スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セルジュ・チェリビダッケ

ご家族皆様とテニスへ行ってきましたワン。こなつはタイピングは出来るんですが、ラケットを握る事ができないので、今回は球拾いですワン。






IMG_1983.gif

 ボールがネットすると、猛ダッシュで拾いに行きますワン。










IMG_1981.gif

 ほらボールですワン♪







 夜は漁師さんから頂いた魚(コウイカ、ヒラメ、鯛、カワハギ)を、奥様がさばいて刺身と海鮮みそ汁を作りましたワン。どの魚も旨かったですが、とりわけカワハギの刺身が良かったですワン。カワハギの肝を醤油に溶かして、カワハギを食べましたが、カワハギの肝は、素晴らしいですね。ほんのり甘く、ウニのように濃厚で、鮮度が良かったので全然生臭くなかったですワン。カワハギは足が速いので、こういった食べ方は、こういうチャンスがなければ出来ませんワン。漁師さん感謝ですワン。




 さて音楽の話ですワン。

 こなつはどちらかというとジャズ派で、クラシック音楽は滅多に聴かないのですが、一人だけ例外がいますワン。





celibbi.gif
 

セルジュ・チェリビダッケ(元ベルリンフィル指揮者)





 図書館へ行ったとき、ふとチェリビダッケが目にとまったので、ベートーベンの「田園」を借りて見ましたワン。そしてやっぱり感動しました・・・ワン。何かが心を揺さぶるんですワン。スローテンポなんですが、楽器が生き生きと鳴っているんです。初めてチェリビダッケを聞いた時は、そのテンポに絶句してしまいましたが(笑)。

 チェリビダッケをご存じない人の為に、簡単に説明しますと、

 彼は大変頑固者でおまけに毒舌家でもありますワン。彼の信念は、音楽はわかる人にしかわからないし、音楽は体験して初めてわかるものであって、録音されたメディアを聞く事はナンセンスだと思ってますワン。だから彼は演奏の録音を拒否し続けましたワン。そして商業主義へ走ったカラヤンを激しく批判しましたワン。現在彼の録音は、海賊版か彼がオケの練習用に録音(黙認)したものを、彼の死後家族が発売を承認したものだけですワン。

 厳しいリハーサルや、その毒舌はあちこちで摩擦を生みましたが、生涯孤独な人だったんじゃないでしょうか?

 でも改めて聞くと、やっぱりいいなあと思いましたワン。






さて投資の話ですワン。

 
 相場好調で、みなさんプラ転しているようですが、こなつは相変わらずマイナスですワン。完全に置いて行かれてますワン。早くプラ転したいものですワン。 






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こなつ

Author:こなつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。