スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新総理大臣

 民主党代表選が行われました。

 唯一まともと評価していた馬淵さんに勝ち目がないことがわかっていたので、TPP推進派の前原さんさえ代表にならなければいいやと、白けムードで見ていました。

 ところが決戦投票は海江田vs野田となっていて、ちょっとビックリしましたワン。海江田vs前原と思い込んでましたもので・・・。 

 増税の野田さんと政治資質のない海江田さんという究極の選択。

まあ海江田さんなら政治が空転するだけですから、野田さんが順当でしょう。

ところで野田さんをちょっと調べてみたら、増税以外は結構良いですね。

保守派で反中、人権侵害救済法案や外国人参政権にも反対しているようです。拍手!

 とにかく増税さえ阻止できれば、結構まともな方向へ向かうかもしれません。反小沢という怨念が、民主党の左翼票を数少ない保守派議員のところへ行かせるんだから凄い。

 日本という国は、破滅をギリギリのところで回避している不思議な国ですワン。大東亜戦争で散っていった英霊達が、見守ってくれているおかげなんだと思います。感謝。 

 

 

 



スポンサーサイト

民主党代表選

民主党代表選が始まりますが、ろくな人材がいませんワン。

 もっとも誰がなっても菅直人よりはマシだと思います。

 奴は戦後最低の総理大臣でした。思いつきで発言しパフォーマンスに終始し、自ら責任はとらず、また部下の手柄を横取りするという最低の人間でした。米国のサポートを拒絶し、対応を東電に丸投げして福島原発を爆発させ、放射性物質を国土にまき散らし、福島県民に対する避難勧告が遅れ、県民の多くを被爆させました。後手後手に回る対応によって、他県も含め風評被害を拡大させ、多くの人に損害を与えました。また復興特需の仮設住宅を韓国から購入して在庫を抱えた国内メーカーを窮地に追い込み、東北の復興を遅らせておいて、地元企業の韓国移転を薦めるという、もはや朝鮮工作員レベルの売国奴でした。 朝鮮系政治団体に巨額の献金をして、そのメンバーを公設秘書として大勢迎えている民主党は、朝鮮とズブズブじゃないですか。いずれこの闇の部分が明らかになることを希望しますワン。

 さて本命の前原さんですが、政治家の資質は十分で、嫌中なので期待が持てますが、思い切り従米で、悪いことにTPP推進者なので、彼が首相になると日本の国益が大きく損なわれる可能性がありますワン。TPPは米国による日本内需獲得が目的であり、デフレを加速させます。規制緩和が過激過ぎで、下手をすると日本の復興が大幅に遅れてしまいますワン。前原さんだけは勘弁。

 対抗の海江田さんは、政治家の資質に欠けます。原発対応でも混乱を極め、まともに対処出来ませんでした。ただ菅よりはマシですし、前原さんほど実害はでないと思います。ただ彼が首相になれば、小沢院政が始まりますので、尖閣諸島を失う事になるかもしれませんワン。小沢は中共とべったりですから。キャイーン!

 こなつ的にはデフレ脱却を唱える馬淵さんを支持しますが、まず勝てないでしょう。

 とにかく我々日本人は民主党に政権を任せるという大きな過ちを犯しました。国益は日々損なわれています。TPP参加となれば、ちょっと立ち直れないぐらいダメージを受けるでしょう。復興特需をみんな米国に持って行かれてしまうかもしれません。

 日本の綱渡りはまだまだ続きますワン。人権侵害救済法案、在日外国人選挙権は国の形を変えてしまう強力なツールになります。しっかり監視していきましょう。


 

 株?

 しーらん、ぺったん、ゴリラ~!なつかしい
  

 

 



大統領選の前年は特別な年

ソムリエの資格をもつワイン愛好家のひとに、抜群のCP比のワインを教えてくださいと尋ねたところ、コノスル シラー ヴァラエタルを教えて頂きました。

 チリのワインですが、こなつの友人で超グルメな男も

「チリのワインはハズレがないよ」

と言っていましたワン。





 このコノスルというワインは、安くて高品質と大評判になってるんですね。なんでもイギリスで一番売れているワインだとか・・・。知りませんでした。

 そこで早速取り寄せて飲んでみましたワン。

つまみはゴーヤチャンプル&カマンベールチーズ&トマト&キュウリ&クラッカー。

 色は若々しい濃いガーネット。黒に近いですワン。味わいは濃くて、香りもあり、この時点で普通に1300円位の価格かな?とおもいましたが、時間が経つにつれ、まろやかで深い味わいになってきます。このワインは余り冷やしちゃ駄目ですね・・・(^^;)。

 グラスをぐるぐる回して空気にふれさせると、どんどん良くなってきます。これなら1800円ぐらいでも適正かもしれません。うーん、恐るべしコノスル・・・。

 このコノスルは格上のリゼルバが1000円程度で買え、リゼルバが一番CP比が高いという人もいますので、一緒に買ってありますので楽しみにしてますワン。

 バリュー投資家は消費においても、価値と価格のギャップを狙わなきゃいけません。間違ってもプレミアが乗っているようなものは駄目。

 対費用効果の最大化こそ、バフェットの教えですワン♪


 さて投資の話ですワン。

 日経平均とニューヨークがあまりリンクしなくなってきましたね。良い傾向ですワン。随分安くなったと思う銘柄もあって、驚いていますワン。

 パナソニックの769円なんて凄いですね。PBR は0.62。みずほフィナンシャルの111円も今更ながら凄いですね~。小型好業績株は安定感抜群。

 資金は今後どこへ向かうのか?

 ちなみに戦後、米国の大統領選の前年は、ニューヨークは全て上げて終わってます。

 そういった意味で、欧州危機を睨みつつ、今年は特別な年だと認識していますワン。




























ゼネラルパッカー増配

光星学院(青森県代表)

監督 仲井 宗基
大阪府生まれ 桜宮高ー東北福祉大

投 秋田教良 (大阪太子中・河南シニア)右右 175 74
捕 松本憲信 (大阪菫中・摂津ボーイズ)右左 175 70
一 金山洸昂 (大阪堅下南中・河南シニア)右右 175 76
二 榎本 慎 (和歌山東中・和歌山キングタイガース)右左 171 70
三 田村龍弘 (大阪狭山三中・オール狭山ボーイズ)右右 171 75
遊 北條史也 (大阪美木多中・オール狭山ボーイズ)右右 175 70
左 和田祥真 (大阪守口四中・守口シニア)右右 177 71
中 川上竜平 (沖縄仲井真中・那覇国際ポニーズ)右右 181 77
右 沢 辰寿 (大阪守口一中・門真クレイジーボーイズ)左左 166 64


 地元出身の選手が一人もいない・・・。

 青森県民はそれでも応援するのでしょうか? 

 確かに甲子園に出場すれば、校名が全国区になりますからPR効果は凄いと思いますワン。私立高校が力をいれるのも無理ありません。

 でもなんか違うよなあ・・・

 と思ってしまう今日この頃ですワン。キャイーン!


 さて投資の話ですワン。


 ゼネラルパッカーから嬉しい知らせがありましたワン。

 創業50周年の記念して、記念配当1円の上乗せ。

 年間8円の増配となりましたワン。


 ゼネラルパッカーは、売るつもりはありません。生涯保有銘柄としていますワン。投資で迷った時は、ゼネラルパッカーへの投資姿勢を見つめ直し、投資スタンスのブレを修正することにしていますワン。ここが投資の原点であります。

 ニッチ分野で独創的技術を持ち、具体的な中期計画を立て、日夜頑張っている企業ですワン。汗の臭いのする企業です。そして株主を大切にしています。簡単に減配するようなことはしません。IR担当者は誠実そのものですワン。

 こんな会社の株主が幸せになれないはずがありません。それを人生をかけて証明するつもりですワン。

 IR担当者からのメールはいつも次の言葉で終わります。


今後とも、中長期的に一層のご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。


 

 

 

 

 

 

 

 



ネット生命保険

 ひょんな事からネット生命保険を調べていますワン。

 自動車保険はチューリッヒに入ってますが、ネット生命保険というジャンルは全く関心がありませんでした。保険は一度入ってしまえば、そう簡単に乗り換える事がありませんからね。

 ところがこのネット生命保険は、同じ補償でも掛け金は1/2程度という激安ぶりですワン。これは乗り換えを検討しない手はありませんワン。で、いろいろ調べているんですが保険は、なかなかわかりにくいですね~。

 ここでネットライフ生命という保険会社が、業界で初めて保険原価を公開して、業界を震撼させたそうです。保険業界は、比較検討される事を嫌う傾向があり、保険料の内訳公開はタブーだったからですワン。

 ところで投資家として、この業界を眺めてみると、ネット生命保険は伸びしろが大きいですね。生命保険に加入するのは20代~30代でしょう。そしてこの世代はネットで情報を自由に仕入れられるますワン。保険の外交員の説明を聞いて加入するとは思えません。

 逆に従来の保険会社は厳しいですね。店舗や外交員のコストがありますから、ネット生命保険には保険料でかないませんし、新規加入は減少し続けるでしょう。まさに沈み行く船ですワン。

 投資家として、こういった業界の変化には気をつけたいものですね。新聞社もこのままでは生き残れないでしょうし、TV業界も従来の利益率はもはや確保できません。

 逆にこうした大きな変化は、投資のチャンスでもあるわけで、見逃さないようにアンテナだけは張っていたいなあと思うこの頃ですワン。



エーワン精密決算

 エーワン精密の決算が出ました。

売上  1808(百万)
営業利益 492
経常利益 515
純利益  301

来期予想は
売上   2150(百万)
営業利益  710
経常利益  725
純利益   403


ちなみに過去のデータはこれ。

エーワン.JPG

 エーワン精密は日本の製造業を支える企業ですので、しっかり景気循環しますが、ここを見ていれば日本の景気動向がわかりますワン。来期予想値をみると、営業利益率も30%を超え、しっかりとしたV字回復を果たせそうですワン。

 決算書を読むと、2億5千万円を投資して太陽光発電パネルを設置するようです。ここは短納期が最大の売りですので、電力制限による遅延を回避したいのでありましょう。また通常は売電することによって相応な利益を得ることが出来ますので、下手な債券を保有しているより効率的だと思いますワン。


 ちなみにエーワン精密は、こなつファンドで最大の含み損を出している銘柄ですワン。キャイーン(涙)!!!


IMG_0179-s.jpg

ありゃりゃ・・・



訂正します・・・(汗)

 前回の日記に大のきな間違いがありましたワン。キャイーン!!!

 最高のパフォーマンスのスパークリングワインを紹介したつもりが、最低のワインを紹介してました・・・(汗)。ごめんなさい。 

 本当に旨いのはこっちです。

時価4万円ドンペリ・ロゼに勝った!!!時価3万円ドンペリ最極上と同点同格【2年連続最高賞】にし...

 

 

 

  これを飲む30分前に冷凍庫にいれて、キンキンに冷やすと天国へ行けます。

 

 さて投資の話ですワン。 

  ニューヨークが乱高下してますワン。こなつは全然買えてません。欲しい銘柄もあまり下げてませんので・・・。

  今回の乱高下が国債の格付けが原因ならば、あまり気にしなくてもいいような気がします。

今後は格付け機関の格付け自体が疑問視されていくんじゃないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 



コストパフォーマンスの追求

 バリュー投資家の真髄はコストパフォーマンスの追及と思っていますが、当然それは私生活にも生かされるべき事と思ってますワン。俗に言うバリュー消費。倹約とは意味が違いますからね。

 こなつが買ったCP比の高いものが以前紹介したこのアナログプレイヤー。



 逸品館が自信を持って薦めている逸品ですワン。ただ付属のカートリッジは音が悪いので、これまたCP比が滅茶苦茶高いカートリッジがこれですワン。




 正直、高級アナログプレイヤーなんて不要と思える逸品でした。

 さてここからは、こなつが最近買ったアルトサックスが凄いですワン。





 必要なものがすべて付属してこの値段はありえません。

この楽器は日本の楽器店が中国で製造委託したものなんですワン。安かろう悪かろうでは困るので、楽器店がスタッフを派遣して細かい注文を出し、演奏が楽しめるレベルを保障していますワン。

 実際商品を手にして、全然安っぽいところがなく、国産品と比べても遜色ないです。鳴らしてみると、初心者のこなつには必要十分でありますワン。雰囲気十分♪

 中国製って大嫌いで避けてましたが、これはよい買い物をしました。

 初めて鳴った時の感動ったらないですね(笑)。

 今晩は、これをキンキンに冷やして乾杯しますワン。これも最高にCP比が高いスパークリングワインです。お奨めです。






















花王不買運動

花王製品が不買運動にあっていますワン。

 アマゾンの花王商品レビューに大量の悪評価が書き込まれています。これだけ悪評価が書き込まれると売り上げにも影響すると思います。企業としても対応を迫られるんじゃないでしょうか?

 http://www.amazon.co.jp/%E8%8A%B1%E7%8E%8B-%E3%82%A2%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%AFN%EF%BD%85%EF%BD%8F-%E3%81%A4%E3%82%81%E3%81%8B%E3%81%88%E7%94%A8/dp/B002OOYDP8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1312246258&sr=8-1

 不買運動というのは、消費者が団結して特定の企業の商品を買わない運動と思ってましたが、ネットを利用した妨害工作も可能なんですね。しかも商品レビューじゃ営業妨害に問えません。ネットの力は絶大ですワン。

 そもそもなぜ花王が不買運動にあっているかというと、フジテレビの大口スポンサーだからですワン。フジテレビの韓国偏重放送にネットユーザーが噛み付いたようです。確かに最近の韓国ドラマやK-POPの日本侵食はすさまじいものがありますワン。韓国が国家プロジェクトとして、韓国文化を外国に売り込んでいるようで、もともと親韓な日本メディアは難なく飲み込まれてしまいました。

こなつ自身も少々うんざりしています。

 ちなみにフジテレビの大口スポンサーは以下のとおり。いつ不買運動に結びつくかわかりませんから注意したいですね。


1トヨタ自動車(949億円)  
2松下電器産業(667億円)  
3本田技研工業(592億円) 
4花王(588億円)     
5KDDI(550億円)   
6日産自動車(430億円)  
7サントリー(333億円)  
8アサヒビール(312億円) 
9ベネッセコーポレーション(307億円)
10高島屋(302億円)   

大株主は以下の通り。

1 東宝 183 7.75%
2 日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 129 5.48%
3 日本マスタートラスト信託銀行(信託口) 125 5.33%
4 文化放送 77 3.30%
5 エヌ・ティ・ティ・ドコモ 77 3.26%
6 ステートストリートバンクアンドトラストカンパニー505025 58 2.48%
7 関西テレビ放送 54 2.30%
8 日本マスタートラスト信託銀行(退職給付信託口・電通口) 46 2.00%
9 エイチエスビーシーバンクピーエルシークライアンツノンタックストリーティ 42 1.78%
10 住友商事



プロフィール

こなつ

Author:こなつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。