スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株主は嫌いですか?

 本日をもって年内の更新は終わりますワン。来年は4日から始める予定ですワン。


だってスキーで忙しいんだワン♪

IMG_0797.jpg


さて今年の総括ですワン。

 バリュー投資でも、タイミングを取ることは重要だと思います。それは安く買えば買うほど安全域が広がるからですワン。投機家のようなタイミングではなく、


バフェットのいう

絶好球がくるまで我慢強く待つ。


ことだと思いますワン。こなつファンドは現在含み損にまみれてますが、それは我慢が足らなかったって事でしょうね(笑)。そういった意味で、新興市場崩壊を体験出来たことは良い勉強になりました。


 ただそういったタイミングが取れなくても勝てる方法はあります。それは継続的に買い続ける事だと思いますワン。こなつが仕事を辞めてはいけないって言っているのは、追加資金が重要だと思うからです。コツコツと追加資金をしていけば、高値で買い付けたものも最終的には、良い投資になると思いますワン。


 それからゼネパカのように生涯ホールドするつもりでいると、決算さえ見る気が起こりません(向こうから送ってくるので、とりあえず見ますが・・・)。株主優待株も同じように株価も決算も見る気がおきません。フコクって何の会社?って聞かれ答えられませんでしたから(笑)。

 パフォーマンスを上げることに血眼になるのもどうかと思います。自分の好きな会社に自分の資金を使ってもらい、社会に貢献したいという気持ちも、こなつには芽生えていますワン。韓国株が有望だとしても、韓国人の為に自分の資金が使われると思うと二の足を踏みますワン。やはり日本人の為に使ってもらいたいですワン。まだまだ甘いのかな・・・。
 セゾン投信のように世界分散なら人類の為にっていう大儀があるのですが・・・。


 そういった意味で、現在のこなつのスタンスは、投資家と株主が半々ぐらいでしょうか。投資先は自分の会社だと本気で思ってますワン。だから業績下方修正は悲しいですが、それだけで売る気にはなりませんワン。だって企業の業績なんて、ブレて当たり前ですから。ずっと増収増益でなきゃ許さないなんて、株主のエゴだと思いますワン。


 最後にご主人様のご家庭は、新興市場崩落など全く関知せず、株主優待が届くたびに犬踊りして、毎日を楽しく生きていますワン。何もきかずに追加資金を出してくれるので、、来年こそはパフォーマンスで恩返ししたいと思ってますワン。

 それではみなさん、少し早いですが 良いお年を・・・

 

IMG_1294.jpg

 

来年は運がつきますように。ご主人様撮影の月写真ですワン

 

 



スポンサーサイト

薬害肝炎訴訟

 薬害肝炎訴訟の原告の皆様は、それは悔しい思いをなされてきたんだと思いますワン。行政の無責任さも呆れますし、30億円積み増しの和解案っていうのも馬鹿にしていますワン。ただこなつは一連の報道をみていて、どことなく違和感があるんですよ。

 「総理の政治決断をお願いします」と叫ぶ原告の毅然とした態度に、なにかバックにいる支援団体の陰が見え隠れするんですワン。報道も原告が失望する姿をアップで写したりしてますし、みんなが協力して政府を揺さぶっているようでなりませんワン。

 日本は法治国家ですから、超法規的措置っていうのはあまり乱発して欲しくないですワン。薬害肝炎患者の人には、ものすごく同情しますが・・・。

 こういった世論(報道)の動きで政策が変わっていくのはあまり感心しませんワン。


 また選挙のことしか頭にない政府も情けないですワン。寒冷地の低所得者に対して暖房費の援助って・・・。とってつけたような政策ですワン。なんか幼稚な政治家ばかりですワン。


 さて投資の話ですワン。

 続々と振り込まれてくる配当を見ると、株式投資ってやっぱり一番有利だと思いますワン。スワップ狙いのFX取引に似ていますが、トレンドがコロコロ変わるFXと違って、株式は企業が富を生み続ける限り、長期的には右肩上がりのトレンドですワン。長期保有していれば、だまっていても資産が増えるものですワン。

 四半期決算に振り回されているのは、投機に過ぎませんワン。もっとじっくり腰を据えて、放置していればいいんですワン。それに来年はインフレが来そうですから、なおさら資産を株式で保有するのは賢明な選択だと思いますワン。

 今年もマイナス運用が確定的ですが

 

 

 


 たった2年マイナスになったぐらいで、投資方針変えるなよ!

 

 


 と天に向かって吠える馬鹿犬でありんす。

 

 51.jpg


 

 

 

 


 



恒例イブの晩餐

 メリークリスマス!

みなさん、クリスマスイブは楽しめましたか?



 この日は奥様が御馳走を作るのが恒例になってますワン。


では行ってみよう!イブの晩餐メニュー!!!







IMG_1248-s.jpg

前菜:タコとサーモンのマリネでございますワン。













IMG_1253-s.jpg

魚料理:海老とホタテとアスパラガス添えですワン。奥様18番のカボチャスープもありますワン。濃厚なソースが素晴らしかったですワン






ソースの旨さの秘訣は?

 




IMG_1250-s.jpg

海老の頭と薬味を炒めて白ワインをかけますワン。












IMG_1251-s.jpg

 それを潰して絞って、バターと合わせて煮詰めたものでソースを作りましたワン。海老味噌が濃厚さを演出していたんですね~。






















IMG_1249-s.jpg

肉料理:今年もチキンでしたワン。次男様の好物ですワン。











IMG_1261-s.jpg

デザート:チーズケーキですワン。全部手作りで、ラズベリー(?)は自家菜園のものですワン










IMG_1266-s.jpg

切り分けるとこうなりますワン。

 

追加

 三光マーケッティングフーズを買いましたワン。外食はあまり好きな業界ではないんですが、財務良好で高利益率のこの会社が、なんでこんなに売りたたかれているのか不思議でなりませんワン。ずっと監視していましたが近所に出店があったので、とりあえず1単元だけです。



絶対的割安度再び

 割安さって、需給によって随分かわるものですワン。こなつは相対的割安度というのが、どうもしっくりこなくて、絶対的割安度を追求してきましたワン。

 つまり自分が安いと思うかどうか・・・

 FCFを生み出す資産を買うとき、10年で投資資金を回収できるのであれば、こなつなら買いますワン。11年目からは丸々FCFが入るのですからたまりませんワン♪
単純にPER10とかEV/EBITDA10って指標でしょうか。

こなつの感覚だけが頼りの絶対的割安度の基準ですワン。

 ところが現在PER5倍以下の株がゴロゴロしてますワン。

 いつだったかokenzumoさんがフージャースを投資したときはPER4~5倍だったとおっしゃってましたが、そんな安い時があったなんて、なんてokenzumoさんが投資をはじめた時期は良かったのかと、ねたましかったですワン。

 ところが現在フージャースはPER3.52、PBR0.81となっており、okenzumoさんが投資をはじめた時期と同じような環境になってますワン。

 

 ではみなさん、今フージャースを全力買いできますか?


 dsan2000さんもおっしゃってますが、やはりギャンブルなんだと思いますワン。

 

 確かにPER10倍以下が無くなってきたころ、PER15倍以下が割安に思えた時もありましたワン。PBR0.5以下の株なんかなかったころ、PBR1倍割れは滅茶苦茶割安に見えましたワン。相対的割安感っていうのは、確かにありますワン。


 ただこなつは絶対的割安感を大事にしたいですワン。収益が極めて安定している企業の株がPER10倍以下なら


絶対に安い!なぜなら10年で投資資金が回収されるなら、こなつが安いと思うからですワン。ガル~。


 それから余剰資産が時価総額を超えていて、本業が黒字の企業は、

 

 誰がなんと言おうと安い!!!

 

 絶対的割安度はマーケットに関係なく、安いものは安い。

 

 


 

 



グレアム先生が勇気をくれるワン

相場軟調で冷え込んだ心を温めるには、鍋料理が最適ですワン。








 では鍋料理第三弾、今回はご主人様が犬踊りするアンコウ鍋ですワン。





IMG_1209-s.jpg

特選素材:もちろんアンコウですワン。おお、肝がでかい!!投資もこうでなくちゃね。








IMG_1211-s.jpg

他はこんなものを用意しましたワン










IMG_1210-s.jpg

 では煮込ますワン。










IMG_1212-s.jpg

程よく煮えてきましたワン。












IMG_1214-s.jpg

とりわけますワン。あれ?いくら(奥様が筋子から作りました)?何故?









IMG_1215-s.jpg

この辺で春菊をいれると最高ですワン。









IMG_1224-s.jpg

当然おじやですね。おやじじゃないよ。出汁が出てたまりませんワン。









IMG_1226-s.jpg

なーるほど。ここにいくらを入れるわけね。うーーん、旨いワン。








 さて投資の話ですワン。日銀総裁が景気減速を認めたようですが、住宅検査を厳しくして景気悪化させたんですから、呆れてしまいますね。北米向け輸出が落ちてきたようで、外需内需とも弱ってきましたワン。収益が悪化する企業も続出するでしょうね。

 ただし資産株は心配ありませんワン。だって既に富を蓄えちゃってますから。こなつが投資しているところはキャッシュリッチなところが多いですから、資本政策させ改善してもらえれば、企業価値はまだまだ上がりますワン。

 最近、バリュー投資の基本は資産株だなあってつくづく思いますワン。清算価値割れの企業がさらに売り込まれた時、こなつは躊躇無く買いを入れていますワン。その勇気を与えてくれるのは、グレアム先生だからです。




追加

 本日は小型株を売って大型株が買われましたワン。何を意味するんでしょうね?まあそんなことはお構いなしで、本日指し値がヒットしましたワン。もう安くて涙が出ますね。来年の配当が楽しみでなりませんワン。



 



優待が来た!


IMG_1244.jpg

パトライトの優待で注文していた新巻鮭が届きましたワン♪





 奥様曰く

 なんだ切り身になってるんだ。折角鮭を丸ごとさばく醍醐味を味わえると思ったんだけどなあ・・・残念。





 早速鮭のムニエルを作ってもらいましたワン。薄味で大変美味しかったですワン。


 もう一つ注文してあるのが今月届く予定なんですが、何を注文したのか忘れてしまいましたワン。クリスマスプレゼントとして楽しみ待つことにしますワン。



さて投資の話ですワン

 日経平均は底堅いと言ったそばから15100円を割ってきましたワン。チャートを見るとダウントレンドに見えますワン。今回は14500円あたりまで下がるかもしれませんね。とりあえずマネックス投信の第三弾初回買い下がりの注文をしましたワン。

 マネックス投信の買い下がりは、過去2回はすべて反発後に買い下がり資金を回収出来ましたワン。本当に運が良かったんだと思いますワン。大抵買い付け額まで戻らないんですけどね(笑)。

 もういい加減嫌気が来ているんですが、投信を買い付けた時決めたルールですから、今回も買い下がりますワン。目標は14000円ですワン。それ以上下がったら

後は





しーらん・ぺったん・ゴリラ~





 ところで個別株のほうですが、株価が下がれば下がるほど不思議に安心感が増してくるんですワン。安全域がどんどん大きくなるものですから、



そろそろナンピン上等!


 で行きたいと思いますワン。来年は増資する予定ですワン。個人投資家は追加資金を継続的にできますから有利ですワン。だから間違っても専業投資家なんかになっちゃダメだワン。仕事があるから人生は楽しいですしね・・・。



 そうそうCHINTAIがストップ安だったんですね。あの決算であそこまで売りますかねえ・・・。みんな株価ばかり追いかけているように思いますワン。一緒に踊っちゃだめですワン。




祝!海自迎撃ミサイル実験成功!

祝!海自迎撃ミサイル実験成功!!!

犬踊り10連発~!!!




 ビッグニュースですね。これで北朝鮮の核攻撃に対抗出来ることになりますワン。そして中国の軍事的威嚇にも堂々と対処できますワン。いやあ良かったです。この日が来るのを待ち続けていましたワン。核保有国のロシア・中国・北朝鮮は狼狽しているでしょうね。
 あとは国産ステルス機の開発を頑張ってもらいたいですワン。なんだかんだ言っても、外交は軍事力が決め手ですから・・・。なめられたら終わりですワン。

 

 さて投資の話ですワン。


 日本株は底堅くなってきましたね。こなつは個別は放置ですが、マネックス投信の買い下がり第三弾をしようかと思っていたんですけど、あまり下がらなかったので中止しましたワン。日経平均が15100円を割らない限り、ナンピンはしませんワン。

 過去2回の買い下がりで、買い付け単価は十分下がりましたので放置でいいですワン。



資産株投資するなら・・・

IMG_0769.jpg

 日本デコラックスを買い増してニッコニコのこなつですワン♪

 


 バリュー投資において、安心してナンピン買いできるのは資産株だけですワン。収益バリューなんかではナンピン買いは絶対厳禁だと思いますワン。基本的にナンピン買いは愚かな行為なんです。行動ファイナンス的には、間違いを認めたくない行為ですし、投機的には、間違いの2度塗りですから・・・。


 資産株投資では次の事が大事だと思いますワン。

1.投資期間が長くなるので、必ず余剰資金でする。
2.忍耐が必要なので、高配当が条件。
3.本業が赤字でないこと。
4.時には思い切ってナンピン買いする。


 資産株投資の最大の武器は、ナンピン買いだと思いますワン。ただしじっと待って待って、あまりの安さに頭がクラクラしたときが、買いのタイミングだと思いますワン。資産価値という約束手形をもってますから、ナンピン買いはまったく怖くありませんワン。買い付ける予算があるかないかだけの問題ですワン。予算があるなら、どんと買えばいいし、なければ指をくわえて見ているだけです。でもそのうち株価は戻すと思ってますワン。

  基本的に清算価値割れの銘柄は、超強気ですワン。いつまでも待ちます。 

 

 



買い付け&買い増し

 ご主人様はここのところパソコン設定に没頭してますワン。奥様から古いパソコンをもらったんだって。

スペック

セレロン600Mhz
256M
HD 20G
WINDOWS98


 これを職場へ持って行ってWIN2000を入れて、無線LANで他のパソコンと接続したんだって。


ご主人様曰く 

まだまだ使えるよ。捨てるのは勿体ない。でもこれでPC9821XA7(ペンティアム75Mhz)は引退だな。

 

 

12年間も使ってたの~?

キャイーン(涙)!!!

IMG_0179-s.jpg

 

 さて投資の話ですワン。

 久しぶりに1銘柄新規買いですワン。シェリーヌさん銘柄です(笑)。増配に釣られましたワン。それからなんでこんなに凄いんだ銘柄の買い増し。

 両親救済ファンドで優待銘柄のルネサンスを1単元購入。ルネサンスは団塊の世代特需があるんじゃないでしょうか?優待利回りは破格ですワン。インテリジェントウエイブも優待狙いで買い。


 ついでに日本デコラックス買い増しですワン♪ イヨ!真打ち!!新興小型と心中だワン

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 



座りション

 フコクから優待の米3Kg*2が届きましたワン♪。最上級コシヒカリですワン。

 

 

 


旨いでしょうか?

 

 

 

 


旨いに決まってます。

 

 

 


だって只今フコクの含損は26800*2=53600円ですもの~。キャイーン!!!

 

 


 6Kg56800円のお米。感謝して頂く事にしますワン(笑)。

 


 話は変わりますが、男性の50%が座りションをするそうですワン。ああ、嘆かわしい・・・。そりゃ男性はトイレを汚す確率は高いですけど、

 

立ちションこそ男の特権じゃないですか?

 

 既得権益を奪われているのに、よく平気な顔してますね。


 こなつは座りションですが、アスファルトで座りションをすると十中八九足を汚しますワン。殿方が電信柱に足を上げて立ちションしている姿にどれだけ憧れたものか・・・。

 

さて投資の話ですワン。

 こなつの妄想ですから、笑って聞いてくださいね。逆張り的発想で考えると、今まで世界経済好調の中、日本以外の株は堅調でしたワン。国際分散していた方は、日本株に足を引かれることなくパフォーマンスを稼げましたワン。しかし海外ETFをTVで特集されるような時期になると、なんだか嫌な感じがするんですよね。

 ひょっとして海外株は天井なのかも・・・。

 少なくとも大きく世界分散する時期ではないのではないか、そういった考えが頭をよぎるので、海外株はセゾン投信の定額積み立てを20年継続することにしていますワン。

 今大きくポジションを作ってしまうと高値掴みになるような気がするんですよ。


 やはり人が薦める投資法は、しないに限りますワン。
 

 

 

 

 

 



キムチ鍋

 さあ、アクセス激減の鍋料理シリーズですワン。気にせずやりますワン。


 ちょっと脱線しますが、シェアーズの山口さんの日記が良かったですワン。
ちょっと無断転載します。


>個人で運用をしている場合においては、主観的指標、つまり
>好きで共感できるか?という視点がとても大事になってくる気がして
>います。

>家を買うときも車を買うときも常に、そのモノに対する消費者として
>の価値と転売価格という投資家の視点の両面から検討するように、株
>式投資においても同様の視点が必要なのだと本書を読んで思いました。

>好きで割安な株
>好きで割高な株、
>嫌いで割安な株、
>嫌いで割高な株

>があったときに、嫌いで割高な株を買う人はいないでしょうが、
>好きで割高な株を買うか、嫌いで割安な株を買うか、を決めるのは、
>それが投資なのか、消費なのか?という判断に似ていると思います。

>私自身は、「利殖」もあまり性に合わないと思っています。できれば、
>自分のお金を自分の好きな会社に投じて、「運用」したいと思ってい
>ます。


 なんだかんだ言っても、こなつは山口さんから一番影響を受けているようですワン。分析の仕方も山口さんのDCF法が元になってますワン。

 株は割高なものを買わなければ、長期的にはそれなりのリターンが帰ってくると思ってますので、好き嫌いは重要なファクターですワン。

 ただし、それほど好きでなかった会社でも株価によっては好きになったりするんだから不思議ですワン。



 それでは言ってみよう!鍋料理 第二回キムチ鍋







IMG_1201-s.jpg

本日の特選素材:ブランド豚。













IMG_1200-s.jpg

キムチ鍋:あつあつですワン。決め手はニラともやしだそうです。入れなきゃダメ。












IMG_1203-s.jpg

前菜3品:おお、アンキモがあるワン・・・。















IMG_1205-s.jpg

キムチ鍋ですから、おじやでなくうどんをいれますワン。















IMG_1206-s.jpg

ほら出来たワン。面がほどよくキムチ色♪













豆乳鍋

寒くなりましたね~。いよいよ冬将軍到来ですので、鍋でもつつきながら暖まりたいものですワン。そこでこの冬に奥様が作った鍋を少しづつ公開していきますワン。何種類できるでしょうかねえ。


 第一回は豆乳鍋ですワン。


 今回の特選素材はこれです。
 



IMG_1191.jpg

ブリの刺身







IMG_1193.jpg

 ブリの刺身をしゃぶしゃぶ風にして頂きますワン。










IMG_1194-s.jpg

はい、しゃぶしゃぶ。









IMG_1196.jpg

 仕上げは恒例おじやですワン。出汁をたっぷりすいこんだおじやは、究極の美食ですね。

 ちなみにおじやと雑炊の違いわかりますか?

雑炊は米を洗ってからいれるんですワン。







 さて投資の話ですワン。

 今週は、マネックス投信の買い下がり分の一部回収(しかし何やってんだかね~。自分でもアホらしくなってきたワン・・・)と1銘柄撤退しましたワン。

撤退は極めて無念でありますが、ファンダメンタルズが大きく変化しましたので、投資ストーリーが崩れたと判断しましたワン。
 




林原グループ

 三星食品に投資したとき、つぶれかかった三星食品を林原社長が支援して、三星食品が蘇った話を知りましたワン。その時


林原って何者?


 と思ってネットで調べたのですが、当時はほとんど情報が見つかりませんでした。久しぶりに検索してみたら、今度は随分ヒットしましたワン

 

林原グループ
http://www.hayashibara.co.jp/


 バイオテクノロジーのリーディングァンパニーなんですね。HPを見ると美術館なども所有しているようで、超リッチグループという印象を受けました。なみなみならぬ経営センスが臭いますワン。


特集記事に林原グループの生い立ちがありましたワン♪
   http://premium.nikkeibp.co.jp/bits/bits_column/column_a08_01.shtml


 現社長は19才で赤字企業の社長になり、バイオ事業に特化する事により企業を立て直しましたワン。自ら儲けるだけでなく、啓蒙活動や社会奉仕も積極的にしているようですワン。


「損得よりも善悪で判断する」


 うーん、痺れることばですワン。今の時代になくなりつつある考え。まさに侍。

 そして林原さんは、人生は運80%、努力20%だといいますワン。どんなに努力しても運が無ければだめ。いやあ厳しい。そして運を研究しているそうですワン。

 

 奥様ファンドをある事情から5月にほとんど売却(優待株だけ残しました)して現金化したことは、当時は勿体ないなあ~と思いながら損切りしてましたが、結果的にサブプライム爆弾を被弾せずにすみ、運用益を温存できましたワン。あのまま保有していれば、運用益も吹っ飛んでいたかもしれませんワン。運が良かったんですね。たまたまですワン。

 こなつファンドは信念で運用してますから、バリュー投資と心中する覚悟ですワン。今後のパフォーマンスも運次第(笑)。


 運を引き寄せる努力も必要かもしれませんね。

 

IMG_0433.jpg

運が良ければ、成功者の集に参加



呆れた韓国戦

 しかしみなさん昨日の野球(日本対韓国)みましたか?

 

DSCF3537.jpg
呆れましたワン。

 

 試合開始1時間前にスターティングメンバー表を交換したにもかかわらず、韓国側は虚偽の申告をしていましたワン。放送が始まってアナウンサーや解説者はあっけにとられていました・・・。

 すぐに星野監督は抗議に行きましたが、お咎めなしの裁定。いやあ呆れる。簡単に約束は破る。だまされるほうが悪いという大陸独特の考え方なんでしょうね。

 試合のほうも、故意にデットボールをねらうなど、フェアープレーにはほど遠いチームでした。

 民度が低いとでも言うんでしょうか?こんなんじゃいつまでたっても先進国にはなれないと思いましたワン。言論の自由もない国ですしね。

  

 


 



プレナスがフランチャイズを打ちきられました

 11月のパフォーマンスは月次ー2.6%、年初来ー4.8%となりましたワン。

 かなり売り込まれた銘柄もありますが、ファンダメンタルズに不安がないので相変わらず放置してますワン。バリュー投資は辛抱なんです。

 ただプレナスが創業者からフランチャイズ契約の打ち切りを通告されました。ここは創業者ともめていましたが、ついに創業者がぶち切れたんでしょうね。内輪もめしている場合じゃないと思うんですけどね・・・。

 最悪、ほっかほっか亭の看板をおろして、新たなブランドの立ち上げになると思いますが、今のところほっかほっか亭継続に関して、創業者は法的手段をとっていないようですワン。でもいつまでも見逃してくれるわけないですから、ほっかほっか亭ブランドの所有権を争うか、新ブランドになるしかないでしょう。やり手の経営者ですから、その辺は安心してます。まあIRに電話で聞いてみることにしますワン


 まさかハークスレイを敵対的TOBとか・・・。キャイーン!


 

 


 

 

 



偽ワイン講座最終回


 ご主人様の偽ワイン講座4がつまらなかったので、こなつの判断でボツにしましたワン。

 料理をおいしくするために、料理にワインを入れるのではなくて、ワインと食事の相性を高めるためにワインをいれているのではないだろうか?って疑問がわいたんだって。

つまらないワン・・・。

では最終回ですワン。どうぞ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 さて回を重ねてきました見栄っ張りのための偽ワイン講座も今回が最終回となります。

 今回は世界のワイン特集です。


 偽ワイン講座5

 ご存じのようにワイン王国と言えばフランスです。しかしワインの生産量、消費量、輸出量ともに一位となるとそれはフランスではなくイタリアなのです。

イタリアのワインの格付けは

VINO DA TAVOLA
IGT
DOC
DOCG

の4つに分けられます。偽ワイン通ならば最高級のDOCGワインしか飲んではいけません。DOCGワインの見分け方は至って簡単で、ボトルの首のところにピンク色のシールが貼られているので一目でわかります。

 DOCGというのは大変厳しい規制を受け、品質が政府によって保証されているというすぐれものです。バローロ(私が倉庫に隠し持っている逸品)とかキャンティクラッシコが有名ですね。ちなみにクラッシコとかリゼルバとかスペリオーレとかの表記があると品質がアップして値段も高くなります。

 偽ワイン通はフランスワイン命なので、万一彼女とショップへ行って間違ってイタリアワインコーナーに出くわしてしまったら、『お、DOCGワインか。これ上物だな。クラッシコて書いてあるし』とかいいながらボロが出ないうちに早々にフランスワインのコーナーに引き上げましょう。


 さて次はドイツワインですが、ここにもワイン格付けが存在します。しかしまあそんなとこまで知ってしまっては本当のワイン通に成りかねませんので、これは割愛します。ドイツワインはモーゼルワイン1本だけしっていればいいでしょう。え?何を知っていれば良いかですって?名前だけで結構ですよ。


『ドイツワイン?まあモーゼルぐらいなら飲めるけどね・・・』


とか言って少し眉をひそめれば、誰もそれ以上の事は聞かないでしょう。ははは。

 

 次に生産量世界3位のスペインですが、ここは一言で済ませます。もう皆さん頭いっぱいでしょうから。


 ボルドーに匹敵し、イタリアワインより安い赤がある 


 とにかくフランスワイン以外は邪道というスタンスでいくしかないです。

 

 アメリカのワイン、オーストラリアのワイン

 アメリカで初めてワインが造られたのは16世紀半ば過ぎ。カリフォルニアでは1830年代にワイン造りが始まりました。ヨーロッパに比べれば、ワインの歴史はまだまだ新しいですが、ここ20~30年、近代科学を駆使して、あっという間に優秀なワイン生産国となりました。

 しかしそれを認めてはせっかくフランスワインのシャトーの格付けまで覚えた甲斐がありませんから、フランスワインに追いつくにはまだ30年ぐらいかかるかな、などと言っておきましょう。どこまでもフランスワイン命です。


 最後に最大の殺し文句を教えましょう。

 これは彼女が予想外にワイン通であって、せっかく覚えた蘊蓄からボロが出てしまいどうしようもない時の起死回生の一言です。

 

 

 日本ぶどうの父、川上善兵衛は俺の爺ちゃんなんだ! 

 


 もはや彼女はあなたを問いつめる事はないでしょう。聞くだけ野暮だって。


 今回でようやくワイン講座も最終回になります。ずいぶんいい加減な事を言って来ましたが、本当のワイン通の人がいて、気分を害してしまったらお許しくださいね。私は本当は日本酒党なんですから。(ドテッ!)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 さて為替がさらに円安へ動きましたワン。為替の動きはさっぱりわかりませんね。

 



プロフィール

こなつ

Author:こなつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。