スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ振り落としか・・・

Googleで「ウンコかまし」って検索すると、こなつ日記がトップで出ますワン。

 


これって妙に恥ずかしい・・・ワン。

 

 

 

 


Googleで「犬踊り」って検索すると、こなつ日記がトップで出ますワン。

 

馬鹿なサイトだなあと思う・・・

 

 

 

 


Googleで「キャイーン」って検索すると、こなつ日記は出てこない。かわりにコメディアンのキャイーンが出る。

 

これってちょっと悔しい・・・(笑)

 

 

 

 

さて投資の話ですワン


 さてニューヨークが暴落だそうで、世界同時株安が始まったようですワン。どこまで広がるか、いつまで続くかはわかりませんワン。

 ただ今年の目標の、「買うときは悲観の中で」を基本的に守ってますので、CP比は結構高めになってますワン。3月には追加資金もできますので、不安でいっぱいになったら買いに向かうことにしますワン。

 そう、われわれ個人投資家には追加資金という、専業トレーダーにはない強力な武器があるんだワン。継続的に資金を追加出来るのであれば、実はいつ買いに行ってもいいんだワン。タイミングなんて無視。できればなお可ですが・・・キャイーン!

 外資は個人の信用評価損益率が改善している今、買い上がるにはもう一度信用分を投げさせなければ買い上がれません。いよいよふるい落としが始まるのでしょうね。


 メンタルをやられない為には、どうすれば良いか


・株価が下がって不安になるような株は外す事

 ジム・クレイマーは、今の株価で買い増ししたくなる株以外は、外すそうですワン。こなつは基本的に持ち株すべて買いましてもよいと思ってますので、このままホールドですワン。

・株価チェックをやめる

 これが一番効果的ですワン。何か株以外の興味ある物に没頭することですワン。

・買いに行くなら、数回にわけて買い、絶対買えないと思える価格を最後の買い付けに設定する事。

 こういった資金配分で望めば、メンタルは保たれると思いますワン。儲けたいとか一発勝負だとかいう考えは、危険ですワン。

 

 

 では皆さん、精神面で成長したことをマーケットで証明しましょうね。

 

 

 

 

 

 



スポンサーサイト

東京ドームへ行ってきましたワン

昨日は、東京ドームの世界のラン展へ行ってきましたワン。

RAN.jpg

きれいですね~。















RAN2.jpg

これ目を引きましたワン♪



















SINGEN.jpg

武田信玄ですワン。おお、風林火山!




















RAN3.jpg

大賞の作品。うーーーん、素人目に地味ですワン。専門家が見れば唸るんでしょうね。














 こなつが唸ったのはこっち



















BAKEN2.jpg

チャンスセンター1番窓口に殺到する宝くじ客。




 どこで買っても同じだと思うんですけど・・・。並ぶのが好きなのかな。
でもこなつは、こんな不利な投資はしませんワン。胴元が必ず儲かるのにそのお客さんになるなんて・・・。唸るなあ。












それから同じ理由でこちら
















BAKEN.jpg

馬券売り場にたむろするオヤジ達。








うーーん、儲かっているように見えませんワン。みんな有り金巻き上げられているように見えますワン。華やかな後楽園で、ここだけ異常に地味~。

唸るなあ・・・。











kappaさんお薦めの一冊

 久しぶりにkappaさんのサイトへお邪魔したら、推薦図書が一新されてましたワン。
   http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/5118/books.html

トップで以下の本を推薦なさってますワン。

人間この信じやすきものー迷信・誤信はどうして生まれるか
トーマス・ギロビッチ、新曜社(★★★)


kappaさんの書評を引用しますワン。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大和證券のCMで有名になったギロビッチ博士の著書。目次を読めば分かるように、「何もないところに何かを見るーランダムデータの誤解釈」、「わずかなことからすべてを決めるー不完全で偏りのあるデータの誤解釈」、「思い込みでものごとを見るーあいまいで一貫性のないデータのゆがんだ解釈」、「欲しいものが見えてしまうー動機によってゆがめられる信念」など、目から鱗の内容が盛りだくさんです。人間はこれらの誤った推論や信念からは簡単には解放されないので、人間にはこのような傾向があることを認識し、これらを矯正するような心的習慣をつけるべきであると、著者は主張しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

うーん、ドキってしましたワン。kappaさんは一貫してバイアスを回避するには、主観を捨てた機械的投資法を薦めていますワン。目次で上げられている事柄は、どれも思い当たる事ばかりですワン。そう思いませんか?

 銘柄分析だって、かなり思いこみが入ってしまうと思いますワン。

 個人投資家が有報を頼りに数時間かけて分析したって、本当に企業の行く末を予測できるのか疑問になってきていますワン。企業は変貌していくんですワン。そしてそこまで株価は織り込んでいない。

ならばFCFが潤沢な企業を長期保有して、企業が大化けするのを待つ

っていうのが、こなつの今の戦略ですワン。

実際プロトコーポレーションがネットへ移行し始めた時、ここまで順調にいくとは思いもよりませんでしたし、マーズフラッグに関しては、正直懐疑的でしたワン。

 企業はつぎつぎ手を打ってきますワン。成果が出るまでは2,3年はかかるなあと経験的に思ってますワン。ただいま絶不調のインパクト21がどんな手を打って立て直してくるか見守ってますワン。

 業績が下ブレしたときは、絶好の仕込み時だなあと思う今日この頃ですワン






HDの贅沢な使い方

 ここのところ毎晩、ご主人様は激しく奥様に叱られていますワン。毎晩叱られているもので、


ご主人様は何を叱られているか、翌朝ほとんど覚えていません。


いいんだか悪いんだか、こういったところに夫婦円満の秘訣があるんでしょうね。

 

さてパソコンの話ですワン


 パソコンのHDを増設することにしましたワン。120GのHDを60Gだけパーティションを作り、そこにOSをいれますワン。残りの60Gは使いません。

 なんでだかわかりますか?

こうするとOSがHDの外周に記録されるため、アクセス速度がアップするんですワン。


 残り60Gを全く使わないのだから、もったいない使い方ですが、HDは安くなりましたからこういった使い方もありなんですね。これで起動が一段と早くなると思いますワン。

 
 この使い方は、ご主人様のお兄様に教えてもらいましたワン。マニアックな世界にはマニアックな方がいてマニアックな話をしているものですワン。

 バリュー投資の話題も、マニアックといえばマニアックかもしれませんね。


だってバフェットやグレアムの名前って、普通の人は聞いたこともないんですよ。
キャイーン(涙)!!!

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



自己責任とスキルアップ

  角山さんの日記で、自己責任に関して熱いコメントが寄せられていますワン。

自己責任という言葉に、抵抗を感じる人が随分多いんですね。


それは有料情報を発信する人が、その責任逃れに使う事が多いからだそうですワン。


 
 確かに有料で投資情報を売っているのであれば、たとえ投資は自己責任とはいえ、ある程度の責任は残ると思いますワン。有料情報というのは、よほどの覚悟がないかぎり、安易にやるものではないと思ってますワン。


そこで自己責任を調べましたワン。


自己責任の一般的定義

自分で蒔いた種は自分で刈り取らねばならないという大人の掟。主に証券取引等の分野で言われる概念。


自己責任の法律的意味

自己責任とは、本来、近代法の基本原則?で、人は自分の負うべき責任のみを負い、他人の責任まで負うことはない、と言うことです。
 

こなつの証券投資に関する自己責任の定義

 自分で投資先を十分に分析し、納得した上で投資し、その結果に全責任を負う事。


 法的な解釈が面白いですね。


 いわゆる「パクリ投資」が流行っていた頃、まだ分析技術が未熟で不安でいっぱいだったこなつは、個人投資家が投資している銘柄を投資対象にしてきましたワン。ただ自分なりに投資基準は設けていて、それにあわないものへの投資はしませんでした。

 フージャースに皆さんがこぞって投資して、大きなリターンを上げている時、こなつも投資したかったですが、PBR<3 という規準がクリアできない以上、投資してはいけないと思っていました。死ぬほど投資したかったですけど(笑)。

 そうやって、とりあえず自分なりの投資基準を守りながら投資してきましたので、たとえ失敗しても誰を恨むって気持ちにはなりませんでしたワン。最終的な判断を自分でしているかいないのかが分かれ道ですね。


良い機会ですので、自分なりの投資家へのステップを思い出しながら書いてみますね。参考になれば幸いですワン。

ステップ1 有名投資家のPFの中から機械的投資法(kappaさんの投資基準)で選ぶ

 いわゆるパクリ投資ですワン。ただスクリーニングの技術もなかったので合理的な方法だと、今でも思ってます。一番のメリットは、ハズレを引く可能性が低い事。初心者にはわからない財務諸表に書かれている大きなリスクを回避出来る事。

 デメリットは嵌め込みに利用される(笑)。すでに激安水準は是正されている。

ステップ2 財務諸表が読めるようになり、自分でスクリーニングして銘柄抽出する

 藤井産業、ゼネラルパッカーという思い出深い銘柄に投資しましたワン。まだ不安でいっぱいでしたが、IR電話デビューも果たしましたワン。とにかく投資本を読みあさっていた時期です。オリジナル銘柄への投資は、自分の中で大きな一歩でした。まだの方は是非挑戦してみてください。真剣さが段違いで、スキルアップ確実だと思いますワン。

ステップ3 DCF法を勉強して、企業を時系列でみることを覚える

 これも大きな転機になりました。それまで単年度でしか企業を見なかったですが、過去5年間の業績の推移をみるようになり、それまで見えなかったことが見えるようになりましたワン。とくに設備投資には感心が高くなりました。またFCFの落とし穴にも気がつきましたワン。そしてFCFを強く意識するようになりましたワン。

ステップ4 同業者比較とマクロ経済を

 ここが現在の位置ですワン。そして企業分析よりメンタルや資金配分のほうが遙かに重要と思い始めているところです。レフティドラゴンさんのジェイブリッジ買い下がりを見て、買い方を工夫すれば、ああいった銘柄にも対処出来るって強く思いましたワン。もっともその後銘柄選定を間違えていたとおっしゃってましたね(笑)。

 それから人の相場観に惑わされないようになりました。みなそれぞれ考え方があるんだなと思うだけです。完全に自立できたと思える瞬間でしたワン。

まだまだステップはたくさんあるのでしょうが、できるだけ高いところへ向かって行きたいと思いますワン。

教材はもちろん、マーケットですワン。

 

 

 

 

 

 


 あのさー、ステップって100ぐらいあるそうだよ。

 あんたまだ序の口じゃない?

 こなつ「・・・」

 

 



株価の気にならないポジションが最強

 

 

 前澤給装工業が増配を発表しましたワン。





 それでは恒例の犬踊りをやらせてもらいます




inuDSCF0433.jpg

はっ犬踊り!  ちゃんと隠すとこ隠しているでしょ?















inuDSCF0432.jpg

よっ犬踊り










kasoku.jpg

犬踊り100連発~!キャイーン(祝)!!!







 ここは優待目当て(コシヒカリ)で最小単位だけ、奥様ファンドで保有してますワン。



 どのくらいポジションを建てるかは、その人の考え方ですが、株価が気にならないポジション量っていうものも、ありますね。

 竹田和平さんは株価に動じない心をお持ちですが、その根底にあるのは幅広い分散投資にあるのではないかと考えていますワン。1銘柄に割り当てる資金量が、かなり少ないので株価の上げ下げが気にならない。保有銘柄が多いので、株価チェックも面倒くさい。案外そんな感じなのではないでしょうか?

 優待銘柄を最小単位だけ保有すると、株価が20%程度落ちてもたいした含み損になりませんワン。まあそのうち上がるでしょって感じで気長に待てます。

 こなつが優待銘柄をナンピンしないのは、楽しく保有したいからですワン。ナンピンしてポジションを大きくすると、どうしても株価が気になってしまう。

ちなみに純粋な優待保有株は

三星食品(アメ10袋)
前澤給装工業(米)
パトライト(グルメ券3000円相当)
ナナオ(図書カード)
GFC(ゼリー詰め合わせ)




 

 

 





 あんたさー

 なにげにmikimaruさんのポジション狙ってない?


 こなつ「・・・」




 





テーブルバイキング

 市内のホテルにある中華レストランで、テーブルバイキングが期間限定で今年も行われることになりましたワン♪。

 テーブルバイキングとは、通常のバイキングと違って、時間内なら店のメニューの中で何をどれだけ注文しても同一料金(大4500円)ですワン。


 当然、北京ダックもアワビのクリーム煮もありますワン。


 こなつも連れて行ってとご主人様の足にしがみついて、変装を条件につれて言ってもらいましたワン。


 さあ行ってみよう!全17皿!!!順不同ですワン。

cyuka2.jpg 
前菜のクラゲですワン


cyuka12.jpg
中華風牛ステーキですワン

cyuka13.jpg
アワビのオイスターソース煮


cyuka4.jpg
定番エビチリですワン


cyuka5.jpg
長男様好物 フカヒレスープ


cyuka6.jpg 
鶏の唐揚げ


cyuka.jpg
ピータンですワン。臭くなかったよ。


cyuka3.jpg 
マッシュルームとイカの炒め物


cyuka9.jpg
チーズとエビの春巻き。これイチオシ


cyuka8.jpg
アワビのクリーム煮 アワビ薄すぎ・・・

cyuka7.jpg
北京ダック。キャイーン!


cyuka10.jpg
牛肉とピーマンの炒め


cyuka11.jpg
漬け物(ザーサイ)


cyuka15.jpg
焼きそばですワン♪

cyuka14.jpg
チャーハンですワン


cyuka17.jpg
ゴマ、桃、ココナッツ饅頭


cyuka16.jpg
デザートなんでも持ってこいや~!




さて投資の話ですワン。

 昨日のゼネパカ急騰は、どうもTVのせいらしいですワン。全然うれしくありません。たぶん、昨日買った人は、今後株価が上がらなくて投げるに決まってますワン。

やっぱり株は、こっそり買うに限りますワン。

 



 



ゼネパカが凄い出来高

朝から「アニメタリー決断」を見ているご主人様に奥様が言いましたワン。


「朝っぱらから何馬鹿なアニメ見てるのよ!」


 軍歌調の主題歌は、それだけで怪しいアニメに見えちゃうんでしょうね。

 

 こなつはもう全部見ちゃったので、印象に残ったものをいくつか紹介しますワン。

 

第16話 「キスカ島撤退」

 ミッドウエー敗戦後、物量にものをいわせたアメリカの反撃は激化するばかり。アッツ島で日本軍は初めての玉砕を経験します。そしてアメリカ軍はキスカ島を完全に包囲し、キスカ島守備隊5000人は、いよいよ玉砕を覚悟します。

 このとき日本は木村少将が守備隊救出に向かいます。飛行機もなく、敵はレーダーを持っており、救出は不可能と思われましたが、あたりは霧が発生しやすく、木村少将は霧に紛れて包囲網をかいくぐり、アメリカ軍に気づかれずに全員を救出しましたワン。

 その後、何も知らないアメリカ軍はキスカ島へ激しい艦砲射撃を行い、果敢に上陸作戦を敢行します。上陸しても日本兵はおらず、米兵は恐怖で同士討ちが多発します。

なお、日本軍は悪戯で「ペスト患者収容所」と書かれた立て看板を残し(実は軍医某の策略だった)、これを見たアメリカ軍は一時パニック状態に陥り、緊急に本国に大量のワクチンを発注したそうですワン。


第19話のルンガ沖夜戦では、ガダルカナルへの物資補給へ、猛訓練を受けた精鋭のいた第二水雷戦隊が派遣され、圧倒的な米艦隊を打ち破ってしまいます。勝因は圧倒的に日本の魚雷命中度が高かったからで、米軍は訓練の重要さを認識したのでした。

 

悲惨な戦争末期でも、こういった痛快な出来事もあったんですね。

 

さて投資の話ですワン

 今日はゼネパカ凄い出来高ですね~。こんな出来高見たことないですワン。もちろん暴騰。どこか大手が買っているんでしょうかねえ・・・。


さて投資判断は?


そんなの売るわけないワン。決まってるでしょ。

ここは永久保有を考えているのだから売りません。

IRのおっちゃんの事考えれば売れるわけないでしょ!

 

しかし過熱してきましたね。

でもみなさん、儲けようと思って買っちゃだめですワン。

買うときは必ず


恐怖でいっぱいの時ですワン。



日本デコラックスは?

 昨晩、主人様と奥様の会話

主「長島監督って今奥さんと別居中だって?」
奥「人ごとじゃないよ。わかってる?あんたには相当呆れてるんだから(怒)」

主:キャイーン(涙)!!!


 明日は家族でスキーに行くんだって。別居間近な夫婦にはみえないけどなあ・・・

 

 さてaaaa9999さんの第三の指摘ですワン。


要点は以下の通り

・財テクに一生懸命な経営陣は投資に値するのか?
・有価証券にリスクの大きいものがある
・余剰資産の運用が上手いとは言えない

 

 まず財テクに一生懸命な経営陣とのことですが、余剰資産が莫大にあるので、運用を考えるのはあたりまえだと思います。本当は株主に還元してほしいのですが、まあそこが資産株でしょうか。本業もケミカルアンカーのシェアNO.1ですので、それなりに評価しています。

 有価証券のリストはざっと目を通しただけですので、この指摘は驚きました。こなつの記憶では外国の債券が多かったように思っています。こなつは株式を沢山もっている企業は、資産の増減が激しいので警戒しますが、債券は比較的リスクが少ないものと考えています。ただ商品まで扱っていたとは知りませんでした。チェックが甘かったですね。
 細かいところを精査しようとしたのですが、今日はEDINETが繋がりません。後ほど調べてみますワン。

 企業が投信を買うのもあまり好きではないです。実を言うと、ある企業が野村の投信を買っていたので、どうせ買うなら澤上ファンドを買ってくれってIRに言った事があります。IRは澤上ファンドを知らなかったですワン(笑)。買ってくれたらうれしいな。

 ちょっと脱線しますが、こなつは澤上ファンドを買っています。だから資産株と言われる企業が、余剰資産を澤上ファンドで所有する場合、犬踊りなんですよ。だって配当で還元されてもこなつは澤上ファンドを買う可能性が大だからですワン。

 さて最後の余剰資産の運用下手ですが、資産株の場合、減らさないで増やしているのならかまいません。

 

 

 

 

 

 



アニメ 決断

「決断」っていうアニメンタリーをご存じですか?


アニメンタリー決断 DVD-BOX


1971年に日本テレビで午後7:30~8:00の30分間放映されましたワン


 アニメンタリーというのはアニメ+ドキュメンタリーの事で、大東亜戦争における日本軍の戦いを、詳細に記録した異色のアニメですワン。我々の祖父達が、南方戦線でどんな戦いをしたのか、どんなドラマがあったのか・・・。


番組冒頭のテロップを引用しますワン


人生で

最も貴重な瞬間

それは

決断の時である

太平洋戦争は

我々に

平和の尊さを教えてくれたが

また

生きるための教訓を

数多く残している




 戦争を悲惨の一言で片づけて、思考停止してしまった日本人が、もう一度何が良くて何がいけなかったのかを再考するには、とても良い作品だと思いますワン。少なくとも彼らは公の精神の元に、勇敢に戦いました。お国の為に・・・。あちゃー言っちゃったワン。キャイーン

 こういったアニメが過去に放映されたことは、奇跡だと思いますワン。今放映したら凄いことになりますね(笑)。DVD5枚に収録された26話には、それぞれドラマがあり、変に脚色されておらずドキュメンタリー性を重視した作りになってますワン。それでも当時、戦争を美化しているっていう苦情もあったそうな。

 ミッドウエー海戦の行き詰まる駆け引きや、硫黄島作戦(よくぞ30分でまとめたワン)における栗林中将の戦いは、日本人なら知っておかなくてはならないものだと思いますワン。加藤隼航空隊における隊員の友情も、当時の軍人がどんな心情で戦っていたかを知るには良いですワン。

歴史を学ばないから、南京大虐殺なんてことを中国にすり込まれてしまうんですよ。キャイーン(涙)。


 

追加

 星医療酸器の3Qがでましたワン。超強気な通期予想達成は、やっぱり厳しそうですね。ここはもう少し謙虚になってもらいたいものですワン。ビジネスモデルは悪くないんですがねえ・・・。

 IMIは決算でましたワン。円安が響いて増収減益。しかし増配発表。配当利回りは3.4%に上昇。どっひゃー!

 今期予想は増収増益なれど、増益幅は控えめですワン。ここは円安で売られまくっていましたから、円高に振れれば息を吹き返しますワン。

 なにより非常にまじめな会社でありますから、まったりと保有するのが本道ですね。 








 



早まったかな・・・

一同:こなつさ~ん!!


















natu.jpg

何?















natu2.jpg

問題です。私は何をしているのでしょう?




















natu3.jpg

正解はおやつのミルキースティックを食べているところです。簡単でした?













 さて投資の話ですワン。

 年明けからマーケットが好調のようですワン。年が明けたらズルズル下げ続けると思ってました。自分の相場観はあてになりません。そして人の相場観もあてになりません。わかる人がいて、たとえ的中しても偶然じゃないと誰が言えるでしょうか?

 ただ過熱感だけはわかります。信用評価損益率やカクテルパーティ論が指標になりますワン。過熱時に買わない、不安で一杯の時に買う。これだけ心がけていれば随分パフォーマンスが変わると思いますワン。

 
今は買うときではないと思ってます。














あんたさー

そんなこと言って持ち株少し買い増さなかった?

買った直後に爆下げね・・・

 
こなつ「・・・」




















ボトムアップ&トップダウン

 奥様の夕食予告で、ご主人様は朝から犬踊りしていますワン。人間が犬踊りやると馬鹿に見えます。

知らない人がいるかもしれないので、ちょっとやってみますね。

inuDSCF0433.jpg

はっ犬踊り!
















inuDSCF0432.jpg

よっ犬踊り











kasoku.jpg

犬踊り100連発~!キャイーン(祝)!!!







ね、最後の猛ダッシュを人間がやっている姿を想像してみてください(笑)。馬鹿でしょ?








 ちなみに、本日の夕食は、ひつまぶしですワン。キャイーン(祝)!!!






さて投資の話ですワン


aaaa9999さんの資産株に対する第二の問題提起ですワン・

まずはこちらをご覧ください。
 
http://plaza.rakuten.co.jp/clyde/


 aaaa9999さんのような見識のある方にこういったコメントをいただけるのは、ブログ冥利に尽きますね。本当にありがたく思っていますワン。


 さて資産株投資の父、ベンジャミン・グレアムは、安全域という概念を作り、資産株投資こそ賢明なる投資家だと主張しましたワン。このときグレアムは、いつ買うべきかというタイミングに関しては言及していません。安い物はいつでも安い。経済動向は関係ないって事ですワン。バフェットもタイミングはとりません。個別銘柄のファンダメンタルズだけを見ることをボトムアップっていうそうですね。

 グレアム先生推奨のネットネット株は、アメリカでは根こそぎ買われて、なくなったそうです。そして日本株からも遠からずなくなるであろうっていうのが、資産株投資家の考えじゃないでしょうか?。
 
 もちろん資産株を買う資金はどこかのマネーであるわけで、その資金はマクロ経済の影響を強く受けます。だから仮に資産株が暴騰したとき、どういった資金がどういった影響を受けて流れ込んできたのかを説明することはできると思います。ただそれは、ある一面を説明しているだけの気がします。資産株は安いから買われたっていう一面もあると思います。うーん、上手く言えないのですが、ボトムアップとトップダウンって相容れない概念のような気がするんです。前提条件が違うと思うんですワン


 ボトムアップ

経済動向もタイミングもとれっこないから、それらを一切無視して個別のファンダメンタルズだけを追い求めていく。

 トップダウン

経済動向やタイミングはある程度取れるから、それらを考慮して最良な投資対象を選んでいく。



 ただaaaa9999さんのトップダウンの考えは、とても興味深く、勉強させていただこうと思ってます。こなつもトップダウン派に転向するかもしれませんから。信用評価損益率が良い時は、新規買いを控えるっていうのが今年の目標ですから、すでにボトムアップから少し出ていますワン(笑)



日本デコラックスにおける資産株の考察

 宮崎県沖で起きた漁船衝突事故で、乗組員3人が70時間漂流の後、発見されましたワン。こなつはこのニュースを見て、ある一冊の本を思い出しました。

たった一人の生還―「たか号」漂流二十七日間の闘い


実はもっと壮絶な漂流体験をしたひとがいたんですワン。ヨットレース中に船が沈没して、ゴムボートで27日間(確か5,6人いたと思います)漂流するんですが、乗組員が次々に力尽きていくんですワン。その描写が実にリアルで、次は誰が死ぬんだろう?ってみな思い始めるあたりから、絶望感がひろがっていきますワン。

 救出されたら赤いの飲もうって励ましあうんですワン。赤いのって何かわかりますか?

コカコーラなんです。


 そこには救いようのない、乾きの世界が広がっていたんですワン。幸せを再確認する上でも、お薦めの一冊ですワン。



さて投資の話ですワン。

aaaa9999さんがブログで資産株投資に関して興味深い話をお書きになりましたワン。
まずこちらをお読みください。
http://plaza.rakuten.co.jp/clyde/


 日本デコラックスを題材にした問題提起でありまして、3つポイントがあるそうですワン。第1点はPBRに関してだそうです。面白い内容なので、こちらで考えを書いてみますワン。

aaaa9999さんの主張は以下の通りです。

日本デコラックスのPBRはこの10年間で0.3~0.6の間を推移している。よって現在0.45が必ずしも安いとはいえない。


 確かにこういうチャートを見せられると、PBRが1倍を超えるとは考えにくいですね。ただこれはあくまでマーケットの過去の評価なんですね。過去がこうなっているから将来もそうなるとは言えないと思いますワン。空前の資産株ブームが起きて、資産株が軒並み買われるといった事が今後起きないとは、誰も言えないと思いますワン。

 こなつの資産株投資のスタンスは、自分で企業価値を算出して、株価がそれより安ければ買うというものですワン。マーケットの動向は無視しています。それが良いか悪いかわかりませんが・・・キャイーン(涙)!!!


 日本デコラックスの持っている余剰資産と時価総額がほぼ同額ということは、ここを買収すれば買収金額が即日で回収でき、極めて安定した黒字事業を無料で手に入れる事ができると解釈していますワン。また解散価値も時価総額を上回ってます。それが絶対的に安いと思った経緯ですワン。
 
 マーケット参加者として企業を見ているのではなく、投資家として見ているということだと思いますワン。

 もっとも買収なんてできっこないから、これは机上の空論ですが・・・。

 もう一点感じたことですが、こなつは日本デコラックスにキャピタルゲインをあまり期待していません。爆上げしたらラッキーっていう程度で、保有の目的はインカムゲインですワン。もともと定期預金から乗り換えた資金を使って買った株なので、2~3%の利回りがあれば満足です。

 以前、資産株はポートフォリオの癒し系って書きましたが、PFにこういった株があると癒やされるんですね。PFのバランスをとる意味で片隅においています。

 

追加

  日本デコラックスは、安定した金利収入があるので、本業が赤字にならない限り余裕な会社なわけですよ。確かに資金効率は滅茶苦茶悪いですが、そんなお気楽な会社の株主でいたいなあと思うこの頃ですワン。

 






 

 

 

















分析より大事なものがあるワン

 昨晩、こなつは狐さんといつもの焼鳥屋へ飲みに行きましたワン。ここのマスターは素材に妥協しない元ホテルレストランのシェフ。焼き鳥屋では絶対でないメニューがありますワン。建物は思い切り焼鳥屋ですけど・・・

以下おいしかったもの

・エスカルゴのバター焼き(もうぷりぷりの食感)
・カキのクリーム煮(ホワイトでなく、チーズ風味の黄色いもの)
・牛煮込(フレンチのメインでもいけそう)

写真とってくればよかったですワン。

 そして焼酎は吉兆宝山。完璧ですワン。しかし飲んだなあ・・・。


さて投資の話ですワン。


 いろんなブログで優れた投資本が紹介されてますが、うーーーん、もっと大事な事があるよな~と思いますワン。なんだろ?具体的に言うのは難しいですけど・・・。その事を書いているブログって少ないですよね。

stareyesさんが「分析は出来て当たり前。肝心なのは数字の裏を読むこと」

っておっしゃっていたことを思い出しますワン。

 定量面で安いって思っても、株価は短期ではランダムウォークしますから、そんなのに付き合っていたら、ホールド力は落ちてしまいますワン。


こなつが投資で重要だと思うことを順位付けますと

1.忍耐&哲学
2.リスク管理&資金配分
3.銘柄分析

 と銘柄分析は下位に回りますワン。REDさんが書かれているように、「今こそ買い時、フルレバレッジ!」と言って退場していった人も多いですワン。どんな優良な株でも、売られるときは売られますワン。それにダメ企業の株でも、儲ける人は儲けていますワン。

 こなつがずっと監視している○○○は、財務優良、高収益、高配当そして割安ですワン。定量面では抜群に良いですワン。定性面でも、参入障壁は高いと思いますワン。ただ業績下方修正で売り込まれていますワン。だから、いつ買いに行くか、リスクはどの程度とれるのか、株価に惑わされずにホールドできるのか、という判断のほうが、重要だと思いますワン。

 何が言いたいのかというと、同じ銘柄に投資してもパフォーマンスは違ってくるんですワン。だから銘柄分析の技術ばかり磨いてもだめなんです。もっとも投資家として分析は出来て当たり前ですから、その手の本を買って銘柄分析の技術は磨かねばなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

結局どっちなんだよ(怒)!

ごめんなさ~い!キャイーン!!!

 

 



絶対的割安度

 株式投資には絶対評価と相対評価があるワン。同業者比較のような相対的評価が一般的で、それはとりもなおさずマーケットの意志を尊重するってことですワン。当然マーケットの過熱具合で、割安度は変化しますワン。

 こなつは相対評価がどうもなじめませんワン。企業価値を計るのに同業者は関係ないと思ってしまうからですワン。

 では絶対的割安度って何?って自問自答しましたワン。

 やっぱり自分が買いたいか買いたくないかだと思いますワン。あくまで自分がどう思うか・・・。

 事業が継続的に黒字で、余剰資金が時価総額を上回っているような企業が、売りに出されていたら、資金があるのに買わない人は馬鹿ですワン。これは誰がなんと言おうが絶対的に安いですワン。日本デコラックスに絶対的な自信があるのは、そういった理由ですワン。

 投資家として考えるもっとも重要な事は、投資資金が何年で回収できるか、だと思います。

 ここで有名なPERが出ますワン。こなつ個犬の感覚では、10年で回収できるのならば良い投資だと思いますワン。不動産投資をなさっている方も、この辺の利回りを考えておられるのではと思いますワン。え?もっと利回りが欲しい?株式よりリスクをとっている?

 個犬的にみてPER10は安いと思ってますワン。ただし事業が安定していて継続的に利益が上げられる事が条件ですワン。

 自分が何年待てる?って考えるとPER15が投資出来る限界。

ただし利益が増加傾向にある場合は、もっと早く回収できますから、PERは修正ですワン。

 つまりPERを考えるとき、余剰資金の存在は無視できませんワン。

もっと厳密に言うと、余剰資金を考慮したフリーキャッシュフロー倍率がもっともしっくりくる指標ですワン。


ただし、相対的割安度を否定しているわけではありませんワン。どちらかというと相対的割安度に注目している人のほうが、パフォーマンスが高いと認識してますワン。

 

 

 

 

 

 

結局、どっちやねん(怒)!?

ごめんなさい。キャイーン(涙)!!!



クリエイトSDの復活

RYUさんの日記で頂いたコメントを読んで、改めて思いましたワン。

ちょっと一部引用しますワン。クリエイトSDに関してのコメントですワン。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここは安定した成長株なので頼もしいです。前回の未達時に成長の陰りを感じましたが、見事な回復をしました。

結局先のことなんて予測不可能ですから、CFを生む限りしっかり保有をする事が前提ですね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

クリエイトSDはこなつのご両親救済ファンドの主力銘柄なのですが、株価はまったくノーチェックで放置してましたワン。RYUさんがおっしゃるとおり、クリエイトSDは前期成長に陰りが見えて大きく売り込まれましたワン。


2794.t


 ね、怒濤の売りでしょ?。ここまで売り込まれ、それまでの含み益を全部溶かし、一瞬ですが含み損が生まれましたワン。このとき、こなつがとった行動。






それは?














しーらん、ぺったん、ゴリラ~!
放置放置!















 以後、クリエイトSDの株価はノーチェックでした(汗)。だからまったくストレスを感じないで、え?そんなに上がったの?って感じでしたワン。もちろん四半期決算は目を通してますから、復調しているのは知っていましたワン。

 投資先を考えるとき、大事なのは事業素質と経営者の手腕だと思いますワン。一旦投資したのであれば、経営者を信じて多少の業績のブレは目をつぶって、経営者が打開策を打っていくのを、株主として見守っていきたいと思いますワン。

 株価の変動に惑わされて、感情で取引してはいけないんだワン。

 

しかし、プロトコーポレーションはハシゴ外されたように、株価急落ですね。いくら何でも短期で上げすぎでしたから、良い調整になると思いますワン。 



 

 







タダ株誕生

 新しいパソコンの環境整備を進めていますワン。内蔵HDはシリアル接続(パラレルの1.5倍の転送速度)なのですが、リムーバブルHD(主にバックアップ用)がパラレル接続なので、パラレルからシリアルへの変換プラグ(探せばあるものですね~)を買い、こちらもシリアル接続にするつもりですワン。PCIボード(内蔵SATA2、外部eSATA1、USB2 3)も買いましたワン。

 パソコンも長期使用を目指しますワン。



突然話は飛びます

 



pan.jpg

にんにく屋(パワーアップ)の名物トーストですワン。中身をくりぬいて食べるのですが途中ハチミツがなくなると、店員が「♪ぶんぶんぶん、ハチが飛ぶ~」って歌いながらハチミツをかけてくれますワン。



 さて投資の話ですワン。

 昨日のプロトコーポレーションの株価高騰を受け、こなつも一部売却していますワン。売却に関しては、いろんな考え方がありますワン。一番考えなくてはならないのは、合理的な考えで行動しなくてはいけません。

 目先の含み益に目がくらんで、有望な株を安易に手放してはいけませんワン。

 有望な株ならば、株価が割高になるまで保有が鉄則だと思いますワン。プロトは予想PER15倍程度、しかも利益の上方修正濃厚とみていますから、上値はまだまださきだと思いますワン。

 ならばなぜ売ったのか?プロトは買値から2.5倍になってますワン。一部売れば投資資金を回収できますワン。


そうタダ株誕生なんですワン。キャイーン(涙)!!!いやあ憧れのタダ株だワン♪

 

投資法は人それぞれですワン。気楽に楽しく投資するには、メンタルを平静に保つ哲学が必要ですワン。タダ株という哲学は、こなつにとってホールド力をより強固にしますワン。

分散投資の観点から言っても、1銘柄の比重が突出してしまうことへの是正にもなりますワン(これはkappaさんから教えていただいたんだワン♪)

 プロトの成長にはとことんつきあうつもりですワン。






節分のメニューだワン♪

パソコンの設定に手間取って挨拶が遅れましたワン。


みなさん、節分に豆まきしましたか?


 太巻きを食べて北北西の方向を見ると福がくるとかこないとか・・・。

 こなつは豆を2つぶしか食べられませんでしたワン。まだ2歳ですから。ご主人様は随分食べてましたワン(怒)。

 ちなみに大陰暦では、節分は大晦日にあたり、2月4日が正月になりますワン。春の訪れと年の始まりを合わせた、なんとも奥ゆかしい日本人の気質ですワン。

さてそんなめでたい日の晩餐ですワン。



susi.jpg

よくみると3種類ありますワン。通常の太巻き、マグロ太巻き、エビアボガド太巻きですワン。おお豪華だワン。



















susi3.jpg

イワシのグラタンですワン。何かを(梅みたいなもの)イワシで巻いて、オーブンで焼きましたワン。


















susi2.jpg

絶品スペリアブでございます。ジューシーですワン。言うことありませんワン。










 さて持ち株の3Q決算花盛りですワン。ざっと見て日本化学産業の上方修正は、するだろうと思ってましたが、来ましたワン。どこまで儲ければ気が済むんでしょうね。株主にもう少し還元してください(笑)。誰ですか、メッキはピークアウトって言ったのは・・

ナックも順調ですね。上方修正期待してますワン(当たるも八卦当たらぬも八卦)。

資産株のシステムズデザインも順調ですね。どんどん現金を貯め込んでください。

 プロトコーポレーションの株価が爆上げしてますワン。yahooにgooバイクが採用された ことの評価なんでしょうね。こなつファンドの大化け株になってますワン。





 



パソコンが来た

 みなさん、たばこの吸い殻を道に捨てないでください。

 

 


そうでないと、私は拾って食べちゃうんですワン。キャイーン!

 

 

 

 今朝、ご主人様にタバコ拾い食いして叱られましたワン。何ででしょうかねえ。あの臭いは嫌いじゃないですワン。

 

 

 

 

さて秋葉原のパソコンの販売店、PC-SUCCESS(株式会社サクセス)が倒産しましたワン。なんでも秋葉原界隈では、サクセスの資金繰りが悪いのは知られていたそうですワン。自転車操業だったんだって。

問題は、vista発売を待って、大量の注文を受けたままの倒産で、かなり悪質な感じがしますワン。振り込んだ人、お気の毒ですワン。


 さて昨日、注文していたパソコンが届きましたワン。しばらく設定にかかり切りになりますワン。os入っていないものを買ったもので・・・キャイーン!バリューだ。

 



奥様が選んだエクセレントカンパニー最終回

 昨晩こなつは吠えまくりましたワン。奥様が何吠えてるのよ?って何度も見に来ましたが、仕方ないですワン。だって本能だもの。2時間ぐらい吠えまくりました。


 普段から発声練習しておかないと、いざというとき大きな声がでないでしょ?




 さて奥様が主婦&商人感覚で選んだエクセレントカンパニー最終回ですワン。

ピジョン
テルモ
イナックス
TOTO


ピジョン

 育児用品の老舗ですワン。四季報を読むと米国中国が絶好調とのこと。株価もこの1年間見事な上昇トレンド。中国は大きな市場になるかもしれませんね。ゴールドマンが株主ですワン。臭うぞ・・・。

PER 31倍
PBR 1.9倍
ROA 3.93%
ROE 6.66%

 中国市場の伸びを調べてみたいですね。パス。


テルモ


キター!エクセレントカンパニー(祝)!
 terumo.jpg


ROE13%
ROA9.7%
営業利益率 19.5% 
PER29.9%
PBR3.37%

興味が出たのでもう少し定量面を調べましたワン。

EV/EBITDA 15.5
PVR 2.1

 やっぱり良い企業は、評価されちゃってますワン(涙)。

定性面では、海外の伸びが凄いですね。カテーテルシステム、人工血管、糖尿病関連が凄い伸びですワン。医療製品は、価格より信頼性が優先されますから、一度優位に立てば参入障壁は高めになるんじゃないかと思いますワン。利益率の高さがそれを物語ってますワン。パス。


TOTOとイナックス

 イナックスはトステムと経営統合(住生活グループ )していたんですね。しらなかったワン。またまた投資家として失格ですワン。キャイーン!

 さてTOTOは適正価格ついていると思いますので、住生活グループをみますワン。

どうって事ない会社だなあって思うのですが、今期予想が凄く良いですワン。トステムの人員削減効果だそうです。介護付き老人ホームへ本格参入するそうで、生き残りをかけた必死さが伝わってきますワン。うーん、パス。

 

 さて奥様の選んだものを見てきましたが、バリュー投資というより、澤上ファンド的な視点ですね。10年後も活躍していると思いますワン。

今回思ったのは、投資法もいろいろあるな、です。

・業績不振に苦しんでいる企業が立ち直り始める時に投資する
・高PBRの抜群な企業に投資して、企業成長を思い切り享受する
・誰も気がついていない業績上方修正を察知して、先回りして投資する。
・マクロ経済を頼りに、セクター予想を行い、循環物色の先回りをする
・割安に放置されている地味な銘柄を拾い、脚光を浴びるまで気長に待つ
・気に入った企業の株を買い、配当以外期待しない(これ本道ですワン)
・テクニカルのサインを頼りに、期待値で勝負する。

 結局正解なんてないんですワン。自分の性格にあったものを選ぶだけですね。ただし合理的な投資行動をとることが重要で、それはとりもなおさずバイアスにかからないって事だと思いますワン。

 そしてもっとも大事なのが、感情に支配されない資金配分ですワン。

 







奥様が選んだエクセレントカンパニー2

ご主人様は毎日スクワットをしてますワン。なんでも筋肉つけて、年末年始でついた脂肪を燃焼させるんだって。そしたら体が調子よいんだって。



 こなつもやってみましたワン。







足が短いから、お尻が床について出来ませんワン。!キャイーン








 さて奥様が主婦&商人感覚で選んだエクセレントカンパニーに第2弾ですワン

旭化成
リーガル
西松屋
ワコール





旭化成

 名前は知ってますが、何をやっているのかしりませんでした。投資家として失格だワン。調べてみると随分多角化してますね~。

ケミカル、ホーム(ヘーベルハウス)、エレクトロニクス、医薬品、建材、繊維、サランラップなど。

 さすがに大企業ですワン。

指標を見ると

PER18
PBR1.83
ROE10.79
ROA4.51
配当利回り 1.25%

可もなく不可もなくって感じでしょうか。実にバランスが良いですワン。
良い会社だと認識しつつパス。ただ財産として長期保有するならOKですワン


リーガル

 ご主人様はリーガルばかりはいていますワン。固定客は多そうですワン。

ただ調べてみてびっくり。1997年から2003年まで赤字連発。株主資本比率は25.5%。時価総額を超える有利子負債もあり、ずっと無配ですワン。今期増益予想ですから、復配にでもなれば、株価急騰するかもしれませんワン。投機投機パス。



西松屋

 キター!エクセレントカンパニー!!!万歳!

nisimatu.jpg


ROE23%
ROA10%
PER25
PBR4.81

確認出来るところでは10期連続増収増益だワン。どこに強みがあるのかわかりませんが、強力なフランチャイズを見いだせれば、バフェットなら買うかもしれませんワン。こなつはパスしますが、同業者比較で相対的割安感が見いだせれば、買っても良いかもしれませんね。事実、2002年からホールドしていれば、株価5倍ですからね~。

 本当に大化けするのは高PBR企業だとつくづく思いますワン。ただ成長が止まればたたき売られますので、バフェット並の定性分析があると思う人は、投資してください。


凡犬は逆張りですワン。キャイーン!!! ちなみに月次2.5%でした。


ワコール

 売上は安定してますが、利益が随分ぶれますね。なんでだろ?
今期予想PERで23倍。利益率もたいしたことないですワン。パス








プロフィール

こなつ

Author:こなつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。