益が増えるのであれば、インフレのヘッジになっていると思いますワン。

Re[1]:インフレ対策...(07/13)

> 製品値上げによって利益が増えるのであれば、インフレのヘッジになっていると思いますワン。

 そう、つまりそこが問題なんですよ。製品をそう簡単に値上げ出来ない状況が構造的に出来てしまっていることが大きな問題だと思っているのです。
逆に言えば、強い価格支配権と強いビジネスモデルを持っている企業を見つけられる人が投資力のある人だと思ってます。
 ところで、例えばNAND Flashを考えると、作れる企業はごく数社しかなく、参入障壁がとても高く、需要は基本的に旺盛、しかし価格はムーアの法則ばりに減衰していく..."イノベーションを止めてくれ"と言った経営者がどこかにいたと思いますが、世界最先端の技術がマーケット的にはチキンレースになるというのは不思議なことですね。

Re[2]:インフレ対策...(07/13)

よっしー1180さん

 カップ麺が値上げになったのですが、スーパーでは値上げになってないですね。それからプライベートブランドでさらに安い製品が出てます。凄い企業努力だと思います。ただいつかそれも限界になって値上げになると思ってます。今物価がそれなりに安定しているのは企業努力によるもので、臨界点に達した時点でインフレが加速するような気がしますワン。

 参入障壁が高くても、需要が安定していないものは、ダメでしょうね。

Re[3]:インフレ対策...(07/13)

> 参入障壁が高くても、需要が安定していないものは、ダメでしょうね。

うん、その通りですね。
じゃあ、需要が安定する、ってどうすればわかるのでしょうか?結局、ファンダメンタルズトレードの弱さって、それを定量化できないことにあると私は思っています。理解系の私には、定量化出来ないものは、胡散臭いものに見えてくるのです。あっ、こなつさんも理科系ですね、きっと。そして行き着く果てはファクターモデルみたいな話にならざるを得ない訳です。"エクセレントカンパニー"なんていう言葉は"美女"という言葉と同じくらい主観性が宿るものでしょうから。
 またいつか、ゆっくりこんな話をさせてください。
プロフィール

こなつ

Author:こなつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。