スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナログプレイヤー購入

  アナログプレイヤーを買いましたワン。

 いままで使っていたのはこれ



 アナログレコードをデジタル化することを意識した製品で、パソコンとUSB接続できます。CD化されていないレコードを持っている人には重宝されますワン。 

 

  このプレイヤーは、意外と作りがよく、附属カートリッジを良質なものに交換すれば、実に良い音がします。アナログ入門者用にピッタリで、アナログレコードの楽しさを十分味わえますワン。

  こなつはこれで、すっかりアナログレコードに魅了されましたワン。中古レコードは1枚100円で買えますし、オークションも競合相手がいないので落とし放題。いつしかレコードは軽く100枚を超えました。

 音質的に満足していたのですが、逸品館がCP比抜群のアナログプレイヤーの取扱中止を発表し、在庫限りとアナウンスがありましたワン。いつかは本格派のものを買いたいと思っていたこなつにとって、とても見逃せるものではありません。

 で、買っちゃいました・・・(^^;) 



 見た目はチープですが、音質は素晴らしいとネットでも評判のようです。音楽にうるさいドイツ人の魂のこもった逸品ですワン。

  PCオーディオとは対極の存在ですね。

 ちなみにPCオーディオの説明をもう少し詳しく話しますワン。

 現在音楽データはパソコン部屋にあるlandiskの中に蓄えられてますワン。圧縮してますが総量500ギガを超えてますね。このデータを無線LANを使ってノートパソコンに取り出し、USB-DACを使ってアナログ変換し、オーディオアンプに接続しますワン。

 こうすればクリック一つで選曲できますし、何より音が素晴らしいんですワン。どういった訳か、高級CDプレイヤーに匹敵、あるいは凌駕しているかもしれません。徹底的に振動やノイズを排除出来るからなんでしょうね。

 とにかく、これほどの高音質を極めて安価に再生できるのですから、やらない手はありませんワン。 

  まさに両極端なオーディオの両立となりました。

 

 

 

 

 

 

 



スポンサーサイト

PCオーディオの話

 相場がどうなるかわかりませんが、暴落したときの買い増し資金は十分ありますし、長期に渡って下落した日本株も、いずれ反転する事は明白でありますワン。地震予測じゃないけど、今後10年以内に大相場になる確率80%、そんな感じで構えていますワン。

 さてこんな時は、株価チェックなんてやめて、趣味に没頭すべきですワン。

 PCオーディオの話をしますワン。

 こなつがASUSミニノートでLANDISKにある音楽データをピュアオーディオに接続して聞いたら、高音質だったことに大変驚いた事は以前書きましたワン。

 PCオーディオの可能性を大きく感じ、間違いなく今後CDは駆逐され、PCオーディオにとって代わられると思いました。

  そこで真面目にPCオーディオに取り組んでみようと思い、逸品館で推奨していたUSB-DACを買いましたワン。

 

 ノートパソコン内でアナログ変換するとノイズの影響を受け音質劣化するのですが、USBーDACを使えばノイズ劣化が起こらず、また専用DACですのでノートパソコン内蔵のDACよりは、高品位なアナログ変換が出来ますワン。

 PCオーディオの魅力は、なんと言っても手軽さ。クリックひとつで音楽を簡単に変えられます。データをアップサンプリングして高品位な音楽再生もできますワン。

 またこのUSB-DACはヘッドホンアンプとしても使え、こなつはAKGの高品位ヘッドホンを持ってますので、野外でウオークマンを遙かに超える高品位な音楽を聴くことも可能ですワン。

 時代は確実に変わっています・・・。 

 

 

 

 



ワインの味わい

 地元の老舗イタリアン店へ行ってきましたワン。この店、料理は抜群なのですが、最近は不景気のせいもあって安売り店に押され気味であります。店周りも古くなってきており、味音痴の若年層は敬遠気味。でも絶対潰しちゃいけない店ですワン。

 さて今日はワインを飲むぞーって気分だったのでソムリエに言うと、ワインを数本テーブルまで持ってきて、説明を始めましたワン。しかし表現が細かすぎてイマイチ味が想像できません。決めかねていると、「どんなワインがお好きですか?」と質問され、コストパフォーマンスの高いワイン、とはさすがに言えず、表現に困っていると・・・

 「好きなワインの銘柄は何かありますか?」ときいてきましたワン。

「バローロが好きです」と言うとソムリエは突然目を輝かせて「本当にワインお好きなんですね~」と言ってワインセラーへすっ飛んで行きましたワン。

 まさかバローロ持ってこないよな~、予算オーバーだぞって思ってましたら、ネッビオーロを使ったワインを持ってきましたワン。予算内。

「この品種を使ったワインは好き嫌い分かれるので通常はお薦めしませんが、お客様はバローロがお好きとの事でお持ちしました。いかがですか?インポーターもこれはコストパフォーマンスが高いと言ってます。」 

 おいおい、バローロが嫌いなやつなんていないだろと思いつつ、再び品評会。結局最初に説明を受けた、酸味が強くてリキュールみたいなワイン(なんだよ、それ?)を選びましたワン。

 可もなく不可もなくってワインでしたが、料理は抜群に旨くてさすがでした。値段的には高めの店ですが、こなつ的には十分バリュー店であります。

 ちなみにワインの飲み方ですが、人間はグラスを回してワインに空気をお送りこんでいるようですが、犬族はそんなことしません。舌をグラスの中に入れて、舌をぐるぐる回します。こうすれば空気も混ざるし、舌全体でワインを味わえ一石二鳥ですワン。さすがにソムリエが困惑した顔しましたが、こっちは客だし、かまへんかまへん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



9.11報道について

 9.11テロから10年目と言うことで昨夜から特集番組が報道されてますワン。

 人類史上最大のテロで、多くの人が亡くなり、被害者の方には大変お気のどくな事件だったと思いますワン。このような事件が2度と起こらない事を祈るばかりです。合掌。

 しかし報道が米国の被害者としての一面に集中していて、何故標的にされたかについて全くふれていない事に違和感を覚えますワン。テロを根絶するためには、テロの要因がなにか考えなくては無理だと思いますワン。少なくともテロリストは、発狂者が無差別に攻撃しているのではなく、政治的な意図をもって米国を攻撃したと、こなつは思ってます。

  それは中東の石油利権独占に対する米国への反感。民主主義を標榜しながら、親米王室を支援という二枚舌外交。イランイラク戦争ではフセインを支援しながら、湾岸戦争でイラク攻撃。またイスラエルへの全面支援。米国は露骨に国益追していますワン。

 テロ後、米国はアフガニスタン、イラクと攻め込み、劣化ウラン弾を打ちこんで環境を破壊し、誤爆と称して民間人を数万人も殺しました。そして親米政権を樹立して、石油利権確保。軍隊駐留を続けています。

 こんな事を続けていたら、テロなんて根絶できませんよ。中東の憎しみを買うだけですワン。

 イラク戦争において、日本は米国の行動をいち早く支持しましたが、自衛隊はアラブ人を一人も殺していませんし、戦後の復旧作業に尽力を尽くし、現地の人に感謝されていますワン。危機管理の甘い日本でテロが起きないのは、自衛隊員の尽力の賜じゃないでしょうか?士気の高い自衛隊は国の宝ですね。

 もっとも、今後も日本が標的にされないとは断言できません。災害もろとも警戒しなくてはなりませんワン。特に原発は被害が半端じゃないので要注意。そのためには内部協力者を出さないために、スパイ防止法を早急に成立させるべし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



野田首相の信念はどこへ?

 先日こなつは久しぶりにシャンプーへ連れて行かれましたワン。

 日々散歩途中で道路に落ちている良い匂いを体に刷り込んだおかげで、うっとするぐらい良い匂いになったのに、ご家族の方々は皆迷惑顔。こなつの事を臭いっていうんですよ、失礼しちゃう。

 で、シャンプーしてもらい、めまいがするぐらいの悪臭をつけられ帰ってきましたワン。オエー。本当に人間は嗅覚がどうかしてますね。

 さて政治の話ですワン。

 野田首相が朝鮮人学校授業料無償化を容認したようですワン。

 結局野田さんは、増税するためには公明党と連立するしか方法がなく、これでもかというほど公明党にラブコールを送っています。保守の立場を簡単に捨て、在日外国人に参政権を与える立場の人を10人も入閣させ、小政党が有利になるような選挙改革を企てていますワン。すべては公明党との連立の為。目的は増税。

 こなつは、野田内閣支持の立場をとりさげ、立場を中立に修正しますワン。 

 ここまで増税の意志が固い野田首相なら、増税をするでしょう。そして、日本経済は大失速し、企業倒産が相次ぎ、自殺者が急増ですか・・・。松下政経塾は良い人材を輩出しましたが、マクロ経済を教えなかった点で、失格ですワン。

 いまこそ、円を大量に刷って公共事業に使えば、雇用対策になり、円高対策になり、デフレ対策にもなりますワン。経済成長こそ全ての解であることを何故野田首相は学んでこなかったのか・・・。本人が増税は正しい選択と勘違いしているだけに、橋本政権の二の舞を演じるのでしょうか。何故歴史に学ばないのか・・・。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 



民主党と朝鮮の深い関係

 保守系議員の野田首相誕生で、迷走日本もとりあえず落ち着きを取り戻しそうですが、野田首相も外国人献金を受けていたようですワン。
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110903/crm11090302000001-n1.htm

 在日朝鮮人には、通名(日本名)で正式書類にサイン出来る特権があって、日本名で献金されたらわからないですワン。

 政治家が外国人から献金をもらう事は御法度であります。政治家は国民の為に働くものですから。まして総理大臣が外国人から献金を受けていたのでは洒落になりません。

 この問題は、間違いましたで済むような問題でなく、そろそろこの在日特権を撤廃する時期に来ているように思いますワン。つまり正式書類には本名で書く事。


 また民主党議員の多くが北朝鮮政治団体である「市民の党」へ多額の献金をしていることも問題であります。また先の衆議院選で、市民の党が全面協力した見返りに、当選議員の公設秘書に市民の党のメンバーが大勢採用されたようですワン。日本の情報は北へ筒抜けじゃないですか。

今回の閣僚の中に

在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟

に所属する議員も多く、民主党は在日朝鮮人の為の政党なのかと疑ってしまいます。


 菅元首相が辞める直前に決めた朝鮮人学校授業料無償化の手続き開始を、野田首相が止められるかが、彼の信念を試す試金石になるとおもいますワン。

 朝鮮ズブズブの政治家が多い民主党で、野田首相は難しい舵取りになると思いますが、こなつは野田首相を応援したいと思いますワン。ベストは政権交代で自民党政権誕生ですが・・・。

 

 

 




029.jpg
奥様料理:カリフォルニアロール(海老、アボガド、キュウリ、レタス)


プロフィール

こなつ

Author:こなつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。