スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

配当は再投資に決まってますワン♪

 税制改革で、所得税を減らし住民税を増やすという財源移譲が行われていますワン。自民党は、トータルで支払う税は変わらないって言ってますが、所得税を払っていない人(年金暮らしの人)には財源移譲分が増税になることに気がつきましたワン。老人は怒っているようですワン。

 さて次は消費税アップでしょうか?日銀も金利引き上げのタイミングが難しそうですワン。とにかく円安をなんとかして~!!!


 さて投資の話ですワン。

 昨日の日記で個別銘柄を過度に分散するならETF買う方が良くない?って書いたのですが、鋭いコメントを頂きましたワン。


 そう、ETFは保有コストがかかっていいるんですワン。一方現物保有には、保有コストはゼロ。さらに配当がもらえますので、断然個別分散のほうがコスト的には有利ですワン。ただ調査に労力がいるのと、ETFにくらべてリスクが高いってことでしょうか。これは裏を返せばリターンも高いって事ですので、やっぱり個別銘柄の分散は魅力ありますね。

 さて、続々届いている配当は、来月まとめて再投資しますワン。わずかながらパフォーマンスに貢献しますワン。地味だけど結構重要な事だと認識してますワン。


タナベ経営は、この時期光り輝いてますワン。こんなにくれるのですか?。

 



スポンサーサイト

今月は良かったですね。

パトライトの社長解任ですか・・・。驚きましたワン。

なんか後味悪いですねえ~。改革の旗頭として迎入れた社長を創業者が追い出したって事は、旧体制の復活を意味しますワン。不二家を連想してしまいますワン。

 まあこなつは、財務が優秀で、業績が安定していて、グルメギフトをいただけるという理由で投資している優待株主ですから、そのままホールドですけど、主力株だったら投資判断に迷うところですワン。社長の改革にかけていたなら、失望して撤退ですね。しかし正直社長が危機感を持って改革を断行していたなんて、知りませんでしたワン。


 さて今月こなつファンドは大きく増資したにもかかわらず、わりと好調でしたワン。月次2.9%、年初来3.3%ですワン。ようやく月次ですがTOPIXを上回りましたワン。


個別で大きく分散しているならインデックスファンド買った方がよくない?


と思っていた矢先ですので、とりあえずうれしいですワン。個別銘柄をやる以上、TOPIXを上回らなくてはねえ・・・。頑張ろうっと。

ところで澤上ファンドが好調で、こちらと合算すると年初来4.3%ですワン。さすが澤上さんですね~。





 




 
 



奥様優待株ファンド公開しますワン

 奥様のご親戚に新潟の米屋をしている人がいまして、ご家族はそこから送られてくる極上の米を食べてますワン。にぎりめしにすると、絶品ですワン。ところがいよいよ高齢になったので、廃業するそうですワン。そこで代替品を求めて、あちこちでいろんな米を買って試食しているのですが、どれも満足できないんですって。旨い米を食べるって罪な事ですねえ・・・。

 前澤給装工業の優待に、魚沼産コシヒカリがあって、送られてきたのを食べたのですが、まったく感動なし。うちのが全然旨いよねって事で、前澤給装工業は売ってしまいましたワン。うちにもっと旨い米があるんだから、米の優待はいらないって言うことでした恐るべしは、新潟の米屋・・・。注意:普通の人が食べたら十分美味しいと思いますけどね。

ところが今回の親戚米屋廃業を受けて、米の優待もありに変更になり、旨い米を探していたらフコクの優待米が一番旨いということなので、優待株として買いましたワン。

 折角なので、ここのところ調べまくって作り上げた奥様優待株ファンド(運用益で作ったすべてタダ株)のPFを公開しますワン。基本的に永久保有ですワン。


2305 スタジオアリス (写真1枚)
2709 タスコシステム  (タラバガニ)
5185 フコク      (米)
6825 パトライト   (3000円相当グルメギフト)
6927 フェニックス電  (ポイントカード)
7548 サンクス・JPN (ハーゲンダッツ)
7590 タカショー    (花の苗、種。割引販売、情報誌)
9428 クロップス     (名古屋特産品)
 
評価額565,250円 すべて最小単位購入。
注意 タスコシステムは倒産リスクが大きいです。 


 この中で一番気に入っているのがガーデニング用品のタカショーですワン。株主はタカショーの


総合カタログ「プロエクス」の掲載商品を4割引で購入できるんですワン。


これは凄い。園芸好きな奥様に最高の贈り物ですワン。奥様は園芸に結構投資してますから、割引販売だけですぐに投資資金を回収できてしまうと思いますワン。

 

 
 



インデックス投資と個別銘柄投資

 株式投資初心者ほど個別銘柄をやりたがりますね。最近特にそう思いますワン。ある程度わかってくると、インデックスファンドを駆使して5~7%位の利回りで安定的に資産を増やしているようですワン。これに経験を使って上手くタイミングをつかめるようになるとパフォーマンスは一気に上がりますワン。はみだしサラリーマンの横田さんが良い例ですワン。

 横田さんの本を読んでいると、詳細な銘柄分析が本当に必要なのか?と思えてしまいますワン。インデックス投資ならリスクも低いですしね。だから詳細な分析は、企業の変化を見つけるためという位置づけが良いように思いますワン。

 そこで思うのですが、stareyesさんは新興株がボロクソに売りたたかれている時に、自分好みの新興インデックスファンドを仕込んだんじゃないでしょうか?きっと感覚的にはそんな意味合いだと思いますワン。お聞きすると個別銘柄へのこだわりは驚くほどありませんワン。つまり新興株が激安なときに、新興株を買ったという事ですワン。もっともstareyesさんのスタンスは株主でありますので、横田さんとは違いますが、何か似ている気がします。


 さて我々個別銘柄へ投資している人の目的は、インデックスファンドを上回るパフォーマンスが欲しいからに他ならないですワン。ならば過度の分散はインデックスファンドのリターンに近づくだけですので、本来なら詳細に分析した銘柄への集中投資が良いのかもしれません。特に変化し始めた企業。

 ただそれはリスクが高いので、6銘柄ぐらいに分散するのが最適なのかなあと、


25銘柄に分散投資している犬がほざいていますワン(笑)。キャイーン(涙)!!!

 

 

追伸

 CP比対策でETFを少し買いましたワン。どっちにしろ日本株に集中投資ですワン。キャイーン!



プレミアが剥がれた

幻の銘酒として全国的に名前が知れ渡った「越乃寒梅」(バブル期には1万円を軽く超えていました)を買いましたワン。




IMG_0211.jpg

 購入価格2800円。















IMG_0179-s.jpg

ぎゃはははは(涙)!やったー!










 以前から言ってますが、こなつはプレミアのかかった物が嫌いですワン。バリューじゃなくちゃ嫌ですワン。越乃寒梅は、どう贔屓目にみても3000円以下、正直2000円前半の味ですワン。これを1万円で買う人の神経がしれないってずっと思ってましたワン。だから3000円を切るまでは死んでも買うものかと思ってましたワン。

 いやあ、長かったですね。これほど長い間プレミアが剥げなかったのには正直脱帽。日本人が本質を見ず、ブランドで買ってしまう証ですワン。

 なんだか投資に似ていますね。価値と価格が釣り合うには、気の遠くなるほどの時間がかかるって話ですワン。しかし高値で越乃寒梅を買った人が、この価格を見たらショックでしょうね。おれは2/3はプレミアを飲んでいたのかって。

 もっともこの価格からさらに価格が落ちて、今度はこなつが悔しい思いをするかもしれません。



 そのときは買い増すだけですワン。ウッシッシ。






 

 

 

 

 

 

一同:日本酒は株じゃねえぞ!

ごめんなさ~い。キャイーン(涙)!!!





さて、こなつ一押しのバリューを紹介しますワン

IMG_0212.jpg

金時一刻4合1200円位



 芋で作ることにこだわり続けた一刻者の新バージョンですワン。こんどはその芋にこだわり、金時芋で作ったそうな。一刻者に比べると、さらに洗練された感じですワン。芋の甘みが上品で、実にまろやかな味ですワン。

プレミアがつくかもしれませんので仕込むなら早いウチに。










株じゃねえんだよ!!!てめえ病気か?

ごめんなさ~い。キャイーン(涙)!!!













ビバ!サイゼリヤ

 前回の優待株で、1つ落ちていましたワン。

サイゼリヤ:30%割引券5枚

実は以前ご主人様が3500円で買って玉砕した銘柄ですワン(笑)。当時株価急落を受けて、ご主人様は覚え立てのナンピン買いをしてさらに傷を広げました(笑)。初めての大負けにショックを受けて、ご主人様はもう見たくないとPFを放棄、そこでペットのこなつが内緒で運用を始めたのが、こなつファンドの始まりですワン。みなさんご存じでした?

今回買い戻したのは、

1.サイゼリヤの利用頻度が高い

割引券使って家族4人で思い切り注文して、マグナムワインを持ち帰るとかなりお得(笑)。ご主人様がお子様に、ここは自分所有の会社だって自慢出来ますワン。

2.社長が理科大出身で、ご主人様は個人的に応援している。

3.低価格イタリアン路線は、もはやスケールメリットを活かせるサイゼリヤの独断場。
4.長期間かかってやった改革がやっと効果を出し始めた。


 社長が引退しなければ、今後10年は安泰な企業だと思いますワン。株価は妥当。市場は効率的な値付けをしますワン。

 

 さて奥様ファンドの優待株三星食品がTOBにかかってしまったので、代わりの優待株を探してますワン。しかし優待の大盤振る舞いしている企業は

 

債務超過の企業が多いワン。キャイーン!

 


やはり株価維持には株主優待でしょうか・・・。善良な個人投資家が安易に買わないことを祈りますワン。知ってて買うなら全然OKですワン。こなつも買ってますし・・・。先日の爆上げは何?

 

 



優待株投資

 昨日の日記で、集中投資の是非について少し書きましたワン。


大きなリターンを得るには、順張り高PBR株の集中投資
大きく負けない為には、逆張り低PBR株の分散投資

 マーケットに長く付き合えば付き合うほどリスクは減り、リターンを得ることが出来ますワン。だから大きく負けない事を考えれば、低PBR株の分散投資が良いと思ってますワン。センスがある人は集中投資にチャレンジしてください。こなつには出来ませんワン。

 さて優待株投資について書きますワン。優待株投資の王道とは、優待+配当の利回りを狙ったものですワン。優待株投資では最小単位の株主に有利な設定が多く4、5%の利回りがあればまずまずだと思ってますワン。


 ただし、株価の値下がりリスクのあるものは、できるだけ避けたいですので、低PBR株が多くなる傾向がありますワン。ただしあくまで優待目当てですので、あまり神経質にならなくても良いですワン。


こなつ&奥様が保有している優待株を紹介しますワン。


・フェニックス電機:ポイントカード

 購入理由は以前書きましたので省略しますワン。優待改悪さえ無ければ早期に資金回収できますワン。財務良好。

・パトライト:グルメギフト(3000円相当)

 事業が極めて優秀であり、需要も安定していて、キャッシュリッチですワン。株価はここのところずっと下落していますワン。基本的に優待銘柄のナンピンはしない主義ですが、ここがさらに下がるようなら、主力銘柄に格上げします。

・GFC:ゼリー詰め合わせ

 財務盤石、超キャッシュリッチの資産株。ここも保有不安なし。

・クロップス:3000円相当の名産品

 ここは優待+配当利回りが 10%を超えるため、株主資本比率が低くても目をつぶりましたワン。投資額が5万円以内の場合、リスクをとっても不安になりません。ただし通常スクリーニングにひっかかったので、わりと魅力的です。

・タスコシステム:タラバガニ

 債務超過で倒産リスクがありますワン。優待株投資には不向きですが、宝くじ買うならこちらのほうが楽しいです。こなつは黒字化して復活すると信じています。

・ナナオ:図書カード

 かつての主力株。アミューズメント業界がまったくわからなかったので、撤退しましたワン。中期計画が達成できるのなら、5000円以上いってもおかしくないです。

・スタジオアリス:写真撮影1枚

 本日買いましたワン。実は随分前から見ていました。家族写真を毎年撮りたいとご主人様がおっしゃっていたので、10年分の写真代前払いって気持ちですワン。なかなかお金を出してまで記念写真を撮ろうって気持ちになれないので、こういうのもいいんじゃないでしょうか?

・日本金銭機械:3000円相当のグルメ券

 事業財務ともに優秀。景気循環の強そうな株で、すでにピークアウト。既に旬は過ぎたとkenさんがおっしゃってましたワン。株価もしっかり落ちました。景気循環株ってこういうときに買うんじゃなかったですか?

 

 こう見ると、どれも安心感いっぱいですワン。有利子負債が大きかったり、赤字連続の企業はどうも買う気になれませんワン。日新商事は、精算価値が時価総額を上回っていて、安心なはずなんですが、赤字をなんどもしているをみると手が出ません。



円安なんとかなりませんかね?

IMG_0112-s.jpg

マクロレンズの試し撮りですワン。




円安なんとかなりませんかねえ~。外貨建て資産を増やそうにも、円安が進んでいてどうにもなりませんワン。もちろんセゾン投信は定期積み立てですから、為替はどうでもいいんですけど、米国10年国債あたりを買ってみたいなあと思っても、この為替では手が出しにくいですワン。

 ちなみにマネックス資産設計ファンドとセゾン投信ですが、円安で日本株が出遅れている事を考えると、短期で買い集めるならマネックス投信が良いと思いましたワン。

 ちなみに上方修正狙いで、輸出企業の株を買うなんて事、私には出来ませんワン。 

 

追加

 散歩の途中で「株は博打ですよ~」のご主人に遭遇しましたワン。

「お、こなつさん、お久しぶり。たまにはウチにも来てくださいよ~」

「今度行かせてもらいますワン。ご主人株どうですか?」

「ははは、絶好調。今年で300万儲けました。今はニコン3000株。勝負かけてますよ」

「凄い・・・」

 

 集中投資って、あたると儲かりますね。ただ利が乗る速度より、失う速度のほうが遙かに早いですワン。大きく負けない為には分散投資。年間7%取れればいいんですワン。

 



ハークスレイならプレナスだワン

 新興市場に資金が少し戻ってきましたワン。おかげでこなつファンドも急回復してますワン。

 個別的にはシステムズデザインの株価回復が大きいですワン。ポジションを超えた520円での買い増し(御法度のナンピンですが、資産バリュー株は例外的にありですワン)が、結果的に報われたようですワン。資産株は時に大胆に行動する事が肝要だと思いますワン。

 最近の気づきですが、含み損の減少と含み益の増加って、PF全体では同じ意味あいですワン。買値を忘れれば、もっと自由に合理的に行動できると思いますワン。そういった意味で、投資先の同業者の株価が急落して、持ち株より魅力的に見えたので、乗り換えましたワン。損切りですが(▲35%ぐらい)、魅力的な株があるのに乗り換えない手はありませんワン。損益を確定しなくても、PFが資産の減少という形で既に確定しているんですワン。買値は忘れなくてはいけないなと思いますワン。


 さてたまには個別銘柄の話をしますワン。

 プレナスが良い感じで株価が下がってきましたワン。株価下落の原因はこなつが考えるに

・営業利益が減収に転じた
・FC店の退店が相次ぐ(オーナーの高齢化)
・既存店売上が100%割れが継続
・来期予想がしょぼい

これに対してプレナスは手を打っていますワン。

1.直営店の一部を経営依頼店にする。

 これは結局、一番儲かるFCのロイヤリティ収入が減少傾向にあるので、疑似FC店を本部が作ろうって事だと思いますワン。この場合、設備投資を本部がやるのだから、運転資本が増えてしまいますね。人材確保は簡単だと思いますワン。利益率は低下しそうですワン。株価下落要因ですワン。


2.店舗を新スタイルに改装。

 なんだかコンビニみたいな印象で、できたてほっかほかっていうイメージから離れちゃうんじゃないかと危惧しますが、新スタイル店のリターン率は高く、こちらの店舗のほうがニーズにあっているようですワン。ちなみに順次既存店舗を改装していくそうですから、しばらくの間、先行投資費用が利益を圧迫しますワン。これも株価下落要因。

3.外食ブランドをやよい軒に統一。

 確かに、めしや丼じゃ女性は入りにくいですからね(笑)。メニューを見ましたが、なかなか良さそうですワン。こなつが営業外回りなら、週に2回は使いそうですワン。やよい軒は、好調のようですね。やよい軒は伸びしろですワン。


 マクロ的には、食材高騰や円安はコスト面で逆風ですワン。ただ中食市場は緩やかに拡大しており、競合店はどこも同じ条件ですから、スケールメリットを出せるところが有利でしょうね。ここの最大のライバルはコンビニ弁当だと思いますワン。

 

 さてここは財務も良く、FCFも潤沢でこなつ好みの企業なわけですが、店舗改装により既存店の売上が回復できるかどうか、経営委託店がFC店並にがんばれるかどうかの是非が、投資判断になると思いますワン。

 ハークスレイなら、断然こちらが良いと思いますワン。

 

 

 

 

 

 



バリュー投資研究会へ行ってきましたワン

バリュー投資研究会が行われましたワン。

 

こなつ初参加ですワン

 


こんなスケジュールでしたワン

1)こなつ:挨拶
2)こなつ:株主優待株投資の約束事
3)こなつ:FXはもうキャイーン
4)こなつ:エマージングももうキャーン
5)こなつ:日本株こそ、ハイリターン。
6)こなつ:資産株投資こそ王道。
7)こなつ:バフェットがマクロ経済気にしたか?
8)こなつ:バフェットがロスカットしたか?
9)こなつ:タイミング投資なんてナンセンス
10)こなつ:閉会の挨拶

 

 

 

 

一同:てめー、一人しかいねーじゃねーか!!!

ごめんなさーい。キャイーン(涙)!!!

 

 

オフ会楽しそうでいいですね~。

 



デジタル一眼レフカメラ購入&三星食品TOB

ご主人様が念願のデジタル一眼レフカメラを買ったんだって。犬踊りしてますワン。人間がやると格好悪いから、やめなさいってば・・・。


早速撮影してもらいましたワン


IMG_0072.jpg

50ミリF1.4レンズ使用


さすがに深みのある良い絵ですワン。





 さて三星食品TOBには驚きましたワン。こなつは優待目当てでこなつファンド、奥様ファンド、ご両親ファンドで計300株ほど所有してましたワン。ご主人のお母様が、ここの飴のファンであり、優待はすべてお母様へ渡すことになってましたワン。うーーん、ある意味がっかりですが、買い取りプレミアムには驚きましたワン。実に67%のプレミアム。凄い太っ腹ですワン。

 さてもう一つの驚きが、業績下方修正ですワン。こなつの定性分析では、飴の需要は大きくぶれないと思ってましたワン。ところが中間で営業利益▲67.5%の減益。通期で利益▲60.9%の下方修正発表。TOBがなければ明日はストップ安でした(汗)。

 CMの順延から新製品がコンビニの棚卸しに間に合わなかったとかなんとか・・・。理由はなんであれ、飴の需要がこんなにぶれるなんて、驚きですワン。事業素性が良いので、株価が下がればフルポジションをとってもいいかななどと考えていましたが、大きな間違いでしたワン。安易に需要は安定しているなんて決めつけてはいけませんね。


 



 



 


神戸物産の多角化

 監視銘柄の神戸物産から新事業開始のアナウンスがありましたワン。

新事業

・リラクゼーションステイ事業
・カフェ&ダイニング事業
・デリス事業


 うーーん、リラクゼーションステイ事業っていうのは、本業とまったく関係ない事業ですね。シナジー効果を狙った多角化ならわかるんですけど、こういった全く関係ない分野への進出は、本業が上手くいっていないんじゃない?って疑ってしまいますワン。

 ちょっとひっかかったので書いてしまいました

 



はみ出し銀行マン2

 せっかくですから、はみ出し銀行マンを読んでの気づきをメモ代わりに残しますワン。

・後追いはダメ。誰も関心がない時が行動を起こすとき。

 FX取引が儲かりそうだー>FX取引開始
 中国株が儲かりそうだー>中国株開始

 これらの行動は、後追いであるため厳禁。だれも関心ない時期におっかなびっくりこっそり仕込むこと。

・7合目で降りる。 山の1、2合目あたりで参加し、7合目で降りる。頂上あたりには絶壁が・・・。

 個人的には結構気に入っている話ですワン。ただ今、日経平均は4合目だそうです。この山の大きさを測るのは、経験しかないようですワン。


・景気は循環する。今までの超低金利は異常事態だった。日本経済は拡大期。金利はいづれ一気に上がる。

 超低金利に慣れてしまった日本人は、再び高金利時代到来はないという印象を持ってますが、景気は循環するもの。金利も上下するもの。すでに土地は株に先行して上がっている。必ずインフレになるということですワン。

・買い時はわからない。安いと思ったらとりあえず買ってみる。ただし一度に買わない。

 これはもう経験済みですワン。よくわかります。プロシップを仕込んだ時は、かなり怖かったです(笑)。とりあえず打診買いで、下方修正が出てからフルポジションにするつもりだったのですが、上方修正がでて、急いでフルポジションにしましたワン。上方修正はまったく予想外で、宝くじにあたったようなものですワン。

・地震・戦争・テロなどの不測の事態を予測して、あらかじめ行動を決めておく

 これは意外と出来ていないですワン。考えておきますワン。

・熱くなると失敗する。

 常軌を逸したような入れ込み方をしたひとの転落をたくさん見てきたそうですワン。特に株式投資は、値動きが激しいので熱中しがちですので要注意ですワン。横田さんは株式はETF買いですので、個別の入れ込みはないようですワン。

 

  要点と取り上げると、こんな感じですが、通して読むと投資家としてのスタンスはどうあるべきかという事が、一番言いたかったことではないかなと馬鹿犬は考えてますワン。



はみだし銀行マン

○田×男さんのブログで免さんから紹介のあった本をこなつも買って読んだのですが、あまりにも良かったのでこちらで紹介しますワン。


「はみだし銀行マンの投資戦略」横田濱夫著


 長期投資の本質を見事に突いた名著だと思いますワン。長期保有=長期投資ではないことがよくわかりますワン。


 横田さんの投資法は、不動産、債券、株式の3種類に投資します。投資先はアメリカ、欧州、日本の3市場。全部あわせて9つの投資先がありますワン。各市場の経済サイクルを考えながら、もっとも安い時にポジションを作り、山の7合目で降りるというものですワン。経済サイクルは6,7年ぐらいだそうで、安くなるのを気長にまつそうですワン。ちなみに日本株を買ったのは、日経平均が11000円の頃だそうですワン。そしてまだ当分売る気がないそうです。ね、長期投資の真骨頂ですワン。


 人はとにかく待てないんですワン。たとえ今新興市場がダメでも、必ず再び脚光を浴びる時がくるそうで、それまで待てばいいだけなんですワン。ただほとんどの人が待てない。こなつが10年で資産2倍は悪くないって言っているのは、こういった意味なんですワン。

そういった意味で、この本には投資の本質が書いてありますワン。本当の意味でマーケットを理解するには30年ぐらいの経験が必要なんですね。

 ちなみに澤上さん、NAGAさん、横田さんといった投資歴30年を超える強者は、日本株の上昇波動はまだ始まったばかりといった認識をもっているようですワン。






タスコシステム購入

小型割安成長株投資で有名なバンク・オブ・バミューダですが、ちょっと気になって調べてみたら、


日本株から全面撤退してましたワン。キャイーン!


 新興市場崩落を受けて撤退したのか、はたまた直前に崩落を回避したのかは不明ですが、こなつと投資銘柄がかぶることが多かったので、このファンドが居なくなったのは寂しい限りですワン。やっぱり逃げ出すのが正解でしょうか(笑)?さすがプロ?。

 

さて投機の話ですワン。

 冗談ではなく、本当にタスコシステムを買ってしまいましたワン。債務超過しており、上場廃止猶予銘柄ですワン。優待目当てでは買えませんワン。ではなんで買ったか・・・。


 それは黒字転換すれば10バガーが狙えるからですワン。キャイーン(涙)!!!


 憧れの10バガーはいつか手に入れたいワン。そして黒字転換すれば10バガーどころか20バガーもいけますワン。万一倒産しても、「株券が紙くずになった・・・(涙)」という投資家なら一度は経験してみたい経験が積めますワン。箔がつくっていうんでしょうか(笑)。

 正直、主力の高田屋が好調であり、再建策も着実に効果が出ていますワン。四半期決算を見て、いづれ黒字転換すると判断しましたワン。以下思うところを書きますワン。


・日銭が入る事業ですから資金繰り悪化による倒産の可能性は低そう。
・高田屋は好調。高田屋を欲しい企業はあるはず。企業提携の可能性大。
・再生ファンドがきっと倒産させない。させるもんですか。
・高田屋は伝統ある企業。応援したい。

 この企業の行く末を最後まで見届けたい気になったというのが、本当のところですワン。

 



徴兵制度復活?

長男様が次男様に言いましたワン。


 俺たちは20歳になったら徴兵されて戦争へ行くんだぞ。


こなつは驚いてくわえていた骨を落としましたワン。なにそれ?

長男様は言いました。


 学校の先生が、憲法が改正されれば徴兵制度が復活するって言っていた。


 もうキャイーンですワン。個人的な思想を授業で話すというのは問題ですワン。
憲法改正=徴兵制度復活って、あまりにも短絡的発想ですワン。これじゃ護憲だけが命綱な社民党と同じですワン。

 そもそも憲法で戦争を放棄していれば、永久に戦争にならないっていうのは、真っ赤な嘘ですワン。戦争相手は、こちらの憲法を調べてから戦争を仕掛けることはしませんワン。日本の周辺には、人権を平然と踏みにじっている国や、言論の自由のない国がありますワン。かれらは軍事力こそ外交と信じていますワン。

 日本は自衛隊というれっきとした軍隊を持っていて、その戦力と日米安保に守られて平和が保たれているという事実がありながら、軍事力の不保持を明記した憲法は、あまりにも現実と乖離していて、拡大解釈にも限界があるから、軍隊の保持は認めようって趣旨ですワン。徴兵制度復活とかは、飛躍しすぎ。長男様、わかりましたか?



さて投資の話ですワン。

 タワー投資顧問がシステムズデザインを購入したようで、株価が上がりつつありますワン。こんなちっぽけな会社でも、地味に買い進んでいるタワーって、やっぱり凄いなあと思いますワン。それから影響力は健在ですね。

 
 
ちなみに昨日飲んだエルビスのKINGは



価格なりでしたワン(涙)。キャイーン!!!
 











安心できる資金配分

 ご主人様の禁酒が終わりましたワン。無事健康診断が終わったんだって。

 そこでお祝いのワインを買ってきましたワン。






DSCF1142.jpg

 エルビスのラベル、その名はKING。1500円。



 こういった企画ものワインは、意外といけるんです。こなつは裕次郎ワインや美空ひばりワインを飲んで、そう確信しましたワン。有名人のラベルを貼る以上、それなりの品質がないと、故人の冒とくになるんですワン。ましてやアメリカの魂、エルビスですワン。変なワインにしたら、ファンが黙っていませんワン。

おまけにタイトルがKINGですワン。

かなり期待してますワン。礼儀として隣に今一番気に入っているビールを添えましたワン。




さて投資の話ですワン。巷では国際分散だとかインデックス投資とか言ってますが、こなつファンドは日本小型株一本でいきますワンあんたも言ってただろ?

 本日まとまった増資をしましたワン。これでCP比は40%前後。さっそく新規で1銘柄買いましたワン。財務良好、高利益率ですが、業績下方修正で大幅下落ですワン。しかし新興市場が崩壊しなければ、こんな価格で買える株ではないんですがねえ~。


 もちろん、買った途端に株価下落、あっという間に含み損ですワン。キャイーン(涙)!!!


 最近思うんですが、1銘柄5%で20銘柄ぐらいに分散するのが一番良いような気がしますワン。ストップ安くらっても、案外冷静でいられますよ。オススメ。
 









中国経済崩壊と投信の積み立て期間

 映画DVDを2本みましたワン。

「パイレーツ・オブ・カリビアン2」

 相変わらずジョニーデップははまり役ですね。原住民との争いは、そんな馬鹿なって感じで、ちょっと出来すぎな内容でしたワン。次作へ続くという終わり方は、なんか中途半端で、キャイーンですワン。

「ダヴィンチコード」

 キリストは神ではなく予言者(人間)であり、妻もいて、後に女の子が生まれるという信者には許せないような内容ですワン。こなつは宗教の事は、よくわかりませんが、キリスト教は十字軍遠征や、魔女狩りに利用された事があり、中世の暗黒時代を作った経緯がありますワン。コンスタンティウス帝が、都合の良い福音書だけで聖書を編集したってとこが、この映画の一番言いたい事なんだと思いましたワン。

 大きく脱線しますが、中東和平を実現するには、多神教の日本こそが最適なんですがねえ・・・。そろそろアメリカの陰に隠れていないで、日本独自の外交を期待したいものですワン。イスラエルも日本を無碍に扱わないと思いますワン。

 

 さて投資の話ですワン。

 マネックス証券の口座を開きましたワン。マネックス資産設計ファンドを積み立てる事になりましたワン。奥様からまとまった資金を預かってますワン。そこで積み立て方なんですが、マクロ的経済失速を念頭に置くと、出来るだけタイミングをとりたくないと思ってますワン。

 そこで2年間で全額積み立てるように計画を立てましたワン。初回を資金の1/10で買い付けます。残りの資金を2年間で定額積み立てしようと思いますワン。

 ところが気になる事があるんですワン。

 

そう、中国経済崩壊ですワン。キャイーン(涙)!!!。

 

 中国経済崩壊が世界経済に与える影響はどの程度になるのか?この辺がとても気になりますワン。長期にわたる不況になるなら、積み立て期間をもう少し長くしなくちゃなりませんワン。



ガンダムは国民的ブランド

 tokyo ipo 開示メールサービスが、大幅に縮小されて10社までとなってしまいましたワン(涙)。キャイーン!!!。


 痛いですね。素直に年間1万円払えば良いだけなんですが、そこはバリュー投資家はいそうですかと言って払う気になれませんワン。とりあえず持ち株だけはなんとかしなくてはと思い、メールアドレスを複数使い対処しましたワン。監視銘柄までは手が回りませんワン。早急に対策を考えますワン。

 さて創通エージェンシーから素晴らしい贈り物がありましたワン♪


「機動戦士ガンダムOO(ダブルオー)」放送決定!


10月より放送されるようですワン。ガンダムシリーズとしては12作目だそうで、こなつはガンダムブランドの陳腐化を懸念していたのですが、ガンダムはもはや国民的ブランド「ウルトラマン」に匹敵するものと確信しましたワン。ゲーセンでもガンダム機はいつも満員ですし、このニュースは追い風となりましたワン。誰も話題にしていないようですが、こなつ的には大ニュースでした。早速買い増しですワン。


しかし内容が複雑すぎて米国人には理解できないってとこが笑えますワン



リスクを限定させると・・・

5月は持ち株4銘柄が来期予想の失望感から大暴落しましたワン。キャイーン(涙)!!!

 

あっという間に大幅な含み損を抱えることになりましワン。







NATU8.jpg
ストップ安をくらって死に体の私






 ところがここ数日、他の銘柄が上昇して、PFは月次0.3% 年初来0.4%とプラスで引けましたワン。意外な結果に自分でも驚いていますワン。新規に買い付けたプロシップと、プロトコーポレーションが頑張ってくれましたワン。


 国債利回りには負けてますけどね・・・(笑)



 資金配分は重要だと再認識していますワン。ナックを例に挙げますと、株価暴落の原因になった、新規出店年間10店舗、5年で売上倍増っていう計画ですが、こなつ的には、5年後には団塊Jrの特需が終わらない?って不安から、ちょっとついて行けないなあと思い、応援ポジションまでポジションを縮小しました。その後具体的な来期予想値がでて、大暴落。あのまま強気ポジションでいたら不安を抱えたままのホールドになりますから、かなり辛かったと思いますワン。まあそれなりの含み損ですが・・・(笑)。


 そういった意味で、昨日書いたクロップスは、4万円という最大損出額が決定してますので(最近数十万円の含損には慣れましたワン(笑))、気楽に優待投資を楽しめると思いますワン。もちろん事業も悪くないと思ってますワン。


 そういった意味で、幸せな投資家さんが紹介されたタスコシステムは、面白いなあと思いますワン。ジェイ・ブリッジが事業立て直しに入っているわけですが、倒産リスクもかなりありますワン。財務ボロボロです。

 50万円していた株価が現在1万2千円程度。1株所有で3000円相当の優待がつきますワン。倒産しなければ4年で投資資金回収。万一黒字転換すれば株価爆上げ。これを4人で買えば1人あたり3000円ですワン。

宝くじ10枚買うんだったら、こなつはこっちを買いますね。宝くじはハイリスク・ローリターン。こっちはハイリスク・ハイリターンですワン。

 とまあ、リスクさえ限定させれば、ハイリスクをとるのも悪くないって話でしたワン。




 


 









プロフィール

こなつ

Author:こなつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。