スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リバモアの投機術

【送料無料】世紀の相場師ジェシ-・リバモア

【送料無料】世紀の相場師ジェシ-・リバモア
価格:2,310円(税込、送料別)



トレーダー絶賛の「世紀の相場師ジェシ-・リバモア」を読みましたワン。


 いやあ、面白かったです。リバモアの生き様を追体験できる貴重な本だと思いますワン。バリュー投資の対局にいる人ですが、学ぶ事は多いんじゃないでしょうか?

 リバモアをよく知らないひとのために、簡単に説明しますワン。

 リバモアは貧しい農夫の家に生まれました。小さい頃から数学が抜群にできた彼は、農夫では豊かな生活はできないことを悟り、母親から5ドルもらって家出します。行き先はボストン。そこでチョークボーイという株価を黒板に書く仕事を見つけます。日々株価を書く仕事をしていると、株価の潮目が変わる時に特有のサインがあることを彼は見つけます。

 彼が見つけたサインは機能し、彼はバケットショップ(ノミ屋)でまとまった資金を作ります。その資金を元手にウォール街に乗り込み、大金を手に入れるが、その後失敗して破産します。この時失敗の原因を研究し、再び再起しますワン。ここが凄い。

 その後破産しては復活という手順を繰り返し、彼の投機法は洗練されていきます。

 そして彼は1929年の世界恐慌を空売りで大もうけしますワン。

 私生活は贅を極め、世界一の成金生活を送りますが、奥様がリバモアの浮気に嫌気がさし、酒浸りになり、子供もぐれてしまいます。家族不和からリバモア自身も精神が不安定になり、輝きを失っていきます。その後投機で実績をあげられず、63歳で自殺。

 私が凄いと思ったのは、ニューヨーク証券取引所のバブル崩壊をマーケットのサインから確実に読み取っていたとこですね。よく相場の底や天井は、後になってわかるものって言いますが、リバモアはリアルタイムに読み切ってました。株価の値動きを追い続けた天才だから出来る技なんでしょうね。

 いまでもリバモアの投機術は生きていると思いますが、パソコンが普及して研究されてますから、マーケットサインはより複雑になっていると思います。投機は他者を出し抜く事で成り立ってますから、投機への道は相当険しいでしょうね。

 ただ私生活はいただけない。いくらでも稼げるって自信は、いくらでも使うって方向へ向かうの仕方ないでしょうが、こなつはバフェットっみたいに大金を手にしても生活は何もかわらない人のほうが格好いいと思いますワン。


リバモアから見れば、バリュー投資は正気の沙汰ではないでしょうね。安いからと言って、株価が適正に評価される保証なんてないわけだし、株価が買値を下回れば買い増しで対応なんて正気の沙汰ではないです。やはりバリュー投資のリスク管理は、ポジション量ですね。上限を決めて分散投資しかないです。


 でもバフェットは集中投資するんだよなあ・・・。天才にはついて行けません。



【送料無料】孤高の相場師リバモア流投機術

【送料無料】孤高の相場師リバモア流投機術
価格:735円(税込、送料別)


リバモア本人が書いた本はこちら。もちろん買いましたので読んで感じるところがあればまた日記に書きますワン



 










スポンサーサイト

最後の買い手にならない為に。

 あるトレーダーのブログが面白くてずっと読みふけっていましたワン。

 この人はデイトレで利益を上げている人なんですが、つねに大衆が何を考えているかを考えていますワン。トレードは期待値でやるそうですが、大衆がエントリーするポイントを十分理解しながらわざと外し、高い期待値を維持できるルールでトレードしているようですワン。

 つまり大衆はテクニカル指標を投資行動の指針にしているから、どうやったらその裏をつけるかを常に考える。 テクニカル盲信は大衆そのものであり、絶好のカモと言うわけです。

 外資が日本株を買い上がる時は、最後に個人投資家に持ち株を買わせなくちゃならないから、個人投資家の動きを注意深く観察しているそうです。恐らくロスカットポイントをどこに置いているかを考えながら株価を乱高下させ、個人投資家を振り落としながら買い上がっていくんじゃないでしょうか?

 半端にテクニカルをかじって振り落とされるぐらいなら、バイ・アンド・ホールドが効果的なんじゃないでしょうかねえ・・・。

  

 

 

 

 



ブラザーのプリンター

 ベクターデザインから、サイトがハッキングにあって顧客データが流出したというメールをいただきましたワン。キャイーン。

 クレジットの買い物を確かめて欲しいって言われてもねえ・・・。

DSCF3537.jpg 

 クレジットカードは便利だけど、常にこういった問題を抱えています。こなつは以前、 カードを不正利用されて、カード会社が気がついてカードを停止してくれて被害が無かったんですけど、その後のカード復旧作業の大変さを思い知りましたワン。何でもかんでもクレジット払いにしているもので・・・。

 それを思うと、今回のメールは憂鬱でしかたありませんでした。そこへ追い打ちをかけるように次男様が、海外サイトで買い物をしたいとの申し出があって、そんなところでクレジットカード情報を入力なんて絶対嫌!って思ってたら、PAYPALってサービスがあるんですね。信用度も十分なんで、今回はこれを利用しましたワン。

 さて話は変わりますが、奥様の実家がプリンターを買い換えましたワン。何を買ったかとぴうと、第三の選択 ブラザーです。

 DCP-J925N (購入価格11600円)

 この機種凄く売れているようですワン。インクジェットプリンターはキヤノンとエプソンの牙城でしたが、ブラザーからの戦線布告ですね。かなり戦略的な仕様になってますワン。

 無線LAN対応、スキャナ搭載、デジカメのダイレクト印刷対応、CDラベル印刷対応、両面印刷対応。

それからインク詰め替え防止ICチップがついていません。拍手!

 ブラザーが第二のキヤノンになれるかどうかの試金石になりそうですワン

 

 

 

 

 

 

 

 

 



バリュー消費家とワイン

バリュー消費家とワインについて書きますワン。

 まず大事なことは深入りしないこと。はっきり言ってワインはCP比が低いですワン。たとえば日本酒で言うと一升2500円以上で純米酒を買えば、味の好みはあってもまずハズレはないと思います。焼酎も同じ。

 ところがワインは、5000円出してもがっかりすることが多いですワン。またブショネといって、品質劣化ワインに結構あたります。レストランで最初に試飲するのも頷けますね。日本酒や焼酎で品質劣化しているのにあたった事がありませんワン。ワインは取り扱い注意です。

 だったらワインなんか飲まないで日本酒や焼酎を飲むのがバリュー消費家じゃないか?と言われそうですが、良いワインに当たった時の喜びは日本酒や焼酎の比ではないです。幸福感に包まれて翌朝までワインの臭いに包まれてしまいます。友人と楽しい食事をするのならワインはかかせませんワン。なにか大切な記念日に花を添えるにはワインが必要ですワン。

 でやはりワインを飲まない訳にいかないのですが、ここで重要な事は舌を肥えさせない事。おいしいワインを飲むと、悲しいことに人はそれに慣れてしまって、さらに良いワインを要求するようになってしまいますワン。高級ワインにはまってしまうと投資どころではなくなってしまいます。

 まず我が家の基準を作りましょう。定番デイリーワインを決めるのです。それは特別にcp比の高いものを人生をかけて探しましょう。こなつ家ではやまやのBOXワイン(ハーディーズ)を定番に決めてます。3Lで1780円。激安ですが、味は申し分ありません。1本1000円を超えてもこれより不味いワインは沢山あります。

 このワインを不味いと思えてきたら、それは危険信号です。しばらく良いワインを飲むのをやめましょう。舌をリセットするのですワン。

 人間の味覚は、絶対値でなく相対値なんですよ。高級品ばかり飲んでいたら味覚があがっちゃいます。感動するための投資額が増えちゃいます。また幸福感も相対値なんです。だったら安上がりに幸福感を感じた方が絶対得。舌が肥えるなんて良いことではありません。

 で、こなつ家では週末にシグロやコノスルといったスーパーバリューワインを飲んで、うめえって楽しい晩酌をやってます。これもやまやワインのおかげです。そして何か記念日には3000円~5000円のワインを買って祝います。なかなかいいワインに当たらないですけど・・・。

 そしてスーパー記念日に上限1万円。これ以上の出費は致しません。こなつの中に絶対的な基準があって、たとえ宝くじが当たってもこの基準は守ります。だって感動したいならこれぐらいの落差があれば十分だと思うからです。

  




















 










料理は錬金術

  こなつはバリュー消費って言葉を使ってます。

 これは倹約とはちょっと意味合いが違いますワン。無駄遣いをしないってところは共通してますが、バリュー消費は快適な生活を送りながら、消費効率(コストパフォーマンス)を最大化させるもので、倹約は一部不自由な生活も許容しながら、こちらの最終目的は貯蓄ですワン。

 CP比の高い消費を目指すからバリュー消費と呼んでます。貯蓄を最終目的にしているわけではありません。

  さてこの消費効率ですが、ほんとうに人それぞれですね。ケチケチしているようであっても、実は消費効率が悪いことも多く、本人はその事に気づいていないんです。 

 たとえば、電気のスイッチはこまめに切り替えている人であっても、冷蔵庫の食材を腐らせたりします。料理の残りものを平気で捨てたりします。整理整頓できてない人は、同じ道具を何個も買ったりします。爪切りやドライバーを複数所有している人も多いでしょ?1セットあれば済むものを複数持っているというのは、無駄以外の何者でもありません。

 最近、料理は錬金術だなあって思いますワン。食材に調理を施すと非常に高い付加価値がつきます。デパートの総菜売り場を歩くと結構高いです。原価いくらだ?って考えちゃいます。バリュー消費家ならばとことん手作り料理に拘るべきだと思いますね。そのほうが美味しいし健康にも良いですから。

 料理に関しては、食材を使い切る、残った料理を捨てない事が肝要ですワン。

 奥様は食材を無駄にしません。魚一匹買ってきて、さばいて刺身を作り、頭は鍋の出汁になった後、カブト煮になり、骨は骨せんべいになります。ここまで効率性を高めれば言うことありません(笑)。

  残った料理は、再加工して別料理にしますワン。家族が気がつかなければ奥様の勝ち。 

  こういった陰の努力があっての豪華な夕食ですワン。奥様に感謝。

 

 

 

 

 



寂しいですね~

 長男様が家を出て4日目となりましたが、家族が一人減るっていうのは寂しいものですね。

  奥様も4人前の料理から3人前の料理を作るので、調子狂うみたい。ご主人様も焼酎を割る為のレモン炭酸飲料を冷蔵庫から取り出して、「あれ?こんなに残ってる。長男がいたらあっという間に無くなるのにな・・・」と言ってました。なんだか寂しそうですワン。

 それをうけて次男様が、「しまった、そっちにあったのか」と目を輝かしました。だいたい炭酸飲料は兄弟で奪い合うのですワン。もはや次男の独占状態・・・。

 長男様の部屋は、すっかりもぬけのからなんですが、外付けHDDが置いたまま。

しらないぞ~、パソコンクラッシュしても復活出来ないじゃない 

  長男様はネット中毒ですから、パソコンがクラッシュしたら半狂乱でしょうね。しーらん、ぺったん、ゴリラ~。

 さて投資の話ですワン。

 あれだけ極端に上げていた相場ですから、調整はあってしかるべきだと思いますワン。

 ただ新興市場はあまり下げてませんね。全然買えてません。狙っているのは、利益率が高くて参入障壁が高く、配当還元意欲の高いとこです。祭りには参加したほうがいいって意見も聞きますが、やっぱりこなつには出来ませんね。愚直に良い企業を安く買い続けますワン。 

 

  

 

 

 



旅立ちの日

 大学受験に失敗した長男様は、今度の月曜日から東京の予備校へ行くことになりましたワン(涙)。

 初めての一人暮らし。本人は不安というより意外に楽しそうです。

 こなつは寂しくてなりません。だってこなつは今7歳ですから、生きても後3年~5年です。長男様は土日の夕方の散歩をする約束になっていたのに、ほとんど反故。こなつは全然遊んでもらえていませんワン。

 来年は大学生でしょうから、家に帰ってくるのも年に数回。おそらくこなつ臨終の時は、遠い空の下で暮らしているはず。こなつ死亡の連絡を受けて、果たして帰ってきてくれるのか?悲しい現実ですワン・・・(涙)。

 ご主人様もなんだか寂しそうですワン。なんだかんだいっても瓜二つの親子ですからね。次男様は部屋が広くなると嬉しそうですワン。情緒ってものがない男です(怒)。

  浪人生活というのは、高校生でもない、社会人でもないというなんとも微妙な身分であり、その生活も本人の意識次第で、規則正しい生活にもなり、怠惰な生活にもなりますワン。今の時代、二浪はあり得ませんから、この一年が勝負です。人生に悔いを残さぬよう、渾身の1年間にしてください。最高の受験環境を手に入れた以上、それを生かすも殺すも自分次第です。悔しさをバネに飛躍してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



PM0.4Nのレビュー

  さてPM0.4nを聞き込んでみましたので、感想を書きますワン。

 ちなみに昨年秋に買い代えたのはオンキョーGX-70HD


 今まで安物のPCスピーカーを使って、音は鳴っているだけって環境から、十分音楽を鑑賞できるレベルまで改善しました。特に低域の豊かさには驚き。ただ中低域の豊かさに比べて、高域の抜けが少し悪く、まあそこまでレベルを要求するものではないでしょ?って事で十分満足していました。実際価格コムの口コミでは高評価で、オンキョーのベストセラーSPになっているようですワン。

ちなみにusb-dacはこれ


 パソコンのイヤホンジャックから直接音声を持ってくると、パソコン内部でアナログ変換されることによって、内部のノイズを受け音質は劣化してしまいますワン。usb-dacはUSBケーブルを使ってパソコン外部で専用DACを使ってアナログ変換されるため、かなりの高音質化が望めますワン。

 で前回紹介したPM0.4nですが、箱から取り出すとGX-70HDより横幅がでかいです。それからずっしりと重い。

 鳴らしてみると、全音域のわたって気持ちよい鳴りっぷり♪実に気持ち良いです。音の解像度も増した感じですね。ボーカルの定位は前スピーカーと変わらない感じですが、静けさが増したようで、より浮き上がってきました。分離感申し分なし。

 確かにAKIさんもおっしゃってましたが、これはピュアオーディオクラスに匹敵しますね。 

 ちなみにインシュレーターで3点支持してますが、この効果は凄いありましたよ。必需品ですね。スピーカー底面がそれだけ振動しているってことでしょうか?

  

 

 



スピーカーの買い換え

AKIさんお奨めのスピーカーをやっぱり買ってしまいましたワン

 

  少しでも高みを目指してしまうオーディオマニアの性ですね。最大のネックであったボリューム調整も、専用アダプターを買いましたから心配なし。ああ、楽しみ♪

  ところでこなつは音楽データはsonyのatrac advanced lossless で管理していますワン。音質劣化のない素晴らしい技術です。これをパソコン横のlandiskにストックしているんですが音楽データをdlna経由でPS3再生しようとすると、何故か出来ません。後でわかったんですが、ATRAC形式のデータに対応してないとのこと・・・。

 sonyは最新のウォークマンにATRACに対応していない製品を出したようで、独自規格を諦めてしまったのかもしれませんワン。

 

 どーすんだよ、この莫大な音楽データ(怒)。

 

 

 



プロフィール

こなつ

Author:こなつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。