スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の失敗3

  エーワン精密はホールド中なので失敗というのは早計ですがちょっと書いてみたいですワン。

 エーワン精密は多品種少量生産&短納期という他の追随を許さないビジネスモデルであり、創業以来驚異的な利益率をキープ、内部留保も厚く、不景気には積極的に設備投資を行う企業であります。創業者はこなつがもっとも尊敬している素晴らしい人。年功序列&終身雇用を頑なに守っていますワン。

 町工場が使うコレットチャックを中心に切削工具研磨という新ビジネス育成中であります。 当然景気循環株にあたり、製造業が活況を呈してくれば、間違いなく業績は上がっていきます。業績低迷時に買うのが鉄則ですね。

 こなつの失敗は、ビジネスモデルに惚れ込んで

 業績が良い時に買い付けてしまった事

 これに尽きます。

 でも景気回復すれば必ず株価は上がりますから、ホールドに不安はないのですが、社員をかわいがる割に、株主には冷たいです。余剰資金がたっぷりあるのに、業績が悪化すると、真っ先に減配します。安定的に配当するという意志がありません。業績が悪化しても減配しないゼネパカと好対照ですワン。

 間違いなくエクセレントカンパニーなんですが、投資家からみるとちょっとね。 株主の事を全然見ていません。

 そもそも余剰資金をたっぷり抱えているっていうのは、株主にとっては資金を効率的に回せていないわけなので、文句も言いたいとこなんですが、不景気に積極的に投資するのが強みと言われれば、長期的に大きなリターンにつながるので我慢します。ならば株主が我慢していいる分、不景気にも安定的に配当しろよって言いたいです。 

 エクセレントカンパニーの条件のひとつに、積極的に株主に利益還元する企業というのも入れなくちゃ駄目ですね。

 そう考えると、この投資は良かったのか疑問ですワン。

 こなつファンドの保有株の中に利益還元に積極的な企業が増えるにつれ、その思いは強くなっています。

  ちなみに含み損はこの間撤退したシステムズデザインに匹敵するぐらいあり、こなつファンド最大の問題児になってますワン。ははは。

 昨年2億5千万円をかけて太陽光発電システムを導入しましたが、これは評価してます。内部留保で遊ばせておくぐらいなら、太陽光発電投資は利回りいいですし、万一計画停電しても操業できますから。

 ナステックが大株主になって、高配当を迫ったのですが却下されました。ナステックは何で大株主になったのでしょうかねえ・・・。ものすごい含み損だとおもいますよ。それこそ株主に叱られますワン。

 

 

 



スポンサーサイト

私の失敗

 2005年当時、シチエ(現ウエアハウス)という銘柄が流行っていましたワン。

 レンタルDVDと大型ゲームセンターという2つのビジネスを行っており、レンタルDVDからゲームセンターへ移行の途中でした。

 いつも保守的な計画を立て、上方修正を繰り返していくという渋い会社でして、社長が公認会計士の資格を持つ切れ者。バリュー投資家がこぞって投資していました。

 こなつもゲームセンターへ視察に行き、ただのゲームセンターでない事に気がつきました。異空間の演出が凄いのと、店員の教育も良かったです。無料のおしぼりなんかも置いてあって、さすがシチエだ、このゲームセンターは流行るぞ、よし投資しようって事になりましたワン。株価は2003年以降ずっと右肩上がりでした。

 家庭用ゲーム機は普及してましたが、こういう大型遊具は個人では買えない。それに若者が遊ぶといったら昔からゲームセンターでしょ、って思ってましたワン。 

  ここでこなつの間違い。それは今の若者は極端に消費を嫌っており、ゲームセンターに行かない人が多くなっていた事。

 この頃投資家の中で、アンチシチエ派の人が現れはじめていました。彼らの言い分は、

 シチエは儲けても儲けてもその資金が次の大型投資に使われ続ける限り、株主に利益が還元されない。 

 もっともなご意見だと思いましたが、凄腕社長が必ず株主に還元してくれるものと信じていました。

 シチエはDVD事業のほうは、じり貧になっていましたが、大型遊技が稼ぎ頭になりはじめていました。 積極的に投資を拡大させていきます。

 やがて新型インフルエンザ騒動が勃発します。外出者が減り大型遊技の収益が激減。シチエに黄色信号がともります。株価も2006年をピークに右肩下がりの下落傾向。こなつは買い増しで対応します。顧客減少は一時的なものと考えたからですワン。

 その後、こなつの周辺のレンタルDVD屋が次々に閉店していき、シチエへの投資に不安が走りますワン。ただ凄腕社長が必ず挽回してくれるだとうホールド続行。シチエはネットカフェなども始めます。

 株価は相変わらず下がり続け、信じられないニュースが入ります。社長がシチエをやめることになったのです。理由は確か10年一区切りみたいな事だったと思います。のちにゲオの社長となってウエアハウスと業務提携で支援してくれるのですが・・・。

 ここでこなつはシチエ撤退を決断しました。社長が交代してしまった以上、もはや夢を託せない。

 当時のこなつファンドでは過去最大の損失を確定しました。相当痛かったですが、ドリ師匠などは、自分が結果的に買い煽ってしまった責任を果たすべく、その後もホールドを続け、経営改善の提案まで行いましたが、最終的に莫大な損失を確定させました。投資家の侍だと思いました。 真似できません。

 ドリ師匠は、こなつのブログでの買い煽りをいち早く批判していた人であり、自己責任のとれない人への責任もあるのだなと勉強させてもらいましたワン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



システムズデザインからの撤退

 先日システムズ・デザインから完全撤退しましたワン。

こなつファンド最大の損失を計上しました。キャイーン!

 撤退理由は、魅力的な銘柄への乗り換えの為です。もちろんまだ資産株としての魅力はありますが、最近の投資戦略は、ワクワクするようなストーリーがあるか?に絞ってますので、資産株を減らしています。もう安いだけじゃ投資できないなあ・・・。

 システムズデザインへの最初の投資は2005年のマーケット過熱期でした。当時他の銘柄を利確してCPが膨らんでましたので、定量面で安かったシステムズデザインを急いで買ったのを覚えています。

 やがて下落相場が始まり、株価は下落の一途で含み損は拡大していきます。バリュー投資ですので買い増しで対応するのですが、買い増しは毎回気持ち良いんですよね。だって自分の肯定ですから・・・。

 で、結果的に当初の予算を超えた買い付けになってしまい、業績も悪化して魅力は減少してしまいました。

 またこれが撤退の一番の理由ですが、保有していても楽しくないんですよね。

 だったら何で買ったんだ?って言われそうですが、当時はフルインが主張でしたから、急いで買った感はぬぐえません。

 同じ資産株でも日本デコラックスは結構好きなんですよ。事業内容が比較的安定してますから。 システムズデザインは安い以外に魅力jがなかったです。同じソフト会社でもBSPのように一流企業を顧客に抱えているとかしていたら、ワクワク感もあったかもしれませんね。

 総括すると、現在のこなつファンドは10~20%程度のCPは保持しておくという方針ですので、相場過熱期に急いで投資した事はまずかったんじゃないか?また定量面の安さだけで投資したのもまずかったんじゃないか?その後の株価下落で予算オーバーのポジションを作ってしまったのもまずかったんじゃないか? 

 こんなところです。そういった反省も含めて、ワクワク感のある利益率の高い企業への投資を増やしています。

  最後にシステムズデザインを資産バリューとして投資することに関しては何の異論もありません。そういった面でみれば魅力ある投資先だと思いますよ。またこなつが売ると株価は急騰するというアノマリーもありますから(笑)。

 

  

 

 



投資方針は変わってないんよ

 こなつがバリュー投資を知って実践を始めた頃の投資方針は、

利益率の高く参入障壁が高い企業の株を安く買うでした。

 安さの指標はPER、PBR、EV/EBITDAでした。PBR>3に恐怖を感じるのは、そもそもの出発点がこれでしたからですワン。

 ところが周りのバリュー投資ブログは資産バリュー花盛り。三東工業なんか人気ありましたが、こなつには全く魅力が分からず、それでも三東工業の株価は不沈空母のようにジリジリ上がり続け、こらえきれずにこなつが飛びつくとそこが天井で、バリュー投資家は蜘蛛の子を散らすように逃げてしまいました。

 逃げ遅れたこなつは、資産株なんだから業績が少しぐらい落ちたってホールドでいいのでは?と 思って四谷さんに聞いてみたら、「三東工業の魅力はもともと持っている資産に、キャッシュがさらに積み上がるところにあるので、業績悪化は売り」と優しく教えていただきましたワン。こなつが赤字の資産株を買わない原点になりますワン。

 さてその後は不動産流動化株の暴騰によって、バリュー投資家は儲けりゃなんでもいいって風潮になって、純粋にバリュー投資をする人が激減しましたワン。この頃いさま~さんがブログを始められ、そのPFをみるとコテコテのバリュー投資。嬉しくなって、応援していたのですが、バリュー投資から国際分散投資、fx投資に変更され、やがてブログ更新が止まってしまいましたワン。とても残念でした。

 その後長い下落相場が始まり、損切りしないバリュー投資家は袋叩きにあいました。バリュー投資家のなかにはロスカットの重要性を説くひとも現れ(なんじゃそれ?)、バリュー投資暗黒時代が続きますワン。

 で、何が言いたいのかと言いますと、こなつの投資方針である参入障壁が高く、利益率が高い企業の株を安く買うというのは、今でも変わってないんですね。流行りの成長株を見ても、参入障壁が高いとは思えないから買わないんですよ。PBRが高いんで定量面でも買えませんけど。

 現在CPが高いので、少し無理しても買いたいのですが、いつも心の中で自分の投資方針を確認して、合わないものは買わないようにしています。ちなみにストック型ビジネスの場合は参入障壁が多少低くても、スイッチングコストという武器がありますので、買っています。

 良い企業の株をできるだけ安く買って長期保有することが、一番だと思ってますワン。

 

 

 

 



セミリタイヤの条件

こなつファンドの現状。

益回り    9.9%
配当利回り3.6%

 まずまずですね。

驚いたことに

プロトコーポレーションの配当利回りが8.9%。

よくぞ成長してくれたものですワン。計算間違いかと思いましたよ。

こりゃ売れませんね。投資資金回収済みだし。


 配当生活をしているひとのブログで、配当利回りを時価で計算して、高い安い言ってるんですが、配当利回りは自分の出資金額にたいする現在の配当の利回りで計算すべきだと思います。そうすれば株価が上がって、時価の配当利回りが下がっても売る理由になりませんから。

 

 こなつファンドが1億円達成したとして、現在の益回り配当利回りを維持できたとすると年間990万円のルックスルー利益があり、配当が360万円になりますワン。

 配当手取りが税率20%とすれば

 288万円。

 月24万円の収入

 このぐらいを実現できればセミリタイヤ状態なんじゃないかな?


 もちろん、こなつは仕事を辞めるつもりは毛頭ありません。仕事で社会とつながっている以上、引退なんてあり得ません。ただ我が儘は言えるようになりますね。

 

 

 

 

 

 



増資の話とイオンビール

  イオンのPB商品の中で、これが凄いですワン。

バーリアルラガービール 158円

http://www.topvalu.net/lagerbeer/

 

 こなつは普段は発泡酒を飲んでますが、週末はプレミアムモルツを飲みますワン。これは人生を楽しむノウハウの実践です。毎日プレミアムビールを飲んでいてはお金がもったいないし、感動も減ってしまいます。人生は落差を楽しむもの。

 そして毎回「死ぬほど、うめえええええ」を連発してますワン。ところでイオンがプレミアムビールを格安で販売したというニュースを聞いてましたが、先日たまたまベルクでこの商品を発見、早速飲んでみましたワン。

 うーん、旨い。まさにプレミアムビールだワン。これはバリュービール認定ですね。 

 

 さて投資の話ですワン。

 増資を続けていますので、同時に買い付けも行っていますワン。注意するのは資金配分。今まで1銘柄5%を基本として、上限10%までというルールの中で行ってきましたが、今回大幅増資を受け、5%の金額自体が大きくなり、自分の感覚の修正を余儀なくされていますワン。

 こんなに買ってはいけないっていう感覚を、これぐらい買わないといけないってするのですから、抵抗あります。まあ、すぐに慣れると思いますが・・・。

 でまず主力銘柄の買い増し。株価が上がってしまっていて買いづらいものもありますが、平均価格が少し上がるぐらいなので、そんなに抵抗ありません。それに今から買ってもバリューですから。

 ちなみにこなつはバリュー投資家なので、PBRを基本的な指標にしています。スクリーニングも基本的にPBR<1.5の中から選びます。PBRが3倍を超えるとかなりビビリますので、そういったものは投資先から外していますワン。

 持ち株の株価が上がって3倍を超えるようになった場合は、ホールドを続けますが5倍が限度でしょうね。

 投資家の中にはPBR>5を好んで投資先にする人がいて、高いパフォーマンスを上げていますが、リスクが高い投資法ですので、こなつは参加しません。ハイリスクハイリターンが原則のマーケットですので、投資を博打にするか資産運用にするかはその人次第ですワン。

 

追加

 タナベ経営が増配を発表しましたワン。20円から22円へ。

キャッシュリッチで配当性向60%という企業ですから、配当重視投資家としては、絶対外せないですね。

  

 

 

 

 



こなつファンド増資

  日本デコラックスが業績下方修正を出しましたワン。

 エルピーダメモリーの社債を1億円買っていたそうな・・・。

キャイーン(涙)!!!

 最近売りが増えていた理由はこれでしたか。まあ資産規模からして狼狽売りするほどのものではないと考えます。しかし持ち株が被害を受けていたとは驚きですワン。

 ゼネラルパッカーはあまり株価が下がりませんね。なんか残念だなあ。買い増し出来ないじゃない・・・。 配当維持が評価されたんでしょう。株主思いの良い会社ですワン。

 

 さてこなつファンドはこの度増資を決行しましたワン。人生最大のチャンスが到来するとの判断ですワン。当たるも八卦当たらぬも八卦

 

 



ゼネパカ業績下方修正

 ゼネラルパッカーが業績下方修正しましたワン。

売上 △9.5%

営業利益△66.7%

純利益△70%

 なかなか強烈な下方修正ですワン。ははは。

 そもそもここは業績のブレが激しいので、こんな事にいちいち驚いていちゃダメです。心臓が凍り付いて、狼狽売りするような肝の小さい株主はさっさと退散してください。そのほうが会社も喜ぶってなものですワン。

 さてIRからのメールを転載しますワン。大事な所はこなつの判断で赤文字表記しましたワン。

  

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こなつ様

ゼネラルパッカー IR担当者より

いつも株主としてご支援して頂きまして、誠に有難うございます。

さて、本日、添付の通り、第2四半期決算短信を発表をしましたので、
ご連絡申し上げます。

第2四半期は、増収・減益です。
今期の通期予想は、増収・減益を予想していましたが、
下期(2月~7月)の需要が想定より大きく落ち込んでいることから、
残念ながら減収・減益へ下方修正を併せて発表しています。

なお、新規開発案件と翌期(8月以降)売上予定の高額案件の受注活動は
好調に推移しています。
また、海外市場向けも、増収計画を下回っているものの、前期より増加する
見込みです。

大幅な減益予想となりましたが、
今期の期末配当について変更せず、安定配当を継続します。

今後とも、中長期的に一層のご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 減益になっても配当を維持してくれるところがとっても好きです。もともと売る気がない銘柄ですので、配当維持されたのなら腹が立つわけないじゃないですか。

 しかしここのところ株価がいい感じに上昇していたものですから、てっきり上方修正でも出るのかと思ってました。ははは、やられましたワン。 

 



配当重視の投資とは

 配当連鎖投資のstareyesさんに、どんな基準で投資しているのか聞いた事がありますワン。

 stareyesさんは株を買ったら買値を忘れ、株主として配当を受け取る事に徹するという人です。またもらった配当は株式に再投資するという配当連鎖投資の提唱者でありますワン。彼の終着点が、配当金による経済的自立。配当がじっくり増えていくことをじっと見守りますワン。


 で、そのときの答えが

 配当可能利益を重視

 当時はいまいちピンと来ない答えでしたが、今ははっきりわかります。

 具体的にいうと、今後10年間は安定した配当を出せる事業と資本政策をもっていること。

 企業によっては、余剰資金を貯め込んでいても、業績に連動させて減配する企業も普通にありますが、たとえ減益になっても配当は維持してくれるようなところが、ベストなんでしょうね。企業の配当意欲って投資基準になると思いますワン。

 基本的には増配を続ける企業がベストなんでしょうけど、安定的に配当を出すには資産株も魅力的ですワン。タナベ経営とか不二電機工業なんてのがお好きでしたね。


 で、最近のこなつはベクトルが似てきました・・・。


 自分の投資の終着点は、やっぱり配当による経済的自立なんだと思います。


で、今後大相場が起こると仮定すると、相場のピーク時にはそれなりに資産が増えていると思うのです。ただしそのときには高配当銘柄は絶滅。配当利回り1%超えると犬踊り状態で、とても経済的自立など出来ません。

 そうすると次の暴落まで資金を温存するか、不動産投資へ足を踏み入れるか・・・。


 いま高配当銘柄を買わないでいつ買う?っていうのが今の気持ちですワン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 
 

 

 


 

 

 



プロフィール

こなつ

Author:こなつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。