スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンク満杯になりました


楽天ブログ用リンクがとうとう満杯になりましたワン・・・。

こなつがリンクしているのは、基本的に投資に関してかかれているものに限定しています。もともとこのブログの開設理由は、勉強になると思っている投資ブログの更新を一刻も早く知りたいという極めて個人的なものでしたワン。

 今後新たにリンクしたいブログが出来た場合、更新の少ないブログからリンクを外して行くことになりますが、ご了承ください。ク~ン(哀)。

 まだまだ勉強が足りません。もっと投資技術を磨いていかなければダメだと思ってますので、勉強できる場所にはできるだけ顔を出しています。見かけたら、みなさん、よろしくご教授ください。

 さて相場ですが、前場強いですねえ~。持ち株ではシチエ、タナベ経営、亜細亜証券印刷が大きく上げました。売却は、成長株は明らかに割高になったとき、資産バリュー株は価値と価格が均衡したときと、原理原則を守って冷静に判断したいと思います。


スポンサーサイト

二日酔い

 昨晩、こなつは近所の山羊さん、狸さんを誘って、飲みに行きました。現金の代わりにゼネパカの配当(郵便為替)を持って行きましたワン。

「お、こなつさん、いらっしゃ・・・、あのねえ、動物の友達は困るんですよ。」
「仲間だワン。幼なじみ。入れて~」
「第一うちは焼き鳥屋だよ。その山羊は何食べるの?」
「メェ~」
「肉は食べないけど、酒は強いワン」
「ところで金はあるの?」
「ゼネパカの配当で飲ませて頂戴。ほらここにあるワン」
「ゼネラルパッカーか。日本の宝みたいな会社だよなあ」
「マスター良くご存じで?」
「あったりめえよ。地味だけどいい仕事してらいなあ。でもうちみてえな商売じゃ、
鈴茂器工のおにぎりロボットのほうが役立つわな。今日は何焼きますか?」
「有り難う。恩にきるワン」

 3人で芋焼酎と日本酒の4合瓶、空けてしまいました。本日二日酔いですワン。


 さてdsan2000さんの警告は、心に響きました。どんなに割安な株でも売られるときは売られるんですね。昨今の株価急騰で儲けて、浮かれてリスク管理がおろそかにならないよう気を引き締めていきたいものです。

 もっとも大きな調整局面になれば、大きな含み損を抱えることは確かなわけで、そんな状況でも冷静に判断できる精神力を身につけたいですね。

株は、最後はメンタルコントロールだと思います。哲学を持ちましょうね♪。

 そうそう、撤退を表明した東北パイオニアなんですが、株価が1200円を割った時、当面の大底を付けたまさにその日、こなつは売却しようとしていました。少しでも早く売却しなくては、どんどん含み損が増えるっていう心理的圧迫がありました。

 その時、天の声がしました。

 大きく下げた株をすぐに売ってはいけない。
 大きく上げた株をすぐに買ってはいけない。


BY ベンジャミン グレアム

 こなつの手が止まりました。前にも一度、大底で東京製鐵を売ってました。

今売っちゃいけないワン♪

 その後株価材料も出て、急反発してます。チャートを見ると、売らなくて良かったなあと思います。

 小さなポジションですので、できたかもしれません。これが集中投資している株なら耐えるには凄い精神力が必要だと思います。



光製作所VS藤井産業

カンガエルさんの日記に「稲虎さんはなんで資産株投資であれだけのパフォーマンスを残せるのか?」という趣旨の事が書かれていて、興味深く拝見しました。

稲虎様のコメントを引用します。

引用開始

(1)資産バリューといっても収益性もある程度は考慮しています。ちなみに収益力が殆どない企業は清算価値程度でしか見ていません。

(2)無駄に銘柄分散をせず、ここだと思う銘柄に集中させています。一か八かではなく、よく調査すれば集中投資もそれほどリスクは高くありません。

(3)実は、カタリストをかなり重視しています。バリューに加えて、近いうちにプラス方向に左右する材料を持っている銘柄(上方修正がほぼ確実に見えている銘柄など)であればなお良いということです。

(4)既存の持ち株と新規購入候補の魅力度を常に比較しており、ポートフォリオの回転率で稼ぐことを実施しています。良い銘柄が複数あれば、レバレッジも使っています。

引用終わり

 資産株に広く分散投資すれば20~30%ぐらいのパフォーマンスは期待できると思っているのですが(思いこみですワン)、稲虎様は今年は100%を超えていると思いますので、これはひとえに集中投資のたまものだと思います。

 とことん調べて、集中投資するっていうのは高リターンの源泉ですワン♪ 

だから次にくるカタリストが最重要となるわけです。

 ではここで稲虎様の光製作所は急上昇して、馬鹿犬こなつが買った藤井産業はなんで停滞しているのか?

 これがわかればみんな稲虎様ですよね~。






 ちょっとデータが正確ではないと思いますが、光製作所と藤井産業の購入当時のデータが残っているとおもいますので、書いてみます。違っていたらごめんなさい。

奥様ファンドで光製作所を800円で買い付けましたが、その時のデータ

PER 14.5倍
PCFR 5.6倍
EV/EBITDA 3.9
PVR 0.4

 こなつはEV/EBITDAを最重視してましたので、3倍を切っていないのが物足らないと思いましたが、他のデータは十分割安でしたので買いました。

一方藤井産業は500円で買い付けましたが、この時のデータは

PER 11.1倍
PCFR 34倍
EV/EBITDA 2
PVR 0.6

 決定的に違うのは営業キャッシュフローの違いです。藤井産業は巨大な売掛金がありますので、売掛金の回収日数が変ると、キャッシュフローが全然違って来ます。今期少なければ来期大幅増って具合です。だから利益をどこで評価するかが難しいワン。

 ところが光製作所は、不動産賃貸料がきちんと入るので安定したキャッシュフローが見込めます。ここが光製作所の最大のセールスポイントだと思います。

 毎年安定した営業キャッシュフローが入る企業は、そんなに多くないと思いますワン。











 そういった意味では中電工は外国債券金利という

安定した経常キャッシュフローが入りますワン(笑)!

 横道にそれました。














 稲虎様のリサーチは株主構成比率にも及んだことは、ブログ読者にはおわかりの事と思います。もの凄く深いリサーチです。こなつごとき足下にも及びません。

 きっと社長の奥様の誕生日まで調べているに違いありません!キャイーン(涙)!!!









光製作所のもう一つの違う点はPVRの低さですね。

PVRとは師匠KAPPAさんの説明を無断引用します(弟子ですからお許しください)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
PVR=株価/VPS

VPS=((営業利益+減価償却費)×5+連結剰余金-有利子負債)/株数

仁科剛平氏が提唱しているマーカーです。VPSは、現在の収益構造が続くと仮定した時
に、5年間の事業利益で借入金を返済した時に手元に残る、一株あたりの現金。つまり
、一株あたりの事業価値とみなすことができます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 安定したキャッシュフローが見込める場合、PVRも結構重要かもしれませんワン。





ここが悪いから藤井産業はだめなんだ!っていうコメントもお待ちしております。そういうのが一番勉強になりますワン














ゼネパカの配当

ゼネラルパッカーから配当が届きました。全社員が一生懸命働いて稼いだ利益の一部をこなつにくれると言うのか・・・。おお、株主冥利に尽きるワン。ありがたやありがたや。
 大事に使わせて頂きます。合掌。

  事業報告書を読むと、海外販売強化をうたっているところがいいですねえ~。
かゆいところに手が届く繊細な機械は、アメリカ人には絶対出来ません。是非売りまくってください。


 さて中間決算が出始めましたワン。

 亜細亜証券印刷

売上げ 7.1%増
営業利益25.4%増
経常利益29.2%増

と好決算でした。コスト削減と受注量増加だそうですワン。ここは消費者独占企業であり、キャッシュリッチな超低EV/EBITDA企業なので、安心して見ていられます。社名がやぼったいのもGOODです。

 買い増しておいて良かったワン♪

 株式投資を始めたばかりのみなさんへ

リンチも言ってますが「やぼったい社名」だからこそ割安に放置されているんですよ~。
それから退屈な業務もGOODです。カネソウの「マンホールの蓋の製造」なんて痺れちゃいますワン。


 次にアシックス商事の中間決算

売上げ ▲6.1%
営業利益▲29.1%
経常利益▲24.4%

 対照的に悪い決算ですが、会社予想とほぼ一致しています。こなつは前回の1Q決算であわくって売却してしまったという苦い記憶があるので、気になる銘柄です。ちゃんとわかっている人は、ホールドしていました(汗)。

 今期は下期が有望なんでしょうかねえ・・・ 

 まあ、会社の予想通りのようですから、変化なし。ここは大人のホルダーばかりですから株価への影響も少ないでしょうね。タワーも買ってますし・・・。

予言

 こなつがサンエーを売り切りましたので、摩訶不思議な投資法効果により本日のサンエーは爆上げになります。

余談ですが
 Rionちゃんが売り切ると、株価は天井を打ったと判断して良いでしょう。

追加
 
 何かと話題にしている藤井産業ですが、いつ買ったのかなにげに見てみたら、今年の5月2日に501円で取得しています。来月の2日がくると6ヶ月保有となります。気持ち的には1年ぐらいホールドしているような気がするのですが、意外と短いですね~。
 買ってから株価は微動だにしないような印象ですが、それでも含み益6.59%なんですね。半年で6.59%ならそんなに悪い投資ではないですワン。意外です。

追加2

 本日も新興市場は活況ですワン。なんか資金が一気に流れ込んで来たって感じです。こなつファンドも前日比1.04%と大幅高。セコム上信越が来ました~!

 

 







しんさんのDVD

 遅ればせながら、しんさんのDVDを見ました。今まで似顔絵しか拝見したことありませんでしたので、

おお、これが生しんさん!。

 しんちゃんじゃないよ。しんちゃんっていうとクレヨンしんちゃんになっちゃうワン。1億円プレイヤーをしんちゃんって呼んだら罰当たりますワン♪

 角山さんの凛々しいお顔と違って、しんさんのサッパリとしたお顔からは、クールでクレバーな印象を受けましたワン。まあ、投資に顔は関係ありませんが・・・。

 セミナーの内容からは

やっぱりネットネット株はいけるぞ!

って思いました。資産バリューで1億円築けるのだから、無理して成長株投資をしなくてもいいんだワン。

 それから一番気になったのが、しんさんは資産バリュー+配当重視なんですね。資産株で高配当している銘柄を選ぶっていうのは、

株主寄りの資本政策をとっているって証だからでしょうか?
それとも高配当が、下値リスクをより軽減しているからでしょうか?
それとも高配当はリターンが高いという統計的裏付けがあるからなのでしょうか?

 間違っても配当が欲しいわけじゃありませんからね!
配当目当てのバリュー投資家なんていませんワン!


 しんさんの本は、貸し出してあって、読み返そうにも読み返せません。本をお持ちの方、高配当にこだわる理由何か書いてありましたか?

追加

 サンエーを売り切りました。一部売却と思ったのですが、勢いで売ってしまったワン
我慢できませんでした。まだまだ未熟です。キャイーン(涙)!!!

サンエーの理論株価ですが

ドラゴン式 4362円
ZAI理論株価 5267円
DCF法(保守的)3132円

となってます。サンエーは今後もジワジワ成長していくでしょうが、拡大余地は限られていると思うので、長期ホールドで大化けは狙えないと判断しました。
 株価も4000円を超えましたし、YASUAKIさんのブログを参照して、PER15倍まで買われれば、同業他社との比較においても妥当な価格と思いました。

 ただ次の投資先を見つけるのが面倒くさいです。投資するにはいろいろ調べなきゃならないので、そういった苦労を考えれば、出来るだけ持ち株を長くホールドしたいですね。
 


ペットショップのご主人との会話

 こなつは恒例のシャンプーヘ行ってきましたワン。いつもの「株は博打ですよ~」のご主人がいるペットショップです。今日は良い話が聞けるかなあって思い、店内に入りました。

「お、こなつさん、いらっしゃい♪」
「ご主人、最近株はどうですか?」
「勘が鈍くなっちゃって、最近休んでます」
「休むも相場なりですワン」
「こなつさんはどうですか?」
「TOPIXに思い切り負けてますワン。バリュー投資も人気薄のようです」
「でも負けてないんでしょ?この間タナベ経営が1000円割ったとき
俺も買おうか迷ったんですよ。こなつさんが理論株価1200円って言って
たのが耳に残ってまして」
「でも今からエントリーするなら、まだ割安なものもあるワン」

「なんか面白い株ありますか?」
「面白い株ですか・・・。ナックっていうダスキンの代理店があるんだけど
工務店の経営指導もしてるんだワン。ところが最近自ら工務店経営始めた
んだワン。流行らなければ嘘だワン。」
「ナックですね。ちょっと調べて見ます」
「ただ今そんな割安感はないですよ。通期目標達成できれば割安なんでしょう
けど。」

「他には何かないですか?」
「ヤギコーポレーション」
「ヤギですか?ヤギは知ってますよ」
「ヤギでなくてヤギコーポレーションですよ。」
「???何やってる会社ですか」
「制服つくっているんですが、流動比率1000%の超キャッシュリッチ会社
ですワン。村上ファンド銘柄ですワン」
「村上ファンドですか。それちょっと興味出ますね~」
「お財布代わりですけど。ク~ン」

「こなつさん一押しの藤井産業、この間凄かったですね。600円超えて
いよいよ700円目指すかなって思いましたよ」
「犬踊りしてましたワン♪」
「でも戻っちゃいましたね」
「キャイーン(涙)!!!」

 投機で凄いパフォーマンスを叩きだしていたペットショップのご主人も最近は駄目なようですワン。ひょっとしてバリュー投資に変更かも。いやご主人の性格なら超成長株だワン。

追加

 SHOEIが上方修正を発表しましたが、株価は下げています。

売上げ1.9%増
経常利益11.9%増
EPS122円

上方修正して株価が下げるというのは、上方修正は織り込み済みであり修正幅が期待はずれということなんでしょうか。株価1700円ではPER13.9倍です。

 こうなると決算での来期予想がどうなるかの一点です。

 みなさん、決算まで日和見になるのではないでしょうか

追加

 本日は小株は良く上がりましたね~。こなつファンドは前日比1.47%です。こんなに上がったのは久しぶりですワン。まあ、マーケットの評価に過ぎませんが・・・。

 大きく上げた日本プロセスの売り時なんですが、

ドラゴン式 1570円
ZAI理論株価 1487円

そしてPBR1倍だと1459円

成長株でないので、妥当価格になったら売却して構わないのですが(成長株の場合は多少割高でもホールド)、この会社ほど株主思いの会社はありませんので、1400円を超えたら1/3、1450円で1/3、1500円で1/3売却が妥当のような気がします。

 損切りは早く、利食いはゆっくり。

 


















フージャース良かったですね。

こなつのハンガーストライキに奥様が遂に負けて、とっておきのドックフードを出してくれました。半生タイプのものです。思わず犬踊り!旨いのかって?

 そりゃ旨いですワン♪いっひっひ。

 しかし今回は奥様も随分頑張ったなあ。おかげでこなつは空腹で株どころじゃなかったワン。

 さて発情も終わったので、雄犬避けバリケードも撤去されました。見通し良くてGOODです。


では株の話です。

 まずはフージャース株主の皆さま。上方修正おめでとう御座います。皆さまの成功を心よりお喜び致します。少しでも早くセミリタイヤを実現してくださいね。こなつは皆さまより遅れると思いますが、宮古島東急リゾートでの成功者の集には必ず参加したいと思っていますワン。それまでこなつの事を忘れないでくださいね。











あんたさー

石川さんに、人の財産が増えるのを喜ぶと自分の財産も増えるようになる

て言われたから、表面上喜んでいるだけで、本当は悔しいんじゃない?



こなつ「・・・」               


追加

 dsan2000さんの日記を読んで、ジムロジャーズが一発退場になったと思って、イスから転げ落ちました。最後までよめば、一時的な資産凍結のようでなによりですが、やはりリスク管理が大事だと思います。

 こなつみたいな馬鹿で小心者は、適度に分散して、1銘柄こけてもダメージが少ないように、するべきですね。そしてやっぱり資産バリュー重視で行きます。

 REDさんの1銘柄5%、買い付けは3回というのは、リスク管理が徹底しているなと思い、感心しています。大きく勝つことより、大きく負けない事を意識して行きたいですワン。

 しかし今は、成長株が輝いて見えますねえ。こなつファンドの唯一の星、ナックよ頑張って頂戴。テンバガー狙えるのはあんただけや~

 






ジムロジャース

 ジムロジャースの2004年講演のDVDを見ましたワン♪

世界中をバイクで旅した男は、少々太めでユーモアに富み、マイクを持って身振り手振りで話す英語の講演ですが、

 投資家のみなさん、英語が堪能なんですね~
こなつは字幕が無ければサッパリわかりません。


 英語で質問する人もいて、投資家たるもの、語学堪能でなければいけないのでしょうか?こなつは犬語もわかりますが、犬語なんか投資に役に立たないワン。

 ガル~、キャイーン、クゥ~ン、イヤ~ン(これは間違い)で何が出来ます? 

 講演内容では、やはりグローバルな視点を持つこと、そして誰よりも早く変化の兆候をつかむことの重要性が語られていました。師匠DriftR32さんの視点です。師匠は人口動態にまで切り込んでいるところが凄いです。団塊の世代Jrの動向は注目したいですワン。

 そうそうジムロジャースは5年後には、日本株を売るかもしれないと言っていました。要注意ですワン。

 それから中国株が有望と繰り返し言っています。中国株投資については少し考えてみたいと思いますが、やり方がサッパリわからないのが現状ですワン。

 中国株投資について、今まで興味がでなかった理由は、こなつの無知からくる不安なんですが

 粉飾決算してない?

 ってことなんです。決算書がどれほど信頼できるのかが知りたいところです。

 話は変わりますが、ディープインパクトの馬券が1倍なのに、それを買った人はリスクとリターンがわかっていません。投資家はだれも買わないです。

 買った人って、何考えているの? 

 まあ先に買って倍率が下がった人もいたでしょうけど。

追加

 ジムロジャースの投資法は、割安な株を買い、後はなにもしないというバイ・アンド・ホールドに徹することです。キーワードは『割安』『変化』の2点。それから需要を長期的に見ています。
 そして哲学を持てと繰り返し言っています(どっかの犬も言ってましたっけ?)。人と違う視点を持つことが重要とのこと。

 それから運良く大もうけしたら、頭が冷えるまで相場から離れなさいっと言っています。自分が凡人であることに気づかないとだめだそうです。

 ようするに割安な株を買ったら、後はメンタルコントロールに徹する事です。株価を見るのはもってのほか、ゆったり構えたいものです。

 ただし大事なことは、大きな変化は見逃さない事。

DriftR32さんに頂いたコメントを引用します

ただ、保有銘柄については一応注意はしています。業績のブレは気にならないのですが、やはり経営の方針転換等は重大事件なので経営者が変なことをしないかどうかだけ見守っています。

引用終わり

 DriftR32さんこそ日本のジムロジャースだと確信しました。


      

 


週足チャート投資法

 長期投資の神髄とは、経営者に全てを任せ、会社の大化けを狙うものだとstareyesさんに教えて頂きました。

 それって本物の株主になれって事じゃん!

 そうなんです、本来的な投資の原点に帰れって事だと思います。竹田和平さんもokenzumoさん(雑誌みました。優しそうなお顔)も本物の株主ですよね。金は出すけど口はださん、そのかわり一生懸命働けっていう心構え。そして多少の業績のぶれは目をつぶるから、長期的には大きく成長してくれよってこと。

 何でもかんでも長期保有すれば良いってものじゃないのはわかっています。こなつが言いたいのは、この長期的視点があれば、メンタルコントロールが容易にできるってことです。初心者はメンタル面が弱いです。

 またテクニカルチャートをご覧になった方はわかると思いますが、日足チャートでは下落トレンド発生でも、週足チャートになると単なる調整にすぎないんですね。

長期投資とは週足でチャート見ているような投資法だと思います。10年後のリターンを最大にする視点で、実はとても合理的な方法だと思います。</b>

 要するに日足チャートを使うか、週足チャートを使うかの違いですワン♪

念のため

 *テクニカル投資の話ではありません。





いつかは大化け

御主人様のお姉様がやってきました。ニコニコ笑ってます

「こなつ、日本プロセス売れたわよ。良い銘柄教えてくれてありがとね」
「・・・」
「今度は何買えばいい?」
「株式投資は銘柄当てクイズじゃないワン。投資は哲学を持たなければだめだワン。
 相場は過熱してるし、責任取れないワン。勉強しないなら手を引いたほうが
 良いワン」
「大丈夫。自己責任でやるから。損してもあんたを恨まないよ」
「・・・」
「さっさと教えなさいよ!!!犬鍋にして喰っちゃうよ!」
「キャイーン(涙)!犬鍋だけは堪忍・・・」
「で、何買えばいい?」
「アトムリビンテック、カネソウ、ヤギコーポレーション、サンクスジャパン」
「うーん、じゃあヤギとサンクス買っておくわ。ありがとね。今度投資資金倍増するわ」

 儲かると、うぬぼれてリスクを取る傾向があるって本当ですワン。

 こなつが持ち株で一番思い入れがあるのはゼネラルパッカーです。それまで全てがパクリ投資でしたが、これは初めて自分で選んだ銘柄なんです。初めてのIR電話もここです。 IR担当者が大変親切で、頼みもしないのに四半期決算事に資料を送ってくれます。メールで質問すると、瞬時に返事が返ってきます。HPをみると、会社のやる気が満ちていて会社一丸になって、中期目標に突っ走っているっていう印象をもっています。
 
 絶対売りません。業績のぶれも気になりません。こなつは、いつまでもここのオーナーでありたいと本気で思っています。stareyesさんが言う、ずっと持っていればいつかは大化けする株かもしれません。だからゼネパカの株価は気になりません。

 こういう気持ちが、本当の長期投資なんだと思います。

 だからそういった株を探して、買ったら後は経営者に全て任せていればいいんだと思います。

 そういった意味で、会社の方針を明確に打ち出している企業が長期投資には向いていると思います。


 



 


ジタバタ動くな!

 ベイビーのために無理してドックフード食べたましたが、想像妊娠だったんで、ハンストしています。

こなつはグルメなんだよ~。毎日同じドックフード出すんじゃねえよ!!!

せめて粉ミルクぐらいかけろよ、タコ!!!


 こうなりゃ意地でも喰ってやるもんか!晩酌はこっそりやってますけど・・・。

 今朝、ご主人様がニコニコしていました。なんでもDVDプレイヤーの試聴機申し込みしたら、意外に早く届く事になったんだって。DVDプレイヤーもっているのにねえ。

AIRBOW DV6500/Kai 
http://www.ippinkan.co.jp/airbow/product/cd_dvd/dv6500kai.html


さて株の話です。こなつは、こなつファンドはすべて公開しています。これは以前にも書きましたが、こなつは意志が弱いので、投資行動を公開することによって自分の投資行動に足かせをかけています。軽率な行動をとって、皆さまに馬鹿にされたくないですから。
 たとえば株価が動かないからイヤになって売ったりすれば、お前は何に投資しているんだ?株価の変動は関係ないだろ!ってことになります。

 ところが奥様ファンドは非公開にしています。こっちは過去の履歴をみると、株価の変動に慌てふためいている姿が伺えます。実に頻繁に売買しています。そしてその割にパフォーマンスが良くありません。まるで駄目な投資家の典型ですワン。

 典型的な例を出しますが、3/23日にグローリー工業を2010円で100株買ってます。グローリー工業に人気が集まっていたころです。ところが折り込み済みと思っていた来期予想が織り込まれておらず、決算後株価は急落します。その後7/12日に含み損に堪えきれず、1693円で100株ナンピン買いします。そして株価が平均株価に戻した7/28日に1826円で売却です。

 ね、馬鹿でしょ。今グローリー工業の株価は2210円です。

含み損が出ると、買うんじゃなかったと後悔して、買値に戻すと売ってしまうんです。

 次の例ですが、亜細亜証券印刷を5/9日に1250円で600株買ってます。買った直後から株価は上がり、5/13日に1336円の株価をつけました。ところがその後株価は急落し5/24日の1197円まで下げます。この時19日にこなつファンドで1240円で新規買いしています。

 その後、株価は急騰し、慌てて売り切ってしまいました。6/29日に1336円で200株、30日に1429円で400株です。

 この時、こなつファンドはホールドです。だって株価が上がって浮き足立って売ったら恥ずかしいじゃないですか。こなつファンドは原則的に売るときは売却理由を明示するようにしています。

結果ホールドが正解でした。現在株価は1600円前後を推移しています。


 今こなつの目で、奥様ファンドの運用者(自分ですが)に次のように言いたいですワン。

 一度買ったら、ジタバタ動くな!!! 

投資方針を守ることと、合理的な行動をとることがいかに大事か思い知りました。

 現在奥様ファンドも長期投資の視点で運用するように心がけています。


追加

 東北パイオニアですが、さっき見たら含み損14.33%になってました(驚)。
カウンターゲームの損切りライン15%目前です。そこでリスク管理の観点から撤退
します(涙)。

 撤退方法ですが、急激に下げた株をすぐに売ってはいけない、という格言に従ってテクニカルチャートを見ながらゆっくり売却します。15%を割り込んだら即切りですが、まだ余裕ありそうなので、反発を待つことにします。













 


投資と人生

濁り酒、菊水の「五郎八」を買いましたワン。酒好きには有名な銘柄です。日本酒ってワインと違って毎年同じ味を保ってますが、これって凄いですよね~、と思ったら酒屋の主人が「今年の五郎八は味が良いよ~」っていうものですから思わず買ってしまいました。旨いです。でも毎年旨いです。

 okenzumoさんの誰もが通る道を読んで、こなつは唸りました~。資産を築くこと=幸せではないと経験者はおっしゃってます。資産3000万ぐらいの時が一番楽しかったそうです。

 ジョンレノン「富と名声、でもそこには何もなかった」と言った言葉を思い出しましたワン。何の為の資産形成なのか?日常生活を犠牲にしてまで資産を築いても意味ありません。大事なのは家族、友人、そして自分の人生ですワン。おっと犬生の間違い。

 何の為に株式投資をしているか?を見つめ直したいです。

 早い話、2,3年で2億円作ったら人生面白くないですよ~。 

そんなに早くセミリタイヤしたら、人生つまらないです。急ぐことはないんです。

それから仕事は続けましょうね。






あんたさー

一発退場食らうかもしれないのに

気楽な事言ってるよねえ~





こなつ「・・・」




 


A級戦犯

書こうか書くまいか、迷いましたが、ちょっとだけ書きます。

こなつはA級戦犯という言葉が嫌いです。東京裁判は勝者が敗者を裁くという、極めて不公平な裁判であり、日本側の証人や証拠はことごとく退けられ、戦勝国側の証人や証拠は信憑性の疑わしいものもほとんど採用されました。戦勝国側の判事からも裁判の正当性が疑問視され、インドのパール判事は全員無罪と主張しています
 
 A級戦犯とされた人の罪状って何でしょうか?戦争行為そのものを糾弾するなら、アメリカが日本に行った無差別爆撃や原爆投下も同罪だと思います。

 裁判では、戦争責任者の罪状がみつからなかったので、「人道と平和に反する罪」という罪状を作って、過去にさかのぼって適用(事後法が違法なのは当然)したんです。

 だからいまだに日本人がA級戦犯という言葉を使う事に違和感を感じます。

東京裁判という言葉を、東京報復という言葉に置き換えて欲しいです。

*この件につきましては、討論する気はありません。馬鹿犬はこう思っている
 んだ程度に受け止めてください。ここは投資ブログですから・・・。
 
 ああ、すっきりしたワン♪

追加

 丸誠が連日下げいるので、IRを調べて見たら管轄病院が医療事故を起こして患者が死亡していたんですね。IRに電話して聞いてみたところ、酸素吸入機器に十分な酸素が入っていなくて、酸素供給不足で死亡したとの事。この酸素を補充するのは、酸素会社の責任であり、丸誠に非はないであろうとのことでした。
 星医療酸器だったら大変だあとおもい、すかさず納入業者を聞いてみたら、知らない業者でした。こういう医療事故があると、病院も信頼ある業者に頼むことになるだろうし、やはり業界NO.1の星医療酸器ですね(注意ポジショントーク(笑))。

 丸誠買い増しです。

追加2

 最近アインファーマシーがキャインファーマシーになってますね(笑)。




長期投資の極意

昨日、御主人様と一緒に動物病院へ行ってきました。ワクチン接種とお腹のベイビーちゃんの発育診断ですワン。イヤーン♪

 妊婦のごとく、お腹にゼリーを塗られエコーをかけました。さあベイビーちゃん、ご対面~、あれ?何も映っていません・・・。

医師「妊娠してないみたいですね」
御主人様「良かった~」

 よくないワン(怒)!

 ひょっとして想像妊娠?!キャイーン(涙)!!!
 


さて株の話です。

 素人がスイングトレードで結構儲かってしまう今の相場を、みなさんはどうみますか?相場とはそういうものだと思いますか?バリュー株なら短期でも良く上がるのが当然と思いますか?

 実はそのことをずっと考えていましたワン。スイングトレードで大きく儲けることが出来るのは、相場全体が上昇トレンドだからです。全部上がっているわけだから、大きく上げたらさっさと売却して、出遅れている株へ投資すれば、まもなく上がりますから、実に効率が良いです。
 ところが相場全体が調整又は停滞している時、相場に関係なく上昇していく株は、そんなにたくさんないと思います。それを薄利で売却してしまえば、次に上がる株なんて簡単に見つかりません。ここがスイングトレードの限界点、そしてバリュー投資法のみが素人が実践出来る唯一の方法だと思います。

 そして投資有段者になったら、成長株投資を実践しましょう。それまではグレアムグレアム・・・。

成長株投資になると、マクロ的な視点が重要になってきますね。どのセクターが伸びるか?DAIBOUCHOUさんがいち早く不動産株に目をつけたのも卓見でしょうし、稲虎様が調剤薬局に注目しているのも卓見です。銘柄を見る前に、マクロ的な視点をもって、各セクターの分析をする必要があるみたいですワン。

 勝手に師匠と思っているDriftR32さんのマクロ的視点を見てそう思いました。

 さて、まだまだ投資家序の口のこなつですが、stareyesさんから長期投資の極意を伝授してもらいました。








        その極意とは?
























       その極意とは?  














 




    面倒くさいって思うことです。        










 最近こなつは、四半期決算を見るのが面倒くさくなってきました。インパクト21の決算が出てますが、まだ見ていません。






    だって、商売良いときもあるし、悪いときもあるのだから








     それを決算で一喜一憂するは馬鹿みたい







    それに調べるのも面倒くさいんですワン♪




 インパクト21には、商売上手なオンワード樫山とラルフローレンブランドがついています。安売りしなくちゃ売れないようになって、利益率が大幅に落ちるようなら売りますが、こんな優良会社売るもんですか。



         










 



 


帰ってきました

 ディズニーランドへ行って来ましたワン♪犬は入園出来ないということなので、変装して入園しました。トレンチコートに帽子とサングラスといういつもの変装で二足歩行で行ったのですが、ディズニーのキャラクターに間違えられて、一緒に写真に入ってくださいだの、サインくださいだの、大変でしたワン。サインなんかしたことないものだからとりあえず

 買い付けは2回に分けて買う

        こなつ
 

と書いたら、「何を買うんですか?」と怪訝そうな顔されました。キャイーン(涙)!!!

 ディズニーファンを振り切って、ファストパスを取りに行く途中、今度は後ろから声をかけられましたワン。

「あの、ひょっとしてバリュー投資のこなつさんですか?」
「え?、はいそうですが・・・」(何でわかるの?)
「毎日馬鹿書いているんですよね。ははは。ウンコかましてます?」
「さっきカマしたら、ご主人様より早く掃除の人に片づけられましたワン」
「いやあ、ほんとに犬なんですね~。私はてっきりご主人様が犬になりきっ
 て書いているものだと思ってました。いやあほんとに犬なんだ~。犬踊り
 やってくださいよ」
「出来ません」
「ウンコかましてください」
「・・・」
「RIONちゃんって、ほんとはお父さんが書いているんじゃないですか?」
「知りません」
「ツワリは大丈夫ですか?」
「イヤ~ン♪」
「ヒルコさんのトマトのヘタヘアーはどうなったんですか?」


 そんなこと知りませんよ、とりあえず逃げましたワン。カクテルパーティも最終段階のようです。

 雨の中、大勢の人でした~。レストランが90分待ちで、雨の中なのにテラス席まで人が座ってました。足下を見ると、みなさんずぶ濡れです。若者はジーパンの裾引きずってますからひどいものです。
 こなつはトレッキングシューズを履いていきましたから、万全でした。

 アトラクションでは大好きなカントリーベアーが、ニューバージョンになっていたのでうれしかったです。ジャズバージョンなんかあったら感激ですが、やってもらえないでしょうか?

 話はかわりますが、30万アクセス達成しました。こんな腐れブログにご来訪頂きました方々に、厚く御礼申し上げます。今後ともよろしくお願いします。



ディズニーランドへ行ってきます

突然ですがディズニーランドへ行ってきますワン

広い園内走り回るワン

え?犬は入園禁止?

キャイーン(涙)!!


ナック

 秘密銘柄バレちゃいましたワン。まあ月末に公開するはずだったのですが、公開しちゃいます。

 ナックという会社です。ダスキンの代理店です。この会社面白いんですよ~。

ダスキンの代理店なんですが、工務店の経営コンサルティングもしているんですよ。ダスキンがなんで経営コンサルティング?って思ってIRに聞いてみたら、もともと社長が建築に興味があったんですって。でもノウハウをどう手に入れたのかイマイチわからないのです。
 今現在販売している繁盛ノウハウ「グランピアシステム」は、埼玉で大変繁盛している工務店にナックがノウハウ販売を持ちかけて、その工務店の協力をもとに作り上げたシステムなんですって。このノウハウを500万円で販売しています。

 今までこの2本柱で収益を上げてきたのですが、新規に事業を立ち上げました。ボトルウォーター事業と戸建て住宅事業です。

ボトルウォーター事業は、サーバーを無料貸し出しして、水のみを販売しています。1リットル100円位を、ダスキンのように定期的に訪問販売します。この水、こなつは偶然旅先で飲んだ事があるんですが、旨かったです。あまり旨かったものだから(まあ風呂上がりでしたが・・・)、記憶に残っていて、ナックのHPでサーバーの写真を見て、驚いてひっくり返りました。

 さて本命の戸建て住宅事業ですが、全部注文住宅で、建て売りはしていません。だから不良在庫リスクがないのが良いとおもいました。それから単純に考えて、「経営コンサルタントが自ら住宅事業を始めたのだから、繁盛しないわけない。繁盛しなければ経営コンサルタントやる資格がない」と思いました。繁盛ノウハウの実践ですね。

 西日本で注文住宅で成功したタマホームと業務提携して西日本を拠点に住宅事業を始めたのでした。ロイヤリティをタマホームに払っているそうですが、フランチャイズではないと言い張ってます。何ソレ?

 ここでまた面白い話なんですが、そもそもタマホームはナックの指導を受けて、大きく伸びた企業なんですって。つまり経営コンサルタントの顧客だったわけ。面白くないですか?この会社調べるほどに、何ソレ?の連続ですワン

 あまりに面白かったので、書きたくて仕方がなかったので、やっぱり書いちゃいました(笑)。

 ちなみに今の株価はこなつの計算では適正価格です。割安感も安全域もありません。成長株ですので、投資を考える場合は十分リスクを考えてください。こなつ自身、今回はロスカットラインを設定しようと思ってます。


 ただ、犬の直感なんですが、会社のバイタリティを強く感じます。会社の強みは何ですか?とIRに聞いて見たところ「営業力です」と即答でした。

 汗を感じる会社であり、ダスキンの代理店だけでは満足できない会社なんです。なんだか一緒に夢見たくなった次第ですワン。

 成長株なら定性面で折り紙付なアインファーマシーが只今大バーゲンセールですので、そちらを薦めますワン。




 


秘密銘柄について

タワーが大量株所有報告書で、ヤギを大幅に買ってきたのを、持ち株のヤギコーポレーションだと勘違いして、一晩中犬踊りしてましたワン。
芋焼酎の飲み過ぎです(笑)。

 こなつはKAPPAさんのPFの中に、日本化学産業を見つけられなかったですワン。化学に興味なかったからです。興味ないと見えなくなるんです。KAPPAさんは、全銘柄を公開しています。こなつごときが、銘柄を隠す必要があるのか?公開しないことが果たしてマイナー銘柄でいるために必要なのか?考えていますワン。

 そこで非公開にすることをやめます。ブログで買い付け理由を書かなければ良いんだワン。ひっそり買って、こっそりPFに載せる。この線で行くことにしました。

 10月のPF公開には載せますワン。期待する人もあまりいないと思いますが(笑)。


丸誠買いました。

先日奥様ファンドで丸誠を買ったのですが、丸誠は急落してます。ここは犬踊りしながら、こなつファンドに組み入れることにしました。

 実はずっと日本空調サービスを買おうか検討していました。ビルメンテナンスの同業者比較もしてみたのですが、日本空調サービスのほうが丸誠にくらべてPERが低く、営業利益率も高いのです。周りが丸誠に注目している時に、日本空調サービスに目を付けるなんて、なんて渋い犬だと自画自賛していたのですが、ここは財務が少し弱いんです。そこだけがウイークポイント。

 一方丸誠の財務は盤石です。こなつの大好きな1株当たりのキャッシュも豊富で、真のPER比較では丸誠かなあ・・・。やっぱり丸誠のほうが安いですワン。

 とにかく現金同等物ー総負債>0というのはポイント高いです。


いろいろな投資法

村上さんが記者会見しているのを見て、こなつは思いました。

おお、村上さんが焦ってる焦ってる。阪神ファンを敵に回した重大性に気がついたんだワン。きっと脅迫電話が凄くて、大阪の街も歩けなくなったんだろうな。阪神タイガースは神聖にして、犯すべからず。たとえ資本の論理がまかり通っても、阪神タイガースにファンがいるかぎり、村上さんは手が出せませんワン。おそるべし阪神タイガース。

 村上さんの、あの泡喰った顔が忘れられません。ははは。

 さて投資法について少し考えて見ます。

 まず最初にこなつが唸ったのは、SGターゲットジャパンのように、増配インパクトを重視する投資。増配しそうなところを調べあげ投資し、増配によるインパクトによって株価上昇を狙う作戦。問題は、調査力ですワン。
かなり良いリターンが期待できます。

 次は小売りの月次を丹念に調べ上げ、業績上方修正を察知して、早めに仕込む方法。これは根気がいる作業で、沢山の銘柄を調べあげなければなりませんが、そういった作業をしない投資家が多いのと、マーケットは好材料に過剰反応しますので、これもかなり有効ですワン。dsan2000さんの調査力には頭が下がります(尊敬)。

 それから資産株の徹底した買い下がり作戦。これは強靱な精神力が必要です。どんなに苦しくても、パクパクと買い下がります(笑)。そう、石川さんのように、いろいろな情報に惑わされないで、徹底的に投資方針を貫く姿は、まさに投資家の鏡だと思いますワン。

 そしてボロ株投資。赤字が3年続けば買いとリンチも言っているように、復配インパクトも凄いリターンを産むと思います。なにより悪材料に反応せず、好材料にのみ反応するというのは、ある意味リスクが少ないと思います。ただ銘柄選定が難しいですワン。倒産するかもしれませんし。

 また少し似ていますが、景気循環株が業績悪化したものを狙うのも良いですワン。こっちのほうがより安心ですね。東証一部の一流企業(ハイテクが景気循環株だと思います)が赤字を出している時に、拾って4,5年待つ。ソニーやパイオニアを買って、じっと待っていれば、いつかは回復するっしょ(いかん、口癖になってしまったワン)。

 それから成長株投資。フージャースのような完璧な成長企業に集中投資。企業は自力でPERを引き下げますから、株価は自然に上がります。こんな企業を自力で見つけるのは、ほとんど不可能なので、フージャースに投資しないては無いと思います。とても魅力的な株だと認識しています。
 
 最後にバリュー投資。バリューな株を買って、長期保有。四半期決算なんか見ません。10年単位で見ています。買った株すら忘れてしまう超人的視野が必要です。そう竹田和平さんやstareyesさんの視点ですね。

いろいろな投資法がありますが、10年後どの投資法が勝つのか興味ありますね。










銘柄の認知度

みなさん、NHK放送の「ハルとナツ」みましたか?
こなつは泣けて泣けて、3回は大泣きしましたワン。ブラジル移民の人って随分苦労したんですね。そして日本人の底力を感じました。今の若者を移民したら、全員玉砕すると思います。

日本人よ、勤勉であれ。日本人よ、日本人としての誇りをもたんかい。

 などと犬(ペット)が生意気な事を言ってますワン。キャイーン(涙)



お気に入りに新たに「医師が株式投資の心理学をまったりと語るブログ」くわえました。上げ相場の心理学とテーマ株の心理学が特に面白かったですワン。
http://mental-invest.seesaa.net/article/7718950.html
http://mental-invest.seesaa.net/article/7613158.html

 割安株は見捨てられているので、評価自体されていないっていう考察は面白いです。

それから、見捨てられた株が一旦注目を浴び急騰すると、認知度が高まるので、下落してもファンダメンタルズを意識した買いが入るので、以前より高値で取引されるそうです。

 富士変速機がそうですよね~。稲虎様が投資して注目が集まり、その後訳のわからない急騰をした後、値を下げましたが、現在底値290円は固いです。300円を遙かに超えた急騰を目の当たりにしているので、300円を割りこむと安いなあと考えてしまいますワン。

 こなつも290円で安いと思い買ったのですが、改めて理論株価を計算してみると、はて?そんなに安いかな?という結論になり、一旦手放しました。ファンダメンタルズが改善していますし、将来的に有望と思うのですが、現状でバリューだと確信があるから、日々の値動きを気にせずホールドできるのであって、ちょっとでも疑問に思うのであれば、ホールドは精神衛生上良くありません。

 星医療酸器も訳のわからない急騰があって、その後反動で大きく値を下げましたが、現在は急騰前より高値で落ち着いています。認知度が上がったのですね。

 じゃあ、一旦ボックスを離れて600円台を記録した藤井産業は、なんでまた元の価格におちるの?ガル~。

認知度全然上がってないじゃん。 

認知度といえば、プロトコーポレーションの「GOO」は、CMもやっているし、とにかく認知度抜群のはずなのに、割安なのが不思議でした。

 こういったケースでは、なにか将来的な不安要素が株価に織り込まれているのかもしれませんね。


追加

 タナベ経営がここのところずっと軟調です。一時1000円を超えたのが嘘のようです。短期的には1000円超えで売りが正解だったようですワン。しかしこなつは最近タナベ経営に関して、値動きが気にならなくなってきています。株式価値は1200円付近であるし、高配当を受け取れなくなるのも寂しいですし、なにより

 そのうち上がるっしょ!(いかん、ドラマの見過ぎだワン)

 という気持ちでいます。長期投資の本質に少し近づけたようです。


嘔吐

 こなつは昨日食べたものを全部吐いてしまいましたワン。奥様が大変心配して、病院だ病院だと大騒ぎ。ご主人様が一日様子を見ようって、珍しく冷静な判断。

 大丈夫だって

 だってこれは、ツワリなんだワン

 ウッフ~ン♪


 しかし腹が減る減る。散歩行っても、雑草でも何でも拾って喰うものだから、ご主人様に怒鳴られっぱなし。ほんとに何か悪いものでも喰ったのかな・・・

 


投信で億万長者になる方法

オニールの成長株発掘法の中に、興味深いものがありました。

ミューチュアルファンド(投資信託)を使って、簡単に億万長者になる方法が書かれていますが、面白いところだけ抜粋しますワン。

 投資信託はグロース型の成績の良いものを買うことが前提で、次のように言ってます。
1.ファンド購入のタイミング

 常に最適な購入時期は「今」だ。完璧なタイミングを計ることは不可能であり価格は待っている間に上がってしまうものである。


 これは成長株はいつ買っても同じっていうのと似てますね。澤上ファンドも購入時期はいつでも同じであり、早いほうが良いと言ってます。電話で社員に聞いてみたら、そうは言ってなかったけど・・・(笑)

2。運用に際して

 通常と異なった戦略を取るべきだ。数多くの景気循環をやり過ごす覚悟があるのならば弱気相場が来るたびに、投資額を増やすことが得策。ファンドを買う際には、自分はこれから訪れる3,4回の弱気相場、つまり景気後退を積極的に耐え抜くのだという覚悟を最初にすべきである。


 こなつは澤上ファンドとSGターゲットジャパンを買ってますが、正直言ってここまでの覚悟は出来ていませんでした。5年ぐらい保有して売却すれば、利益は確保出来るのでは?そんな感じでした。ちょっとショックですワン。

 長期投資の本質を突いていますワン。勉強勉強。

3.ファンド投資家が犯す5大ミス

 1.最低限必要な10~15年、じっと待てないこと。
 2.ミューチュアルファンドの運用手数料や銘柄入れ替え率、分配金を
   心配すること
 3.長期保有するつもりなのに、株式市場のニュースに一喜一憂すること
 4.株式市場が悪化するとすぐ売ること 
 5.短気ですぐ自信喪失すること


 耳が痛いです。最低10年~15年っていうスタンスでいれば、直近の決算なんて関係ないし、売りたたかれても関係ないですね。銘柄選定を行う場合、この会社の事業は、10年後も必要とされるかどうかの一点だけだと思います。

 澤上ファンドは5年後を目安にしてますから、オニールさんはその上を行ってます。



 




賢明なる投資家

最近食欲が凄んだワン♪。散歩の後、ドックフードを1皿ペロリと食べてしまいます。普段は目の前にお皿を置かれても、知らん顔しているので、御主人様も驚いています。

 みなさん、なんでだかわかります?

それは
 
お腹に赤ちゃんがいるかもしれないからだワン♪

ウッフ~ン♪


 私の彼は、野良犬。一夜限りの過ち。キャイーン

 奥様が号泣されています・・・哀れ


さてオニールの成長株発掘法の話をします。

 この本には、テクニカル投資のエッセンスが濃縮されていますワン。特に凄いのは、投資で大切なのは、相場が天井を打ったのかどうかの判断だそうです。これだけの判断で相場の50%が決まるそうです。

 相場が天井を打ったかどうかの考察が凄く、いろいろな兆候を指摘してます。そして繰り返し、割安株投資を批判しています(怒)。

 成長株投資こそ素晴らしいって言って居るんですが、成長株投資においては、リスク管理が最重要で、含み損8%での損切りを推奨しています。良い株に投資するなら、8%以上下落することは無いそうです。

 とにかく知っておいて損はないエッセンスが満載でどのページも目が離せないのですが、バリュー投資をするにおいて、毒にもなるので、読むのをやめました。

 テクニカル投資をする人には、バイブルになると思います。

割安株を批判されてもめげません。こなつは
 
 誰がなんと言っても

 バリュー投資

 だって、それが賢明なる投資家なんだもん!

キャイーン(涙)!!!






オタクとマニア

野村総研がオタクの分析をやってます。
http://www.nri.co.jp/news/2005/051006_1.html

 オタクって日本の文化だと思いますワン♪。日本のアニメが圧倒的に品質が良いのは、アニメオタクの影響によるところが大だと思ってます。消費者の要求が強い分、企業はそれに応える為に、より高品質なものを作ります。

日本のオーディオ製品がだめなのは、オーディオマニアが少ないからです。全体的な消費者がレベルが高くないので、良い製品が生まれません。ヨーロッパ製品が高品質なのは、消費者の耳が肥えているからですワン。

 我らが御主人様はオーディオマニアですが、今風に言えばオーディオオタク。本人はオタクではないって言い張りますが、やっぱりオタクですね~。

だってアンプとCDプレイヤーの電源ケーブルを、これ使ってるんですよ~
CSPL
 CSSC-L 12600円

 みなさん、電源ケーブルで音が変るとおもいますか?

 それからスピーカーの下に3個づつこのインシュレーターを使ってます

WB-S

 WOODBOY 1個2000円。

 DVDの下にも3個使ってます。計9個で18000円

 ついでにアンプとCDプレイヤーの下にはWOODBOYを一回り大きくした以下のものを使ってます。

WB-KM

 WOODBOY KM 1個4000円 計6個で24000円。

 ほとんどお馬鹿です。オタクと言われても反論できないよね~。


 さて株の話です。内田さんの日記に、自分の過去の売買を振り返って、冷静に自己分析しなさいっていう内容が書かれていました。株式投資では銘柄を真似るだけでは、けして勝てない、自分なりの投資法を確立しなくてはだめということです。

 こなつも1年間の売買で反省しきりですが、それを糧に投資法を修正してきています。バリュー投機と割り切って、丸誠を720円位で仕込んで、830円当たりで売却して利益を得ましたが、その後丸誠は上がり続け、こなつは全然嬉しくなかったですワン。むなしかったです。売るときにまだまだ割安だなあって思っていましたが、わけのわからない急騰は売り、とくに丸誠はロックアップ解除もあるし、必ず戻すという目論見でした。

 この時の経験は星医療酸器の急騰時に、頭をよぎりました。結果はどうであれ、短期売買で上手く立ち回れないなら、じっくりいこうって事にしました。メンタルの問題なんです。丸誠で少し儲けたんだから良しと納得出来る人なら、それでいいんです。

 ちなみに丸誠は奥様ファンドで850円で買い戻しました。長期保有すべき株です。

 
追加

 気になって気になって仕方ない銘柄があるんです。

ニスカです。キヤノンに部品を納めています。以前田舎の父さんが紹介なさってましたが
本日YAHOOファイナンスから

ROE19.3%
ROA9.9%
PER 7.2倍
PBR 1.18倍
配当利回り1.05%

 この数値だけ見ると、くらくら来ますね。業績下方修正してますが、修正値で計算してもPER10倍を切っていると思います。これだけ高収益でありながら滅茶苦茶割安。

 こなつはニスカを見ているとムトー精工を連想してしまいます。ムトー精工はソニーに金型を提供しているので、業績はソニー次第なのですが、ご存じソニーは絶不調で、デジカメの業績ピークアウトと重なって、ニスカよりも売りたたかれています。

 ニスカはキヤノンが相手なのですが、キヤノンも業績に若干陰りが見え、ニスカの株価も冴えません。でも安すぎませんか~?

 カウンターゲームも狙える位置に来ています。

 激安に放置されている理由として考えられることは、やはり市況関連株と見られ業績ピークアウトしたと見なされているのでしょうか?つまり今後数年間は業績回復がないということ。うーん、複写機って市況関連なのかなあ・・・。

  
 












「個人投資家のマル秘投資法」(別冊宝島)

 話題の本「個人投資家のマル秘投資法」(別冊宝島)を買いました。
個人投資家オールスターズといった面々で興味深かったですワン。

 ちょっと感想を書いてみますワン♪

 まずスイングトレード逆張りの鈴木さん。スイングトレードって何?って思う人も多いと思います。こなつも知りませんでした。デイトレは1日で売買を完了してしまう取引ですがスイングトレードは、もう少し長く持ちます。基本的にボックスレンジの底で買って、天井で売ることだそうです。鈴木さんは、良好なファンダメンタルズが株価に反映されていない株を買うそうです。

ん?それってバリュー投機じゃない?

 このスイングトレードって、結構皆さんなさってますよね。バリュー投資と思いながら実はスイングトレードなのかもしれませんよ。何が違うのかというと、バリュー投資はボックス圏で儲けようという発想はないです。あくまで割安な株が割安でなくなるまで気長に待つということですワン。

 まあ、ストレス溜まりますから、気晴らしにスイングトレードも良いかもしれません。ただしバリュー株でやらないと火傷するとおもいます。こなつは、バリュー投機するときは、同一銘柄で長期保有用と短期売買用を持つようにしています。だって売り切った後急騰したら悔しいじゃないですか。

 KENさん、角山さん、しんさん、稲虎様はお馴染みなので割愛して

注目はREDさんですね。まずイラストが素敵。どうみてもパチンコ屋の店員(当たり前だろ!)。パチンコ持ってます。

 REDさんのタワー密着投資について、語られているんですが、一番の利点は、株価下落時のタワーの買い支えが期待できるので、下値リスクが少ないという所ですね。REDさんは損をしないことを最重要視しており、本年度月次全てプラスという実績です。キャッシュポジションを多くとっていながらですので、凄いリターンだと思います。

 間違いなくREDさんは、長期間マーケットに君臨できる人だとおもいましたワン。


 そして成長株の神様DAIBOUCHOUさんの投資法に触れられた点も良かったです。内容的にはokenzumoさんをパクッたもので(冗談ですよ、冗談。許して~)、成長株投資について書かれていました。

現在のPERが40倍でも、2年後の利益ベースでPER10倍なら割安だということです。
 PERを算出するとき、純利益に対する時価総額でやるべきというのは、勉強になりますね。

それから売上げ伸び率と経常利益の伸び率を比べて、経常利益の伸びが高い株を選ぶっていうのは、唸りました。


ガル~









オニールの成長株発掘法

「オニールの成長株発掘法」を読んでいるのですが、これはこれで凄い本ですワン。かなりの部分で納得させられますが、違和感を覚える箇所も多々あります。この人、結局市場効率化論者なんですね。

 PERはあまり意味のある指標ではないっていうんですよ。市場はその時々で、それに見合った評価をするのだから、低PERはそれなりの理由がある。PERより増収率のほうが遙かに優れた指標であるそうです。

 特に相場が天井を打って、下落が始まった頃、PER20倍の株がPER15倍を切ったから、安いと言って買いを入れるのは愚かな行為なんですって。ブラックマンデーでは多くのバリュー投資家が損害を被ったそうですワン。

 確かに低PERにはそれなりの理由があるのは認めます。だから単純に何故低PERなのか考えないで、機械的に低PERの銘柄を取り込むのはちょっと怖いですね。

 対策として以下が考えられますワン。

 低PERは統計的にリターンが高いので、沢山の銘柄に分散投資すれば、低PERのリターンを享受できます。師匠KAPPAさん理論

 でも極端に低PERな株は何か問題があるはずですから、極端に低い株は外します
                          dsan2000さん理論
                         
 なんでこんなに安いの?っていう株はよく調査したほうがいいですね


 オニールさんは、高PERで誰も手が出ない時買い、その魅力に一般の投資家が気がついて買い始めたら、売り時って言ってます。凄いことを言いますワン。


 まあ、投資家の最終的なステージだと思いますので、こなつはPBRから始めます。最近成長株も一部仕込みましたが・・・。


 この本を読んで(まだ読み切ってませんが)感じたのは、バリュー投資は投資法の一部に過ぎないこと、相場が天井を打って下落を始めだしたら、バリュー投資は有効でなくなる可能性があるってところです。

 いつどんなときでも有効なのは成長株投資なのかもしれませんね。







師匠からのコメント

昨日は、勝手に師匠と思っているKAPPAさんから、直々にコメントを頂き、天にも昇る思いでしたワン。ブログをやっていて良かったと心底思いました。
 
 KAPPAさんの名誉の為に、訂正させてもらいますが、KAPPAさんが日本化学産業へ投資なさったのは昨年だそうで、購入価格520円(現在含み益40%)です。こなつはKAPPAさんのPF更新をいつも楽しみにしているのですが、KAPPAさんのPFの中でも、日本化学産業はひときわ地味で、ましてメッキなんて全然興味がなかったこなつは、完全に見落としていました。化学という文字だけで、パスだったんですね。もっともNARUOさんの定性分析を読まなかったら、いまだに興味なかったと思います。

 だってメッキですよメッキ。最高に退屈でしょ?

 三東工業を初めて知った時、滋賀県の土建屋かあ・・・、って拒否反応が出たことを思い出しました。つまらないほど安いんですね。

 だから誰も気がつかない間に仕込むことこそ、大きなリターンが得られるんですよ。naruoさんとこなつが気がついた今、もう40%の割高になってるんですよ(でも今でも安いですけど)。

 しかし日本化学産業520円は激安ですね~。参りました。

 
追加

 星医療酸器の爆上げは何?ビックリしましたワン



追加

 今日はやけにアクセス数が多いのですが、やはり星医療酸器の急騰における、こなつの投資判断を皆様知りたいんでしょうか?

 結果を申しますとホールドです。大口の買いが入ったようで一時的に急騰しましたが、材料もないのでまた元の株価に戻ると思います。こなつは相場勘は悪い方ですので、天井で売り抜けて、戻したところで買い戻すなんてできっこないし、万一買い戻せなかったら、枕抱えてラッコやっちゃうぐらい悔しい思いをするので、売りませんでした。オーナーですからこの会社に愛着も感じてますし。







 とかなんとか言っているけどさー

あんた、急騰場面で売りを入れようか

何度も悩んでいなかったっけ?


 こなつ「・・・」






資産株と成長株

早川さんの心理マネジメントは圧巻です。感激しました。
http://plaza.rakuten.co.jp/keihayakawa/diary/200510020000/

 赤字ポートフォリオの作成っていう発想が凄いですワン。これを実行すれば含み益の恐怖から解放され、じっくり長期投資ができるはずです。ある意味哲学ですね。
 こなつも真似したいと思います。全株塩漬けだワン。


 さてOkenzumoさんのブログで、丁寧なコメントを頂き感激してますが、内容が投資スタンスの根源的問いかけですので、すこしこっちでも取り上げてみたいと思います。

 ちょっとまとめます。

Okenzumoさんは成長株投資の第一人者です。株価=EPS*PERです。PERは人気ですので、どうすることも出来ませんが、EPSは企業が成長を続ける限り増加していきますので、株価は上昇を続けていくというものです。だから成長株こそ、投資の王道であり、長期投資向けであるというものです。まったく同感です。反論の余地もありません。

 それに対して資産株投資は、株価上昇の確たる論拠がありません。出来る限り早くマーケット参加者に気が付いてもらうことが重要であります。そのため自社株買いや増配といったカタリストが重要です。株価上昇は、あくまで人任せの側面があり、どの資産株が脚光を浴びるか選択眼が問われます。まさに相場勘でしょうか?

 ただ統計的に資産株は高リターンであるようで、ならば機械的にたくさんの銘柄に分散投資するのが正論であるような気がします。少数の資産株に集中投資するのは、強力なカタリストがある場合のみでしょう。

 また資産株は永久に資産株であるリスクもあります。こなつも最初、そのことが頭を離れず資産株投資を否定していました。

 そういった意味で、永久に見捨てられる資産株をつかまない為、資産株投資は相場観がものを言うのかもしれません。

 ただし、ここからは哲学なので、何の根拠もありませんが、あえて言います。

資産株は3年以内に見直される可能性が極めて高い。なぜならば相場の神様がそんな安い株を放っておかないからです。キャイーン(涙)!!! 

だからこなつは長期投資と言っても、資産株の場合は3年保有がリミットですワン。

 
 資産株は投機と言われても仕方ないよなあ・・・(爆)


追加
dsan2000さんのブログで紹介あったプロトコーポレーションを買いました。まったくノーマークでした(汗)。定量面でもんくなく割安であり、かつ中古車雑誌はリクルートの「カーセンサー」と並んで人気があるようです。本屋に行ってみたら「GOO」が山積みされており、その存在感に勝負ありと思いました。私なら間違いなくGOOを買います。
 
 現在インターネットへ移行中という過渡期でありますが、上手くすれば中古車情報市場を独占してしまうかもしれないと、馬鹿犬は考えています。


 







 




 




犬踊り10連発~!!!

こなつは、KENさんの「賢明なる投資家への道」へたどり着いて、バリュー投資を知りました。そしてKAPPAさんのHP「EBIの薦め」で具体的な投資基準をしり、その後自分好みに投資基準を変えて現在に至ってますが、今でも中核にあるのは低PER、低EV/EBITDAであるように、KAPPAさんの考え方は生きています。

 これから株式投資を始める人は、まだ明確な自分好みの会社ってないとおもいます。だから最初は、自分の信頼している投資家の保有銘柄の中から、投資銘柄を選定(パクリ)したほうが、安心だと思いますし、こなつもそうしてきました。

 ただ投資というのは、銘柄選定よりその後の投資行動のほうがリターンに影響します。ここから先は哲学を持たないと、多少の業績悪化で有望株を手放したり、ファンダメンタルズの悪化に気がつかないで、ナンピンを繰り返し自滅なんてことになります。

 売買を全てパクることが出来れば、失敗しませんが、そんなことは常人には不可能です。ホッホッホ(▼ー▼)♪ 
 
だから投資法だけでなく、偉人達の哲学も学ぶことが大事だとおもいます。株を買うことはオーナーになるという哲学を持たないと、投資先としての良い会社を見誤ります。
 こなつは最近は、尊敬できる経営者とビジネスをしたいと思うようになりました。


 さて、ながなが引っ張りましたが、ここからが今日の本論です。

 こなつが最初にポートフォリオを組んだ時、KAPPAさんのポートフォリオから多くをパクらせてもらいました。今こなつファンドとかぶっている銘柄はセコム上信越だけです。 セコム上信越は、現在株の売り出しで大きく調整しています。株価的にも大きく上昇して、投資判断を迫られるところです。こなつ的には、セコムにブランド力がある限り(利益率が高い)ホールドと判断しました。

 しかし師匠KAPPAさんはどう判断なさるか興味津々で、PFの更新を心待ちにしてました。結果はホールドです。ちょっと犬踊り。

 そして、もの凄く驚いたんです


 ああ~!!!、日本化学産業をKAPPAさんもお買いになってる~!!!
犬踊り10連発~~~!!!!キャイーン(喜)!!!
 

お騒がせしました。









プロフィール

こなつ

Author:こなつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。