スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良いお年を・・・

 今年もあとわずかですワン。一年あっという間でしたね。


 日本は未曾有の大不況の中、日本で経済のわかる唯一の政治家麻生太郎が大胆な景気対策を打ち、景気を回復軌道に乗せたにもかかわらず、国益より政局優先の民主党は補正予算成立を徹底的に阻止し、メディアの応援を受け、政権交代を実現しましたワン。

 政権奪取後は、補正予算の凍結、派手なパフォーマンスとは裏腹に、首相の発言はぶれまくり、閣内の政策不一致を露呈し、マニフェストは次々に取り下げ、ひたすら中国にすり寄ってますワン。天皇の権威も失墜させました。


 汚職では国は潰れないが、外交では国は潰れますワン。

 日本の安全保障をどう考えているのでしょうか?


 来年は、人権擁護法案、外国人参政権と国家の根幹を揺るがすような法案が提出されます。マニフェストの外国人1000万人の移民受け入れが実現すれば、日本は外国人に乗っ取られてしまうでしょう。たった60万人の在日朝鮮人にさえ、日本の政治は大きな影響力を受けていますワン。大陸で血で血を洗う戦いの中を生き残った民族には、日本人は簡単に駆逐されてしまうでしょう。そして譲りあい、親切、正直、助け合い、礼節といった日本人が歴史の中で培ってきた精神は、崩壊するでしょう。

 島国という極めて有利な条件の中、一度も他民族に征服されたことのない歴史が助け合う日本人の精神を作ったのです。世界に誇るべき歴史ですワン。


守るべきは日本。

 


 さて投資の話に変わりますワン。


 最近は株価が本当に気にならなくなりました。企業は自分の想像を超えた努力をしていますワン。投資家としてビジネスモデルが崩壊していないかだけ見ていればいいような気がします。ビジネスモデルが健在ならば、ひたすら株主に徹する事が、長期的にはリターンが多いと思いますワン。だって企業の将来なんか、部外者に理解できませんし、企業は常に変化していますワン。

 今は業績下方修正が出てもまったく慌てません。業績が悪いんだなあと思うだけですワン。少なくとも世界景気が回復するまでは売りの機会はないと思います。


 電気自動車がガソリン車に取って代わるとは思いません。だってリチウムは限りある資源ですから。だから自動車部品メーカーは、今が買いだと思います。ただリチウムに変わる電池で、しかも豊富な資源を使う技術が開発されれば、ビジネスモデル崩壊になります。そこだけを監視していれば良いと思いますワン。


 


 さて、本日で今年の更新を終わりますワン。

 ご来訪の方、ありがとうございました。

 来年もよろしくお願いします。

 
                   愛犬こなつのバリュー株式投資
                  管理人 こなつ(ウエルシュコーギー雌)

 

番外編 
 
こなつ家の10大ニュース

1.長男様志望校合格
2.次男様中学入学
3.マイルで鹿児島旅行
4.夏の北海道旅行
5.液晶大画面TV購入
6.雪の白樺湖旅行
7.ご主人様念願のアナログプレイヤー購入
8.お子様入塾で生活のリズムがガタガタ
9.ご主人様DVDプレイヤー買い換え
10.ご主人様オーディオアクセサリーバージョンアップ。

 

 

 



スポンサーサイト

公民権剥奪 

 鳩山が故人年金問題の説明記者会見をしましたワン。

会見内容をまとめると

・全部秘書がやった事。私は全く知らなかった。
・確かに過去の発言で、秘書がやった不祥事も議員が責任を取るべきと発言したが、今は政権交代したばかりなので、国民の期待に応えるため議員は辞めない。
・贈与税6億円は支払う。

 
 なんとか逃げ切りたいようですが、以下の法に接触すれば鳩山は終わりますワン。


政治資金規正法 第25条
 
 『政治団体の代表者が当該政治団体の会計責任者の選任及び監督について相当の注意を怠つたときは、50万円以下の罰金に処する。』


刑が確定すると鳩山は公民権を5年間失うことになり、


総理大臣はおろか国会議員の地位も失うことになりますワン。

 

 鳩山の政治団体友愛政経懇話会が政治資金規正法違反をしたことは確定していまして、その代表者は鳩山由紀夫ですので


普通に考えれば監督責任を怠った事は確定しますワン。


 出来るだけこの事実を拡散させて、退陣に追い込みましょう。

 

 日本を守りたいワン

 

 



岡山製紙上方修正!

 メリークリスマス!

 みなさん素敵なイブを過ごせましたか?


 こなつ家はお子様の塾冬期講習まっさかりで、今年はイブパーティなしの予定だったのですが、奥様が最後の力を振り絞って(最近かなりお疲れ・・・)ちょこっと御馳走を作りましたワン。

 お子様の帰宅を待って、夜10時から食事開始・・・。


 ワインはスペイン産の2001年グランリゼルバをチョイス。もちろんリオハです。


 このクラスのワインを飲むときはそれ相応の期待感がありますので、一口飲むまではハラハラします。期待外れの失望感は、敗北感に変わりますワン。

 幸い香り、味、色とも申し分なく、安堵しました。

 良いワインに出会うと幸せな気分になりますワン♪

 

さて投資の話ですワン。

 

 岡山製紙業績上方修正!

中間決算を

売上    2.3%増
営業利益   90%増
純利益  68.4%増

修正理由

 売上が若干予想を上回り、コスト削減と原材料価格下落(安定と書いてあるけど古紙が滅茶苦茶下がってるもん。顧客への対策だね)。

 岡山製紙は、地味~な会社ですが業績が抜群に安定していました。さすがに100年に一度の津波と原材料の急騰で業績悪化しましたが、価格転嫁できる強みがありますワン。
 過去にも原料費急騰で業績が一時的に悪化したことがありましたが、製品値上げでなんなく乗り切っていますワン。何が何でも10バガー狙いではなく、PFの片隅にこういう株があると、癒やされますワン。

 筆頭株主は、11月に林原グループから王子製紙に変わりました。
 


 



株価材料

友愛集団の民主党がおそろしくまともな政策を出してきましたワン。


政府税調:住宅取得対象の贈与税、非課税枠1500万円に
http://mainichi.jp/select/biz/news/20091219ddm002020063000c.html


これは効果あると思いますワン。日本人で本当に金持っているのは老人なんですよ。しかし、この人達はあまり消費しないワン。だから一番消費する世代へ資金を移す事が重要。住宅を建てるといろいろなものが売れますワン。


さあ、買った買った!


ナック、ファースト住建。

日本デコラックスもよろしくね~!!!

 最近の株価好調はこの為だったのか・・・








人気銘柄を振り返る

 ブログ巡回していると、流行の銘柄なんてのが出てきますワン。バリュー投資ブームの時は顕著でしたワン。なんとなく振り返って見ますワン。


三東工業

 滋賀県の土建屋ですが高配当&低PBR株だったのでバリュー投資家に人気ありましたワン。こなつはあまりの地味株だったので、最初ドン引きでしたがジリジリと株価が上がる姿は安定感抜群で、おまけに名だたるブロガーが主力に添えていたので、PFの一角にあってもいいなあと思い、飛びついたそこが天井でした(笑)。業績が悪化するとブロガーは一気に売却に走りましたワン。低PBR株なんだから業績悪化しても売ることないんじゃない?って四谷さんに聞いてみましたら、金余りの上現金が積み上がるから投資しているんでしょ?と資産株投資の基礎を教えられましたワン。その後長期で業績低迷して、今では株価は100円割れ。民主党が公共事業を削っている今、逆風が吹いていますワン。

KG情報

 某ブロガーが巨人リクルートに挑むベンチャー企業として持ち上げ、四半期決算に狼狽して売り逃げた銘柄ですが、その後フリーペーパーは乱立し、参入障壁があまりに低かった事がわかりましたワン。自慢の強烈な営業力もビジネスモデルの前には歯が立たなかったわけですワン。ただただ逃げ足の早さだけが印象的でした・・・。


ジェイ・ブリッジ

 投資事業でバリュー投資とは縁遠い株だと思うのですが、何故かバリュー投資家が持ち上げ人気になりましたワン。現在株価18円。レフティドラゴンさんの買い下がりに、感動し、一度に買わない事の重要さを勉強しました。こなつの現在の買い付け法に活かされていますワン。


ウエスコ

 有名ブロガーが買い煽り、株価が急騰した後、いきなり既に売ってました宣言が飛び出し、一緒に提灯もったブロガーが大あわてした銘柄ですワン。こなつさんどうする?というメールを頂き、もう逃げられないでしょうと答えたことを覚えていますワン。結果的にみれば、その後逃げ場は十分ありましたから、何もしないが正解でしたワン。損切りは短期的には最悪の決断で、長期的に正解でした。何それ????


ウエアハウス

 旧シチエ。とても思い出深い銘柄でしたワン。利益率の高いレンタル事業と伸び盛りのアミューズメント事業。優秀な経営陣。痺れる事業方針と株主への配慮。レンタル事業に逆風が吹いていましたが、この経営者なら立て直せるだろうと思って黙って株主を続けてきましたが、突然の社長交代。近所のレンタルDVD店が軒並み撤退した中、心が切れ撤退しましたワン。ドリさんが株を売らないで責任を取ったのは、自分だけ売り逃げる風潮の今、侍だと思いましたワン。

 



中国の犬

 

  

 小沢の北京参り、気味悪くないですか?


 胡錦涛とツーショット写真とるのがそんなに嬉しいんですかねえ。チベット民族を殺しまくった張本人じゃないですか。ガル~。何故みんな嬉しそうな顔するんですか?

 こなつなら握手なんか拒否しますワン。


 こなつは基本的に反米なので、対等な日米関係を望む気持ちが強いですワン。現在の日米関係はあまりに従属的すぎます。ただ安全保障を米国に頼りすぎているので、仕方ない面もありますワン。だからその関係を脱却するためには日本の核保有が必要であり、自衛隊の再配備を主張してますワン。


 核保有する覚悟もないのに、米国出て行けはないでしょう・・・。


 普天間基地問題は、とりあえず今回は約束を守るべきですワン。政府合意事項ですから。

 それから中国国家副主席と天皇の面談ですが、中国だけ特例で扱うと


中国国家主席>天皇

 
 を世界に印象付けてしまいますワン。中国の傲慢な要求に、しっぽ振って応えた○沢はまさしく胡錦涛の犬ですワン。本気で共産党幹部のイスを狙っているのかもしれません。要注意人物です。







 







 



自己責任

 とかく株式投資は自己責任という言葉が飛び交いますワン。


 自己責任とは、自分で考えて行動し、その結果には全責任を持つ


ということですワン。昔の侍は自己責任を貫徹していました。自分で取った行動が過ちとわかれば切腹という形で責任を取りましたワン。潔さの極み。

 
 投資の世界で、


 株価が上がりそうな銘柄教えて頂戴。万一株価が下がってもあなたには文句言わないから・・・。


 たとえ文句言わなくても、こういうのは自己責任を貫徹していません。自分で考えて行動していませんから。株価が下がるにつれ、責任を転嫁し、銘柄を教えてくれた人を恨んで行きますワン。


 また万一投資先が株主に対して不利な行動をとったとしても、会社に文句言ってはいけません。

なぜならその会社を選んだのは自分自身だからです。


 会社に裏切られたと思ったら、そんな会社を選んだ自分を恥じて、黙って株を売るだけ。口汚く罵るのはお門違い。自己責任とはそこまで厳しいものですワン。


 この自己責任は、人生においても言えることですワン。自分の境遇が悪いのを、世間のせいにして犯罪行為に至る。こういうのを逆恨みと言いますワン。


 自分自身を成長させるには、自己責任の貫徹しかありませんワン。自分に関わる不利益を、反省せず、常に人に責任転嫁しているようでは、人間的な成長はありません。


 全ての不利益は、すべて自分の不徳からきている。


 常に出発点をそこにおき、反省を怠らない事が寛容かと思いますワン。

 

誰とは言わないけど・・・。キャイーン(涙)!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



倹約で財政再建はできない

 亀井さんがTVで吠えてますが、


今の日本で一番やらなくてはならないのは政府による財政出動ですワン。


 民主党の削るだけの緊縮財政志向では、経済は最悪の方向へ進んでしまいます。亀井さんの経済政策は正しいです♪。しかしどうして積極財政派の議員が少ないのでしょうか?財務省の権力がそれだけ強いって事なんですね。

 

 節約で財政支出を減らし財政再建したという美談が日本人は好きですが、緊縮財政は景気悪化を招くので、大抵失敗しますワン。これまた人気の高い徳川吉宗が行った享保の改革も、贅沢禁止令を下々にまで強要した結果、景気が一気に悪化してしまいましたワン。

 幕府の財政を立て直したのは倹約ではなくて、新通貨発行ですワン。新通貨は金の含有量を従来の1/2にして、旧小判1両=新小判1.65両で交換しましたワン。そして旧小判と新小判は同価値と宣言しましたワン。この結果、庶民は1両につき0.65両の利益、幕府は1両につき0.35両の収入になり、デフレは克服され財政は立ち直りましたワン。

 米沢藩の財政を立て直した上杉鷹山も徹底した倹約で藩の財政を立て直したことになってますが、実際は減税と農家へのバラマキと金融業で利ざやを稼ぎ、融資によって産業を興して税収を増やしましたワン。


 民主党の駄目なところは、予算を削ることしか考えていない事ですワン。


 おまけに国家戦略がないから、将来必要な予算まで削ってしまう。


 日米関係がとんでもないほどこじれてきました。国益より政局を優先しているからです。

 


民主党に政権担当能力はありません。早く降ろさないと日本が崩壊しますワン。

 

 

 



リーマン予想

タイトルを読んで元リーマンの社員が今後の経済を占うって勘違いした人が多いでしょうね(笑)。あなた釣られました・・・。


 NHKスペシャルの「魔性の難問~リーマン予想・天才たちの闘い~  」をみましたワン。凄く面白かったのでちょっと紹介しますワン。

 

 2、3、5、7、11,13・・・のように無秩序の出現する素数は、出現間隔に規則性はないし、それらはなんの意味も持たないと言われてきましたワン。

レオハルト・オイラー博士は1749年に論文を発表。その中で素数だけを使った式を作ったワン。誰もが意味の無い数字が出てくると思ってたんだけど、結果はπの2乗を6で割ったものになりましたワン。自然数の逆数の2乗の和がこれに収束するという事です。美しい数式出現。

 その後今から150年前に天才数学者ベルンハルト・リーマンが、オイラーの見出した式をxに置き換えた「ゼータ関数」を見出したワン。実験してみると素数はランダムなのに、実験で出現したゼロ点が1直線上に並んでいる事を発見。全てのゼロ点は一直線上に出現するというリーマン予想を発表。

 その後リーマン予想を証明するために、世界中の数学者が挑戦し挫折し精神を病んでいきましたワン。世界中でリーマン予想は研究する事が敬遠されましたワン。


その後リーマン予想に興味を持っていた数学者ダイソン博士が、物理学者モンゴメリー博士とたまたま話をする機会があって、ダイソン博士が急にゼロ点の話をし、「ゼロ点の間隔」なら式で表せるとその式を示したワン。モンゴメリー博士がそれは「原子核のエネルギー間隔」の式と同一だと指摘し世界中が大騒ぎになったというはなしですワン。

 素数の特性を調べていたら、ひょっとするとこれは宇宙の真理を解き明かす大発見に繋がるという事でしたワン。


 現在、生涯をリーマン予想の証明に費やしたド・ブランジュ博士が、証明したと宣言し世界中の数学者が検証しているとの事ですワン。

 

 

 

 

 



内藤vs亀田戦

内藤vs亀田戦が行われて、瞬間視聴率50%には驚きましたワン。


みな内藤にボコボコにされる亀田の姿を見たかったんだと思いますワン。


 ところが接近戦に持ち込もうと打って出る内藤に対して、亀田はガードを堅め的確にカウンターを当て、ボコボコになったのは内藤の顔でした。キャイーン!

 
 亀田選手には素直に祝福を送りたいですワン。これで正真正銘の世界チャンピオンですワン。もう誰も文句言わないでしょう・・・。


 しかし良くも悪くもTBSにおける亀田の商品価値は上がってしまい、今後も続くであろう過剰演出を想像するにつれ、少々うんざり気分ですワン。


 さて投資の話ですワン。


 久しぶりにPFを眺めて見たら、随分やられていて株価なんて本当にお天気屋だなあと思いますワン。株価の上下に一喜一憂するのもどうかと思いますワン。民主不況はある程度覚悟しておりましたので・・・(笑)。

 ただCPがある程度あるので、比較的参入障壁の高い企業の株を買い増ししておきましたワン。こなつは完全な分散派なんですけど、自信のある銘柄にある程度ウエイトをかける事も覚えなくてはいけないと思います。十分リスクは自覚してでありますが。


 話は変わりますが、ビートルズのリマスターCDが発売されましたワン。このCDは入れ物が洒落ていまして、アナログレコードを意識した作りになってます。LPレコードのように内袋に入れて、ジャケットに収納する形をとっており、わざわざ面倒くさくしていますワン。こなつは最近アナログレコードに凝ってますので、全然違和感ないのですが、そうでないひとは、どう思うんでしょうかねえ。

 音質は厚みが増したような印象で、よりアナログ的になったような気がしますワン。デジタル化技術の進歩で、デジタル臭を随分消せるんですね。凄いです。

 

IMG_3161のコピー.gif

 

 

 

 


 

 



プロフィール

こなつ

Author:こなつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。