スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥様が選ぶエクセレントカンパニー1

 さて奥様が主婦&商人感覚で選んだエクセレントカンパニー第一弾

亀田製菓
伊藤園
はごろもフーズ
紀文
カルピス
ブルドックソース


 全部食品でんがな~!キャイーン(涙)!!!


 まあ10年後も日本の為に頑張っている企業ですワン。独占力のありそうな商品ですね。さて投資対象になるのか・・・。


亀田製菓

過去10年の売上は、非常に安定してますが、営業利益は結構ぶれてますね。原材料費の変動によるものかどうかわかりませんが、現在PER20、PBR1.2倍ですから悪くないですね。買いませんけど・・・。

伊藤園

itouen.jpg

 素晴らしい業績ですね。お茶はいろいろ出てますが、やっぱり旨いんでしょうね。ROA10%。エクセレントですワン。ただPER28倍、PBR3.95倍ではちょっと買えませんワン。株価暴落を待ちます。


はごろもフーズ

 伊藤園同様、売上は非常に安定してますが、利益が結構ぶれますね。マグロ高騰は、一時的なものでないと思いますから、厳しいかもしれませんね。今期予想でPER28倍。これなら断然伊藤園ですワン。利益率も低いですね。


紀文

 ROE19%、ROA10.9% PER15 PBR2.6倍。初めて触手が動きましたワン。
業績も順調に伸びてますし、配当も成長していますワン。おでん種は、多少高くても紀文を買っちゃいますね。旨いんだもの。

 さて紀文ですが、食材、豆乳、ヒアロルン酸の3分野やってますワン。
売上の70%が豆乳なんですね。知りませんでした。豆乳はイソフラボンの過剰摂取誤解報道の煽りで、今期減益予想。大きく売り込まれていますワン。

 豆乳を飲む人は、健康志向の強い人だと思いますワン。そして豆乳が健康良いのは直感でわかりますワン。食材と合わせて手堅い企業だと思いますワン。

 精査したくなりましたワン。すばらしい企業です。


カルピス

 売上は抜群に安定してますワン。PER23、PBR1.3倍。残念ながら利益率が低いですね~。カルピス類のシェア90%。独創的な商品ですワン。これが世界で受けたら大化けですワン(笑)。パス。


ブルドックソース

 ソースは独占的商品なんですけど、儲かってないですね。外食へと多角化しているようですが、そういう企業は基本的にパスですワン。PER56倍?だめだこりゃ・・・。



 さて売買ですが、三星食品を100株奥様ファンドで買いました。もちろん優待目当てですワン。だって10袋も送ってくるんだもの。キャイーン(喜)!!!



スポンサーサイト

裏方最強カンパニー

日経ビジネスに裏方最強カンパニー特集がありましたワン。

紹介されていたものは

アルバック(液晶パネル製造装置、世界シェア96%)
わらべや日洋(セブンイレブンに弁当納品、43期連続増収増益)
トランスコスモス(テクニカルサポート シェア50%)
エイジス
巴川製紙所(リードフレーム固定用テープ、世界シェア90%)
佐藤食品工業
日本アクセス(低温配送に強み)


ただ投資家として見ると、飛びつけないものが多いワン。ざっとみているので間違っているかもしれませんが

アルバックは財務に不安がありますし、ROA3.2%じゃお話になりません。
わらべや日洋はPER70倍ですし、トランスコスモスはIT不況をもろにかぶって2年も赤字になってますし、巴川製紙所はROA1.2%ですよ。

 バリュー投資家の間で有名な2社をのぞいては、ちょっとだめだワン・・・。


 うーーーんと唸っていたら、奥様がこなつに紙を差し出しましたワン。

 奥様が、主婦&商人の目で選んだエクセレントカンパニーが書いてありますワン。商品名しか書いてないものや、外国の会社もあって整理するのが大変ですが、少しづつ紹介したいと思いますワン。こうご期待。


 さてリーバイス暴落を受けて、こなつの触手が動いていますワン。前から欲しかった企業ですから、じっくり観察したいと思いますワン。

 

 












アパ問題表面化

 ついにアパホテルの耐震偽装問題が表にでましたワン。

この問題はイーホームズの藤田社長が昨年から言い続けていたものの、完全にマスコミは無視していましたワン。

なぜいまなのか・・・?

・アパと国交省が落としどころを決めたから 
・民主党に参議院選直前に発表されたくないから
・森派がアパを切り捨てた

 まあ犬の妄想ですが、どこまで広がるか高見の見物ですワン。


 さてステップの1Qがでましたね。

こなつはステップ友の会の会員ですワン。まったりいきます。
1Q順調そうでなによりです。言うことなしでした。

KIMOTOも素晴らしいですね。奥様ファンドの主力でしたが、今は200株しか保有していませんワン。200株は長期応援株ですワン。

 

 

 

 

 



そのまんま東の話

そのまんま東さんの知事就任について、いくつかのサイトで論じられてましたので、こなつも少し意見を書きますワン。

 まず基本的に、こなつはタレント議員が嫌いですワン。知名度だけで投票していいとは思いませんワン。政党がタレントを担ぎ出すのを見て、呆れていますワン。

 ただ東氏は、12月の時点で芸能事務所を辞めており、また芸能人の応援を一切断ったそうですから、けじめはつけていますワン。そしてマニフェストも発表しております。

 この時点で、東氏はタレント議員からは脱皮しているかなとは思います。

 しかし、ならば何で本名で立候補しなかったのか・・・。まあ知名度はアドバンテージですから、利用しない手はないかもしれませんね。キャイーン!

 ただし過去に不祥事があったと本人が言ってましたが、不祥事というほど軽いものではないと思いますワン。傷害事件2件と淫行です。反省して心を入れ替えればすべてOKなんでしょうかねえ?

 政治を託すのは簡単ですが、託される人にも自ずから限界があることも事実ですワン。そういった意味で、政治の素人へ県政を託すリスクもあると思いますワン。

パフォーマンスだけで終わらないことを祈ってますワン。

 

さて投資の話ですワン。

 プロトコーポレーションが本日も株価が堅調で、なんと含み益100%で引けましたワン。2バガーは目標にしていただけに感慨深いものがありますワン。

 プロトコーポレーションに投資したときは、雑誌からネットビジネスへ移行を始めたところでしたワン。当時ネットビジネス移行が上手くいくか懐疑的な意見が多かったと思いますワン。こなつ自身も半信半疑でしたワン。でもだから割安で投資できたわけです。

 やっぱり企業を短期間で評価するなんて、所詮無理でと思いましたワン。少し長い目でみていきたいですね。

 

 

 

 

 



利益はどこまでも追いかけるワン

芋焼酎の逸品、富士乃宝山、吉兆宝山が高くて買えないあなたへ
















プレミアなしで買える逸品がありますワン。















その名は?
















1.8L 1800円


薩摩宝山ですワン。キャイーン!!!






 実は先日旨い焼酎を探しに、久保田(日本酒)の特約店に行ったんだワン。焼酎の種類が少なくてがっかりしたんだけど、宝山って名前が気に入って買ってきたんだワン。どうせ吉兆宝山の類似品だろうと思っていたんだけど、飲んで見たら結構旨いワン。調べて見たら、なんと吉兆宝山の蔵元でした。きゃあ、恥ずかしい・・・。


ショップの解説が泣かせます
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 「富乃宝山」「吉兆宝山」など、特徴を前面に出した、個性的な芋焼酎を世に問うている西酒造の中で、最も古くから地元の方々に愛飲されているのがこの「薩摩宝山」です。いわば、この焼酎が「富乃宝山」の原点です。レトロ調のラベルがなんともオシャレ。リーズナブルな価格なのに非常に高級感があります。

 栓を抜いたとたん、芋らしい芳醇で香ばしい甘い香りが立ち上がります。飲んだ時の香りはクセのない、正統派芋焼酎の香り。毎晩飲み続けても飲み飽きしない優しさがこの焼酎からは感じ取れます。

 口当たりは、長期熟成酒と一瞬間違うほどにこまろやかです。、焼き芋の皮のような焦げた味わいと、ほのかな甘味が混じりあい濃厚でリッチです。豊かな旨味が柔らかく広がり、しっかりとした肉厚感を感じさせる味わいは、まさしく芳醇な芋焼酎の王道をいくものです。後キレもほど良い余韻が心地よく、もう一杯、あと一杯と盃がすすみます。

 蔵元の西君は「この焼酎を造るのは止めよう」と思ったこともあるそうですが、地元のおじさん達が美味しそうに飲んでいるのを見て、やはり「今まで大事に支えていてくれた人たちのためにも、こういう晩酌でも楽しめる焼酎こそ大切に丁寧に造っていかなければならない」と心底思ったそうです。

 私はこの「薩摩宝山」をレギュラー酒とは言いたくありません。それほどレベルの高い焼酎だと思います。全国区になった「富乃宝山」ですが、実はこの「薩摩宝山」が一番売れているのだそうです。やはりお客様の舌が全てを物語っているんですね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 こなつが普段飲んでいる芋焼酎は「一刻者」「千秀」で、2500円位なんですが、薩摩宝山はまったくひけをとらないばかりか、芋味の出し方がこちらのほうが好みですワン。バリュー消費家としてお薦めの逸品ですワン。



さて投資の話ですワン

たーちゃんさんお薦めの「田平雅哉のFX「スイングトレード」テクニック」 を読みましたワン。
http://plaza.rakuten.co.jp/tachanfund/diary/200701070000/


読んですぐに、この人は本物だと直感しましたワン。投資哲学の重要性を本の半分をさいて説明していますワン。繰り返し述べているのが、勝つ確立の高い合理的な投資行動をとること。そして損切りの重要性ですワン。

 ここは投機の話ですから注意してください。

 たとえ勝つ確立が高く、合理的な投資行動をとっても、負けることはあるんですワン。だからリスク管理が大事なんですワン。

 コイン投げ大会で、10回連続で表が出る確立は極めて低いですけど、参加者が100万人ぐらいいれば、そういった人がでてきてもおかしくない。しかし当の本人は、10回も連続で表が出るには、自分の投げ方が正しいと勘違いする。

 株式投資においても同様で、大金持ちになったとしても、たまたま運が良かったかもしれないんですね。そしてその手法が今後通じるかわからないワン。

 本の中で一番感じたのは、利益はとことん追いかける事。損切りはバリュー投資家なら、株価下落を理由に行う事はありませんが、利益は何処までも追いかけるべきだと思いますワン。

 プロトコーポレーションが上方修正しました。含み益80%近くになってますが、何処までも追いかけるつもりですワン。ネットで確固たるブランド構築中ですから、楽しみな限りですワン。

追加

 本日の爆上げで含み益94%。念願の2バガー取れるかな・・・。



バリューなパソコン

 カンボジアで密林少女が発見されましたワン。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070120-00000105-sph-soci

人間は教育を受けて、人間になるんだとしみじみ思いますワン。彼女はすでに野生化しており、4本足であるくそうですワン。


 こなつは逆に人間化しておりますワン。たまたま知能が高く運動能力に優れているので、二本足で歩くのはもとより、ブログもやってるし、投資もしてますワン。皆さん、信じていない人がいるかもしれませんが、


私本当に犬なんですよ。

 

 だからキーボード打つのも肉球が邪魔で結構大変なんだワン。


 さて新しいパソコンを発注しましたワン。バリュー投資家らしく、ショップの組み立てパソコンですワン。バリューですよ~。


cpu:Intel(R) core 2 Duo E6400(2.13GHz)
HD:300G
memory:1G
ビデオカード:GeForce 6600GT
DVDスーパーマルチ
カードリーダー付きFDD

革新的なcpuだそうで、従来のものより40%早く、40%節電だそうですワン。

これで11万円ですワン。本体のみですけど・・・。

ペンティアム3、500MHzからの乗り換えですから、まさにモンスターですワン。

 

 

 

 



騰落レシオ

いさま~さんが騰落レシオに関して興味深い日記を書かれておられますワン。
 http://plaza.rakuten.co.jp/isagorou/diary/200701170000/


 こなつは個別銘柄のファンダメンタルズを重視していますので、相場の過熱感を計る騰落レシオ、信用評価損益率等は、たまにみたりしますが、それを意識した投資行動は現在していませんワン。ただ相場過熱時の買い増しはしないっていうのが今年の目標ですので、大変興味ありますワン。

さて日記によると騰落レシオは70%以下が売られすぎ、120%を超えると過熱気味だそうですワン。

 東証は昨年12月末に騰落レシオ130%を超えていましたワン。過熱しすぎで、この水準から買うのは怖いですね。空売りに走った人もたくさんいたかとおもいますワン。その後、東証の騰落レシオはその後103%まで調整し、現在反転して上昇中ですワン。

一方ジャスダックはどうかというと昨年11月の終わりごろに72%まで落ち、それ以後12月の終わりまで上昇と続け、105%で天井になり現在は100%程度ですワン。

 この指標は天井と底では機能するかもしれませんが、現在のように中間値ではどちらに振れるかわかりません。ただバリュー投資家としては、70%付近では買いに向かっても良いかもしれませんね。

 さてこなつが11月の終わり頃、つまりジャスダックの騰落レシオが70%付近でどんな心境だったか、日記を読み返してみましたワン。

 http://plaza.rakuten.co.jp/konatsu2004/diary/200610240000/





株価に興味がなくなって、株価チェックしなくなったんだって~!キャイーン!!!







 まさにクマですワン。マーケットが調整している時に買いに向かうのがいかに難しいか,おわかりの事と思います。当時の日記を読むと日本デコラックスが700円割れていたそうで、いかに厳しい環境であったかおわかりと思いますワン。

 ただこのとき、日本デコラックスが600円台前半で取引されているのをみて、絶対的に割安だと確信したので、620円で買い増しをしましたワン。昨年のベスト投資行動でしたワン。

これわかってもらえないかもしれませんがナンピン買いではないんです。700円台の買い増しは1銘柄のポジションを超えていましたので買い増せなかっただけで、620円なら上限いっぱいの許容範囲だったから買い増せたわけです。

 

追加

 小型株が上げてきましたね。なんだか居心地悪いですワン。でもゼネパカ700円台は素直に拍手!期待していないだけに、ホヘーって感じですワン




パソコンが壊れました

 ご主人様のパソコンが突然壊れましたワン。そもそもこれは、ご主人様のお兄様がパソコンを買い換える時に、旧型を頂いたものですワン。つまり無料。バリューですワン。

 そして重いソフトは使わず、それなりに快適に使ってきましたが、もはや寿命ですワン。そこでこなつが新しいパソコンの選定を頼まれましたワン。

 長く使えるバリューなパソコンをご所望の様子。

 こうなるとタワー型パソコンしかありませんワン。現在ショップの組み立てパソコンとNECダイレクト販売を見比べてますワン。今の印象ですが、必ずしもショップ組み立てパソコンが安いとは言えないような気がしますワン。バイアスが、かからないようにスペックを精査していきたいと思いますワン。株の銘柄選定と同じね。


 
さて投資の話ですワン

 ここのところPFは含み益を増やしていますワン。売られすぎていた2銘柄を勇気出して買い付けたのが貢献しているようですワン。ただ買い付けるときは、複数回にわけてゆっくり買い付けましたワン。底で買えなかったけど、反転してからの上乗せも効いていますワン。

 角山さんが2度目の買い付けは、1度目の買値を上回った時に行う、という言葉が腹でわかった瞬間ですワン。

 

追加

 日本デコラックスがメラミン化粧板の値上を発表しましたワン。3月出荷分より適用されますワン。犬踊り!

 製品値上げ出来ない企業もありますから、そういった意味で日本デコラックスの優位性を示す出来事ですワン。

 先日ある方からメールを頂いて、もっとも自信ある銘柄は日本デコラックスと返信いたしました。620円での買い増しは昨年のベスト投資行動でしたワン

 この会社の魅力は

1.時価総額を超える有価証券をもっているので、営業外収益が莫大(中電工みたい)。

2.耐震補強剤(ケミカルアンカー)がトップシェア

3.汎用性のあるメラミン化粧板を扱っているので、業績のブレが少ない

 と事業が安定していて、財務健全高配当な企業であり、長期保有するには理想的な会社ですワン。 原料費の高騰だけがリスク要因ですが、値上げ出来るのでタイムログは出ますが心配していません。だからキャピタルゲインを狙っている人には物足りないし、流動性が低いので、プロは手が出せないので、個人の長期投資家にはうってつけの株と思いますワン。資産株でこれ以上の株はないと思ってますワン。

 

 

 

 

 

 

 

 



焼き肉ですワン♪

 昨日ご主人様と奥様は、二人仲良く焼き肉を食べに行ったんだって。昼間からビール飲んだんだって。









 niku.jpg

牛カルビですワン♪
















niku2.jpg

牛タンですワン♪



















 NATU2.jpg


犬タンですワン♪キャイーン(涙)!!! 
旨そう?












 さて不二家がいよいよやばそうですね。販売店は商品撤去、FC店へは損失補償、TVでは連日企業体質批判と、追いつめられてますワン。そのうへ莫大な有利子負債がのしかかります。

大株主は、

日本生命 678万株、
森永製菓 500万株、
持ち株会 409万株、
りそな銀行302万株、
藤井一族 736万株

となってますワン。シナジー効果を考えると森永が吸収合併するかもしれませんね。



 


















消えた天の声

 年末年始のとりだめた番組を見る時間がないと、ご主人様が嘆いておられますワン。ご主人様が仕事から帰ると、お子様がアニメをみています。夕食後は奥様がドラマを深夜3時まで見ています(奥様はドラマオタク)。仕方ないのでご主人様は早起きして、お子様が起きてくるまでのわずかな時間に見ていますワン。

 ところが最近、次男様が早起きしてアニメを見るようになり、

 

 

ご主人様は撃沈なされました・・・

 


さて投資の話ですワン


 我々個人投資家は、実績のある投資家の言う事を、天の声と思ってしまう傾向がありますワン。○億円稼いだっていう本を出版していたりすると、それだけで妄信的に信じてしまう。一種のバイアスですワン。

 こなつもご多分にもれず、尊敬する投資家が、今後日本株は数年にわたって低迷する、とか発言なさると、きっとそうなるんだろうなと思ってましたワン。結構あせっていたりします。まさに天の声ですワン。

 ところが最近、天の声が消えてしまいました。今はマーケット参加者の一意見と受け止めてますワン。自分でも不思議でならないのですが、自分だけを信じようと決めてから天の声が消滅しましたワン。何も感じなくなりましたワン。

 マーケットは何でもありの世界ですワン。騙す人、騙される人、儲ける人、カモにされる人。そういう世界だと理解していないと足下をすくわれますワン。みんな自分の事だけ考えているんです。だから教えてもらうのではなく、技術を盗むんですワン。

この投資家だけは信頼できると盲信しないことですワン。

 永久保有を宣言していた投資家が、こっそり持ち株を売り抜けていたとしても、それはありなんです。そんなこと当たり前です。マーケットはそういう世界なんですワン。

だから騙されたと言ってはいけませんワン。失敗を人のせいにすると儲けは逃げていきます。


マーケットと対峙しているのは自分一人なんですワン。
 

 



不二家がやばそうですね

不二家の株価が不祥事で売られているので、四季報をみてみましたワン。

この10年間で赤字が4回、売上はじりじりと下げ続けてますワン。

時価総額250億円
有利子負債 194億円
営業キャッシュフロー 13億円
株主資本比率 33.4%

販管比率は下げてきているものの原価率が上昇中。

 うーん、株主にはなりたくないワン。精査していないので確かな事は言えませんが、流動比率が63%ですから資金繰りが行き詰まってしまえば、怖いですね。


 これだけ借金があると、消費期限切れの牛乳も使ってしまいたい気持ちはわかりますがブランドイメージは失墜しましたから、高い代償になりましたワン。

 雪印のようになるかどうかは、今後の対処しだいですワン。


 さてインパクト21の3Q決算が発表されましたワン。もうこの株を持っている人をまったく見かけなくなりましたが、こなつはまだ持ってますワン。

 利益の進捗率も75%程度となっており、まずは安堵しました。こういった業績不振の回復は2,3年はかかると思ってますので、気長に待ってますワン。個犬的には、新ブランドを立ち上げて欲しいですワン。莫大な余剰資金をもってますから・・・。そうなればROICが跳ね上がり、株価は爆上げウッシッシ。キャイーン!

 

 



癒し系企業

 こなつが優待目当てで100株だけ保有している前沢給装工業なんですが、

 

 

 

 


この会社なんと

 

 

 

 

 

 

年賀状をくれたんですワン。キャイーン!!!

 

 

 

 律儀な会社だなあと思いますワン。株主としては、余計な金を使わないで欲しいのですが、株主様に年賀状を出すのは会社としては当たり前って考えるんでしょうね。なんとなく心温まりますワン。日本デコラックスに続く癒し系企業でありんす。

 

 さてマーケットを見回すと、フージャースの株価が急落してますワン。分割前で40万円割れの水準ですから、随分下げた印象ですワン。株価下落をうけての投資行動はそれぞれあると思いますワン。

 投機的に短期リバウンドを狙う人、経営者を信じてまったく動じない人、成長性を考えてシナリオを見直す人、みなそれぞれですワン。ただ言えることは、自分が何に投資していたのかを明確にしておかないと(投資ストーリーの確立)、何もできないと思いますワン。

ジム・クレイマーも言ってますが、投機なのか投資なのかを明確にしておくことが重要だと思いますワン。投資行動はまったく違ってきますから。

パクリ投資がだめなのは、この辺の判断ができないからだと思いますワン。

みんながホールドしているからホールドを決めている人は、リスキーシフトにご注意ください

 

マーケットで信じられるのは自分だけだと、つくづく思いますワン。


 

 

 

 

 

 

 



すばらしきチャーリー

みなさん、チャーリーと言ったら誰を連想しますか?












決まってますよね?












サックス奏者のチャーリー・マリアーノですワン。キャイーン!!!












 誰ですか?チャーリー・マンガーって言ったのは(笑)?










 ご主人様は年末に放映された渡辺貞夫+チャーリーのジャズセッションを毎晩見ていますワン。買ったばかりのDVDレコーダーでBSデジタル番組を録画したんだワン。この番組はまれに見る高音質で満足したんだって。

 確かに二人の演奏は抜群でしたワン。色彩豊かな貞夫のサックスに対して、チャーリーのはかすれるようなセクシーなサックスですワン。並んで演奏してもらうと、違いがわかりますね。そして素晴らしかったですワン。チャーリーは貞夫の師匠なんだって。


vicj61398.180

CDも発売されているようですから、興味があったら探して買ってみてください。






 さて投資の話ですワン。

 最近は日々の気づきがないもので、日記が滞り気味ですね。こなつは投資以外の事にも興味が出ていて、だいぶ普通の犬に戻ってきました。毎日株のことしか頭にないなんて、そんな人生まっぴらごめんだワン。チャーリーと言ったら、マリアーノって答える人のほうが、財産は少なくとも、豊かな人生を送っているような気がしますワン。株の上級者は、性格が歪んでいる人が多いですから(笑)。

 中田英寿は、マスコミの前で感情を出さない暮らしが長く続き、その影響で私生活でも素直な感情表現ができなくなったそうですワン。そこで素の自分を取り戻すために、旅をしているんだって。

 自分自身が豊かな人生を送ることが一番で、投資は一つの手段に過ぎないんだワン。
あまり人の逆ばかり行っていると、私生活でも偏屈な人間になりそうで怖いですね。

 
 

 
 















京都着物友禅にみるビジネスモデル

 昔、呉服屋は儲かってましたワン。着物は高級品であるにも関わらず、日本人にはなくてはならないものでしたワン。呉服屋大もうけの時代だワン。

 時代は流れ、着物は冠婚葬祭だけのものになり、そのときだけ着たいという需要が起こり、レンタル業者が生まれましたワン。レンタル料は高額に設定され、レンタル業者は大儲けしましたワン。

 成人式の振り袖レンタル料は、着物を新調するよりは安いよなあといったレベルで、10万円を軽く超えていましたワン。この頃成人の8割位はレンタルを利用し、2割位が着物を新調していましたワン。呉服屋とレンタル業者がともに栄えた時代ですワン。

 やがて低価格振り袖業者が参入して、業界を激震させましたワン。低価格振り袖の価格設定は、2,3回のレンタル料で買えてしまうものでしたワン。

 消費者はレンタルから新調へと動き出しましたワン。成人式、卒業式、友達の結婚式という風に、数回の利用は考えられ、何より着物が自分のものになる事は、親も自分もうれしいものでしたワン。

 ここでレンタル業者のとった対抗策は、振り袖をレンタルしてくれた人に複数回無料レンタルするといったもので、事実上レンタル料の値下げなんですが、レンタル料そのものを下げませんでしたワン。これが間違いだったと思いますワン。

 高価格なレンタル料は、レンタル離れを加速させましたワン。

ここに現れたのが京都着物友禅ですワン。この会社は低価格振り袖に成人式着付け料+写真料を含めた価格提示をしましたワン。このカラクリは地方の美容室と写真屋と契約して、京都着物友禅が発行する無料券を持って行けば、無料でサービスを受けられるといったものですワン。あとで契約店に料金を振り込むものなんですが、消費者にとって追加料金がでないのは魅力的なものですワン。本当は無料ではなく、消費者が先払いしているだけなのにね。契約依頼している店舗にたいして、料金を大幅に値引きさせているのは言うまでもありませんワン。友禅の優位は揺るぎませんワン。

 さて青色吐息のレンタル業者は、レンタル料30%~65%割引セールを始めましたワン。ただ遅きに逸した感がありますね。もはや消費者のなかにレンタルという選択肢がなくなってしまったんだワン。今は買うのがトレンド。

 今後レンタル業者は、低価格着物を仕入れ、格安料金を提供していかない限り生き残れないと思いますワン。ただ体力のないところは、もはや仕入れの資金が枯渇しており、廃業もあり得ますワン。

 さて今後どうなるか?

 京都着物友禅のリスク要因は以下の通りですワン。

1.大資本低価格レンタル業者が現れる(そのときはこなつが投資します)。
2.自治体が、荒れる成人式を廃止する。
3.人気タレントがドレスで式典に出席し、和服神話が崩れる(これはないでしょう)。
 レンタル業者が退場したら、製品値上げできますし、面白い投資先かもしれませんワン。ただこなつは、ここが圧倒的な独占力をもっているとは思えず、どちらかというと時代のニーズに合致しているだけといったほうがよく、二の足を踏んでますワン。


 振り袖が絶対陳腐化しないか?

 意見の分かれるところですワン。

 


 

 

 

 

 



変化を見逃すな

山口さんが不二サッシの分析をなされましたワン。
http://plaza.rakuten.co.jp/forestvoice/11008


非常に興味深いものでしたワン。分析によると不二サッシはバブル期に作った借金が膨大にあり、利益が利払いに消えていくという、とても株主になりたくない企業のようですが、余剰資産の売却やリストラが進んでいて財務が改善しているそうですワン。

 現在、株主価値より遙か下まで売り込まれているのは、このままでは倒産するかもしれないと思われているからですワン。倒産しない事がはっきりわかれば、株主価値まで株価が戻るのは自然という事なんでしょうね。

ジムロジャースの言う「変化を見逃すな」っていう事です。

 目先の業績はすぐに株価に織り込まれてしまいますから、こういった企業の変化にかける投資は有効になってくると思います。


 ただこなつは不二サッシはパスですワン(笑)。


 こなつ的には、不味いと烙印押されて業績不振にあえいでいるカッパ寿司が、旨くなってきているのが気になってますワン。スシローと比較すると、まだまだ改善すべきところが目につくのですが、寿司ネタは良くなってますし、干からびたネタも見かけませんでしたワン。型くずれするネタはありましたが・・・。キャイーン!









シチエ月次

 ご主人様は年末年始の特番、特に音楽番組のDVD化に夢中ですワン。特に気に入っているのがBSデジタルで放映された「モントリオール・ジャズフェスティバル」ですワン。ここでご主人様の大好きな歌手アル・ジャロウとスティングが出演していたんだって。良かったね。

 気になる音質は、BSアナログよりは良いですが、CD並っていうのは嘘ですね。そんなに良くないですワン。それからデジタル番組は、番組によって高音質のものとそうでないものがあるようですワン。

 

 

さて投資の話ですワン

たまには個別銘柄の話もしますワン。

 シチエの12月次が開示されましたワン。

レンタル 98.6%
アミューズメント 137.2%
全体 119.5%

 アミューズメントが好調のようです。こんな事を書くとkappaさんに叱られるかもしれませんが(笑)、こなつは先日ゲームセンターへ行ってコインゲームをしてきたんですワン。これが滅茶苦茶面白かったんです。

 今までコインゲームを面白いと思ったことがあまりなかったんですが、最近の機種は演出が派手で、パチンコのスリーセブンの要素を取り入れて、興奮度が高くなってますワン。

 数字が揃うと大音量でファンファーレが鳴り、スポットライトに照らされ、クラシック音楽が鳴り響きますワン。そして目の前にノズルが飛び出し、コインが降り注ぐんですワン。かなり興奮しますワン。

 規模の小さな機械でも、よく考えられていて、昔のような単純な機械は見あたりませんワン。こっちも結構面白いです。

 こういったコインゲームが徐々に認知されていけば、客層を広げていくんじゃないでしょうか?ゲーム嫌いな奥様も、結構楽しんでましたから・・・。

 そういった意味で、シチエのアミューズメントへの転身は、良い判断でした。怖いのは他店との競合ですが、シチエのような異空間の創出といった演出をしているところを見たことはないので、当分の間安泰だと思ってますワン。競合店は機械を置いているだけってところばかりですからね。

 ただここ数年の設備投資負担が大きかったので、しばらくは設備投資を控えて欲しいなあと一株主として思ってますワン。

 だって減価償却費負担で見かけ上の利益が減って見えるんですもの~。ここの株主はそういった事がわかっている方ばかりですので、株価は底堅いんですが、当分人気化しそうにありませんワン(笑)。

 それでも社長の経営手腕を高く評価していますので、安心して保有しています。ファンド開設以来の長いつきあいですワン。

 

 

 

 



謹賀新年ですワン♪

遅くなりましたが、


あけましておめでとうございますワン



 ご主人様は、スキーにボーリングにと家族接待に追われて忙しそうでしたワン。



さて年があけて、人間は「書き初め」とか言って、何でも初をつける習慣がありますね。年が明けて、気持ちを改めるそうな・・・














 犬族はやっぱり

















2007-1.jpg


初ウンコですワン。キャイーン(涙)!!!









 次は恒例奥様料理ですワン。

2007-4.jpg

 古典的なおせち料理ですワン。











2007-3.jpg

ローストビーフですワン。














2007-2.jpg

ご主人様の実家に持参したおせちですワン。
天ぷらはレンコンに魚とエビのすり下ろしをのせ、紫蘇で巻いてますワン。これは冷めてもおいしいので、売れ行き一番でしたワン。それとアンキモも旨かったようですワン。









 さて今年の目標ですワン。

1.相場過熱期の買いはしない。
2.恐怖の中で買えるように、下落時に買う銘柄を厳選しておく。
3.FXや外国株の研究をして、アセットアロケーションを勉強する。


 ラジオで評論家が日経平均の数値予想をしてましたワン。皆様経済に精通なされていてマクロ的な視野をお持ちの方ですが、やっぱり意見が分かれていましたワン。


マクロ的な視野でシナリオを立て、キャッシュポジションを調整しながら資金を動かす事なんてやっぱり無理じゃないかなあと思いましたワン。1,2年は当たる人もいると思いますが、長期間当て続けることは無理ですワン。

 こなつは個別銘柄のファンダメンタルズにかける事にしますワン。短期では浮かばれないかもしれませんが、10年単位なら必ずそれなりのリターンがあると信じますワン。


 今年もよろしくお願いします。





                    愛犬こなつの株式投資日記
                         管理犬 こなつ















プロフィール

こなつ

Author:こなつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。