スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株式投資と偏見

株式投資に対する世間の偏見について、論議されてますので、ちょっと便乗しますワン。偏見の一番の原因は、バブル崩壊で大損をした個人投資家の多さではないでしょうか?身近に株で大損した人が多いので、株=危険、博打といったイメージが刷り込まれてしまって、「株に手を出す」って表現になるのだと思います。
 でもバブル絶頂の頃は、何を買っても儲かる状態で、全くの素人が滅茶苦茶な買い方をして(御主人様のご両親もNTTに集中投資で大損)いたものです。その頃は「株に手を出す」なんて言葉は無かったのではないでしょうか?。

 余談ですが、身の破滅したひとに良く使われる言葉が「外車を乗り回す」ですね。
「株に手を出して、外車を乗り回す」なら、もう地獄の底まで落ちるんじゃないでしょうか(笑)? 

奥様のお父様はベンツに21年乗りました。立派な倹約家です。株と外車って、一般的な人には敷居が高いんでしょうね。外車の耐久性を考えれば、そんなに割高だとは思いませんワン。

 それから資本主義社会でありながら、その根本を支える投資の概念を学校で教えないのもいけませんね。特にリスクとリターンで金融商品価格は決まるっていうのを、教えるだけでも、破産者も減るのではないでしょうか?

 先日、酒販組合の年金運用が失敗して、140億円が回収不能になったという報道をみました。イギリスの弁護士の裁判費用を貸し付けるファンドに投資したようで、年率7%近い配当が約束されていました。投資家なら7%と聞いただけで、リスクも高いんだろうなって思います。ハイリスクハイリターンという事を知っていれば、こんなファンドに集中投資しません。年金運用なので、出来るだけ低リスクで運用すべきです。

 
 さて、こなつは株式投資をしている事を人にいいません。理解がある人にしか話しません。偏見に満ちた目で見られるだけですから・・・。遠い友人から久しぶりにメールが来たので、最近株式投資をやっているって返事を書いたら、音信不通になりました。正義感の強い純粋真っ直ぐ君なので、こなつが堕落しているとおもったのでしょう(哀)。

 こういった世間の偏見を払拭するには、バリュー投資家の皆さんが成功することが一番です。
 
セミリタイヤした暁には、宮古島東急リゾートでオフ会しましょうね♪ 
 






 
 


スポンサーサイト

会計ビックバン以前

ビアガーデンに行ってきました。8月いっぱいで終了だそうで、確かに屋上に吹く風はもう秋ですワン。日が短くなりましたねえ~。
 犬が2足歩行でジョッキを持って、ビールのおかわりに行くと、アルバイト店員は、大抵腰を抜かしますが、2度、3度いくうちにすっかりうち解けて、世間話なんかしたりしますワン。勝手に抜け出して、飼い主の人が心配しませんか?って聞かれましたが、あの間抜けなご主人が、気が付くはず無いワン。今回もお金は持っていないので、日本プロセスの配当を使わせてもらいました。今のところ配当を再投資してませんワン。

 つまみが揚げ物ばかりで、ここも景気悪そうでした。ちなみに女性2000円、男性2800円です。男女平等をうたいながら、この差別はなに?御主人様の奥様は大酒飲みですが、それでも2000円ってわけですよ~。

 ちなみに犬は性別を問わず2800円です(怒)。

さて投資の話ですが、財務会計の理解を深める本に、会計ビックバン以前の日本の会計の事が書いてありました。連結財務諸表もないし、キャッシュフロー報告書もなかったんですね。これじゃ

 いくらでも会計操作できるじゃない!。 

ビックバン以前の投資家は何を調べて、投資していたのか不思議でなりません。こなつなら、怖くて投資出来なかったと思います。


さて図書館でまた本を借りてきました。マッキンゼーの企業価値評価という分厚い本です。とうとう本丸に来たぞって感じです。パラパラとめくって見ましたが、とりあえず拒否反応は出ていません。というより、思ったほど難解ではないって印象をうけました。

 応用出来そうなものは、どんどん取り入れて行きたいとおもいますワン。


追加

 逆指し値1950円で売りに出しているカッパクリエイトが只今2050円。もうすぐ損切りラインにタッチです。よくまあ下げたものです。
 さあ、もう少しで解放されます。がんばってタッチしてね。反発しないでね~(涙)。


三東工業決算

 資産株として一世風靡した三東工業の決算がでました。

売上高 ▲1.3%
営業利益 ▲78.4%
経常利益▲74.3%
当期純利益▲83.7%

 減収減益です。言葉も出ません・・・。来期予想はさらに悪く赤字転落(▲3000万円)です。キャイーン(涙)!

 詳細は省略しますが、

精算価値から導き出される理論株価 245円でした。
EV/EBITDA 0.1と相変わらず資産株としての魅力は継続中ですが、業績が回復しない限り、資産を食いつぶすだけですから、投資は断念します。長期的な視野で1、2年の業績不振を笑い飛ばせる器量があれば、それはそれで凄いですし、いつまでも赤字が続くとは思えませんので、ホールドでもきっと成功するでしょう。 

ある意味そういったタフな投資にあこがれますワン。


 しかし、三東工業の業績転換期を的確に指摘したヒルコさんには脱帽します。

 こなつの今もっとも好ましい会社は、キャッシュリッチで資本政策がよく業績が上向きの会社です。三東工業から藤井産業へ乗り換えたのは、まさにその視点でした。まあ全然パフォーマンスに貢献してませんが(笑)。

 精算価値が時価総額を上回る株の場合は、業績が減収傾向にあってもよしとしています。ただ赤字で資産を食いつぶす場合はダメです。減収傾向でもキャッシュが積み上がってくる会社なら、株式価値は上がり続けるでしょうから。

 ただキャッシュリッチな会社は、資産を効率的に使えないダメ会社だっていう批判は甘んじて受けます。しかし不確かな経済見通しの現在では

 裏切らないのはゼニでっせ!キャイーン(涙)!!


一刻者

芋焼酎でお気に入りができましたワン。これをこなつ芋焼酎1号とします。

「一刻者(いっこもん)」鹿児島芋焼酎 一升2500円位。

 芋にこだわった、プレミアついてもいいんじゃないかと思える
焼酎です。でも何故かセブンイレブンで売ってますね。キャイーン!

いい焼酎ですワン。お薦めします。まあ、好みにもよりますが・・・。


 さて投資関連では、角山さんがSGターゲットジャパンを取り上げてくれました。こなつは澤上ファンドとSGターゲットジャパンを持っているんですが、購入以来、澤上ファンドのほうがリターンがいいと感じていましたが、ここ最近では確かに澤上ファンドのほうがリターンが良かったんですね。

 だからSGターゲットジャパンはたいしたこと無いから売ってしまおうななどと馬鹿な考えがよぎっていたんですが、長期でみるとぶっちぎりですね。角山さん、グラフ有り難う御座いました。こなつが馬鹿でした。

やっぱり近視眼的な視野では、大きなリターンが得られないですね。

 SGも買い増そうか考えています。ただこっちはこなつファンドのヘッジに
なっておらず、浮き沈みもだいたい一緒ですワン。


追加

 5年ぐらいのスパンで見ると抜群のパフォーマンスを誇るSGターゲッ
トジャパンも、3ヶ月ぐらいのスパンでみればパフォーマンスが低いと
いうのは、いかに長期的視野が大事か思い知らされました。
 短期的にはTOPIXが圧勝しています。しかし長期的には、SGファンド
がぶっちぎります。角山さんブログ参照。

 年初来のパフォーマンスがぱっとしなくて、物足りなく感じている人も
長期的にはぶっちぎる可能性もあるわけだし、年初来ぶっちぎっている
人も、長期的に低迷する可能性もあるわけです。
 
 短期のパフォーマンスに浮かれず奢らず、はたまた落胆せず
自分の投資法を確立していきましょうね。





投資と哲学

こなつは、投資には哲学が必要だと感じています。どんな哲学か・・・。

 絶対に必要な哲学とは、そう、みなさんご存じの

「株式投資とは、株券の割合に応じた会社オーナーになる事」 

だと思います。

 この概念なくして、株式投資は語れないですワン。みなさん、スタートは
一緒だと思います。ここから先は、みなさんの考え方の進化の先にあるわけ
ですが、値上がりした株を高利回りの定期だと考えて、こんな素晴らしい定期
を手放すものかっていうのも、卓見ですし、2倍になって半分売れば、投資金額
は回収済みと言うことで、後の利益はリスクゼロの丸儲けっていうのも卓見だと
思います。そして究極は、竹田和平さんの旦那道、企業の応援団になる、でしょうね。

応援団なのですから、株価が低迷したぐらいで売りません。低迷したときこそ
企業を励まします。株価が低迷したときこそ買い支えます。応援団という気持ちが、
何の抵抗もなく合理的な行動をさせるんですね。もう悟りの世界。
そして竹田和平さんは、巨万の富を築きました。
しかもまったくストレスを感じずに。 

四谷さんの「迷ったら半分売れば、その後株価が上がっても下がっても
       どちらにしてもストレスを感じない


 哲学ですね~。

最終的には哲学をもっているかいないかが分かれ道になるような気がします。



 さて中身がないので、精神論ばかり垂れ流すこなつ日記ですが、たまには
学術的な話もしなくちゃいけませんワン。無理矢理やります。キャイーン(涙)  

デュポン式ROEというのがありますワン。株価上昇のメカニズム解析です。


株価=PER(株価収益率)*EPS(1株利益)

ですので株価を上げるにはEPSを上げればいいんです。

EPS=PBR*ROE

ですので、EPSを上げるにはPBRを上げるかROEを上げればいいんです。

ROE=売上高純利益率*総資産移回転率*財務レバレッジ寄与率

ですので(少々くどい・・・)ROEを上げるには上記の3つの指標を上げればいいんです。
 高ROEこそ株価上昇の鍵という事ですワン。

もっとROEを意識しなくちゃいけませんね~(てめえはROEは重視してねえんだろ!)。

 そこで高ROEを維持するために、財務レバレッジ、売上高純利益率、総資産回転率
が影響するので、その微妙な変化を見逃さず注意しろっていうことだと、こなつは
解釈しています。

 いろいろ考えましたが、それでも売上げ増が一番じゃないかな。

そんなの誰だったわかるわい!

ごめんなさい。キャイーン(涙)! 


まあ、冗談はさておき、総資産回転率はほとんど見ていなかったので
少し気にしてみることにします。








株売り出し(セコム上信越)

 セコム上信越が株の売り出しを発表しました。株の流動化を良くする事が
目的なようです。1部上場を狙っているのでしょうか?

 セキュリティ産業は、今後も堅調に伸びていくと思っていますワン。
新規参入もあり、価格競争も熾烈になっているようですが、セコム上信越
が未だに、高い利益率を保っていられるのは、セコムブランドによるところ
が大きいと思ってます。

 以前SHOEIのヘルメットを買う理由として、命を守るものだから
ドンキホーテで3800円のヘルメットを買いたくないって書きました。
 命を守るものだから、中古のヘルメットを買う人もいません。

 セコムも同じで、ホームセキュリティにおいては、家族の命と財産を
守るものなので、信頼できる会社を選びたい
。契約料が安いからと言った
理由で後発会社に乗換えたくないっていう論理が成り立つと思います。

 まさにブランド力です。まだまだホームセキュリティの事業規模は
小さいですが、今後確実に伸びていくと思ってますワン。

 オール電化住宅が当たり前になったように、ホームセキュリティが
当たり前になる日も、そう遠くないかもしれません(少し怖い・・・)。




夫婦喧嘩

 昨日、御主人様と奥様は大喧嘩しました。夫婦喧嘩は犬も食わない
って言いますが、こなつの所にも聞こえてるんだよ~。うるさくて迷惑だワン。

喧嘩の内容が馬鹿げてる・・・。

「俺の事を間抜けって言うな!(怒)」
「間抜けに間抜けって言って何が悪い!!(怒)」
「夫婦でも言って良いことと悪い事がある(怒)」
「あんたは何ひとつちゃんと出来ないじゃない!!!(怒怒怒)」

 まあ、なんですな。奥様の言うこともわかるし、ご主人様の言うことも
わかるワン。こなつはとりあえず、ご主人様って読んでいるけど、家族順位
はご主人様が一番下。奥様が断然一番だワン。そんなこと誰が見たってわかる
ワン。

 奥様は働きもので、なんでもきちんとする方ですが、ご主人さまは
なにをやってもいい加減。あれじゃ奥様呆れるワン。

 でも奥様もご主人様に向かって「この間抜け!」は、ないよね~。

 あまりの剣幕に、お子様達は震えていました・・・。

 まあ、お互い健康だから喧嘩できるんですね。思い切りやってください。



 さて阿呆な夫婦喧嘩は置いておいて、投資の話です。


 最近、個人ブログを始められる方が急増しているようです。こなつも
巡回していますが、みなさん、大変勉強されていて、成績も抜群です。
 
 ただ手法は同じでも、哲学をもっている方とそうでない方がいて
長期で勝ち続けるには、哲学を持たなければならないなと感じています。

 具体的にいうと、いかに株価に翻弄されないかに尽きると思います。

四半期決算の過剰反応を利用する、リターン追求は、投資の本道では
ないと思います。

 こなつは、長期的視野を持った人をみると、唸ります。その視野が
長ければ長いほど凄みを感じます。そしてその行き着くさきに

竹田和平さんが待っているんです。キャイーン(涙)! 


追加

 富士変速機を少しだけ買いました。流動性が低いので
ゆっくりじっくり集めたいと思います。


 




 



親切なIR担当者

こなつは株式投資は初心者なので、基本的な事でわかっていないことが
多いですワン。昨日書いた確定1株利益の話が良い例ですが、さりとて
犬は犬なりに忙しいので、わからない事に遭遇したときに調べる事に
しています。全部わかってから投資したんじゃ間に合いませんワン♪。

 昨日ゼネパカのIRへ、1株利益が四季報と会社予想と違うのは何故?
と質問しました。瞬時に回答をもらえたのですが、夜9時近くになって、
2通目のメールがきました。

 IRのおっちゃん、帰宅してから、朝のメールを思い出して
調べてくれたんでしょうね。きっと晩酌前だワン(涙)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本日朝、ご回答をさせて頂きましたが、
四季報の件で、追加でお知らせさせて頂きます。
(既に、ご存知かもしれませんが・・)
四季報(本版)の最初のページの方に、
「会社四季報の見方・使い方」の中で、
1株益の算出方法が記載されていますので、
ご参考として下さい。
実績値は、役員賞与を差し引いた決算短信発表の
数値で算出され、予想値は、役員賞与を差し引かず
に算出しているとのことです。

ですから、過去実績値に対するEPS(1株益)は確定値で、
会社発表と同じと考えます。
ヤフー等も、前期実績値の1株益が表示されています。
各社の記載・表示方法については、用語説明等を見て
みると、各指標の算出方法に微妙な違いがある様に、
感じています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 こんな初歩の初歩、そのくらい自分で調べろよって言いたい
のに、この誠実な対応。

ここまで親切なIR担当者はいません。決算発表後には
頼んでもいないのに説明資料を送ってくれます。


おまけに

株価低迷を謝罪していました。キャイーン(涙)!!!

 株価冴えないけど、ゼネラルパッカー万歳!


追加

大型株相場で新興市場はさっぱりのようですが、ここ2,3年は
たまたま新興市場が強かったんじゃないかと思うと、凄く怖いです。
 新興市場はドル箱とう認識をみなさんお持ちだと思うのですが、それ
とて、ここ近年の事と言われると、ぐうの音も出ません。

 PFに値動きの少ない大型株を入れておくのはリスクヘッジの観点から
大事なのですが、こなつは唯一の大型株武田薬品工業を手放してしまいました。
小株ばかりのPFです。キャイーン(涙)!

 ところが大丈夫なんです。

澤上ファンドが絶好調なんです!キャイーン(喜)!!





確定1株利益は何処に?

 こなつは、PERはYAHOOファイナンスから拾ったり、四季報から直接
拾ったりして、割安度を測っていますが、妙な事に気が付きました。

 ゼネパカの今期決算は、会社予想(下方修正値)で1株利益が27.14円。
ところが四季報では、売上げ、経常利益、純利益とも下方修正値を使って
いるにも関わらず、1株33.4円と違います。

 何で~?

 早速ゼネパカにメールで伺った所、瞬時に回答をもらいました。
ここのIRは、迅速丁寧&親切ですワン。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  数年前より、会計基準が変更となりまして、
決算短信等に記載する1株当りの数値につきましては、
(純利益-役員賞与)/期中平均株式数の算出となっています。
役員賞与を支払った後、純粋に株主に帰属する利益を表す
ための主旨です。
役員賞与については、株主総会の利益処分案の承認を前提と
していますので、予想時の賞与予算値となります。
役員賞与については、決算数値を見て、最終的に決定する
ため、予想値と異なる場合もあります。

これに対して、四季報等の市場情報(各株式関連サイト他)は、
従来通り(会計基準変更前)、純利益を単純に発行株式数で
割った数字で、算出されています。
この方が、過去推移との比較が解りやすいとともに、
期中の自己株式取得数によって、1株当りの数値の変動するため、
それを除外して予想されていると考えます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


以前、役員賞与は株主総会で承認がいる旨、コメンと頂き
こなつの無知ぶりを皆さんに披露したわけですが、1株利益は
当然役員賞与を差し引いたもので、PERを算出しなければならな
っていうのは犬でもわかります。

 いやあ、参りました・・・。

YAHOOファイナンスのPER値を見て、おお、安いぞ買いだ!っていうのは
極めて危険なんですね。

四季報CD-ROMの1株利益も当然危険です。

 しかし何処見れば、確定1株利益を見ることができるのでしょうか?
 


帰ってきました

テニス

ボールをくわえ疾走する私

 キャンプから帰ってきました。おかげさまでストレス発散できました。
テニスコートが貸し切り状態だったので、コート内がドックラン状態で
いやあ、走った走った。
 基本的にこなつは球拾いですが、拾った玉をすぐに渡したりせず、とりあえ
ずくわえてベンチ下まで持って行きますワン。

 コート内を縦横無尽に走り回り、ついでに

コートど真ん中にウンコかましてやりましたわ~。爽快爽快!

 ご主人様がえらく焦って、恥ずかしそうに後かたづけしてました。ははは。奥様なんて悲鳴あげてましたワン♪

 コートど真ん中にウンコかました犬は、そうはいまい。

 翌日は牧場へ行って、シープドックショーをみました。

 羊をみていると血が騒いでしかたありませんワン。その後
牧場内のドックランで走りまくり。疲れまくった1日でした。

 そうそうあまり読めなかったけど『マネーマスターズ列伝』を
持って行きました。グレアム先生のグレアム投資修正案が興味深かった
です。資産株は50%上げか、2年保有で売却。

 こなつは3年保有だと思いますけど、グレアム先生は気が短い
のかな?





キャンプに行ってきます。

明日、こなつはキャンプに行ってきます。最近は、御主人様一行と同伴する
事が多く、嬉しくて犬踊りしています♪。
 
 だけど大自然の中で、投資本を読んでいるんですから、やることは同じ。
まわりから見れば奇妙な犬に見えるでしょうね。キャイーン。

前回キャンプに行った時は、四谷さんの本を読み返していたのですが
1度目で見逃していた要点を発見出来て良かったですワン。1度読んで
理解したと思っていても、実は読み飛ばしていることが多いんですね。

 一度目で読み飛ばしていたところを、ちょっと具体的に書いて見ます。

・四季報CD-ROMを使って、会社予想の精度を確認できる。
・野村證券のPF管理サービスは使える。

 会社が控えめな予想をだし、上方修正を繰り返す傾向にあるのか、その逆
かは、投資するとき注意すべきですが、どうやって確認するのかわかりません
でした。1度目読んだ時は、銘柄選択とPF管理にばかり意識が集中してしま
い、見逃していました。ちゃんと説明してくださってますワン。感謝。

 さて明日は何を持っていこうかな・・・。


あゆみさんとこのツッコミ職人 「ZAI10月号で決まりだね。」

こなつ「・・・」


追加

 市況関連株は怖い、絶対手を出さないって言ってましたが、市況関連
株が不況で苦しんで、株価が地に落ちている時拾って、じっと待つって
いう方法は、リスクは少ないし、業績が上向けばリターンが凄い方法
だと思います。ただメンタル面が重要ですが。

 あるブログでピーターリンチの言葉が紹介されていました。
「赤字が3年続けば買いだ。」

 そろそろ黒字になるって事です。黒字転換のインパクトは
凄いですから。そういった意味でヤギコーポレーションは
赤字ではありませんが、毎年減収を続けて株価が抑えられて
いますが、反転したらかなりいけるとおもいました。
 
 そうそうZAIの6月号にM&Aするとおいしい企業にヤギコーポレーション
が入ってました。笑っちゃった。

 東北パイオニアも楽しみです。
 



ナンピンは絶対ダメ

 昨日、紹介したヤギコーポレーションは買いました。キャッシュの待避先
という位置づけです。当分株価に変化ないと思います。

持ち株の買い増しもしました。バリュー投機です。バリュー投機は持ち株で
のみ行うことにしました。長期保有用分と、短期利食い用とわけています。
上級者の人が信用で買っている分を現物で買うという事です。

 長期保有用は売りませんが、予定量以上の株は短期でも売りますワン。
 
 株・個人投資家の喫茶店で

 個人投資家はコツコツ儲けて、大きくやられる。特に下落トレンドで
ナンピンを繰り返し、一発退場となる投資家が多い

 と言った内容を読んで、身が引き締まる思いでした。

 1,2年儲けられても、それは誰でも儲かる上昇トレンドだったからかも
しれず、長期間投資を続けるには、リスク管理も勉強しなくちゃいけませんね。

 そういった意味で、こなつは常に資産株を組み入れる戦略をとります。




ヤギコーポレーション

ヤギコーポレーションという会社があります。会社で使う制服を作っています。
無借金経営&キャッシュリッチです。

時価総額 66億円(自己株式を除いていません)
PER 22.97倍
PBR 0.48倍
ROE 2.19%
株主資本比率 91.7%
配当利回り2.76%

 流動比率1163%

  ♪おお、君も1000%~

 精算価値を計算しました。自己株式は除いています。

ヤギコーポレーション

 精算価値が時価総額を上回っています。資産的には御買い得ですワン。

理論株価
DCF法  655円
ドラゴン式 870円

 となりました。

運転資金構造分析をしました。
YAGI

 売上げ債権回収日数が年々増えてますが、これだけの財務なら粉飾決算の心配はない
でしょう。在庫も沢山あります。流行のものでないので、どんどん作って在庫にしてあ
るんでしょうね。在庫の評価はもう少し上げても良いかも・・・。

売上高営業キャッシュフロー比率が9.93となかなか高収益です。

 さてその売上げですが、1996年からずっと減り続けていて、来期四季報予想
でも減収です。ここ数年株価が低迷しているのは、減収がとまらないからでしょう。
しかし再来年は増収の予想。下げ止まれば面白そうです。

 カタリストとして、毎年積極的な自社株買いをしており、既に金庫株を10.5%
所有です。このへんはカネソウと大違い。そして村上ファンドが株主をしてる模様(MACスモールキャップ)

 1株当たりのキャッシュが425円なので来期減益でも予想修正PERは6.4倍です。
割安です。


IR電話しました。

「美犬投資家のこなつです。IR担当者のひとお願いします」
「美犬?」
「やだなあ。照れるワン」
「何か吠えませんでした?」
「近所の犬ですよ」

「IR担当者でございます」
「1996年以来ずっと減収のようですが、原因は何ですか?」
「ユニホーム廃止運動とか、企業の業績悪化の余波だとか・・・」
「ユニホーム販売って、競合会社はありますか?」
「ありますよ。10数社あります。」
「値引き合戦は熾烈ですか?」
「凄いです。値引きで持って行かれる事も多いです。」(力が入る)
「でも利益率は高いですね」
「そうなんですよ!うちは値引き合戦には参加しないで、利益確保に
 重点を置いています。」(相当力が入る)
「泣き言いってられませんから、軽作業、福祉関連の開拓も始めています」
「ライバル会社はどこですか?」
「ボンマックス、セロリ、ホークでしょうか」
「売上債権回収日数が年々増えていますが、どうしてですか?」
「たまたまだと思いますよ。別に理由は見あたらないなあ」
「中国の現地法人の認可待ちと聞きましたが」
「もう下りました」
「いつぐらいから、会社利益にどのくらい寄与しますか?」
「うーん、来期からかなあ。でもあくまで現地法人ですから、親会社
 には配当といった形での寄与になります。」
「今期の見通しは?」
「決算書に書いてある通りです。頑張っていこうと思ってます。」
「暗くはないですよね?」
「ははは。」
「参考になりました。ありがとうございましたワン」
「い、犬だ~。犬が喋ってるぞ~!!!!!」

 
総括します。

 資産価値が時価総額を上回っているので、下値リスクは少ないんじゃないでしょう
か?。配当も良いのでお財布代わりに丁度良いかと思います。流動性もカネソウより
ありますから、換金したいときも、困らないと思います。

 カタリストとしての自社株買いの額も、申し分なく、村上ファンドという物をいう
株主もいますし、資本政策はかなり良いと思います。

 業績が回復すれば、一気に株価は吹き上がると思いますし、回復しなくても、この
まま自社株買いを続けていけば、ひょっとして株価が見直されることもあるかも(汗)

 ただし、このマーケット過熱にもまったく無反応で、当分上がりそうもありません。
株主優待でバスタオルなどもらいながら、2.76%の3年定期と考えて買えば
運が良ければキャピタルゲインをねらえますワン


 誰もかわねえよ!!・・・キャイーン(涙)!!!


 
追伸

 投資家として、まだまだだなあって思います。こんなんじゃ、とてもじゃないけど
生き残れません。自分に何が足りないのか。

1.会計知識
2.感情を排除した冷静な判断力。
3.自分の信念に基づく大胆さ、頑固さ。
4.自信

 投資とは投資銘柄云々ではなく、その後の行動によってリターンが
違うということが身にしみてます。信念をもっている人が強いです。

 以前頂いたコメントですが、「株価が2倍になったがめんどくさいからまだ持っ
ている」とか「市況関連株だろうが、ずっと持っていればまた株価も上がるときも
あるよ」とかは、昨今の投資ブームとは対極のスタンスです。

竹田和平さんは、旦那道といった信念で成功しました。気の遠くなるような長期投資
です。昨今の近視眼的投資と対極にある投資の方も、おおきなパフォーマンスを
上げていることを忘れてはいけないですね。いやこちらの方のほうが遙かに偉大かも
しれません。今日はとても反省した一日でした。





SHOEIの計算式

SHOEIのDCF法による株式価値について、有り難いコメントを頂いたので
計算式を載せます。


 今回使用したデータは直近の本決算のデータを使用しました。
しかし、間違いに気が付きました。発行済み株式数をヤフーファイナンス
から最新株式数を使用していましたが(7421000)、決算時の
株数を使わなければだめじゃないかと気が付き、決算時のものでやり直しました。

割引率10%

SHOEI

 最初の2年は四季報予想値を使い、その後は保守的にこなつが見積もりました。

 ほとんど今の株価ですね。将来のキャッシュフローを現在に割り引いた価値が
妥当なSHOEIで、ほぼ適正価格ですが、高ROEにものを言わせて、年々株式価値を
高めていくっていうのが、ストーリーでしょうか。

 ヘルメット値上げによる更なる高収益にも期待しています。

 株式数がなんで増えたのかは、調べていません。


追加

 オオゼキを売り切りました。もともとサンエー購入は、オオゼキより
割安感があるための乗換えでしたので、売却は予定通りです。
 成長株としてのオオゼキの魅力は健在ですけど、とりあえずバリュー投資
かなとか思ったりして・・・。

 発掘銘柄を買いました。あしたレポートを書きますね。





20万ヒット御礼申し上げます

 気が付けば20万アクセス達成しています。

はっ犬踊り! よっ犬踊り!!

犬踊り10連発~~~キャイーン(祝)!!!


こんな腐れブログに来てくださって、みなさん、どうも有り難う御座います。
今まで沢山のコメントを頂いて、そのたびに勉強させて頂いています。
ブログをやって本当に良かったと思いますワン。

 バリュー投資を始めたのが昨年の8月、ブログ開設は3ヶ月遅れて11月。
最初は、お気に入りブログの更新通知機能が便利だったので、とりあえず始めました。
 どうせ犬日記だし、適当に書けばいいやっていう軽い気持ちで始めたのが、毎日更新
できた理由ですワン。

 日々投資について思うことを、書いているわけですが、ネタが尽きないですね~。
投資は奥が深いです。

 今の関心事はROEでしょうか。こなつはキャッシュリッチで業績上向きって
いう企業が好きで、そういう企業ばかり投資していると、ROEは当然低くなり
ます。だからROEは、参考程度で、ほとんど重要視していませんでした。
 
 しかも高ROE銘柄は、リターンが悪いということが統計的にわかっていますから。

*びっくりした人たくさんいるでしょう。こなつも昨年ひっくり返りました。

 そこで儲かっているかどうかを以下の指標でみています。
 
ネット・マージン(純利益/売上高)
売上高キャッシュフロー比率(営業CF/売上高)

 ところが最近REFIGHTさんのブログを読んでいると、高ROEこそ高パフォーマンス
の源泉といった内容を読むにつけ、やっぱり株主としては、株主資本に対する儲け
のほうが重要なんだろうかって思うようになりました。

要するに

 会社が儲かっているのと、株主が儲かっているのは別ものですか?

そこで

 ROPIC = 当期純利益 / 払込資本(資本金 + 資本準備金)

 これは使えるって犬踊りしましたが、借金の割合の扱いが難しいワン・・・。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 本日タナベ経営を部分売却(999円、売却益44.3%)しました。

売却理由は割安感がなくなってきたと、PFの割合からの調整です。
これで超強気ポジションから、やや強気ポジションに格下げになりました。
不思議な事に全然うれしくありません。こなつファンドのパフォーマンス
を支え続けてくれた銘柄であり、寂しさでいっぱいです。クーン。

今は只、合理的行動が取れたのだろうか自問自答していますワン。

 残りは割高にならない限り、売らないと思います。


追加

 こなつが売ると上がるっていうジンクスも健在ですね(笑)
タナベ経営の急騰には、正直驚いています。1000円の大きな板
を軽く突破して行きました。
 ドラゴンさんがおっしゃってましたが、銘柄選択よりその後の行動
のほうが、パフォーマンスに与える影響が大きいって言葉に納得です。

 
 






合理的行動

帰ってきました。え?どこへ行っていたかですって?

 昨日は夕方まで、理論株価に没頭していたら、頭が爆発してしまって、気晴らしにご主人様を追いかけて軽井沢まで行ってきました。え?車ないのにどうやって?

 走りましたよ、犬だもの~ 

100キロや200キロなんでもありません。羊を追いかけるのに比べたら軽い軽い。

 貸別荘に一泊しました。

 空気が良いからウンコが出る出る~。

 1日4回もかましてきました。キャイーン(涙)!


別荘で写真撮ってもらったら美人にとれたので、トップに飾りましたワン。


 さてこなつが外泊するとPFが上がるというジンクスは今回も継続中のようで、きょくとうとタナベ経営の上げで、高パフォーマンスでした。

 特にうれしかったのはタナベ経営で、含み益43%です。こなつが欲しかった1.5バガー目前だワン今まで30%を超えると、恐怖で売ってしまっていましたから、感情を抑制した合理的な行動が少しだけとれるようになったのかもしれません。

 




DCF法とEV/EBITDAの矛盾?

 DCF法による理論株価算出にはまってしまい、全ての銘柄を計算しています。そこでおかしなことに気が付きました。

 低EV/EBITDA=株価と理論株価の乖離が大きい

 とならないんです。

EV/EBITDA倍率とは、企業を丸ごと買収して、その企業の買収資金を企業の収益で
何年で回収出来るかという、収益と資産のバランスとった割安度の指標です。
低ければ低いほど、割安だということです。

 先日購入したサンエーでやってみましたが、超低EV/EBITDAなのに
理論株価(簡易DCF法)では、今の株価との乖離があまりありません。

 買収するには割安だが、株価は割安でないって矛盾してませんか? 

本日追加(暇なもので・・・)

 ドラゴン流企業価値計算法は、ざっくりと企業価値をはかる画期的な方法で、企業価値=事業価値+財産価値と定めた上、慣れれば数分で理論株価を計算できます。詳細は著作権を考慮して書きません。興味あるかたは、本を買ってください。

 ちょっと持ち株をやってみました。

ドラゴン

これだけ見ると、オオゼキ、明光ネット、シチエはもはや割安成長株ではないですね。

DCF法でギャップがあったのが、SHOEIとサンエーで
割引率10%で保守的にやってみると

サンエー 2770円
SHOEI 1556円

 意外だったのはSHOEIです。ROE24.37%という驚異的な利益率を誇り、プレミアヘルメットという消費者独占企業のSHOEIが、DCF法で1556円とはどういうわけか???


 しかし、まだまだ企業価値評価の道は険しいですワン・・・。


企業の本質を簡単に言う

企業の強みを、一言で言いあらわせれば、それは企業の本質をしっているそうで、定性分析において重要な部分だという事です。一言でいえないようだと、投資企業について理解していないとうことです。

ちょっと持ち株でやってみますワン。

SHOEI:世界一格好いいヘルメットを作っている会社

インパクト21:みんな欲しがるラルフローレンブランド

オオゼキ:本業一筋(生鮮食品)

サンエー:沖縄独占

セコム上信越:セキュリティーのNO.1企業

亜細亜証券印刷:証券印刷独り占め

きょくとう:斜陽産業の勝ち組

タナベ経営:キャッシュリッチで本業好調(一言でない?)

藤井産業:北関東の電設資材卸しNO.1

ゼネパカ:ニッチ分野のオンリーワン企業

シチエ:日本一の経営者がいる会社

日本プロセス:豊富なキャッシュで自社株買い

光製作所:安定したキャッシュフロー

明光ネット:フランチャイズで丸儲け



本質外してますか?
 


タナベ経営の適正価格

持ち株のタナベ経営が急騰したので、そろそろ売り時を考えていたら、tagayuさんがブログで理論株価を計算してくれました。昨日ブログで紹介したドラゴン流のざっくりとした方法です。
http://plaza.rakuten.co.jp/tagayu77/diary/200508090000/

適正株価1081円でした。

 ならば、こなつはKENさんに教えて頂いたDCF法でざっくりと適正価格を出して見ましょう。データはtagayuさんの使用したデータを使います。但し現金同等物に投資有価証券を100%でくわえてあります。

3通りやってみました。

1.四季報予想を達成した後(2年)、2%づつ利益を伸ばす。(やや強気)
2.四季報予想を達成した後(2年)、ゼロ成長(弱気)
3.四季報予想を来期のみ達成した後(1年)、ゼロ成長

タナベ経営理論株価

適正価格は1109円~1142円となり、tagayuさんとほぼ同じですね。


 ついでにフージャースもやってみますね。
こちらは四季報予想を達成した後、50%成長を続けるというストーリーですワン。

フージャース

 結果85万となり、今の株価でもきっと安すいんでしょうね。

 さて適正価格と売り時についての話ですが、資産株の場合は適正価格=即売りとなります。これは資産バリューのに投資しているのですから当然です。ところが成長株の場合、適正価格=即売りとはなりません。こんな事を言ったらokenzumoさんが腹抱えて笑い転げるだけですワン。
 利益率の高い成長株は、そもそもバリュー価格で放置されていることは少なく、適正価格でも、内部留保を積み上げて株式価値を高めてくれますから、ホールドです。売り時は成長に陰りが見えたときだけです。
 
 利益率の高い優良株の場合も、適正価格=即売りとはなりません。この場合、売りの条件は利益率が落ちた時でしょうか。適正価格でも十分、株式価値を高められますから。


 そこでタナベ経営ですが、そもそも利益率が高い会社です。適正価格=売りとはなりません。成長が落ちても、適正価格に達していなければホールドでしょうし、適正価格を超えても、利益率を維持しわずかでも成長しているならホールドでしょうね。

 さて、今後どうするかはじっくり考えることにしますワン

追加
 tagayuさんの適正価格算出法をドラゴン流と紹介しましたが、
良く調べてみると、一部ドラゴン流ということで、オリジナルな
算出法みたいです。






資産儲け

 ドラゴン戦略的財務集団の山口さん本を読みました。素晴らしい本です。この本だけはみなさんに薦めたくないのでタイトルは書きません(笑)。知りたい人はレフティドラゴンさんのブログをご覧ください。

 さっそくトップに感銘を受けた言葉を貼り付けました♪。

 まず投資の本質の説明に始まって、不動産投資も株式投資も本質的には同じ事であること、そして株式投資の最終目標は大きなキャッシュをゲットすることではなく、より価値のある資産への交換であること。キャッシュも株式も不動産も、資産としては全く同列であるっていう下りは、こなつは唸りまくり。ガル~(おい、意味が違うだろ!)

つまり株式投資の目的は、金儲けではなく、資産儲けだという事です。 

まあ、読まなきゃ絶対わからない下りですワン。

 それからざっくしとした企業価値の算出法。こんな簡単でいいのかよ?って思うほど簡単です。これは後日取り上げてみたいと思いました。

 それから定性分析のやり方、最後に行動ファイナンスの紹介で終わっています。

 レフティドラゴンさんはドラゴン戦略的財務集団のブログで勉強なさったそうで、レフティドラゴンさんの凄さの秘密を垣間見た気がします。

 この本を読み終えたのでこなつも

 こなつドラゴンって名乗ろうかな・・・キャイーン(恥)!!!


 追加

 クリップの残りも売却しました。高級フレンチ店でランチが食べられる
位の損益でした(汗)。完全に投機だったので、撤退します。

 投機ストーリー(投機にもストーリーあるの?)

 クリップ悪そうだぞ・・ー>決算開示 なんだそんなに悪くないじゃんーー>こんな下げてていいの?ー>良し買いだ!

 投機センスないザンス。キャイーン(涙)!!



 



カネソウ

 実は投資しようと思い、注文まで出したのですが約定せず、やっぱりやめようと思ったのですが、なかなか捨てきれず、迷いに迷っている会社があります。
 ご意見お待ち申し上げています。

 カネソウ(5979)名証2部

YAHOOファイナンスより

時価総額 93億円
PER 23.37倍
PBR 0.67倍
配当利回り 2.31%
株主資本比率 87.4%

 事業内容は、マンホールの蓋を作っています。踏みつけるだけ踏みつけて、誰も振り返りもしないマンホールの蓋、素敵だ~。 まあ、それ以外にも製品は多岐にわたり、これだけ細々としたものを作っていれば、安定した需要は確保出来るのでは?って思いました。

 過去に随分儲けたようで、流動比率は直近決算では1164%。

♪君は1000%~、すっげー、こんなの見たこと無い!

 当座比率も1000%超えています。

1株当たりのキャッシュを391円持ってますから修正PERは9.3倍
来期予想値では修正PER5.7倍。

 2004年まで売上げは減り続けていましが、2005年決算でようやく増収になり、2006年の予想も増収予想です。

 投資を迷っているのは以下の点

1.株の流動性が極めて悪い。売る人も買う人もいない日が結構ある
2.自社株買いをする気がない
3.増配する気もない
4.IRのやる気がない(まあこれは関係ないか・・・)


とりあえずIR電話しました。

「1996年~2004年までの売上げ減少の原因は何とお考えですか?」
「うーん、ゼネコン不況の影響でしょうかねえ」
「公共事業の影響とかは?」
「うちは民間が8割です」
「2003、2004年の特損はなんですか?」
「2003年は取引企業の倒産です。2004年は減損会計」
「今期有望な点は何ですか?」
「環境関連、福祉、安全防災かな」
「マンホールって消耗品ですか?」
「いえいえ、10年20年は持ちますよ」
「ライバル企業はありますか?」
「ないです。上場企業にはないです。」
「じゃあ、マンホール蓋は独占?」
「いえいえ、競合会社は2,3あります」
「キャッシュがたくさんありますが自社株買いや増配の計画は?」
「うちは配当性向は結構高く、安定して株主には還元してます。
 増配の予定はないです。」
「おたくの強みってなんですか?」
「強み?うーん、ルーフドレンはシェアNO.1です」
「売上げにしめる割合は?」
「微々たるものです。うちはいろいろ作っているから」
「ありがとうございました。参考になりましたワン」
「犬だ、犬がしゃべってる~!!!」

 と、まあ不完全燃焼でした。

追加

今日も随分上げましたね~。日経平均も12000円超えですか。小泉自民党が
勝利するっていう事でしょうか。郵政民営化は、財政投融資をガラス張りにすると
いう理由から賛成ですワン。

 さて持ち株も気持ちよく上げてくれました。心配していたセコム上信越ですが、
アシックス商事の株主のように、ホルダーはわかっている人が多いみたいで変化
なしでした。確実に契約を増やしているようで、当然ホールドします。1Qぐらいで
ガタガタ言わないで欲しいワン。

 クリップですが、買い増し分だけ売却しました。やっぱり投機はするべきでない
ですね。今後の糧にしますワン。

 光製作所、早すぎます・・・。もっとゆっくり行きましょうよ。










オオゼキとサンエー

サンエーを購入したのは、オオゼキから乗換える為でした。オオゼキは素晴らしい
スーパーですが、競争相手もたくさんいますし、なにより今度の若社長の能力が未知数
なのが嫌でした。ここが一番のポイント。

*若社長の大抜擢によって、生え抜きの重鎮社員がやる気をなくしてしまわないか?
*若社長がオオゼキの経営理念を理解しているか?滅茶苦茶やりはしないか?

 そして、過当競争地域で勝ち残っているオオゼキも凄いが、沖縄で独占的に
商売しているサンエーのほうが、強みが大きいのではないか、という理由でした。

ちょっと比較します。あなたはどっちがお好きですか?

オオゼキ
 過当競争地域での勝ち組
 抜群の営業利益率
 本業一筋
 株主思い
 株価は妥当。成長期待

サンエー
 独占的地域での勝ち組
 まあまあの営業利益率
 多角化
 超低EV/EBITDA・低PER

 好対照ですが、どっちもいいですね。困りましたワン




凄い売りでしたねえ

 しかし前場マーケットは売り一色で凄いことになってましたねえ~。こなつファンド
も大打撃。とくにクリップの売られ方が凄くて、少しだけ買い増したら、そこからさらに100円近くも下げて、もう悲鳴でしたワン。やっぱり投機は勝てません。素直に反省。
 後場になって大分買い戻しが入りました。しかし法案の行方次第でまだわかりません。腹くくって、嵐が通り過ぎるのを待ちましょう。

 でも実は、あと数日調整が続いてくれればなあって思いもあるのですワン。
ご両親救済ファンドが、もうすぐ立ち上がります。あと4,5日で移管完了です。
救済ファンドは、すべて割安成長株で行きます。3銘柄ぐらいにする予定です。


クリップの成長神話

 巷では、成長株クリップコーポレーションの話題が盛んですが、クリップの成長神話は崩れたのでしょうか?四半期決算前の大きな株価下落は、情報が漏れていたと考えるのが自然ですワン。

 だいたい通常では考えられないような下げが続く場合は、大抵後になって悪材料が出ます。KG情報なんて良い例ですね。クリップが大きく下げたのも、まさに増収減益を織り込む動きでした。我々はインサイダーとも戦わなくてはいけませんワン。ガル~。

 こなつもクリップは悪材料がでるだろうなって思ってました。今回の増収減益をどう評価するかは、微妙なところですが、こなつはサッカー教室が順調な限り、軌道修正は可能で、

できれば学習塾を切り捨ててサッカー一筋にすればいいんだワン!。

 サッカー教室がおかしくなれば、クリップは終わりです。ただ、このビジネスモデルは他企業には真似できないものなので(Okenzumoさんブログに詳しく出ています)、まだしばらくは、成長すると思ってます。

 懸念材料は学習塾です。最近は秀英予備校の赤字決算で、学習塾は悪いって雰囲気が蔓延していて、実際悪いのかもしれませんが、

そういった目でみれば明光義塾は健闘してるじゃない。

 今回のこなつのクリップ投機は、まずインサイダーによる減益嫌気売りに、この動きを察知した学習塾はダメだ~派が相乗りして売り、悪材料以上に売り込まれ、決算発表後にここまで売るか~?っていう買い戻しが入るんじゃないかっていう思惑でした。

 まあ、少ししか買ってませんし、投機では(これはバリュー投機ではありません)滅多に勝てませんので、市場反応を見て早々に売ってしまうつもりです。

 
 さてカッパクリエイトが再び損切りラインに触れそうで、今週も逆指し値で売り注文をいれました。もうこんな株見るのも嫌です。ポートフォリオを一人で汚しています。早く売って清々したいって思って居ます。

しかしこの時期になって

dsan2000さんがカッパを拾っていきました。キャイーン(涙)!!

 
お詫びと訂正

 この日記に関しての私のコメントに事実誤認があるとご指摘を受けましたので、訂正させて頂きます。クリップコーポレーションの公園無断使用という事実はありません。関係者の方々に不快な発言であったことをお詫びして訂正いたします。コメント削除は古すぎて出来ませんでした。


光製作所1Q

御主人様が、伸び縮みするリードを買ってくれたので、散歩が一人歩きしているみたいに自由ですワン。思わず犬踊りしたくなりますが、御主人様から人前でするなって言われてますから、目立たないように小さく踊ってます♪。犬踊り1連発・・・キャイーン(小)。

さて奥様ファンドの主力銘柄である光製作所の1Q決算が発表になりました。
四半期決算ごとに一喜一憂するのは馬鹿みたいですが、とりあえず見ました。

売上げ ▲3.8%
営業利益 1.6%
経常利益 52.9%

 売上げが3.8%落ちましたが、原価率改善と販売費&一般管理費削減によって
1.6%の増益となりました。偉い!企業努力だワン。なんだかシチエみたいな
企業ですワン。もうけの多い不動産賃貸業へシフトし始めていますし。

 経常利益の大幅増は営業外収支のその他が3億5千万あったための増益
です。その為経常利益52.9%の増益達成。その他って何

でも営業外収支その他じゃうれしくないワン。

でも早合点したあわてんぼ投資家が買ったんでしょうか?株価は急騰しました。KENさん効果かな?

 でもKENさん、もう一部売却したんだワン。キャイーン(涙)! 

 ちなみに、こなつファンドにも採用しようかとも思ったのですが、両方で持つと
SHOEI並のポジションになるので、どんなものだか考えていたところ、行ってしまい
ました。


 P.S

 株・個人投資家の喫茶店に「愛犬こなつのバリュー株式投資」がリンクされてました。嬉しくて犬踊りしてます。こなつのバリュー投資はこのHPから始まりました。ちなみにデイトレで勝ちまくっている方で、卓越した相場観、冷静な判断力、膨大な知識、どれをとっても偉大な投資家として尊敬できる人で、こなつにとって雲の上の人ですワン。

そしてKENさんー>KAPPAさんー>稲虎様と衝撃的出会いへと発展していきました。神様に感謝。
  
 
 


買いましたワン♪

 タムロンが業績下方修正しました。デジタル家電は本当に需給が読めませんね。
 
 ヤスイノ2005さんが、タムロンの下方修正を事前に察知して、タムロンを外した下りが紹介されてますが、投資家としてとても興味深く拝見いたしました。見習いたい投資態度でしたが、こなつにはまだ、ここまでの分析はできないと思いますので、初心者のうちは需給のよみやすいものに限定して投資すべきだと再認識しましたワン。

 久しぶりに買いました。

サンエー 2900円

 低PERですが、特に超低EV/EBITDAなのに気づきました。
超低EV/EBITDAって大好きですワン♪

HPを見ると単なるスーパーではなくて、しっかりとした経営理念を抱えた
会社であり、地の利を生かしただけの平凡スーパーでないと感じました。
 でも競争相手が少ないっていうのも魅力です。地域オンリーワン企業。

クリップコーポレーション 1398円

 投機です(笑)。


PVR指標

 タイミング投資ってやっぱり難しいですね~。夏場は需給は悪いと予想した人多いと思います。こなつもそう思ってました。ところが想定外のこの強さ。リンチの言うとおり、資金を引き揚げないことが重要ですね。お財布代わりの日本プロセスは便利だワン♪。

 さて本日は、さすがに調整きてますね~。どんな銘柄にも投機の人がいるんだなあってしみじみ思いますワン。欲しかった銘柄が下げてませんので、日和見です。何事も買い急がない事が肝要です。随分高値掴みしてますから。キャイーン(涙)!

 ある尊敬する個人投資家の方が「10年後会社を解散したとして、その時得られる全てのキャッシュを今に割り引いて出した企業価値との乖離を狙う」と言った投資方針を聞いて、こなつは唸りました。ガル~(おい、唸るの意味が違うよ)。
 こなつが3年を長期投資の基準にしているのに対して、その方は10年を基準にされておられます。スケールが桁違いですワン。本物の長期投資とは、こういったものなんだと思います。四半期決算は無視すればいいといった提言を頂きましたが、10年をみると言うことは、本決算も些細なものって事です。ほとんど竹田和平さんのレベルですワン。

 とここまで書いたこなつは、ある指標を思い出しました。

そう、PVRです。

PVR=株価/VPS

VPS=((営業利益+減価償却費)×5+連結剰余金-有利子負債)/株数

 5年後に有利子負債を全て清算した後に残る事業価値。
これを現在価値に割り引いてみれば、同じような意味合いになるのでは
ないでしょうか?ただしこちらは5年ですけど・・・。

 今までEV/EBITDA倍率を最重要視していましたが、PVRも結構使える指標
だと気が付きました。






帰ってきましたワン♪

御主人様ご一行が帰って来ました♪。こなつは、うれしくてうれしくて、涙目で頬ずりしましたワン。顔も舐めまくり、ついでに犬踊り連発・・・、さすがに浮かれすぎて叱られました。知らない人が見たら気味悪いんですって。キャイーン!

  今回、御主人様は新潟県笹川流れ海水浴場へ行ったそうなんですが、磯遊びに夢中になっていた次男様は、堪えきれず磯でウンコかましたんだって~。犬族最大の武器を会得していたなんて、次男様はただ者ではありませんワン。

 砂浜の色が沖縄の砂浜にちょっと似ていて、御主人様は満足していました。

 さて株価チェックして、びっくり。やっぱりこなつが外泊の時は株価が上がるジンクスは継続中ですワン。

 目立ったところでは、タナベ経営、SHOEI、亜細亜証券印刷が急騰しました。こなつファンドのポートフォリオも急上昇です。

 タナベ経営の売り目標900円を超えたので、売却を考えて企業価値を最近覚えたDCF法で計算したところ、最低でも1200円となりましたので、引き続きホールドとしました。しかし誰が買っているんだろ?




プロフィール

こなつ

Author:こなつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。